昨夜は皆既月食。

夕方 大きくてボヤ〜ッと霞んだような満月だったうえに、天気予報では全国的に薄曇り、皆既月食観察は難しそう、の言葉を信じて・・・??

というよりは寒さに負けて部屋でぬくぬく(外に出る気は全く無し!)していたところ・・・

「月が見える!」
「きれい」
「幻想的」

次々と友人たちからのメールが届きまして・・・(笑)

私はもう寒いから布団にもぐる〜つもりが、そのメールに背中をおされて「よっこらしょ」と玄関を出てみると・・・・あれ、月、やっぱり出てない、え、どこにお月様いるの???見てる方向ちがうの?と、キョロキョロ。

ふと、頭のま上を見上げたら・・・・

赤い月!

何ともいえない幻想的なお月様でした。


DSC_0014

スマホではこれが限界。
でもこのスマホのお月様も版画家・浜口陽三氏作品のサクランボみたいで、ちょっと気に入りました。


写真で一句
「冬空に浮かぶ月はサクランボ」


↑才能有り?才能無し?それとも凡人? 査定やいかに、
センセ~~!(笑)