2016年06月07日

この世で出会う人たち

昔から、とんでもない場所で知り合いと遭遇するとか、友人・知人が実はほかでもつながりがあったとか、そんな偶然がたくさんあるのだが、これは私に限ったことではないのだろうか。長く生きていれば、こういう偶然も増えていくのだろうか。

大半の人は気づいていないだけで、回りの友人・知人が互いにつながっているというのは、実は普通のことなのかも知れない。これまでの偶然の数々を思うと、この世で私たちが出会う人たちは、最初から決まっているのかなと思ってしまう。この人生で出会う人たちは、まさにご縁のある人たちなのだ。

きょうも息子の同級生のお母さんと初めてのランチに出かけたのだが、その方とも不思議なご縁があることが発覚! これから、今までの数々の偶然を振り返ってみるつもり。(乞うご期待!?)

a_hatomune at 22:50|PermalinkComments(0)

2016年05月20日

スポットライトー世紀のスクープー

この間の連休中に夫と久しぶりに映画館に行こうという話になり、『スポットライトー世紀のスクープ』を見てきた。今年のアカデミー賞の作品賞と脚本賞を獲得した作品。カトリック教会の神父たちが長年にわたって子供たちを性的虐待していた事実を、アメリカの地方紙ボストン・グローブ紙が暴くという実際の出来事を映画化したものだ。

よく出来た映画ではあったが、ストーリー自体はすでに明白だし、華やかな出演者がいるわけでもなく、ものすごいスリルがあるわけでもなく、高揚感がわきおこるでもなく、いたって地味な作品であった。マイケル・キートンといえば、個人的には『ビートルジュース』のイメージが強かったが、近年は次々とシリアスな作品で頑張っているのだなぁと感心した。

禁欲を強いられる神父様の中に、このような行為に走る人がいることは容易に想像がつくような気がするが、それは非キリスト教世界の視点であって、キリスト教世界の人にとっては受け入れ難い衝撃的な事実なのだろうか。カトリック国ではないアメリカにおいてですら、事実の暴露を阻止する巨大な圧力が働いていたのだ。欧米社会におけるカトリック教会の存在の大きさを、改めて実感した。

ところで、私はカトリック系の学校に何年も通ったのだが、今でも思い出す神父様のお話がある。ヨーロッパ出身のその神父様は若い頃に日本に赴任して、以後、半世紀を過ごし、いつも流暢な日本語でお話されていた。
「自分は皆さんの年齢の倍の年月を日本で過ごしてきました。私には子供はいませんが、皆さんが私の子供のような存在です。」
そこまで言うと、神父様は一瞬、黙って考えるような表情を見せ、「私には子供はいないと確信していますよ。保証はできませんけど」とニヤッと笑ったのだ。

私は、その正しい日本語の使い方に感心すると同時に、意外な人間的側面の発露に、なんてチャーミングな神父様だろうと思ったのだが、今にして思うと、あれは日本人相手だから可能な発言だったのかも知れない。



a_hatomune at 11:36|PermalinkComments(0)

2016年03月21日

毎日をもっとゆっくりと

ベニシアからの言葉の贈り物 毎日をもっとゆっくりと
ベニシア・スタンリー・スミス
世界文化社
2016-03-15



いろいろ考えて・・・。
やっぱり、もっとゆっくり生活することにします。

a_hatomune at 22:43|PermalinkComments(0)

2016年03月18日

昨日の敵はきょうの友

たかだか週2日か3日のパートだが、あまりに劣悪な職場環境にどっと疲れている。気分転換にちょっと外で働こうという目論見だったが、こんなひどい人たちの中で時間を過ごすことになるなんて・・・。

先日、珍しく現場トップの上司がオフィスにいたのだが、狸の置物のようにただ席に座っているだけで、何もしない。彼の面前で、スタッフが忙しく働いているのだが、全員の手がふさがっていて電話が鳴り続けても、彼は決して電話に出ない。なのに、スタッフの言動、特に電話の応対には聞き耳立てて、隙あらば説教をするらしい(とあとで聞かされた)。で、その日は私がそのターゲットとなったのだ。

電話を取り続けながら、入力作業も続けて、忙しくしている私を、その狸は呼びつけて、「さっきの電話は、どういうことだった?」と言う。「○○からの問い合わせでしたが、忙しい日の○○の注文は無理してとらなくていいと言われていたので、その日はもういっぱいでしたし、断りました。」と答えると、「じゃあ、ほかの業者だったら、どうした?」とくる。もう面倒くさくて、「どうすれば、いいのでしょうか?」と丁寧にお伺いを立てると、ぐだぐだと説教を始めた。しかし、こう言ってはなんだが、狸の話は要領を得ず、何を言いたいのか、よくわからない。なのに時々、こちらに質問をするので、ものすごく迷惑。テキトーに答えると、「違う。わからないのか?」となるし、「わかりません」と答えても、「わからないのか?」となるし、「さあ、どうすればいいのでしょうか?」と答えても、「わからないのか?」となる。で、また説明が始まるのだが、「そんな話、初耳だよ。誰もそんな説明してくれてねーよ」という内容か、あるいは「研修中に聞いた話と違うじゃねーか。いつも指示を出す人は、違うことを言ってるよ」という内容なのだ。もしかして、ただいちゃもんをつけて、えらそーに説教したいだけのおじさんなのか!? 「あ〜、疲れるな〜」と思いながら、しおらしく話を聞いて、席に戻ったのだが、なんで説教されたのかよくわからない。だって、結局、私の電話の対応は間違ってなかったんだよ。(それは狸も認めていた。あの業者は断っていいと。)なんちゅー理不尽な・・・と思っていたら、例のキョーレツおばちゃんが私に話しかけた。

「きょう、お昼、一緒に行こ!」
ぎょ、ぎょえ〜!と思ったが、おばちゃんは弁当持参のはず。
「すみません、私、きょうお昼持ってきてないんです」と答えると、「あっそ、じゃあ、一緒に外に食べに行こ」とにこにこ。普段は交互にお昼休みをとっていたのだが、これはもう断れない。逆に、おばちゃんは私に言いたいことがあるのだろうから、これは情報収集のいいチャンスかもと、一緒に出かけた。

おばちゃんによると、きょうの狸の説教はまだやさしい方だという。そりゃ、そうだ、私の電話対応は間違ってなかったんだもん。これまで新しく入ってきた人は、みな狸の説教という洗礼を受けてきたらしい。狸だけでなく、社長の怒号を浴びる人もいるらしい。彼らの過去のイビリや暴言の数々をおばちゃんは教えてくれた。それを聞いて、ここは長くいる場所じゃない、早く脱出しなきゃと思いながら、「そんな中で耐えて、頑張ってらして、素晴らしいです!」とおばちゃんを褒めちぎる私。

その日の午後は、やけにおばちゃんが私にやさしく、協力的で、びっくりしてしまった。そして狸がいなくなると、場がなごみ、嫌味な社員さんたちも口調がやわらかくなり、軽口も出る。なるほど、朝は狸がいたせいで、みんなピリピリしていたのだ。

しかし、こんなひどい職場は初めてだ。客商売とは思えないし、経営陣も人として終わってる・・・。頼むから、あの怒鳴り声だけはなんとかしてくれと思う。あ〜あ、疲れた。




a_hatomune at 22:25|PermalinkComments(0)

2016年03月15日

ローソクの芯

亡き母を真似て、仏壇の前でお経を読むのが日課となった。

母が買い込んでいた線香は既に使い終わったが、母や父が亡くなったあとにいただいた数々の線香や、夫がお寺関係からもらってきた線香がたくさんあり、少しずついろいろな香りを楽しんでいる。

ローソクはスーパーで買ってきたものを使っていたが、父の葬儀場で用意された(と思う)ローソクの残りが出てきたので、そちらも使ってみた。ところが、これ、使い勝手の悪いローソクなのだ。見た目はスーパーで買ってきたものと変わらないが、芯がよくない。糸の質が悪いのか、糸の撚り方が悪いのか、燃え尽きやすい。そのため、一度消して、また火をつけようとしても、燃え尽きた芯になかなか火がつかないのだ。なのに、一度、火がついたら、今度は燃えすぎて、炎が大きくなる。安定した灯りを燈し続けるローソクは、クオリティ高いのだな〜。

葬儀場はもしかして安物のローソクを使ってたのか・・・!? 葬儀場では、消したり点けたりしないから、構わないのかな?

なにごとも芯がしっかりしていないといけないのだ、と改めて納得いたしました。

a_hatomune at 18:42|PermalinkComments(0)

2016年03月12日

声明効果(引き寄せの法則実践中)

今週はパートの日程を調整してもらって、前から友人と約束していた声明公演に行ってきました。去年、初めて行った声明公演を友人がいたく気に入ったようで、今年も行きたいと早くから予約していたのです。

「声明(しょうみょう)」とは仏教の伝統的な儀式音楽・声楽・歌謡のことで、日本の音楽の原点とも言われます。その音階は独特で、楽譜を見ても素人には漢字ばかりでちんぷんかんぷん。しかし不思議な不協和音がなぜか心地よく、個人的な印象を言えば、西洋の宗教音楽が心に響くのに対して、声明は細胞に作用しているような気がします。友人も前回、若い僧侶たちの声明を聴いて、心が洗われたような、すがすがしい気持ちになったそうです。

今回も楽しいお喋りとランチを楽しんだあとに、声明を聞いて、身も心も浄化された気分となりました。ありがたや。そのお陰か、翌日、一週間ぶりにパートに行くと、なぜか電話もさほど鳴らず、割と余裕で仕事ができました。(あくまでも、前週と比べてですが。)

私ともうひとりの新人パートは、電話をとりながら、入力作業をすることになっているのですが、商品の種類が多い上に業者によって入力方法が違うという複雑なシステムで、私たちはまだすべてを把握していません。とりあえずネット経由の予約注文のやり方は覚えたので、今はそれで精一杯(数量的にも)なのに、ベテランさんたちはこの間から、特殊な業者の入力方法を教えようとしています。一応、ひととおりは教えてもらったものの、ネット経由の入力すら夕方までに終わらない日が何日も続いたので、いつも仕事の指示を出す社員さんが今のところはネット経由だけにしておこうと思ったのでしょう。
朝いちでベテランさんが私に特殊な業者の注文票を渡して、指示を出していたのに、あとから来たその社員さんが、「これ、自分でやって下さい。ネットだけで手一杯になるから」と、ベテランさんに注文票を突っ返してくれたのです。ほっ!
慣れない電話でもたついても、なぜかその日はその社員さんがやさしくフォローを入れてくれたり(普段はそんな人じゃないのに!)、いつもがなり立てている社長が普通に喋っていたり(普通に喋れるんだ〜!!)、ちょっとびっくりの一日でした。声明パワーをもらって、邪悪なものを跳ね除けたのかしら!?

このパートが始まって以来、引き寄せの法則の実践練習と思って、ポジティブな方に、心地よい方に意識を持って行くようにしているのですが、確かに効果があると感じます。自分の感情のナビゲーションシステムを上手に使いこなせるように、ただいま訓練中。そう思うと、劣悪な職場も意外と楽しめるから不思議です。

壮大な夢(妄想?)も浮かんできたし、もうしばらく頑張ってみるつもりです!

a_hatomune at 10:29|PermalinkComments(0)

2016年03月08日

業務日誌

新しく始めたパート仕事。2週間の研修が終わり、私ともうひとりの新人パートさんとで、平日の2日か3日で交互に出勤している。せっかく仲良くなったのに、もう職場で顔を合わせることはないのだが、今では平日は毎日のように出勤した方がもう一方に「業務日誌」メールを送っている。まるでストレスを発散するかのように、かなり詳細にその日の出来事を書き綴る。お互い、その場にいなかったのに、手に取るように状況がわかる上に、次の出勤日の予備知識として役に立っている。

相棒さんからのメールには毎回、もう笑うしかないというような事件が記されている(気の毒なんだけど)。例の強烈なキャラ変更おばさんが、元のキャラに戻ったらしい。朝から対応の仕方がわからない電話を何本もとっていた相棒さんは、そのたびに強烈おばさんに訊いていたので申し訳なく思い、その後はセクションの全員に聞こえるように「○○の電話が入っているのですが・・・」と対応していたら、おばさんにこう言われたそうだ。
   「あなた、私の名前、知らないの?」
   「もちろん、存じております。」
   「名前、呼ばないから、知らないのかと思った。」
   「・・・・」
おばちゃんが感じよく対応してくれていたら、相棒さんだってわざわざセクションのほかの人にまで呼びかけるようなことはしなかっただろうに。

その後も、相棒さんがわからないことを質問したら、「前に教えたと思いますけど」と社員さんに突き放され、そこでおばちゃんの説明が始まり、「どこがわからない?」と訊かれたので答え始めたら、「いま人が話しているんだから、聞け!」と怒鳴られたのだとか。いやはや・・・。相棒さん、よく耐えてるな〜。辞める時は私も一緒に辞めるよ〜と思いつつ、応援メールを送ったのだが、この業務日誌のお陰で、なんとか続けられているような気も。私たちの絆だけは深まるのであった。ふぅ。

a_hatomune at 10:58|PermalinkComments(0)

2016年03月05日

キャラ変更

始まったばかりのパートだが、職場環境は劣悪な上に同じ部署に「ナイス」な人が皆無という、恐ろしい状況だ。「これは、常にポジティブな意識を持つための訓練なのだ」と自分に言い聞かせているのだが。

中でも厄介な人物が、最年長のパートのおばさん。かなりの年配で、電話をとると大きなだみ声で喋るのでうるさくてたまらない。社員の方が私たちに研修しているのに、その人が席を立ったりすると急にしゃしゃり出て、私たちに偉そうに仕事を教えたり、指示を出したり。もうひとりの新人さんは、私より若い上に、たまたまそのおばさんの隣の席になったものだから、細々と指示や文句をつけられたり、嫌味を言われたらしい。おばさんがここに入ったときは研修なんてものはなく、いきなり仕事をさせられ、うまく出来ないと叱られていたのだとか。わからないから質問すると、「こんなこともわからないのか!」と叱られ、自分で判断してやると、「どうして質問しないのか?」と叱られ、結局、何をやっても叱られていたのだそうだ。そのことをずっと根に持っているのか、直接、叱った相手に反撃できない分、自分より弱い立場の新人をいびっているのかも知れない。

私も研修中に一度、その人の指導を受けて、その嫌味ったらしい口調を聞くこととなった。それまではメモを取りながら研修を受けていた私だが、このおばさんは何かあるとテスト形式でこちらを試すので、メモはとらずに、おばさんの話に集中した。実際問題、おばさんの説明はわかりづらくて、メモをとる気が失せたのもある。すると、それが気に入らなかったのか、「メモは取らなくていいの?」とくる。さらに、「○○はよく出てくる業者だから、○○の業者コードはきょう明日くらいで覚えてな!」とか、「△△の地域コードくらいは、きょう明日で覚えてな!」とか命令するのだ。まだ仕事に慣れてないから、入力作業は常に項目を間違ってないか確認しながら行っているので、たとえコードを暗記したとしても絶対にコードリストに照らし合わせるつもりなので、「別にきょう明日で覚える必要はないじゃん・・・」と思って聞き流した。

そして、その二日後だったか、研修をしてくれる社員さんがいなくなった隙に、いきなりそのおばさんが私の席にやってきて、「○○の業者コードは?」と質問したのだ。「なんじゃ、このおばさん!」とビックリしたが、うまい具合に机に広げていた研修ノートのページにその業者コードが書いてあったので、「xxxxxxxx」と即答。すると今度は、「△△の地域コードは?」ときた。これは覚えてなかったので、素直に「すいません、覚えてません」と答えた。だが彼女は黙って立ったまま。そこでもう一度、「すいません、覚えてません」と繰り返したが、それでも無言。なので、今度は「コードではなく、マウスでクリックして入力していたので、番号は覚えてません」と言ったら、「まあ、いろんなやり方があるわな」と不機嫌そうに自分の席に戻って行き、大きな声で、「ああ、気ぃ悪い!!」と言って席についた。

ところが、このおばさん、私のひとり勤務の初日、なぜかやけにやさしくなっていたのだ。もしかして、社員さんに「新人パートに辞められたら困るから、やさしく指導するように」とでも言われたのだろうか!? 一番、びっくりしたのは、彼女が昼休みに出る際に、「鳩胸さん!」と私に声をかけて、「ガンバ!」という感じのポーズをして見せたこと。いやはや、吹き出しそうになるのを堪えたのだが、いきなりのキャラ変更、ついていけません。

a_hatomune at 22:16|PermalinkComments(0)

2016年03月03日

易経、あなどれじ

先日からいよいよパートに出ている。わりと近所で、週2、3日の仕事なので楽勝・・・と思いきや、最初の2週間は週5で研修と相成った。本来の仕事のほかにも、いろいろとやって欲しいことがあるらしく、いくつかの部署を回り、たくさんのことを教えられた。事務所での仕事のはずが、いきなり初日の午前から接客の仕事をさせられ、びっくり。まあ楽しかったけど、冷や汗かいた。ものすご〜く忙しいときは手伝いに駆り出されるかも知れないとのこと。うむ。

で、本来の部署での仕事も覚えなくてはいけないことが多くて、たじたじ。システムが複雑すぎるし、不必要に商品の種類が多いし、はっきり言って非効率だな〜と思うことも多々ある。さらに、私語も殆どない事務所の空気がたまらない。社長を始め、幹部のおじさん連中の威圧感。さらに、仕事を教えてくれる同じ部署のベテランさんたちも、たまに意地悪な言動があったりして。いまどき、こんなおばさんがいるんだな〜と笑いそうになったけど、一緒に研修を受けているもうひとりの新人さんは完全にビビっていた。

毎日、昼休みにはその方とふたりで思い切りグチって、ストレスを発散していたのだが、研修も終盤のある朝、彼女が社員さんに叱られていた。彼女のミスで損失が出たらしい。とはいえ、新人の彼女の仕事はすべてベテランさんがチェックしていたのだから、要は叱っているその本人のチェックミスなんだけど、あからさまな責任転嫁。この複雑なシステムこそが、ミスを誘発していると思うのだが、それを改善しようという考えはないらしい。恐らく社長のケチケチ方針のせいだと思われる。

てなわけで、落ち込む彼女に「気にしな〜い、気にしな〜い、私たちの会社じゃないし。損失出ても、気にしな〜い」と声をかけた。「それから、あのおばさんに意地悪言われても、ひるんじゃダメよ。むしろ笑顔でスルーして、何も気にしてない風を装って。意地悪しても効き目ないと思ったら、もう変なこと言わなくなるだろうし。思い切りバカのふりして、やりすごそう!」と励ました。彼女と友情を築けたのが、この研修の嬉しい副産物だったかも。

研修が終わると、私と彼女は交代勤務となり、職場で顔を合わすことはなくなるのだが、互いにメールで業務日誌交換をしようと約束した。そして研修後の第一日目は私の勤務。家を出る前に久しぶりに易経占いをした。すると、なんとも悪い卦が出るではないか。「ふさがる」という意味もあると。幸先悪いな〜と思いながら、いつも通りに家を出ると、道路が渋滞していてまったく進まない(車通勤)。3月というのに雪が積もったものの、家を出る頃には溶けていたのに。これは事故渋滞に違いない。反対車線はスムーズなのに、こちらは1センチも動かない状態が延々と続く。結局、所要時間15分のはずが、出社が1時間20分ほど遅れてしまった。遅刻したのは私だけではなかったのが幸いだったけど。

それにしても、道がふさがっていたなんて・・・易経の言う通り。

a_hatomune at 15:48|PermalinkComments(0)

2016年02月09日

天に帰る

このところ訃報が続いている。同級生のお父様、夫の職場の方、そして息子の学校の修道士様。皆さん、病気ではあったが、今すぐ命に関わる状態ではなかったのに突然、病状が急変して亡くなられた。気温の変化の激しいこの冬の気候も影響しているのだろうか。

夫にとっては、つい数日前まで一緒に働いていた方が亡くなったことはショックだったに違いない。長年、仏様に仕えてこられた方だ。

息子の学校のブラザーは、戦後まもない頃に異国から日本にやってきて、ずっと学校運営を支えてこられたようだ。私は直接お話したことはないが、昨年のバザーの準備会や報告会では、神父様のマジックとブラザーの歌を鑑賞した。先週末の高校の卒業式でも歌を披露されたあと、その日のうちに亡くなられたという。
日本の若者の教育のため長年、奉仕され、今年の卒業生を見送ったあとにご帰天されたと知り、涙がこぼれた。

自分の家族を持たず、神や仏に仕えて生涯を終えられた方々に、尊敬と感謝と哀悼の意を表します。

a_hatomune at 09:53|PermalinkComments(0)

2016年02月05日

易経

理想の家に引越し、毎日、美しい眺めに心癒されながらも、次なる思想現実化実験のためにも少し外に出て働いてみたい・・・という思いに駆られていた。たいていのことに迷いはない私だが、ここ数年、仕事については方向性を定めることができないでいたのだ。この年になって何を今更なのだが、自分が本当に何をやりたいのか、見極められないでいる。

昨年末に算命学の親戚から、今年は働き方を変えるのが良いとアドバイスされたので、ずっと家にこもっていたから、そろそろ外で働こうと思い立った。親戚によると、今までひとりで働いていたから、今度は組織で働くのもいいとのこと。単発の仕事でもいいし、とにかく変化があればいいらしい。フルタイムというよりも、変則的に。

私自身、いまのライフスタイルが快適なので、フルタイム勤務をする気はさらさらないのだが、ネットで仕事を検索すると、「面白そう」とか「やってみたい」とか思える仕事はどれもフルタイム。週2、3日のパート仕事は、ほぼ単純労働の類。世の中、そんな美味しい話があるわけないか・・・と納得しつつ、しばらく検索を続けていた。

そこでみつけた高時給の仕事は、フルタイムだけど期間限定。これなら頑張れるかも・・・!?と応募したが、結局、不採用。面接時に採用かな?と思っていたので、連絡がきたときは正直びっくりしたのだが、しかし、同時にほっとしている自分もいた。まったく知らない業界の上に、遠方だったので朝早くからの通勤となるはずだったからだ。

実は昨年末の荷物整理で、大昔に買った「易経セット」が出てきたため、この仕事の応募を決めたときから何度か易経占いをやってみたのだが、何度やっても悪い卦しか出なかった。易経って、実は自分のその時点の心理状態を反映しているのだろうか? いきなりフルタイムで、まったく知らないところで仕事をすることに私自身も不安を感じていたのではないか? そんな自己分析をしてみたが、要は高時給に目がくらんだだけで、本当にやりたい仕事ではなかったのだ。

『引き寄せの法則』によれば、自分にとって好ましいこと、望ましいことへ思考や気持ちを向けるようにするための指標が「感情」であるという。不安や不快に感じていたら、それは自分が望んでいることではないと判断できる。感情というナビゲーションシステムを上手に使いこなせば、自分の意に沿うものを引き寄せ、自分の思い描いた人生を送れるはず。

自分でもどんな仕事を求めているかわからない状態の私は、いろいろ試してみて、自分の感情ナビゲーションシステムの反応を見て判断するしかないのかも知れない。で、とりあえず手始めに、近所の会社で週何日か働くことになりそうだ。興味のある業界なので、勉強させてもらうつもりで。それと、家の中にいるよりは、身体を動かせるのでは・・・という甘い期待も。

今のところ私の感情ナビゲーションシステムに大きな動きはないが、易経占いをやってみると大吉ばかり。さて、これからどうなることやら。


a_hatomune at 11:27|PermalinkComments(0)

2016年02月04日

偶然の意味

きょうは結婚記念日。正確には入籍記念日。私たち夫婦は結婚式も披露宴もしていないのだ。私は昔から結婚したいと思いながらも、披露宴だけはしたくない・・・と思っていた。「披露宴はお嫁さんのためにあるのよ」というセリフをよく聞くが、私は「絶対お断り!」だった。自分が主役の宴会というシチュエーションに堪えられない、別にお披露目しなくていい・・・という気持ちだった。

当時、私はいわゆる晩婚だったし(その後、世間の晩婚化はさらに進んだけど)、いろいろと難しい状況の中で結婚にこぎつけたので、夫も私も入籍できればそれで満足だった。実をいうと、結婚生活はとうに始まっていたのだが、夫がある事情から跡継ぎのいない家の養子になっていたことが入籍を阻んでいたのだ。夫自身は望まない縁組だったので、いつか離縁できたらと思っていたようだ。とはいえ、籍を抜くのは大変なことで、相手方に了承してもらうまではすったもんだがあった。よく入籍できたなぁと、いまだに思うが、愛情のないつながりは切れてしまうということなのかも。

さて、私の親戚に算命学の大家がいるのだが、当時、やけに私の結婚を心配して、「結婚するなら、この頃よ」としきりに伝えてきた。あとで聞くと、その頃の2、3年の期間が私が結婚したいと思う星回りで、それを過ぎると、一生独身で過ごしそうだったので、何度もせっついてくれたらしい。そのため、私が夫と出会ったことをとても喜んでくれたのだが、入籍するなら天中殺の前にと釘をさされていた。夫と結婚を決めた翌々年が私の天中殺だったからだ。

しかし、養子先の問題がすったもんだしたことで、気がついたら天中殺の年を迎えていた。親戚によると、算命学の新年は1月1日ではなく、節分明けとのことだったので、ぞろ目の2月2日に入籍しようと決めたのだが、夫の手違いですべての書類が揃ったのがなんと節分の夕方。しかし、その年の旧正月が2月5日だったので、その前なら大丈夫と、翌2月4日に役所に向った。すると、入籍の手続きをしながら、自分の用意した書類をまじまじと見ていた夫が驚きの声をあげた。件の家の養子となったのも2月4日だったのだ。養子手続きは、その家の人が勝手に進めたので、自分がいつ養子になったのか正確なことはまったく知らなかったのだという。

夫の手違いで2月2日に入籍できなかったことを私は責めてしまったのだが、それは2月4日に入籍するための天のはからいだったのかも知れない。2月4日は、私たちにとって意味のある日にちだったのだ。振り返ると、けっこう大変なこともいろいろあったような気がするが、我が家はいつも幸せな空気に満ちていると思う。夫に出会えたことに今も日々感謝しています。

*我が家の敷地に勝手に入りこむ近所の猫たち。黒猫と三毛猫が仲良くうずくまっている。
cats


a_hatomune at 11:52|PermalinkComments(0)

2016年02月03日

『引き寄せの法則』から、瞑想についての考察

私の古い友人で、どんな逆境にもめげず頑張っている人がいる。その人生はドラマのように波乱万丈で、ひとつ問題が解決すると、また別の問題が発生・・・という具合。それでも常に物事の明るい面を見て、前を向いて進んでいく彼女にはいつも感心するし、尊敬もするのだが、こうも問題が続くのを見ると、これは彼女自身が招いているのでは!?と思わざるを得ない。もちろん本人は意識していないだろうけれど。

問題に向って頑張る自分、およびその状況が好きな人なんだろうなと前から思ってはいた。「問題があるからこそ、頑張れる!」という面はあるだろう。けれど、ここまでの問題を本人が心から望んでいるとは思えない。

数年前から私が繰り返し読んでいる本によると、『引き寄せの法則』とはすべての現象の基本であり、自分の経験は自分の思考に『引き寄せの法則』が働いた結果、引き寄せられたものだという。自分が焦点を定めた思考が、自らの中に波動を引き起こし、その波動に『引き寄せの法則』が作用する。だから、自分が望まないことが起こった場合も、はからずも望まないことに思考を集中してしまった結果なのだという。要は、自分の思考や感情のエッセンスを引き付ける磁石と理解すればいい。

だからこそ、自分にとって好ましいこと、望ましいことへ思考や気持ちを向けるよう、いま現在、私も訓練中なのだけど、頭ではわかっても、自分の感情をコントロールすることはなかなか難しい。引き寄せの法則など、自己啓発系の本をいくつも読んでみたが、どの本も要点はほぼ同じ。この法則をいい意味で活かすため、ほとんどの本が瞑想を薦めている。といっても、そんな本格的なものではなく、5分とか10分とか、短い時間でいいから、自分の気持ちを落ち着けて、自分が望んでいることを思い浮かべよう・・・といった感じ。また、ネガティブな気分になったり、ネガティブなことを考えていることに気づいたときは、無理に考えないようにしようとしても、余計にそちらに意識が向いて逆効果なので、自分が好きなことや楽しいことなどを思い浮かべるといい(らしい)。これくらいなら、私にも実践できそう!!!・・・なのだが、まだ願いは引き寄せられていない。いや、現在、じわりじわりと引き寄せ中・・・と思っている。

逆境に負けない友人に話を戻すと、彼女は昔から瞑想を実践しているという。それにも関わらず、トラブル続きの人生なのだ。つい先日、久しぶりに会う機会があり、いろいろと話をしていたら、彼女は今も毎日、瞑想をして、そのおかげで心が落ち着くのだと、瞑想の効用を私たちに訴えた。
「そうよね。一日、5分でも10分でも気持ちを落ち着けると、頭の中がクリアになって、いいよね」と私が同意すると、「それじゃ、短い! せめて30分、ほんとは1時間くらいやらないと!」と彼女。そのとき私はふと思った。彼女、瞑想のしすぎで、トラブルを引き寄せているのではないかと。

だって、もし煩悩だらけの人間が1時間、瞑想したとして、そのときちょっとした心配事や悩みがあったとしたら、どうしても意識の中にそのことが浮かんでくるのではないだろうか。特に心配性の性格だったら、「もしこれが、ああなったらどうしよう」などと、まだ起きていないことをあれこれ想像したり、ともかく、その問題が頭の片隅にずっと残っていそう・・・。彼女の問題のほとんどは、彼女が執着を捨てれば解決しそうなのだが、瞑想のせいで逆に執着が強まっているような・・・!?

もちろん、これはすべて私の勝手な憶測。彼女にはなにも言っていない。自分の引き寄せ実験がいくつも成功して、法則を真の意味で理解できたら、いつか彼女にアドバイスするつもりです。

ちなみに、きょうの引き寄せはこれ↓。 去年、ネットで応募したプレゼントに当選したとかで、いきなり送られてきました。シャーロックのルービックキューブ。(めちゃ難しそう!!!)

axn

a_hatomune at 13:06|PermalinkComments(0)

2016年02月02日

孫パワー

私自身は大きな病気にかかったことはないけれど、このところ身体のあちこちに経年劣化現象がみられる。体重増加と運動不足のせいで、今まで普通にできていた動作ができなくなっていて、びっくり。いや、本当に焦る。ヤバイ!!!と思う。

それで数年前からジムに通っているのだが、平日の午後はほぼ私よりも年配の方ばかり。しかし、皆さん、頻繁に通っていらっしゃるだけあって、身体能力は私よりも優れている。そんな先輩方の話は、とても参考になる。

その中でもよく雑談をする方がいるのだが、近隣都市に暮らすお孫さんが中学受験されるというので、この間から経験者の私に話を聞いていらした。「詳しいことは聞いてないけれど、娘の年賀状の一言が不安な心を表わしているようで、心配なのだ」と。そう話しながら、目がうるうる。少し前までは娘さんの一家とわりと頻繁に会っていらしたのに、受験前の一年は塾の勉強で忙しく、ほとんど会えてないらしい。

そして先日、ジムに行くと、お孫さんが第一志望に合格したことをその方が報告してくださった。お祝の言葉を述べていると、すでにその方の目がうるうる・・・。孫のこととなると、こんなに感激するのだなぁとしみじみ。

そういえば亡き母も、息子の受験のことなどを気にしていたなぁと思い出す。母のお導きもあってか、いまこうやって毎日、楽しく学校に通っている息子を見て、母がいちばん喜んでいるのだろうと思う。どうしてなのか、息子はすごくまじめに学校の勉強や行事に打ち込んで、成績も優秀で、親の私がびっくりするくらいなのだ。私は弁当を作る以外はなにもしていないので、これも亡き母のお導きなのか。というか、私がなにもしないのがいいのかな。

息子を見て、亡き母や父を思うきょうこの頃。ほんとうに、子は宝ですね。

a_hatomune at 08:47|PermalinkComments(0)

2016年02月01日

病気についての考察

先日、知人がある高名な医師のツテがないか探していた。私にも訊いてくるくらいだから、あちこちに訊いて回っていたのだと思う。その知人はいつも公私ともに忙しく、ストレスも多そうだったので、私は心配のあまり一度、アドバイスをして、逆に(たぶん)怒らせてしまったことがある。それ以来、こちらから連絡していなかったので、よほどのことだったのだろう。

残念ながら(とういか当然のごとく)、私はなんのお役にも立てなかったのだが、後日、その知人から別ルートで高名な先生を紹介してもらえたので、今後、その方に主治医として診察してもらうことになったと報告がきた。とりあえず、その分野ではナンバーワンと言われる先生に診てもらいたかったようだ。

私の勝手な解釈だが、病気とか、身体の症状というのは、その人が本当は(魂のレベルで)変えたいと思っていること、あるいは変えなくてはいけないことを示すために起こるものだと思っている。だから、早めにそれに気づいて、自ら変わっていけば、身体もちゃんとついてきてくれるのだと。たいていの場合、身体の方が、精神より先に悲鳴をあげてくれると思うので。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この知人の話を長年の友人にぼやいたら、彼女がぼそっとつぶやいた。
「それって、その先生の診察を待っている人がたくさんいるところに無理やり入れてもらってるんでしょ。その分、診察が後回しになった人たちがいるってことよね。」

世間の評価がナンバーワンでなくても優秀な医師はいくらでもいるし、そもそも病気を治すのは医師じゃなくて、自分自身なのだけど。



a_hatomune at 17:02|PermalinkComments(0)

2015年08月20日

瞬間移動装置

前回、この家に暮らすことになった経緯を長々と書いてしまいましたが、この家について運命的と思えることは他にもあります。

今まで暮らしていた賃貸住宅に比べ、この家はずっと広いので、実家の家具等、使えそうなものはこの家に持ってくることにしました。母がいつも座っていたソファや、父が老人ホームに移った際に購入した椅子を始め、たくさんのものを運びました。中でも実家のダイニングの壁面の下半分を覆っていたキャビネットが、我が家のダイニングにぴったりと収まりました。我が家を訪ねた人たちが、この部屋にもともと取り付けられたものだと思うほど。

それから・・・今までは和室がなかったのですが、この家にはりっぱな和室があるので、実家の仏壇も持ってきました。すると、これまたぴったりと収まるではないですか。私の両親はお寺の熱心な檀徒で、母は元気な頃は朝晩、仏壇の前で読経していました。私も両親が病院や老人ホームに移ったあと、実家に帰るたび、母に代わって仏壇に手を合わせていましたが、今ではこの和室で毎朝、仏壇に手を合わせるようになりました。

すると、なんとも心が落ち着くのです。まるで、実家に帰ったのかと錯覚するほど。そして部屋を見回してよくよく考えてみると、この和室の造りや方角が実家の和室とまったく同じであることに気づきました。どちらも西側に窓があり、北側に床の間と仏壇、そして押入れが並んでいるのです。同じ造りの和室に、仏壇を始め実家にあったものを配置したのですから、実家にいるような気分になるのも当然です。

お陰で私は、故郷から遠く離れたこの家で、まるで両親が暮らしていた実家にいるかのように日々を過ごしています。懐かしくて、なんだか守られているような、本当に幸せな気分です。

この和室、私にとっては懐かしい実家への瞬間移動装置となっています。この家と出会えたのも両親のお陰かしら。感謝感謝。



a_hatomune at 15:16|PermalinkComments(0)

2015年07月30日

思考現実化 Revisited

最近、イギリスのドラマ『ブライズヘッド再び(Brideshead Revisited)』を見たもので、こんなタイトルになりましたが、去年からひそかに行っている「思考現実化」実験について、改めて書きたいと思います。

今年2月のワンダイレクションのコンサートで、花道に一番近い最前列の席をゲットしたことは既に書きました。その際に理想の家に引越したことにも触れましたが、きょうはそれを詳しく報告します。

去年の春に読んだ何冊かの本に従って、私は「理想の家に暮らす」ことを現実にしたいと決心しました。母も父も亡くなって以降の私は、誰もいない広島の実家に帰る機会もほとんどなくなり、それなのに望郷の念は増すという日々を過ごしていました。例えば、スーパーで広島産の食材をみつけると、思わず手に取り、懐かしさのあまり涙ぐみながらカゴに入れる・・・という具合。さらに湖の景色を見ると、瀬戸内海を見ているようで、心が癒されるのでした。

実は、3年前に息子が近所のカヌースクールに入ったとき、敷地内に併設されたジムの会員になったのですが、思えばそれも湖を眺めながら運動できるというのが決め手でした。そしてガラス張りのジムで、目の前の湖を眺めながらエアロバイクを漕ぎ、「ここは私の別荘!」と妄想するのが習慣となっていました。
ところが実際に、そのジムの近所には湖に面した別荘が並んでいて、それを発見したとき、「毎朝、朝日が湖の向こうから昇るのね。こういうところに住みたいな〜」と強く思ったのでした。

思考現実化実験を開始した私は、具体的に家の外観や間取りや、窓からの景色など、いろいろなことを頭に思い描きました。ジムの近所の湖岸に空き地がないかも、探しました。ネットで物件検索もしました。もともと不動産のネット検索は趣味のようなものでしたが(結婚後の転居先4軒はすべて私がネットでみつけました。)、このリサーチの結果、湖岸の売物件は非常に少ないけれど、あるにはあることがわかりました。ただし、湖に面しているというだけで、土地の値段が2倍以上になるのです。珍しく市場に出た中古物件は、土地も広く、建物も古いながらも豪華で、かなりの高額、だけど間取りはいまいち。新たに造成された宅地は、ただでさえ土地代が高く、さらにそこに新築するとなると、どれだけかかるのか。しかも、残っているのは北側の数区画のみ。

それでも、私は理想の外観、間取り、立地条件などを思い描いていました。前述の、とても手が出せない高額物件を見ても、「私には手が出せない」という残念な気持ちよりも、「湖岸の物件は実際にあるのだ!」という力強い思いの方が優っていました。本当は「手が出せない」くせに、「こんな間取りの家には住みたくない」、「私の理想じゃない!」と一蹴していたのです。

当時、暮らしていた学区近辺の湖岸物件を探していたのですが、時々チェックする不動産サイトで、たまたま近所の友人の隣家が売物件になっているのを発見。しばらくして、その友人に会ったのですが、彼女はそのことを知りませんでした。その隣家はトラブルメーカーだったらしく、「早く家が売れて引っ越してくれたらいいな」と言うので、その日、私はまたその不動産サイトをチェックしてみました。

サイトの一番最初に出てきた「最新物件」をふと見ると、建物もりっぱで土地も広いのに、かなりお手ごろな値段。写真を見ると、窓から美しい湖の景色が! 間取りも、私のほぼ理想通り。「これだ!」と思いました。しかも「安い!」 昔、外国為替のトレーダーをやっていた時期がありますが、まさにこれは即「MINE!(買い)」と叫びたい物件でした。

夫に連絡すると、「いいんじゃない?」の一言。「見に行く?」と聞くと、「いいよ」とのこと。そこで不動産会社に電話をすると、売主がまだその家に住んでいるので、確認が必要だが、その週の木曜日に別の人が内覧に行く予定なので、その人の後にどうでしょう?と言われ、「はい、何時でも大丈夫です」と即答しました。夫の職場は週休1日で、それも決まった曜日ではなく、たいてい平日のどこかで休むのですが、その週は偶然にも「木曜日が休み」と言われていたのです。これは、幸先いいではないですか。

そして、木曜日、夫とふたりでその家に向かいました。そこは当時住んでいた地域から、そんなに離れてはいなかったのですが、これまでまったく縁のないエリアだったので、私の頭の中から抜け落ちて、検索対象から外れていたのです。あとでわかったのですが、その家はしばらく前から売物件として掲載され、複数の問い合わせがあったものの成約に至らなかったので、売主が値下げをして、最新物件のページに掲載されたところだったのです。私たちの前にすでに5件ほど問い合わせがあり、中には2回も見に来た人もいたとか。私たちはさらにその後、いちばん最後の内覧者でした。

古い家と庭は、しばらく手入れが行き届いていないのか、少し荒れた雰囲気がありました。開かずの間もあり、どの部屋も荷物があふれ、ちょっとした「プチごみ屋敷」に見えないこともありません。雨戸が閉め切ってある部屋もあり、室内犬のせいか、なんともいえない悪臭も・・・。けれど、家の造りはしっかりしていて、間取りも理想的で、私は玄関に入った瞬間、「買いだ!」と思いました。そして、窓から湖の景色を見て、その思いは確信に変わりました。

夫がほとんど無言だったのが気になりましたが、あとで話すと、夫も「買いだ!」と思ったようです。不動産会社の方に確認すると、先に内覧した人に優先権があるわけではなく、一番最初に手を挙げた人が購入できるというので、その日のうちに「買います!」と連絡しました。不思議なことに、「湖岸の家に暮らす」という思考現実化実験を開始してちょうど一ヵ月後に仮契約していました。

なぜ湖の見える大きな家が、そんなに安かったかというと、その家は湖に面していなかったからです。家の裏地が大きな庭となっており、窓からは緑の庭と、その向こうに広がる湖が見えたのです。よそ様のお庭と湖を眺めるという、なんともラッキーな立地。しかも土地の値段も湖岸プライスではありません。売主さんが早く売りたかったため、さらに割安な値段になったところで、私たちが発見したというのも幸運でした。

それから、もうひとつ不思議だったこと。今回の売却理由には、売主さん一家のご主人が数年前に転勤となり、もうこちらに戻ってくることはなさそうだということもあったそうですが、なんとそのご主人、私の実家から徒歩15分ほどの場所に住んでいらっしゃいました。

割安な値段で手に入れた家は、その後、リフォームして、まさに私の理想の家となりました。毎朝、目がさめると、窓から湖の景色を眺め、その美しさに感動し、この家に暮らせることを感謝しています。毎日、この家で思想が現実化したことを実感する。それだけで、幸せを感じます。今までずっと幸せだったけれど、今はさらに感動を伴う幸福感があります。もちろん、日々、小さなことでイラついたり、落ち込んだりもするわけですが、この家にいるだけで、気分が違うんです。気分がいいんです。

思考現実化実験、まだまだ続けるつもりです。

a_hatomune at 18:26|PermalinkComments(0)

2015年04月22日

国際宇宙ステーション

中学3年生に進級となった始業式の途中で腹痛を訴え、早退して病院に行ったら、急性虫垂炎ということで即入院・手術となった息子。あんなに病院(注射)嫌いの息子が、自分から病院に行くと言ったのだから、よっぽどの痛みだったのだろうが、術後はあっという間に快復。若いって、いいなぁ。

きょうは夕方、術後の検査に行き、もう何も心配はありませんとお墨付きをもらったら、珍しいことに息子が「タイ料理を食べに行こう」と言う。和食大好きで、辛いものは苦手なくせに、いったいどうしたということか。ま、私にタイ料理に付き合わされると、辛くない「おかゆ」を頼むのが常なのだが、今夜はなんと自らトムヤムクンを頼もうと言い出した。なんだか、成長しているなぁ。

家の前でふと夜空を見上げると、星がけっこうよく見える。昨年末に今までで一番、街中に引っ越したのだが、実は近くに神社などの広い緑地があるために、夜空がきれいに見えるのだ。思わず星空に見とれていたら、飛行機の赤いランプの横で動いている星のようなものを発見。かなりスピードが速い。そして、しばらくすると消えていった。あれ、もしかして国際宇宙ステーション? 息子と時刻を確認して、帰宅後、調べてみたら、本当にそうだった。

山の集落に住んでいた頃、小学校の屋上での天文教室で偶然、ソユーズとドッキング直前の国際宇宙ステーションを目撃したことがあるが、今回はあのときよりもはっきり見えた気がする。息子とふたり、なんだかとってもラッキーな気分になった。

*きょうは比叡山延暦寺で上宮太子講式という法要を見てきました。天気に恵まれ、これまたラッキーな気分!
taishiko

a_hatomune at 10:00|PermalinkComments(0)

2015年03月26日

FOUR-One Direction

昨晩、寝る前に「ゼインがワールドツアー離脱だって」という友人からのメールが届いた。そして今朝、ネットのニュースをチェックしたら、ゼインがワンダイレクションを脱退したと。
ああ、恐れていたことが本当になってしまった。

つい一ヶ月前のコンサートで、ゼインだけ笑顔が少なくて、とても気になっていたのだけど。
それでも、途中でファンへの感謝の言葉をけっこう長いこと述べてくれた。
「僕が喋っても、みんな何言ってるかわからないらしいけど・・・」と前置きして。

ああ、あの歌声が聴けなくなるかと思うと悲しいけれど、ゼインの幸せのためなら我慢しなくちゃ。
巣立っていく息子を見送る母の気持ちです。

最新アルバムは、4枚目だから『FOUR』というタイトルだったのが、今となっては暗示していたのかしら・・・。

とっても気に入っていた「Night Changes」、これがゼインの最後のPVとなりました(涙)。



a_hatomune at 21:21|PermalinkComments(0)

2015年03月10日

知らない方がよかったこと

昔からなんでも知りたがりの私。どうやらそれは息子にも遺伝しているようだ。それでも、たまに「知らなければよかった」と思うこともある。

たとえば、先日のワンダイレクションのコンサートでZaynに笑顔がないのが気になって、ネットを見たら、体調を崩していたとの記事を発見。以前に撮られた激ヤセ写真を目撃して、ショックを受けた。さらに、昨夏、Zaynがイスラエルのガザ攻撃後にパレスチナ擁護のツイートをしたことで、殺害予告等の嫌がらせを受けたことを知り、くら〜い気分になってしまった。世界的に大人気のアイドル(?)グループのメンバーであることは、ただでさえ大きなプレッシャーとなるだろうに、さらにこの時期にムスリムの有名人として欧米で活動することの精神的負担を想像すると、深く同情してしまう。

とにかく、ファンとしては5人の歌声を聞くことができれば幸せなので、これからも歌い続けてくれることを祈るのみ。


もうひとつ、いまだに思い出すたびに心苦しくなる話がある。昨年、父が亡くなったことを知り、故郷の町から知り合いのおばさんが電話を下さった。娘さんが小中高と私の後輩で、彼女が東京の大学を受験する際には、すでに東京で学生生活を送っていた私が受験校まで付き添ってあげた記憶がある。年も違うので、結局、私たちは互いに東京にいながら、その後は特に連絡することもなく過ごしていたが、母とおばさんは近所のよしみでずっとお付き合いしていた。

母が亡くなった時も、おばさんは電話を下さり、私が実家に戻った際に訪ねていらして、ひとしきり母の思い出話をして下さった。当時、私は知らなかったけど、今でいう「ママ友」として、ふたりは時たま一緒に出かけていたらしい。初耳の笑えるエピソードもあった。

ところが昨年、父が亡くなったあとの電話でひとしきり昔話をしていたら、ふとおばさんに、「ところで、○○さんのお母さんはどうしていらっしゃる?」と質問された。○○さんとは私の同級生だ。同い年にも関わらず、昔から私が尊敬してきた自慢の同級生だ。人格者で、成績も優秀で、勤勉な性格で、今では立派な職について活躍されている。近年は彼女が忙しすぎて、ゆっくり会う機会がないのだが、年賀状に書かれていた近況を思い出し、おばさんに伝えた。

「○○さんのお母さん、認知症で大変みたいです。」

驚き、あるいは同情の言葉が返ってくると思っていた私は、おばさんの返答にびっくりした。

「あら、じゃあ、もうダメね」と、同情のかけらもない、投げやりな言い方をされたのだ。何がダメなのか意味がわからず、「え?」と黙ってしまった私に対して、おばさんは説明を始めた。

「昔ね、○○さんとも親しくしていたのよ。それで、何度か頼まれて、貸したのよ、断れなくて。けっこうな額よ。私だけじゃないわよ。××さんも貸していたはず。でも、認知症じゃ、仕方ないわね。もう返してもらえないわね〜。」

突然の話に私は言葉を失った。○○さんのお母さんは、私が尊敬する○○さんのお母さんだけあって、いつも凛とした上品な方で、よく和服をお召しになっていて、うちの母と年齢は近いのに、えらく違うもんだなぁと思っていたのだ。その方が認知症になっただけでもショックだったのに、過去にそんなことがあったなんて、もっとショックだ。娘の○○さんは、今も何も知らないだろうけれど、あんなにりっぱに思えた彼女のお母さんには別の顔があったのだろうか。

りっぱな母娘と思っていたけど、裏には何か家庭の事情があったのかも。若い頃の私には何も見えていなかったけれど。今になって、こんなこと知りたくなかったな〜と思う。しかも、こんな話、誰にも言えない。だから、余計に切なくて、心苦しいのだ。


a_hatomune at 14:07|PermalinkComments(0)
Categories