Atelier hal~picapica days

きりえを中心に創作活動している フリーのイラストレータ-、picaです。
日々のぼやきもふくめて!?Atelier halのワークを 「ピカピカ・デイズ風」にご紹介いたします!

IMG_20200704_070011


「毎年同じことができる幸せ」

今、一番心に深くずっしりと残った言葉。


そして二番目にスーっと染み込んだ言葉。

「世の中にはすぐわかるものと後からわかるものの二種類がある」



映画「日日是好日」、ようやく観賞できました。

静かな映画で、そして心にたくさん響くものがありました。

最初に書いた2つの言葉は映画の中に出てくるセリフですが、コロナ禍の今だからこそ、というのもあるし、私もそろそろ「後からわかる年代」になってきたからということもあるのか、今回はもうホントに心のど真ん中に突き刺さりました。

20代にほんのちょっとだけ「茶道」のお稽古に通ったことがありました。

なので、お稽古始めたばかりのあのギクシャク感、お茶室のほどよくピンとはりつめた空間、ありありと思い出され懐かしい記憶もたくさん甦りました。
(はい、私は茶道の「形」も満足に覚えないままの退出組でしたが・笑)


たまたま前日に、小学校時代の旧友と久々に電話で話すことができました。まさに、この歳を重ねたからこその話題いろいろで。

歳を取る楽しみは、昔わからなかったことがわかるようになることもその一つなのかな。

そんなことも思いながら、全編を通して一つ一つのセリフが実感として響いてきました。

ふと、頭の片隅に、レイチェル・カーソン著「センス・オブ・ワンダー」も思い出しました。

遅ればせながら、原作小説もあわせてぜひ読みたい!


日日是好日を感じられる過ごし方、少し意識してみよう。

久々の美術展!!
久々の芳澤ガーデンギャラリー!!
「柚木沙弥郎/絵本の仕事展」
IMG_20200630_140714_2


この美術展も4月開催予定が延期され、ようやく6月23日からスタート!
感染防止対策の観点から時間予約制となっています。

DSC_0438
DSC_0440
DSC_0442


70代から制作されたという絵本の原画は、自由で楽しさ満載。
色も形もどこか嬉しそう。
こんな風に描けたらいいな。

久々に心の栄養も補充できた感じ!(笑)

DSC_0441
HORIZON_0001_BURST20200630102417144_COVER

予約制で入れ替えというシステムは、正直あまりなじめないけど(時間が気になってしまって~~~)これからの生活様式として慣れていかなくてはなりませんね。(^^;


ギャラリー近くには伏姫桜の弘法寺や手児奈霊堂など、文学歴史散策コースも充実です!
今年の花見はできなかったけど、またゆっくり歩きに来たいエリアです。
DSC_0436

船橋を拠点に活動している作家5人によるオリジナル手ぬぐいの展示です。
received_984630438646705


手ぬぐい展3
手ぬぐい展1
手ぬぐい展2

______________________________________________
ビストロふぉーなうの7月の展示(7/1~7/30)
「船橋アート手ぬぐい展」

美味しいお食事とアートをお楽しみください!

ランチタイム/11:30~
ディナータイム/17:00〜
定休日:月曜日、第三日曜日

✳テイクアウトメニューもあります!

(コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合があります。ご来店時は事前に店舗にご確認ください)
_______________________________________________


これから夏に向けて3月から延期になった展示も徐々に再開の予定で、色々と準備できること、嬉しい限りです。

が、まだまだ現実には油断できない状況も続いていますので、(ご案内告知するものの)ご案内させていただく皆様には、どうぞくれぐれもご無理ない範囲で、と思います。



南千住・汐入にある胡録神社にお参りしてきました!
DSC_0432

荒川近くを散策、高層住宅に囲まれた一角ににふっと現れる小さな神社。
DSC_0428


川中島合戦の折り、高田嘉左衛門という上杉の家臣が合戦に敗れ落ち延び、この地に永住、この神社を建立したそうです。
平成に入り、地域の再開発のために神社は現在のような形になったそう。

チャンスがあればこちらの神社を訪れてみたいと思っていたのは
胡粉を作った石臼が奉納されている、ということを友人から聞いたからでした。
胡粉
看板

この地域は昔から蛎殻を石臼にかけて胡粉作りが盛んだったそうです。
胡粉とは貝殻から作られる顔料で、日本人形、白粉、絵の具(日本画)などに使われます。

実は切り絵制作でも胡粉にはお世話になっています。
私が切り絵で使う黒い和紙は 通称「胡粉染め」という和紙。
gofunnzome

楮和紙に白い胡粉を塗り、それから黒い顔料を塗ってあります。
ですので表は『黒』、裏はもともとの和紙の色。

私はこのしっとりとした風合いの漆黒の和紙がお気に入りです。

でも和紙に顔料を塗る職人さんがどんどん少なくなっていて、この和紙を手に入れるのもだんだん難しくなってきています。
(もちろん自分で胡粉と黒の顔料で和紙を塗ることはできないわけではなさそうですが〜(^ー^;)

そんな胡粉繋がりで気になっていた場所に来られて良かったあ。
これからも胡粉染め和紙ともご縁がずっと続きますように!

ようやく、私もスタンプ作ってみようかな〜〜
と、いうことで!!

LINEスタンプ販売!!
(不定期ながら、これから少しづつ増やしてきますね)

お祝いスタンプ

『デカ文字お祝いスタンプ!』
お祝いの気持ちを伝えるスタンプです。

気に入られたらぜひ『LINEストア』からどうぞ!!

https://line.me/S/sticker/12173721

船橋市民ギャラリーにて6/15より開催の美術展です
DSC_0422
CENTER_0001_BURST20200615102258373_COVER

コロナウイルス感染拡大の中、「美術の力で何かできないだろうか」という思いから発足したプロジェクトだそうです。
SYMMETRY_0001_BURST20200615102532892_COVER
DSC_0414
CENTER_0001_BURST20200615102745473_COVER

市内の小、中学生たちが表現した「メッセージ」が壁一面に展示!
またこのプロジェクトに賛同した一般の方々の作品も展示されます。

と、いうことで私も搬入してきました。

この「四つ葉のクローバープロジェクト」のテーマを考えていたら3点出来上がりました。


『未知なるものは新しい価値と発見を生む」
yotuba1

「きぼうはいつも地球の周りを回っている」
yotuba2

「不思議なサボテン」
yotuba3

このうちの一枚を搬入してきました!

さて、どの作品が展示されているか〜お近くの方は是非会場で!(^ー^)

---------------------------------------------
「四つ葉のクローバープロジェクトコラボ企画・リアル展覧会@船橋市民ギャラリー」
2020年6月15日〜7月5日(感染拡大の影響により会期などの変更可能性もあり)
会場:船橋市民ギャラリー 入場無料
9:00〜17:00
---------------------------------------------

このページのトップヘ