ad


(つづき)

ポケットの中には、酒もタバコもなかった。

しかも鉄格子、床はタイルに毛布を一枚敷いてあるだけだった。


こんなことなら、居酒屋かパチ屋でも行っとけばよかった・・・・・・


------------------


福岡県警の保護室はこんな感じだ。


画像20170610保護室


痛い


とにかく痛い。

タイルの床に毛布が一枚だけ。

上向きでしばらく寝ていたが、背中と腰が痛くなってきた。

しょうがないので左を向いた。

こんどは左肩と左骨盤が痛くなってきた。

なので、右を向いた。

10分ほどすると、右肩と右骨盤が痛くなってくる。

上を向く。

10分くらい (腕時計も没収されているので正確にはわからないが) で痛くなってくるので、左を向く。

また痛くなってくるので、右を向く。

また痛くなってくるので、仰向けになる。

ずっとこの繰り返し。


あ! いいことを思いついた。

うつ伏せになればいいんだ。

仰向け、左、右、うつ伏せの4パターンで痛みを堪えながら過ごしていく。

しかし、もう限界だ。

なんで犯罪も犯してない善市民がこんな目にあわんとイカンとですか!


時々見回りにくる警察官に、

どうしても痛い。どの方向に向いても痛い。どうにかならんですかね。

と訴えると、「痛かですよね。」 と、毛布を2枚追加してくれた。

その毛布を下に敷くと、少しは痛みがやわらいだ。



これで眠れるかと思いきや、そうでもなかった・・・・・・



ad




このエントリーをはてなブックマークに追加



人気ブログ

ブログ村 アルコール依存症

アル中ランク

FC2

広島ブログ