January 28, 2007

あれなければこれなし

あれなければこれなし、とは法律でよく使われる方程式の一つである。

例えばだが

死刑執行官が電気イスのスイッチをいれ、死刑囚Aに死刑をしようとした途端に他のAに復讐しようとした人物Bがスイッチをいれてしまった場合、Bの罪責はどんなものだろうか。

試しに考えて下さいな。上の方程式を利用すればすぐです。論文形式で頑張って(笑)

言い忘れましたが、法律は答えが1つだけに定まりません。

あとヒント。
・上の方程式を利用するための条件

個別的行為に適用され、仮定的判断には適用されない(仮定的因果経過)


a_k_bonz at 00:45│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by rye   January 28, 2007 21:30
Bがスイッチをいれなかった→執行官がスイッチを入れるから、Aは死ぬ。
Bがスイッチを入れた→Aは死ぬ。

Bの行為に関わらずAは死ぬから、Bは無罪、か?
でもそうしたら死刑囚は殺してもいいってことになるな…

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔