2018年07月

2018年07月13日

『小説「我輩はガキである・パレーシアとネオテニー」』の44pのブックレットを読んでいたら、こんな「問い」が。

 写真は、仲田舞衣さんの撮影による、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla 〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.6』(’18/06/03)の現場で、Buchla Music Easelを演奏するために参考にした文献や、このライヴの為の資料を、使用機材と並べて展示していた写真です。です。(尚、こちらのリンク https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1006688315666411520 からも、前回のライヴの現場写真がご覧になれます)。

 また、次回の、神田TETOKA、での、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.7』は、秋頃を予定しております。

_DSC0483




  2012年に発表した、A.K.I.PRODUCTIONSのサード・アルバム『小説「我輩はガキである・パレーシアとネオテニー」』の44pのブックレット「ガキ・アカデミーへの報告日記」を読んでいたら、こんな「問い」が載っていました。


2012年10月2日火曜日

 白黒ハッキリ付かない状況を、笑いながら、そのままをフレッシュな切り口で軽やかに収めることが出来る、ということ。何かを作ったり考えたりすることは、そんなことがとっさの判断で出来るようになる為の修行なのかもしれません。


 以上が、その「問い」の抜粋です。


https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1017228289818030080

https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1010858287560941568


2018年7月13日金曜日 A.K.I. (倫理B-BOY RECORDS / A.K.I.PRODUCTIONS)


【関連URL】
A.K.I.PRODUCTIONSの最新情報は、twitterアカウント「倫理B-BOY info」で。

 倫理B-BOY info


「スペースシャワーミュージック」のA.K.I.PRODUCTIONSのwebページは、こちらになります。


2018年07月12日

なので、「ある音楽ライターの方」には、とても感謝しているのです。/ A.K.I. (倫理B-BOY RECORDS /A.K.I.PRODUCTIONS)

 写真は、仲田舞衣さんの撮影による、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla 〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.6』(’18/06/03)のライヴ中、モーニング娘。'14『Password is 0』の、振り付け、を、キメる、A.K.I.! です。(尚、こちらのリンク https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1006688315666411520 からも、前回のライヴの現場写真がご覧になれます)。

 また、次回の、神田TETOKA、での、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.7』は、秋頃を予定しております。
_DSC0715




 いくらまとめようとしても、大概はまとまらない、が、まとまらない、という、まとまり方は、まとまってないので、可笑しい、という、リアル、が好きなのだけれど、そんなことばかりが起こる、という訳でもない、だからこそ、そんなことばかりが起こる時は、とても楽しくなる。


 そういうことを思い出しかけた時、こんなこと https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1016933834510647296 を思い出すのでした。


 なので、そうした「問い」を発してくださった、この、インタビューをしてくださった「ある音楽ライターの方」には、とても感謝しているのです。


2018年7月12日(木曜日) A.K.I. (倫理B-BOY RECORDS / A.K.I.PRODUCTIONS)



【関連URL】
A.K.I.PRODUCTIONSの最新情報は、twitterアカウント「倫理B-BOY info」で。

 倫理B-BOY info


「スペースシャワーミュージック」のA.K.I.PRODUCTIONSのwebページは、こちらになります。
  


 


2018年07月11日

10年位前の事。ある音楽ライターの方から受けたインタビューで。本屋さんに行こう2018夏。/ A.K.I. (倫理B-BOY RECORDS / A.K.I.PRODUCTIONS)

 写真は、仲田舞衣さんの撮影による、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla 〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.6』(’18/06/03)のライヴ現場のものです。(尚、こちらのリンク https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1006688315666411520 からも、前回のライヴの現場写真がご覧になれます)。

 また、次回の、神田TETOKA、での、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.7』は、秋頃を予定しております。

_DSC1113



 10年位前の事。ある音楽ライターの方から受けたインタビューで、僕が、『The Adventures Of Grandmaster Flash On The Wheels Of Steel』や『DEATH MIX』が好きだ、という話をし、それを受けて、「でも、それらは、時代の狭間、なのでは、、」と返され、「いや、狭間、こそ、が歴史なんですよ!」と僕が返した会話を思い出しました。https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1017228289818030080


 それ、は、何故か? というと、、


 最近、あったことのいろいろ https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1016102602591764481 から、ふと、そのことを思い出していたのでした。




2018年07月09日

『大江健三郎 柄谷行人 全対話 世界と日本と日本人』、に、触れて。

土曜日にカジヒデキさん、日曜日にロボ宙さんのライヴを拝見して、とても感激し、ふと思い出したいくつかの文へのリンク。




http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/archives/52470905.html





【関連URL】
A.K.I.PRODUCTIONSの最新情報は、twitterアカウント「倫理B-BOY info」で。

 倫理B-BOY info


「スペースシャワーミュージック」のA.K.I.PRODUCTIONSのwebページは、こちらになります。