理想の自転車乗り

2007年03月27日

理想の自転車乗りに必要な要素とは何か?

思いつくままに「理想の自転車乗りとは何か」を始めてしまいましたが、ここらで整理してみたいと思います。続きを読む

a_force at 00:23コメント(11)トラックバック(0) 

2007年03月21日

「回避」してこそ事故は防げる

理想の自転車乗り追求の第2回目。
今回のお題は「回避力」です。

「○○力」と命名するあたり、齋藤孝さんの影響が強く出ています(笑)
−−−−
「回避力」の定義は幅広い。
今回は、緊急回避としての「緊急回避力」に限定して話をしたい。

前回の「防御力」で、ヘルメットとグローブの重要性について言及した。
「防御力」は事故にあったときの生存性を高める力であり、事故件数の減少には貢献しない。
しかし、今回述べる「回避力」よりも「防御力」の重要度は高い。なぜなら回避できない事故も存在し、そのときに死んでしまっては意味が無いからである。その重要度の認識は共有していただきたい。「防御力」>「回避力」である。

さて、「回避力」である。
自動車や自転車、歩行者もしくは路上の障害物との直接的な接触を「回避」する「力」。
これは大きく3つに区分される。
1 接触が多いと考えられる経路を選択しない能力→「経路選択力」
2 接触の可能性を予知し、事前に危険な状態を回避する能力→「予知力」
3 危険な状態に陥ったときに最終的に取りうる回避力→「緊急回避力」


今回は、3項「緊急回避力」を取り上げる。
1、2項は以降の機会に。


いざというとき、自転車を操作して取りうる行動は4つ。
1 ハンドルを切る
2 ブレーキを握る
3 ペダルを踏む
4 自転車を投げ出して受身を取る


具体的には、「あっ、ヤバイ」と思った瞬間にできる行動のことである。
1、2では、あまりの急操作を取ると、回避できても転倒することになる。
3は、その加速状況(そのときのギア比と脚力による)により回避の可否が決定する。
4では、自分から意識的に転倒し、そのダメージを軽減する。

1〜4の組み合わせにより、車体や身体への決定的なダメージを回避する。
いずれの行動を取るかは状況にもよるが、概ね1・2・4の組み合わせであろう。

しかし、1と2は、慣れないと自身の転倒を生起させ、怪我は免れない。
また、4の行動は取ったことのある人のほうがまれであろう。

その状況を回避するためには、「オフロード走行の競技」もしくは「トライアル競技」を勧めたい。
いずれも「自転車の極限状況」を体験できる。

どこまでハンドルを切ると転倒するか。
急ブレーキの掛け方と、転倒しない荷重移動。
いざというときに自転車を放り出して上手く転ぶ技術。

いづれも普段の走行では考えもしなかったコントロールを要する。
たとえ競技として勝利するに至らなくても、その経験は道路上での緊急回避に必ず生かされる。これこそ、「参加することに意義がある」であろう。

それぞれの状況については、また後日言及したい。

また、3のペダルを踏むことによる事故回避は、「予知力」との密接な関係があると考えるので「予知力」に回に言及したい。


−−−−
私は幸運なことに、「トライアル」を経験する機会を得ました。その経験は、ロードレーサーに乗り換えたいまでも生かされています。

a_force at 04:26コメント(0)トラックバック(0) 

2007年03月14日

よくやった!えらい!!

 13日に起きたデハビラント8の胴体着陸。パイロットは見事に着陸を成功させ、けが人無しで事態に決着をつけました。
 ここはまず一言。よくやった!えらい!!

さて、この事故の環境についてちょっとお話を。

 今回は不幸なことに前輪が出ないというトラブルに見舞われたのですが、ふたを開けてみると、平成17年だけで不具合が44件あったとの報道がされています。もともと設計思想は1980年代のもの(数回に渡る改修は施されているにしろ)です。
 しかし、逆に「44件もの不具合が発見されながらも、決定的な事故に発展させなかった」という整備の努力があったと言えます。

 また、今回の胴体着陸も、おそらくパイロットとしては必修事項の一つに過ぎないのでしょう。ソフトランディングは民航機パイロットの技量のバロメーターでもあるのかもしれません。(クロスウィンドやランウェイコンディションの影響で、逆にハードランディングが求められるシチュエーションもあるとは思いますが)
 しかし、あの状況下で的確な着陸を決めたパイロットは賞賛されてしかるべき(客室乗務員などのクルーも!)ですし、そういうパイロットを育成した教育もまた素晴らしい。
 そして、今回編成されている「航空・鉄道事故調査委員会」ですが、これは実際の事故(アクシデント。人身、物損を問わず、被害が生じたもの)だけでなく、「インシデント」(直接的な被害が生じる事故に至らなかった危険な事案)も調査対象としています。一番イメージしやすいのは航空機のニアミスでしょうか。
 ハインリッヒの法則というのが航空業界の通説であり、即ち、「1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在する」ということです。
 インシデントも調査範囲に含めることにより、実際の「1の重大事故」のみならず、残りの29+300も事故の芽として刈り取ってしまおうというものです。

 こういう意識の結果が「平成17年中の44件もの異常報告(異常報告がちゃんと挙がるということは、正常に点検整備・報告・管理が行われている証拠)」であり、「そのなかでも1件も重大事故を発生させなかった」ことだと思います。今回は不幸にも重大事故は起きてしまったのですが、それでもクルーの的確な対処により死傷者を出さずに済みました。


 さて、自転車関連はどうか。死亡・重傷を伴う事故はアクシデントとして警察に処理されます。しかし、インシデントは?

あなたは点検整備をしっかりしていますか?
異変を感じたら自転車屋さんに持ち込んでいますか?
危険な状況に陥ったことを正しく認識し、的確な対処ができますか?
非常時に的確な対処ができる自転車乗りを育てる環境はありますか?
そして(これは個人の力量を越える話ですが)、インシデントに陥った原因を解析し、それを他の操縦者と共有していますか?



航空業界は1+29+300を刈り取るシステムがあります。
しかし、自転車を取り巻く環境は、死亡・重傷を伴う1の事故のみを扱い、残りの29+300は隠蔽・放置されたままなのです。

a_force at 23:51コメント(0)トラックバック(0) 

2007年03月04日

まずは防御力を高めてナンボ

「理想の自転車乗りとはなんぞや」を考えていきます…と宣言してから、えらく時間がたってしまいました。妙に忙しいです。花粉症がきついです。

まずは、一番大切な「防御力」について考えていきます。

−−−−
 「自転車を買おうと思います。何がいいですか?」という質問は、よく聞く話である。それに対して、「自転車なんてなんでもいいから、とりあえずメットとグローブを買え!」とは、なかなか言わない。

 警察庁は言う。「安全のためにヘルメットを着用しましょう」「安全のためにシートベルトを着用しましょう」
 「安全のために」ではない。「事故が起きた時に死にたくなければ」とするべきであろう。ヘルメットやシートベルトをしたところで、「安全運転」には寄与しない。「安全運転」のためには、「ウインカーを適切に使用する」「周囲の確認を実施する」が適切な行動だ。
 事故の回避と、ダメージコントロールは全く別の概念である。それを「安全」と一括りにしてしまうから、利用者に勘違いが起きる。「ゆっくり走るから大丈夫」「何も来ていない(ように見えるだけにすぎない)から大丈夫」だと。

 ここでは表現を「防御力」とした。何かにぶつかったときに致命傷を避けるための性能である。
 何故自転車乗りに「防御力」が必要か。それは「自転車そのものに防御力がない」ためである。
 基本的に自動車には、自動車そのものに「防御力」が備わっている。乗るだけで鉄板に守られいる。重ねてシートベルトを装着し、エアバックが搭載されていれば、よっぽど高速で衝突しない(されない)限り死なないようになっている。
 しかし、自転車は違う。何かに当たれば、即、身体は車体から放り出され、一番重い頭を下にして落ちる。そしてぶつかる先はアスファルト。多少受身の心得があったとしても、手を着く先がアスファルト。その点、モーターバイク乗りは徹底している。夏でも長袖長ズボン。しかも皮製。ヘルメットは法律で定められている。
 「たかが自転車、ゆっくり走るから大丈夫」と言いたいのであれば、時速10kmで走りながらアスファルトの上で受身をとってからにしていただきたい。

 こういったリスクを正確に把握して、適切に防護処置を施す。自分の力量を過信しない。楽しく自転車に乗りたいのであれば、まずは第一歩。「ヘルメットとグローブの着用!」死んだり入院したりしては、自転車には絶対に乗れなくなるのだから。

−−−−
ヘルメットも近年はとても安くなりました。私が5年前に買ったときは12000円。最近は6000円くらいで有名メーカーのモノが手に入ります。頭は大切にすれば一生使えます。是非とも大切にしたいものです。

a_force at 23:27コメント(0)トラックバック(0) 

2007年02月23日

理想の自転車乗りについて考える

理想の自転車とは何か。
理想の自転車道とは何か。
理想の自転車行政とは何か。
理想の交通行政とは何か。
理想の自転車屋とは何か。

こういった内容は、多くの自転車雑誌や書籍において語られてきました。
いままでの私のブログもそのような内容でした。

しかし、
どんなに立派な自転車道ができても、
どんなに高価で高性能な自転車に乗っても、
どんなに楽しいイベントを計画しても、
どんなに自転車が走りやすい法体制を整備しても、
どんなに素晴らしい自転車屋さんに出会うことができても、

結局は利用する人間の問題になってしまいます。

現在の日本における自転車に関する環境は、確かに良くはありません。
しかし、技量と法知識と装備を身につければ、現在の環境でも、自身の安全を確保しつつ、交通渋滞を生起させず、早く目的地に到達できます。
おまけに環境問題にもわずかながらでも寄与し、自身の健康も増進できます。

自省をこめて、「理想の自転車乗りとは何か」をそろそろ考える時期に来ているのではないでしょうか。

これからのブログの柱としてカテゴライズしました。お付き合い下さい。

a_force at 01:24コメント(0)トラックバック(0) 
Profile
  • ライブドアブログ