2017年08月

2017年08月24日

『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla Vol.4』@神田TETOKAのセットリスト。そして、当日の写真。+エピソードを少し。+次回予告!

『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla Vol.4』@神田TETOKAのセットリスト。そして、当日の写真。+エピソードを少し。+次回予告!



 以下に、2017年8月13日日曜日に、神田TETOKAで行われた、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクスVol.4』のセットリスト、そして、グレート・ザ・歌舞伎町さんの撮影による、ライヴ現場での写真をUP致します。

 (歌舞伎さん、そして、アシスタントの仲田舞衣さん、に心より感謝を申し上げます!)。


 もちろん、ご来場いただいた皆様に、最大限の感謝を!


 そしてそして! TETOKAの手塚さん、千絵子さん、いつも本当にありがとうございます!


2017年8月24日木曜日 A.K.I. (倫理B-BOY RECORDS / A.K.I.PRODUCTIONS)

 

⚫️ELECTRONIC blouson with 倫理B-BOY

・1曲目は、1時間以上あります。ドリンクなどのオーダーは今の内に、というMC。

⚫️マクルーハンと“お前も今日から大衆だ” Part.1(ブレイクスルーを目指して)。

・グローバル・ヴィレッジ。マクルーハンは、“お前も今日から大衆だ”を予言していた。Part.1

・(もう一方のパラレル・ワールドでは)「ジャパニーズ・サイコ・ハードコア・ラッパーのA.K.I.です!」〜A.K.I.の思いのまま Part.1(水のように〜Return of the soulful shout〜“想い出のサルソウル”からの一節。)

・A.K.I.のアフォーダンス大将!〜明日は命日。(彼女のアフォーダンス。そして、葛湯。)〜JAPANESE Sci-fi CLASSIC ELECTRONICS(It’s not over)〜パラレル・ワールドでのHIP HOPに関する2つのスピーチ〜も・し・も♬(Part.1)

・ミニマリズムとGROOVEに関する短い会話。〜小夜子さんの命日 feat.うまーボーンa.k.a.☆Im!FDSTASKI!mI☆(HIPHOP最高会議、OLD SCHOOL NIGHT FEVER、MEGA、蟹BASS)(Live at DOMMUNE '12/12/18)〜パラレル・ワールドでのHIP HOPに関するスピーチ、再び。

・パラレル・ワールドTV〜も・し・も♬(Part.2)〜A.K.I.の思いのまま Part.2(Return of the soulful shout〜“想い出のサルソウル”からの一節。)

・Dのテーマ’17(ラフなサンプラー使い。そして、ラップ。Part.1)。


⚫️マクルーハンと“お前も今日から大衆だ” Part.2(殆ど、ブレイクダウン。それでも、一瞬のブレイクスルーを目指して)。

・タケイグッドマンさんからいただいたお土産のお話、からの、前提を壊されて、かえってリフレッシュ出来たお話。あるいは、経験すること、について。


⚫️マクルーハンと“お前も今日から大衆だ” Part.3(殆ど、硬直&ブレイクダウン。でも、それでも尚、ブレイクスルーを目指して)。

・“談志ひとり会”や“立川流落語会”の想い出とマクルーハン。

・グローバル・ヴィレッジ。マクルーハンは、“お前も今日から大衆だ”を予言していた。Part.2

・禅とお笑い。あるいは、TVパーティー(LONG MIX)〜グローバル・ヴィレッジ。マクルーハンは、“お前も今日から大衆だ”を予言していた。Part.3 

・“絶対の孤独”マイク・リレー。あるいは、マクルーハン・ジェネレーション’17夏(plus Bits of JAPANESE OLD SCHOOL RAP)


⚫️お前も今日から(アーバンな)大衆だ!(ラフなサンプラー使い。そして、ラップ Part.2)






*今回の演目は、タケイグッドマンさんの監督された、このMV作品 https://www.youtube.com/watch?v=oknWjuFCp2I を観たことが、一つのキッカケになりました。そんなことは、全く知らないタケイくんが、当日、今回のライヴにピッタリのお土産を持ってきてくれて、それを身につけての演奏、となりました、ありがとうございました!http://d.hatena.ne.jp/wiz/20170813/p1

**ブレイクスルー、と、ブレイクダウン、については、次回「Vol.5」で。

***「Vol.5」は、「ガキさんへの手紙スペシャル」を予定しております。尚、当日の演奏予定曲は、“虹色〜HISTORY OF HIP HOP”や“幻?〜Sci-fi ELECTRONICS”などになる予定です。よろしくお願いいたします!



【関連URL】
A.K.I.PRODUCTIONSの最新情報は、twitterアカウント「倫理B-BOY info」で。

 倫理B-BOY info

「スペースシャワーミュージック」のA.K.I.PRODUCTIONSのwebページは、こちらになります。



以下、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.4』@神田TETOKA(’17/08/13)の模様から。(PHOTO = Great The Kabukicho)


IMG_7285_DSC4172_DSC4235IM7_2035IMG_7290IMG_7279IMG_7276IMG_7295IMG_7308IMG_7344IMG_7379IMG_7394IMG_7446IMG_7456IMG_7455IMG_7472IMG_7459IMG_7393IMG_7389IMG_7399IMG_7446IMG_7470IMG_7474IMG_7530_DSC4120_DSC4148_DSC4194IM7_1649IM7_1657IM7_1718IM7_1672IM7_1682IM7_1740IM7_1723IM7_1793IM7_1872IM7_1881IM7_1851IM7_1930IM7_1915IM7_1904IM7_2022IM7_2017IM7_2012IM7_2009

 


2017年08月17日

タケイグッドマンさん『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla Vol.4』のご感想、ありがとうございます!

タケイグッドマンさん、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla 〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.4』のご感想、ありがとうございます!







【関連URL】
昨夜は、『A.K.I. Plays Buchla Vol.4』@神田TETOKAへのご来場ありがとうございました! そして、今日は、山口小夜子さんの命日。

8/13(日)TETOKA『Buchla Vol.4』“明日は、命日。〜も・し・も♫〜Return of the soulful shout”+A.K.I.PRODUCTIONSのライヴ写真・その2。



A.K.I.PRODUCTIONSの最新情報は、twitterアカウント「倫理B-BOY info」で。

 倫理B-BOY info



「スペースシャワーミュージック」のA.K.I.PRODUCTIONSのwebページは、こちらになります。


2017年08月14日

昨夜は、『A.K.I. Plays Buchla Vol.4』@神田TETOKAへのご来場ありがとうございました! そして、今日は、山口小夜子さんの命日。

昨夜は、『A.K.I. Plays Buchla Vol.4』@神田TETOKAへのご来場ありがとうございました! そして、今日は、山口小夜子さんの命日。



 昨夜は、神田TETOKAでの、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla Vol.4〜ラップとトークとエレクトロニクス』へのご来場ありがとうございました!


 TETOKAの手塚さん、千絵子さん、設営から告知から美味しいお食事まで、ありがとうございました! 千絵子さんの作られるカレー、いくつレパートリーがあるのでしょうか? どれもこれも美味しいです!


 現場の写真を押さえていただいた、グレート・ザ・歌舞伎町さん、アシスタントの仲田舞衣さんにも大きな感謝を! いつもありがとうございます!

 歌舞伎さんによるライヴ現場の写真は、歌舞伎さんご自身が厳選されたものが届き次第、当ブログに、UPさせていただく予定です!


 (そして、SNSなどで、ライヴ告知にご協力いただいた皆様方にも感謝を! ありがとうございました!)



 昨夜、1時間以上にわたって演奏された、“明日は、命日。〜も・し・も♫〜Return of the soulful shout”。

 この曲、というか、組曲、は、昨夜のライヴの翌日(つまり、今日!)が、たまたま山口小夜子さんの10回目の命日だったことに気づき、着想した演目です。

 その他、様々なものにインスパイアされましたが、その一部についての記事へのリンクを、こちらの記事 http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/archives/52498313.html に、まとめてあります(だからこそ、「ライヴをご覧になられた後、是非クリックしてみてくださいませ。」と、前置きをして、1週間ほど前にこの記事をブログにUPしたのでした)。


 尚、次回のライヴ、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla Vol.5〜ラップとトークとエレクトロニクス』を、年内に予定しております(「“ガキさんへの手紙”スペシャル」になる予定ですが、急遽内容変更の際は、ご容赦くださいませ)。こちらもよろしくお願いいたします!


 ではでは、グレート・ザ・歌舞伎さん撮影のライヴ写真のUP、もうしばしお待ちください。


 ともあれ、ご来場いただいた皆様方、本当にありがとうございました!



10回目の小夜子さんの命日に。

2017年8月14日月曜日 A.K.I.(倫理B-BOY RECORDS / A.K.I.PRODUCTIONS)

倫理B-BOY info


神田TETOKAさんのHPやSNSは⬇︎こちらです!
https://twitter.com/tetokakanda?lang=ja


 
 昨夜のライヴ写真が手元にないので、以下に、『A.K.I. Plays Buchla』のVol.1〜Vol.4まで皆勤賞!(本当に、本当に、ありがとうございます!)の、白根ゆたんぽ先生https://twitter.com/yuroomとの2ショット/オフ・ショットを。『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.1』@神田TETOKA(’16/6/12)終演後の談笑風景です。(PHOTO = Great The Kabukicho)

 白根ゆたんぽさんhttps://www.instagram.com/yuroom/といえば、現在、原宿ペーターズギャラリーで、「セクハラ(SEXY harajuku)展」を開催中! 僕も、是非、お伺いさせていただきます!
https://www.fashionsnap.com/news/2017-07-09/sexy-harajuku/
 
 
0Y7A6922
 


2017年08月12日

8/13(日)『Buchla Vol.4』@神田TETOKAの演目に「マクルーハンと“お前も今日から大衆だ”」。そして、A.K.I.PRODUCTIONSのライヴ写真・その3。

2017年8月13日(日)『A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.4』@神田TETOKA http://tetoka.jp/archives/4568 のセットリストに「マクルーハンと“お前も今日から大衆だ”」が追加。そして、A.K.I.PRODUCTIONSのライヴ写真・その3。



 2017年8月13日(日)『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.4』@神田TETOKA http://tetoka.jp/archives/4568 でのセットリストに、


 ・マクルーハンと“お前も今日から大衆だ”


が加わりました。


 その他には、


 ・明日は、命日。〜も・し・も♫〜Return of the soulful shout

 ・想い出のサルソウル(DO THE 初期衝動!)

 ・マクルーハン・ジェネレーション’17夏


 などを演奏する予定です(尚、諸事情により、当日、急遽予定変更の場合は、ご容赦くださいませ)。 



 マクルーハンは、最初に流行した時から、今日に至るまで、(無意識的にも、意図的にも)誤用され続けています。

 それは、オールドスクールが、いつでも、ある種の「後進のヒップホップ」の「イメージ作り」に利用されることと似ています(勿論、その一方、ただそれだけではない、「抑圧されたオールドスクールの回帰」を目指す、「後進のヒップホップ」も存在していて、僕はそれらが大好きです!)。

 「バックミラー」に捉われない、笑えるオールドスクーラーの(後期のフロイトの云う意味での)ヒューモアは、本当に解放感があって、僕は、それが大好きなのですが、ある種の「後進のヒップホップ」は、「昔ながらの筋」や「バックミラー」に縛られていて、解放感を感じないことがしばしばありますし、それはつまり、笑う瞬間があまりないように感じられるのです。

 ともあれ、ずっと「バックミラー」を見続けている人達が多いのは、もしかしたら、意図的に、そうしているのでしょうか?

 いや、そんな、型通りの「悪人」、は、実は、少ないし、実は、「問題」は、「彼ら」にあるのではなく(それどころか、「彼らの魅力」もまた多くあるのですから!)、では、「問題」はどこにあるのか? と、考えると、それを突きとめるよりも、ヒューモア、を実践してしまえば良いな、と、僕は思ったのでした。



 そこで、「マクルーハンと“お前も今日から大衆だ”」、なのです。

 

 そして、以下の写真は、グレート・ザ・歌舞伎町さんによる、昨年(2016年)の11月20日(日)に行われた、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.2』のライヴの模様です。

 歌舞伎さん、そして、アシスタントを務められた仲田舞衣さんに、心より感謝申し上げます!

 (また、『A.K.I. Plays Buchla Vol.1』の写真は、こちらの2つのリンクからどうぞ。https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/893443841209937920   https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/893794666159591424 )


 この「Vol.2」の時もまた、「A.K.I.がエントロピーを否定する ひととき as known as A.K.I.PRODUCTIONSの断片とエピソード・その1」など、反環境的な演目を上演致しました。


 ではでは、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.4』 2017年8月13日(日)@神田TETOKA、よろしくお願いいたします!
詳細 & URLは、⬇︎こちら➡︎ http://tetoka.jp/archives/4568

『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.4』
日時:2017年8月13日(日)19:00開場/19:30開演
料金:1500円(ワンドリンクつき)
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています。


2017年8月12日土曜日 A.K.I. (倫理B-BOY RECORDS / A.K.I.PRODUCTIONS)
(この文をUPした後、同日の数時間後、多少改稿させていただきました。ご了承くださいませ)。 


倫理B-BOY info




以下、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.2』@神田TETOKA(’16/11/20)の模様から。(PHOTO = Great The Kabukicho)

尚、一番最初の写真は、僕の大好きなB-BOY漫画家(マン画トロニクス!)UJT先生との2ショットです! 先生、この時はご来場ありがとうございました! UJTさんといえば、こちらのリンク https://twitter.com/UJT_/status/890568408256749568 https://www.instagram.com/p/BXamG92jc10/ https://www.instagram.com/p/BXame1TjoR_/ https://twitter.com/UJT_/status/893854291047235585    https://twitter.com/tubuyakiCEE_LO/status/895900180859437060  https://twitter.com/UJT_/status/890566059379445765 を是非チェック! これぞ、オールドスクールのヒューモア笑! https://twitter.com/UJT_/status/884976359440883712 https://twitter.com/UJT_/status/885018545876332544

Amazon⬇︎でも買える、UJT作品!
https://www.amazon.co.jp/s/ref=sr_nr_n_2?fst=as%3Aoff&rh=n%3A465392%2Ck%3AUJT&keywords=UJT&ie=UTF8&qid=1502499717&rnid=2321267051
 

_DSC4150_DSC3969_DSC4015_DSC3979_DSC4024_DSC4031_DSC4027_DSC4103_DSC4072_DSC4061_DSC4127_DSC4123_DSC4106_DSC4157_DSC4155_DSC3997_DSC3989_DSC3985_DSC3983_DSC4132_DSC4119 



2017年08月05日

8/13(日)TETOKA『Buchla Vol.4』“明日は、命日。〜も・し・も♫〜Return of the soulful shout”+A.K.I.PRODUCTIONSのライヴ写真・その2。

8月13日(日)@神田TETOKAでの『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.4』 http://tetoka.jp/archives/4568 で演奏予定の演目、“明日は、命日。〜も・し・も♫〜Return of the soulfushout”への関連リンク。そして、A.K.I.PRODUCTIONSのライヴ写真・その2。

 
 
ライヴをご覧になられた後、是非クリックしてみてくださいませ。

http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/archives/51815928.html
http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/archives/52327328.html
http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/archives/52459964.html 


 そして、以下の写真は、グレート・ザ・歌舞伎町さんによる、昨年(2016年)の6月12日(日)に行われた、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.1』のライヴの模様・その2です。
(その1はこちらから ➡︎ https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/893443841209937920
歌舞伎さん、そして、アシスタントを務められた仲田舞衣さんに、心より感謝申し上げます!)。 


 この時は、僕が、モーニング娘。'16の鈴木香音さんがグループをご卒業された時の武道館のコンサートの山場の一つでもあった「泡沫サタデーナイト!」という曲の中で、彼女がDJブースからお客さんを煽る姿を観ながら、ラリー・レヴァンが、カール・ビーンの「I Was Born This Way」をスピンしている姿を、つい、思い浮かべたことから着想し、それに加え、『JAPANESE PSYCHO』収録の「子供奴隷時代」のコンセプトを重ね、それらをベースに、さらにその先にある哲学を電子音楽に発展させた演目、“I Was Born This Way 組曲:otona=kodomo時代”を演奏しました。


 今回の「Vol.4」で演奏される予定の、“明日は、命日。〜も・し・も♫〜Return of the soulful shout”は、さらに、その先の世界に、また別の切り口で、踏み込む予定です。


 ではでは、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.4』 2017年8月13日(日)@神田TETOKA、よろしくお願いいたします!
詳細 & URLは、⬇︎こちら➡︎ http://tetoka.jp/archives/4568

『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.4』
日時:2017年8月13日(日)19:00開場/19:30開演
料金:1500円(ワンドリンクつき)
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています。


2017年8月5日土曜日 A.K.I. (倫理B-BOY RECORDS / A.K.I.PRODUCTIONS)

倫理B-BOY info




以下、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.1』@神田TETOKA(’16/6/12)の模様から。(PHOTO = Great The Kabukicho)
0Y7A6735
0U4A6206

_DSC2141

_DSC2226_DSC2265_DSC2250_DSC2442_DSC2158_DSC21620U4A59780U4A60200U4A60830U4A59720U4A60110U4A64090U4A63940U4A63930U4A63810U4A64300U4A64140U4A64320U4A6601_DSC2421_DSC2425_DSC24480Y7A6859 




2017年08月04日

8月13日(日)@神田TETOKAでの『A.K.I. Plays Buchla Vol.4』での演目について。そして、A.K.I.PRODUCTIONSのライヴ写真・その1。

 8月13日(日)@神田TETOKAでの『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.4』http://tetoka.jp/archives/4568 で演奏予定の演目“マクルーハン・ジェネレーション’17夏”について。

 そして、A.K.I.PRODUCTIONSのライヴ写真・その1。
(その2。は、コチラ➡︎ https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/893794666159591424




 2016年6月12日(日)に行われた、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.1』 で、演奏された“マクルーハン・ジェネレーション 2016”。


 この演目の続編が、2017年8月13日(日)に行われる同シリーズの「Vol.4」で、“マクルーハン・ジェネレーション’17夏”として、演奏される予定です。


 そして、以下の写真は、グレート・ザ・歌舞伎町さんによる、その、昨年6月のライヴの模様です。
 (歌舞伎さん、そして、アシスタントを務められた仲田舞衣さんに、心より感謝申し上げます!) 


 この時は、『JAPANESE PSYCHO』収録の「子供奴隷時代」のコンセプトを基に、その先にある哲学を電子音楽に発展させた演目、“I Was Born This Way 組曲:otona=kodomo時代”や、今回の「Vol.4」で演奏される予定の“マクルーハン・ジェネレーション’17夏”にも含まれる、また別のエレメンツを含んだ、“as it is〜まんま禅 / コンテンポラリー楽悟論”なども演奏されました。


 ではでは、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.4』 2017年8月13日(日)@神田TETOKA、よろしくお願いいたします!
詳細 & URLは、⬇︎こちら➡︎ http://tetoka.jp/archives/4568

『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.4』
日時:2017年8月13日(日)19:00開場/19:30開演
料金:1500円(ワンドリンクつき)
会場:TETOKA(東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
※TETOKAは16時から23時まで営業しています。
2017年8月4日金曜日 A.K.I. (倫理B-BOY RECORDS / A.K.I.PRODUCTIONS)

倫理B-BOY info
https://twitter.com/RINRIBBOY1




以下、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.1』@神田TETOKA(’16/6/12)の模様から。(PHOTO = Great The Kabukicho)

0Y7A6739

_DSC21370U4A59960U4A67720U4A63460U4A67600U4A63310U4A68160Y7A65790Y7A6807_DSC2212_DSC2171_DSC21920Y7A68700Y7A6926