2016年04月

2016年04月30日

グレート・ザ・歌舞伎町 写真展『OUTSTANDING』、を観て。/ A.K.I.

 現在STUSSY SHINJUKU CHAPTER 2F で開催中の、グレート・ザ・歌舞伎町さんの写真展『OUTSTANDING』を拝見させていただきました。

 歌舞伎さんが凄いのは、まず、ヤバい現場にはどこにでも足を運んで、被写体を捉えてらっしゃることだと、いつも思うのです。

 初めて、歌舞伎さんの存在を存じ上げたのも、ヤン富田さんのライヴ、という、いつも最高の瞬間が起こりまくる現場のお写真を、毎回押さえてらっしゃる姿を拝見した時でした。

 その後、幸運にも僕は、ご本人と知己を得て、歌舞伎さんの写真展に足を運ばせていただいたり、幾つかの作品(写真集などの印刷物など)に触れさせていただいたりする度に、たとえその背景を知らない場合でも、何かこれはヤバい! ということだけは、いつでもバシッ! と伝わってくるのでした。

 この場合、ヤバい、とは、何か事件が起きている、という意味、です。

 と言っても、それは当然、警察沙汰、という意味、ではなく、ブレイクスルーが起きる瞬間、あるいはそれが起きそうな瞬間、その前後、または、それが起こった後の生々しい残り香、そしてまた、その被写体が人物だった場合、その人物自体が、フレッシュな突然変異、という意味で、言うなれば、それがまた、事件そのもの、だったりもします。

 巷で言われる「ヤバい」と、僕が、歌舞伎さんのお写真、あるいは、そのお人柄から感じる「ヤバさ」とは、そこに違いがあります。

 これほど、フレッシュな突然変異、という意味での他者に触れまくっている(しかも、HIP HOPのオールドスクーラーから、新聞などの大きなジャーナリズムからはこぼれ落ちるような事件までを含む!)写真家は、なかなかいらっしゃらないかと思われます。

 理屈抜きにフレッシュを感じられる、フレッシュな一瞬を収めた数々の作品は、歌舞伎さんご自身のフレッシュな突然変異ぶりそのものとイコールに感じられます。

 歌舞伎さんほど優しい人を僕は知らないのですが、訳もなく一番怖いのも歌舞伎さんです。
 怖い歌舞伎さんなんて一回も観たことがないのに、です。

 そうそう。ここ数年、あるいはそれよりもっと長く、でしょうか。
 フレッシュな突然変異に出会いに行って、それをみんなに伝える人が、昔に比べて減ってしまったように感じることがあります。
 というか、もう、その突然変異自体、息の根を止められてしまって、絶滅してしまったのだろうか? と、つい思ってしまうばかりに。
 でも、それは単に、僕が怠けていただけ。単に、僕の勉強不足、行動不足なのでした。
 歌舞伎さんのお写真を拝見すると、世の中にはまだまだフレッシュな他者がいる! と勇気づけられるのです。
 そして、自分もまた「フレッシュな突然変異を探す旅に出よう!(でも、それはネット上でも、ご近所でも可!)」と思わされるのでした。

 そう、歌舞伎さんのお写真を拝見するたびに、僕はいつも、「人間、はまだ生きている!」と、とてもウキウキした気持ちになってしまうのです!

2016年4月30日土曜日 A.K.I.(倫理B-BOY RECORDS / A.K.I.PRODUCTIONS)



GREAT THE KABUKICHO Photo Exhibition『OUTSTANDING』 supported by STUSSY
【詳細URL】

グレート・ザ・歌舞伎町 写真展『OUTSTANDING』
会期:2016年4月29日(金)〜5月29日(日)11:30〜21:00(会期中無休)


2016年04月17日

A.K.I.出演! 2016年05月06日 (金) 『スターダスト』@西麻布Super Deluxe

『スターダスト』

2016年05月06日 (金)
開場 19:00 / 開演 19:00
料金 予約2000円 / 当日2500円 (ドリンク別)
会場 西麻布Super Deluxe 

出演:


A.K.I.の次回の単独ライヴのお知らせ。@神田TETOKA

 A.K.I.の次回のライヴのお知らせです。
0Y7A0033(PHOTO = Great The Kabukicho)  

 A.K.I.PRODUCTIONSの次回のライヴは、6月12日(日曜日)、神田TETOKAでの『トランスクリティカルHIP HOPショー Vol.4』になります。
 詳細は、後日、当ブログ、また、神田TETOKAのHP、Twitter、Facebookなどで、発表予定です。
   ⬇︎
企画が変更になりました!
同じ日程で、新たなライヴ・シリーズの第1回目、『A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.1』を行うことになりました。
詳細は、下記URLで。

http://tetoka.jp/archives/3622

http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/archives/52458263.html


これに伴い、『トランスクリティカルHIP HOPショー Vol.4』は、延期となりました。ご了承くださいませ。

 尚、このライヴ当日の神田TETOKAは、今年いよいよ天然文庫から正式リリース予定のA.K.I.PRODUCTIONS著『ガキさん大好き♡ Keep it Real!』の編集を担当していただいたり、かつてライヴにゲスト出演させていただいたりといった、A.K.I.とは何かとご縁のある、サマタマサトさん(Delaware)の展覧会『Words & Play』の開催期間でもあります。
 また、展覧会と同名のニューアルバム『Words & Play』も発売、とのこと。こちらもお楽しみに!

(2016年5月7日土曜日に記事に、一部追記させていただきました)。

【関連URL】
http://tetoka.jp/ 

⬇︎これまでの『トランスクリティカルHIP HOPショー』は、こちら。

2016年2月7日(日)『トランスクリティカルHIP HOPショーVol.3 〜 ハートビートにサリエンシー。そして、未発表アルバム“SISTER”公開』

2014年12月20日(土)『トランスクリティカルHIP HOPショー Vol.2 〜 SISTER』

2014年4月27日(日)『トランスクリティカルHIP HOPショー Vol.1〜 ポップカルチャーの新しいバランス』





DOMMUNE『小夜子の世界夜話』の続きの話。あるいはアルバム『SISTER』について。(トラックリストは、こちらで)

2015年6月22日 (月曜日)に配信された、宇川直宏氏の作品、DOMMUNE「小夜子の世界夜話」。そこで演奏されたA.K.I.PRODUCTIONSによる「交換様式Dのテーマ'15」のリリック。

皆様によるA.K.I.PRODUCTIONSに関する文。

『実践。』

ガキさんのこと(おめでとうございます!)。工藤遥さんのこと。ブスにならない哲学の起源。








2016年04月15日

LB

2016年04月01日

SISTER E.P. / A.K.I.PRODUCTIONS(倫理B-BOY RECORDS)

SISTER  E.P. / A.K.I.PRODUCTIONS(倫理B-BOY RECORDS)

1. STAP FUNK (Live at TETOKA '14/12/20) 4:44
2. とにかくビューン!〜BASS PATROL〜 feat.仲田舞衣 2:46
3. 交換様式Dのテーマ'15〜A.K.I. PLAYS Buchla Music Easel with RAP(Live at DOMMUNE '15/04/05) 5:13
4. フォーティーン・ブギ(DO THE ACID CHICKEN!)〜A.K.I. PLAYS Buchla Music Easel 5:53
5. 交換様式Dのテーマ'15(DEF RAP VERSION) 2:57
6. えり子さんからの一言(Thank You For Singing to Me Africa) feat.ミーゴアミーゴ(ORIGINAL A.K.I.PRODUCTIONS) 1:12

*A.K.I.PRODUCTIONSの未発表のアルバム『SISTER』全16曲の中から6曲をセレクトしたPROMOTIONAL COPYを制作しました。

 

【関連URL】
DOMMUNE『小夜子の世界夜話』の続きの話。あるいはアルバム『SISTER』について。(トラックリストは、こちらで)

2015年6月22日 (月曜日)に配信された、宇川直宏氏の作品、DOMMUNE「小夜子の世界夜話」。そこで演奏されたA.K.I.PRODUCTIONSによる「交換様式Dのテーマ'15」のリリック。

皆様によるA.K.I.PRODUCTIONSに関する文。

『実践。』

ガキさんのこと(おめでとうございます!)。工藤遥さんのこと。ブスにならない哲学の起源。
http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/archives/52439637.html