ad


S氏は40代前半。

ぽっちゃり体形、顔は大きいというか太り気味で、さらに大きく見える。

目、まゆげも太く大きく、圧迫感がある。

彼は27才の若さでアルコール依存症と診断されこの病院に入院した。



両親はふたば断酒会会員で、ともに当院の「土曜断酒例会」に出席し、S氏の酒害は大変だった、との体験談を話される。

院内飲酒をするわ、脱院をするわで、病院から

S氏が行方不明になりました」

と連絡があると、「またか」という調子で広島の飲み屋街などを探しあるいたという。

ひとつの仕事に長く務めることはなく、職を転々としていた。

それでも40代にはいって、なんとかようやく断酒を始め、今現在はやっと平安なくらしをしているという。


ここ3日ほど、彼の姿が見えない。

土曜断酒例会でも見かけなかった。

喫煙所でいろいろと憶測がとんでいたが

長期外泊をしている。帰りはいつになるかわからない、と看護師が言った」

というのが真実らしい。

そんな外泊あるのか。


さらに、知っている患者がいうには

「S氏はボート(競艇)ばかりしている。

 儲かっているのか、といえば、儲かっていない。

 生活保護だから、毎日数100円しか買わないから」

というのだ。


画像20181118競艇 生活のプラスに!サイトより
著作権 生活のプラスに!サイトより


しかも

金がなくなると入院する。

 去年も2回入院していたし、今年の夏も1カ月だけ入院しとった。」

とのこと。

そして今回は体調不良ということで3ヵ月入院予定。

入院したら、1カ月もたたないうちに長期外泊。

入院していれば、食費はタダだし生活保護費がたまる。


彼は20数回入院したらしい。

酒を断ってアルコール依存症は克服したが、今度はギャンブル依存

ありうる。




※断酒21日目。
ad


ご訪問ありがとうございました。
ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします。
 ↓


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ

アル中ランク

広島ブログ