またフィルム関連商品が値上げ...

posted in 19:22 2019年05月16日 by a_hako

この記事のURL Comments(0)    フィルムカメラ   趣味
DSC_1103

富士フイルムがまた
写真フィルム製品を6月より値上げ
...と発表しました。


折角、2018年にフィルムカメラを知人より譲り受け、たまにではありますがアナログ写真を楽しむ
ようになったのに...  とても残念なニュースです。



18.02.12 ならまち 興福寺 (1)
それはデジタルカメラに比べれば、フィルム代はかかる(デジタルもSDカードは必要ですが)、
現像代はかかる、プリントしようと思えばプリント代もかかる(デジタルでもプリンタ出力は実質費用は
かかりますが)... と、とにかく色々とかかる費用も不便も多いフィルムカメラですが。


19.04. 2019年の桜 初ポジフィルム+OM1 02
それでも露出とシャッタースピードがドンピシャに合ってくれて、そこそこ思った通りに撮れたときの嬉しさは...
やっぱりデジタルでは感じることは出来ません...

79088737
また、時にはなんでかさっぱり理由はわかりませんが、すんごいレトロな写真が偶然撮れてしまったり...
本来なら失敗作のハイキーやローキーの写真が偶然とは言えお気に入りの一枚になってしまったりと...
とにかく、一枚一枚真剣に、じっくりと、意を決してシャッターを切り、現像が仕上がってくるまでのドキドキ感を
楽しむのです。(^^)


18.01.21 清荒神参拝 0818.01.21 清荒神参拝 06
そうそう、白黒フィルムを放り込んだら最後、「あぁ、このシーンはビビットに撮りたいな!」と思っても後の祭り...
24枚、もしくは36枚を撮り切るまでは次へと行けないもどかしさ... これもMっ気のある人には堪らなかったり
するのです... (ほんまかいな...)

IMG_20190513_210423~2
値上げは6月から...とのことなので、少しだけ各種フィルムを買っておきました。


兎に角、もうこれ以上値上げしないで欲しいのです...








スマホを乗換えました。

posted in 08:40 2019年05月13日 by a_hako

この記事のURL Comments(0)    スマホ   デジタルなモノ
xz2

諸々色々ありまして、三年ぶりにスマホを乗換えました。


と、言っても2018年5月発表のモデルで最新モデルではありません。
ま、最新のモデルにはバグやらなにやら付もので、その修復とかに
時間を費やすのは好きではないので安定したモデルが安心出来ると
思っているタイプの人なので。

Xperia XZ2 SO-03

日本のモノづくりがやっぱり好きで、一番最初はシャープのスマホを買いましたが
その次はソニー(Xperia Z5 SO-01H)、そして3台目もやっぱり同じソニーのスマホです。

多くの人はIphoneを選びますが、やっぱり日本の企業に頑張ってほしいので
(シャープは台湾資本になっちゃいましたから)意地でもソニーのスマホを使い
続けたいと思っています。それにしても...


パソコのの乗換えよりはマシですが、それはもうほんとに面倒くさい... (T_T)
もちろん、自分自身で使いやすいようにいじくり倒してアプリやら各種設定やら
IMEにクラウドにナビにマップにSNSにボケ防止の漢字力診断アプリに...と、
元のスマホに近い設定にするのに四苦八苦... 

しかし、そういう機会だからこそインストしたものの、実は滅多に使わなかったアプリ
やサービスの削除など整理整頓が出来るので、数年に一度の機種変更はやっぱり
必要なのかも知れません。(もっさりしていてバッテリーの持ちも1日持ちませんでしたから
今はその点においても快適です)


top

これでまたほぼ元通り、快適な生活がおくれそうです。
ほんとスマホは便利ですね。









奈良 入江泰吉記念館

posted in 08:08 2019年02月18日 by a_hako

この記事のURL Comments(0)    美術・芸術   写真
01

休日の朝、起きて何気なくスマホをいじっていると...






02

「入江泰吉「古都奈良の文化財〜総集編〜」展」 2/17まで...」と。

「えらいこっちゃ、こりゃ行かねば!」

と、慌てて着替えて電車に飛び乗りました。(*^^*)


19.02.17 奈良 梅 (1)19.02.17 奈良 梅 (0)
いつものようにならまちを通って入江泰吉記念館へ...


03
なんとか入江さんの写真を満喫できることが出来ました。
今回の写真展は全て入江さんの作品てんこ盛り...。
いつもながら本当にゆったりと、広々とした空間の中大好きな
入江さんの素晴らしい作品の数々を堪能... まさに贅沢な時間、でした。


19.02.17 奈良 梅 (3)19.02.17 奈良 梅 (2)
入江さんの写真を十分に拝見した後はのんびりと若草山、奈良公園を散策しつつ帰途に。

奈良公園や浮御堂付近ではもう梅がキレイに見頃の満開でした。


もうすぐ春、ですね...








映画 『ボヘミアン・ラプソディ』

posted in 19:29 2018年12月03日 by a_hako

この記事のURL Comments(0)    映画・DVD   音楽
DSC_0732


映画 『ボヘミアン・ラプソディ』を観てきました。





ワタシは五十過ぎで、遡ること約四十年前、中学〜高校の頃スポーツも大好きでしたが
ロックも好き。それでよくQueenのアルバムを聴いていました。
(アルバムLive Killers世界に捧ぐなどはお薦めです)
(他にはエリック・クラプトン(cream、デレク・アンド・ザ・ドミノスなど)、ジミ・ヘンドリックス、
DEEP PURPLE、LED ZEPPELINなどなど大好きで)


そんなギター少年だった頃のバンドQueenの映画が好評...
そういえば以前ジミ・ヘンドリックスの映画も観ましたが、これは本当に小さな映画館で短期間の上映...
稀代の超天才ジミの映画だったのに少し残念な気もしていました。

ところがこちらは大好評、これは観に行かねば... と、それほど期待はせずに行きました。
が...

良かったです。素晴らしかった。 良かった要素は多々ありますが、こういった伝記的な映画ではどうしても
(予算が少ない場合は特に) 内容も撮影もショボくなってしまい、歴史的人物の権威さえも落としかねない
ところがあったりもしますが、この映画はさにあらず...
しっかりとフレディ・マーキュリーの類まれなる才能と感性を持ってQueenの根幹として独自のロックを確立、
延いては時代のロックそのモノを進化させた功績も様々なエピソードを絡めて散りばめられています。

それに、カメラ好きも思わず唸る冒頭からのとてもカッコイイ1シーン1シーンの描写、
Live AIDのライブの様子を見事に再現したシーンも圧巻、細部に渡って丁寧に作り込まれた映像には
敬服、そして感動もしました。そして...!

18.12.03 の時点で音楽映画歴代興収No.1 !!    う〜ん、素晴らしい... (*^^*)


晩年は色々とあったフレディですが...
なんだかこれで報われたのではないかな... と思ったりします。



2018年 朝護孫子寺さんの紅葉

posted in 19:08 2018年11月29日 by a_hako

この記事のURL Comments(0)    季節   自然
01


京都を訪れた二日後にこちらの紅葉の様子はどうかな...と、
毎年恒例、この時期に訪れる朝護孫子寺さんに今年も参拝に赴きました。





さて、毎年ここを訪れると駐車場に野良猫が出迎えてくれます。
(と、いうか、いつも人の車のボンネットに乗るとか、日向ぼっこして暖を取っているだけなのですが...(*^^*))

02
ま、それがとても可愛くて猫好きのワタシとしては楽しみの一つだったりするのですが。


03
あんまりカワイイのでちょっとアート風にしてあげましょうか。


04
ということで参拝&撮影開始... と、思ったら...
実はこの橋で数年前からバンジージャンプの営業が始まっています。よぅやるわ...(^^ゞ


05
いいお天気で平群、生駒方面が薄っすらと靄の中で綺麗です。


0607
ここの寺院の特徴として大きな銀杏の大木があるのですが、その迫力ある黄色と来たらそれはもう立派の一言です。
山間にある紅葉の木には陽の光の当り方が均等ではない分、葉の色づき方がまだらになります。
そしてそれが人工的には作り出せない美のグラデーションになる訳です。
お陰様でで今年も美しい紅葉を見ることが出来ました。上手いこと今年は紅葉の時期と休日が重なってくれて
嬉しく思います。


080910
また来年も元気でここに参拝させて頂けますように...


毎年紅葉の時期に上手く休日が重なるか、心配ですが
今年は上手く綺麗な紅葉を見せて頂けました。感謝...









2018年 秋のかぎろい隊 京都編

posted in 21:49 2018年11月26日 by a_hako

この記事のURL Comments(0)    季節   自然
00

2018年 秋のかぎろい隊は京都、
嵐山方面に行きました。





それはもう人、人、人...  ものすごい数です。
駅周辺はもちろん渡月橋から各紅葉の名所スポットへの道中も人、人、人...



00
駅周辺はもとより、それぞれの紅葉の観光スポットへの道中も人、人、人...
もうこのままでは京都が京都でなくなり、それこそ観光どころではなくなるのではないか...
と危惧するくらいの事態になってきています。あ、いや...

もうすでに各紅葉の名所などはそのキャパを多くの外国人観光客で軽くオーバーして
到底のんびり秋の景色を楽しむことは難しい感じです、しかし...




01

今回持参のカメラはいつもの通り愛機 NIKON D7000と
フィルムカメラのオリンパス OM1、です。





そんな中でも真の京都マスター、吉持和尚隊長は比較的人の少ない、そしてもちろん紅葉の
素晴らしい場所に案内してくれました。(敢えて場所は伏せます、悪しからず... (^^ゞ)

020304
和尚が案内していくれた場所は紅葉の本数が多く、まだ緑色の木、見頃の木、そろそろ終わりの木...
様々な表情を見ることが出来ました。



07
やはり... のんびりと見ることが出来る... これこそ美を鑑賞する時の最高であり最低条件の一つ、ですよね...


0809
緑が赤を引き立て、黄色とオレンジがその赤を緩和し、黒が全体を引き締める... なんか、秋の大自然は
そんな決まりごとの上で成り立っているように思えます。美しい...


1213
素晴らしいお天気に恵まれて、そしてなにより楽しい仲間と(道中の人混みは別として) ゆったりと美しい季節と
艶やかな木々の彩りを満喫できた今回のかぎろい隊でした。


いつもいつも素敵な紅葉スポットを案内してくれる和尚隊長に、
仲間に、そして美しい大自然に... 感謝です。