2616年初バス釣り

posted in 08:20 2016年05月17日 by a_hako

この記事のURL Comments(0)    釣り   バス釣り
00

2016年になってから、初のバス釣りに行きました。





01
毎年5月になると少し水も温み、フローターでの釣りもしやすくなるのでタイミングを見計らって堺方面の
小さな野池へと出掛けます。


02
それが... 早朝6時前からの実釣開始なのですが、なかなか釣れません...
いや、もう10年位前から年々釣れにくくなってきて、毎年特に最初の釣行は苦労するんですけどね...

まぁ、それでもこの野池はワタシにとって、
野鳥の鳴き声が絶え間なく聞こえ、廻りのヤブの中を何か獣が走り回る音がしたり...
大自然を満喫できるので大変貴重な場所、なのです。


03
でも、釣れないなぁ...

結構、いい雰囲気で釣れそうなポイントもたくさんあるのですが...
しかも、今回は先行者も居なくて貸切状態なのですが... (^^ゞ<それでも釣れない...


04
しかも今回はロッド4本体制で装備としては万全なのですが...


05
ひょっとしたらいつにも増して今日は透明度が高すぎてルアーに対してバスが警戒心を抱いているのかも
しれません...  透明度が高いよりは、少し濁っているくらいのほうが釣れやすかったりしますから。
(それとも、単に下手くそ... だからかもしれないんですけど...(^^ゞ)

と、いうことで...

そういう場合には先月作製した新しい自作ルアーのテストをしましょう。
これです。


06
なんと! 今年の新作は春からお世話になっているアレルギー性鼻炎のスプレー容器、です。(^o^)<よく効く!
これがこの間一本空になったので、その感謝の意味も込めて? ルアーにしてみました。
 
胴体部分が容器なので空洞、そこにビーズ玉とガン球を入れてバランスとラトル音を調整しています。
(実際には色々と工夫が必要で、ルアーにするにはかなり難しかったです。よっぽど木で作るほうが楽... (^^ゞ)
さて、実際の動きはどうでしょうか...





おお...! ロッドアクションにより、頭をしっかり振って、ラトル音もいい感じ!... ほぼ完璧です。 



08
さて... 気分転換も終わり、再び実釣り...  に取かかって30分...


09
おっと! アタリです! 間違いなく、魚がルアーを引いている。


10
ジャンプしたその体型を一瞬見ましたが、それほど大きくは無いのに結構引きます。
フローターの下に潜り込もうとしています...


11
カメラで撮影しながら、その引き具合も楽しんで約2分... 
上がってきたのは綺麗なバスでした。 36cmの初バス。


12
その後、二時間半粘りましたが、アタリはあれど、乗らず... で、諦めました。




13
また、ヤブを通って車のある場所まで約400mフローターを担いで帰ります。
結構、最近では... シンドイです...




14
帰りは定番のラーメン横綱。
今回は彩りラーメンと餃子を頂きました。色々トッピングが乗っていて旨かった...

今年も初釣りでは何とか一匹釣り上げることが出来て安心しました。
愛する野池に、釣れてくれたバスに、感謝!







かぎろい隊 三重県 神島ウォーキング編

posted in 08:25 2016年05月10日 by a_hako

この記事のURL Comments(4)    自然   かぎろい隊
DSC_5000

2016年春初夏のかぎろい隊は三重県は神島という
小さな島をグルっと歩いて巡るツアーに参加しました。


今回はかぎろい隊としては珍しくツアー参加。
それは専用貸し切り列車「かぎろい」に乗りたくて...というのもそのツアーに参加したひとつの理由でもあります。

DSC_4000 (1)DSC_4000 (2)
貸し切りで、でも停車駅は多め... 通常特急なら1時間半ほどで到着する鳥羽まで2時間以上掛けて
のんびり進みます。 内装はキレイで座席もゆったり... 後部にはラウンジも設置されていて豪華です。


DSC_4000 (5)DSC_4000 (6)
その列車の座席では、早くもビールを一杯飲みながら、それぞれがこの日持ってきた”おもちゃ”を紹介したり
しながら、ワイワイと陽気な雰囲気の中、列車は進みます。


DSC_4948DSC_4951DSC_4952
鳥羽駅からは船で距離にして15kmほどの距離を、気持ちいい潮風に当たりながら1時間少々。
お天気は最高なので、これもまた贅沢な時間です。


DSC_4958
一周わずか3kmほど、現在は500人ほどの人々が住む神島。 
この神島は吉永小百合や山口百恵が出演した映画「潮騒」(三島由紀夫 作)の舞台ともなった島で、
神秘的な魅力を今も保ちつつ、随所随所に灯台や神社展望台、砲弾の着弾確認塔などなど見どころいっぱい
の島なんです。


DSC_4953DSC_4956
到着した船着場は既にとても透明度が高い...  ナマコやグレなどが目視できるほどです。
それもその筈、ここは釣りのメッカでもあるのです。( グレとナマコが見えますか? )
と、言うわけで到着直後のお昼ご飯時にちょこっと持参した竿を出しました。ただ...
餌が無くておつまみのホタルイカの燻製を使いましたが...  アタリ(魚が餌を突く反応)はあるもののの釣れず...残念!


DSC_4959DSC_4962DSC_4963
さて、腹ごしらえも済ませてウォーキング、スタートです。しかし...
いきなり結構急勾配の上り坂です。 
総勢約60名、年配の参加者も多くてこの上り坂で早くも音を上げる人も...


DSC_4965DSC_4967DSC_4970DSC_4973
そんな幾つもの急勾配の階段を上り、細い山道を通り、灯台や展望台をめぐります、潮の香りが本当に心地いい...


DSC_4975DSC_4979DSC_4982
途中浜辺に出たので、「待ってました!」とばかりに自作のメタルバイブレーション(ミニタイプ)を連投しながら
浜辺を歩きました。 が... アタリは無し... でも、良いんです。これで気が済みましたから。\(^o^)/

実際にはガイドさんの解説を聞きながら2時間ほど掛けてポイントをめぐり歩きました。
島での滞在時間は3時間ほどだったでしょうか... 結構自由にのんびりグループ単位で行動することも出来て
楽しむことが出来ました。




DSC_4991DSC_4993
帰りの船では船上の席で潮風に当たりながら約1時間、島での体験や雑談をしながら帰りました。
実は時折海が荒れてこの神島に船が出せない日もあり、このツアーでも天候の悪い日には別コースに変更を
余儀なくされてしまうことも多いのだそうです。

そういう意味でもとても幸運に恵まれた我がかぎろい隊一行、でした。


DSC_4998DSC_5006
鳥羽駅で各々お土産や帰りのお弁当などを買い込み、またビールを飲みながらワイワイガヤガヤとしゃべりっぱなしの2時間半でした。
こんなにも一日があっという間だったことはいままで余り経験がありません。(^o^)

いいお天気と楽しいメンバーで巡った神ノ島 神島。
釣り、自然、名画の舞台、古い歴史... 様々な魅力いっぱいのこの島に、
また機会があれば訪れたいと思いました。  自然と仲間とお天気に感謝!








久々に西国三十三ヶ所観音霊場めぐり

posted in 08:46 2016年05月05日 by a_hako

この記事のURL Comments(6)    神社仏閣   西国三十三ヶ所札所
01
このGWに入ってから、突然
「そうや、久々に御朱印貰いに行こ!」

と嫁が言い出しました。

そう言えばちょうど昨年のGW以来御朱印を貰いに行っていません。しかし...
とにかく今回もまたGW...ということで混雑は必至、どうせなら出来るだけ一度にたくさん回りたい、
でも、混雑しない場所は...と、探した結果滋賀方面に行くことにしました。


map

我が家から近畿自動車道→第二京阪→京滋バイパス...というルートで行くとGWにも関わらず1時間ほどで
滋賀の瀬田、石山寺まで行くことが出来ます。まぁ、なんと楽ちんなのでしょう...
朝八時の出発でしたがまったく渋滞に合わずに石山寺に到着することが出来ました。


第十三番 石山寺
03020405
今の季節はどのお寺も新緑が本当に美しく心が洗われます。
GWではありますが人影まばらで本当にのんびり、なんとも心が落ち着きます。

0607085
新緑そのものの中に佇む本堂に参拝。歴史的遺産らしい佇まいで素晴らしい...

091110
御朱印を貰って、さて次へ... と、思いましたが駐車場にある食堂に「名物しじみ釜飯」というメニューが気になって...
まだお腹は減っていないにもかかわらず、頂いてしまいました。(^_^;)<美味しかった...


第十二番 岩間寺
165
車で15分ほど移動して岩間寺へ。

最初の岩間寺もそうですが、この石山寺も、そう「岩」「石」という漢字が名前に付けられているように、
地質的に石、岩が多く、それだけにゴツゴツした風景が妙に神秘的に感じます。

12
この岩間寺の本堂から山道が続いており、「上醍醐寺」という道標が...
しかし、この山道で数キロ歩かなければならないので今回は断念しました。
後から調べるとこの上醍醐寺は西国三十三箇所中でも難関のひとつ...だそうです。
確かにこれはなかなか簡単には参拝できなさそう...
かと言って、後回しにしておくと足腰が弱ってさらに行けなくなる... 難しいところです。


第十番 三室戸寺
513141517
そして最後は三室戸寺へ。
ここは一転、洗練されたお寺で今はツツジが見頃です。 山一面に植えられたツツジが本当に美しく、季節ごとに
美しい花を見ることが出来ることで有名です。
御朱印もしっかり頂き、そのツツジを眺めながらお昼を頂きました。これまた美味しかった...
18
季節的に今はツツジが満開ですが、紫陽花が次の出番の準備をするかのように、小さな芽が青々と色づいています。

map
今回のルート。

今回はGWでとても良いお天気の中、有り難いことに3箇所も一度に御朱印を頂くことが出来ました。
ほんま、有り難い有り難い...









くまモン頑張れ絵

posted in 18:24 2016年04月26日 by a_hako

この記事のURL Comments(6)    いいモノ紹介   危機管理能力
ganbarou-2

熊本の大地震からもうすぐ2週間... 
かなりの支援の輪が広がっているとはいえ、現状はまだまだ厳しい様子です。




そんな中、その支援の一環としてくまモン頑張れ絵という”心の支援”の輪も広がっています。

がんばれ絵(画像検索)

能年玲奈さんもこの「がんばれ絵」を描き、自信のブログに載せたそうな...
その「くまモン頑張れ絵」をまとめたサイトも出来ていますね。どれもステキな絵ばかりです。

と、いうことでずっと前からクマ繋がりで愛着を持っていたくまモンの絵、
ワタシも憚りながらちょこっと描いてみました。(冒頭のイラスト)


とにもかくにも...
一日も早い復興を心よりお祈りします。








天王寺界隈ご紹介

posted in 18:49 2016年04月12日 by a_hako

この記事のURL Comments(4)    地域   休日
01


今日はまったく脈絡もなく、近所の天王寺界隈を紹介します。




まず、四天王寺さん。 
ちょうど五重塔が修復中で寂しい気がします。その修復は平成28年6月末までかかるそうです。


03
その境内では時々「わつか市」など催しが開かれ、賑やかになります。そこでは...


0506
こんなものや...

07
こ〜んなモノ、いろ〜んなモノが売っているのでついつい買ってしまいます... (^^ゞ< 好物の奈良漬とかも...


そこから約1kmくらい西に行くと... 天王寺公園・天王寺動物園があります。
昔はゴミなどが多く、それこそ物騒なところでしたが最近は観光地化してきています。


0809
将棋を指しているおじさんたち...  そのレベルは高く、見ていると「ほ、ほぉ〜...!」と唸ってしまうような
手が続出... 楽しいです。

その天王寺公園の入口からほんの200mほどのところには高さ300mで現在のところ日本で最も高い
超高層ビルであるハルカスが建っています。まぁ、四天王寺からでも、もっといえば天気の良い日なら
六甲山の頂上からでも見えるんですが...

ハルカス1ハルカス2


天王寺公園の入口に戻って...
その天王寺動物園を左手に、大阪市立美術館を右手にみながら坂を下ると...
新世界。  そこは... 今でこそ串かつ屋さんや通天閣、居酒屋などが立ち並び、大阪を代表する
観光地の一つとなっていますが...
10map-2
それこそ20〜30年程前までは、おいそれとは近づいてはいけないエリア... 危険がいっぱいの地域、でした。
そして...

一本脇道にそれると...
実は今でも気を抜いてはいけない地域でもあったります。 (^^ゞ<ほほほ...








2016年 ご近所の桜

posted in 08:08 2016年04月05日 by a_hako

この記事のURL Comments(4)  
0000

桜の季節まっただ中、先週は奈良に桜を愛でに参りましたが
今週はご近所を少し散策してみました。




0010021八坂神社
まずはすぐ近くの生野 八坂神社さん。
ここは小さな神社ですがそれぞれの桜の枝ぶりが良い。まるで盆栽みたい形のいい枝ぶりが大好きです。
まだ上の方には蕾も見られますが、概ね満開と言っていいでしょう、見事な桜です。



5 今里新地公園00301010120
続いて今里の新地公園。
ここは小さな広場があり、今もサッカーや野球を少年たちが楽しむことが出来る昔ながらの公園。
特にこの季節はご近所さんたちの憩いの場となっています。


0060041008007
最後は現在、五重塔修復中の四天王寺さん。
ここは敷地が広いのであちこち桜が点在しています。ちょうどこの日は「わつか市」が催されていたこともあり、
多くの人々は思い思いに満開の桜を楽しんでいました。

その年によっては満開の時期が週末に当たらなかったり、またそもそも満開の時間が短かったり...  
そんなこともあって日本人は毎年桜の開花に(楽しみながら)振り回されているのですが、
今年は有り難いことにここ大阪でも約二週間に渡って桜を楽しむことが出来ました。

2016年は美しい桜をたくさん見ることが出来ました。
ほんまにホンマに感謝です。