2014年09月

2014年09月13日

12月の新作発表ライヴについて。そして、『KINARI』誌に、A.K.I.PRODUCTIONSのインタビューが掲載されています。

 神田・TETOKAでの、A.K.I.PRODUCTIONSのライヴ形式での新作発表会『トランスクリティカルHIP HOPショー』、次回は12月を予定しております。

 近日中に、神田・TETOKAさんのTwitter、Facebookで詳細が発表される予定ですので、情報をより早く知りたい方には、以下のアカウントをフォローされることをおすすめします。

tetoka (tetokakanda) on Twitter

TETOKA FB

TETOKA

 その第1回目“ポップカルチャーの新しいバランス”は、2014年4月27日(日曜日)に開催されました。
 TETOKAキュレーター・Yu Murookaさんによる、前回の推薦コメント(ありがとうございます!)も、是非チェックしてください!





 9月13日(土)発刊の『KINARI』誌に、A.K.I.PRODUCTIONSのインタビューが掲載されます。

 「TALKSHOW|喋ることが好きなものでね。」というテーマの号で、「JAPANESE RAPPER’ S TALK」のページで登場です。

 写真は、グレート・ザ・歌舞伎町氏、テキストは、仲田舞衣氏です。
 素晴らしいお写真とテキストに感謝致します!

 尚、下記URLに、そのページの写真とインタビュー原稿がUPされています(クリックすると、少し大きくなります)。
JAPANESE RAPPER’S TALK - KINARI |キナリ
http://kinarimagazine.com/?p=167 



 尚、誌面で、A.K.I.が着ている「A.K.I.PRODUCTIONS Tシャツ」は、アルバム『DO MY BEST』(2009年)リリース時に、デザイナーの山口斗夢さんからプレゼントされたものです。
 今更ながら、斗夢さん、ありがとうございます!

 斗夢さんには、その『DO MY BEST』と、『小説「我輩はガキである・パレーシアとネオテニー」』(2012年)のジャケット、ブックレットで、素晴らしいデザインをしていただきました。

 そして、『小説「我輩はガキである・パレーシアとネオテニー」』に収められた最後の曲、「みんな、ええようになると、ええなぁ。feat.山口斗夢」では、素晴らしい低音ヴォイスで参加していただきました。

 重ね重ね感謝致します!

 また、山口斗夢さんの実兄である、山口創司さんには、A.K.I.PRODUCTIONSの2010年のNANZUKAでのライヴに、モジュラーシンセの演奏などで参加していただいたこともあり、今年4月のライヴで先行発売された、A.K.I.PRODUCTIONSの著書『ガキさん大好き♡ Keep it Real!』(天然文庫)では、A.K.I.についての文章を書いていただきました。
 創司さんにも感謝です!

 その『ガキさん大好き♡ Keep it Real!』(天然文庫)の表紙も、「直筆サイン入り」で『KINARI』誌に掲載されております。
 誌面では「サイン入り」なので、松本弦人氏による、シンプルで素晴らしいもともとのデザインは、是非書店で手に取ってご覧ください(しかし、正式リリースは今のところ未定です。続報は、当Blog で!)。

 A.K.I.PRODUCTIONS、皆様のサポートのお陰で成り立っております! ありがとうございます!


【関連URL】
皆様によるA.K.I.PRODUCTIONSに関する文。