2018年10月

2018年10月22日

一十三十一 @Billboard Live TOKYO Guest: KASHIF “Adult Oriented Resort” の1st Stage、を観て。

 多くのポップスは、「結論」、から作られることが多い、とよく耳にするのですけれども、一十三十一さんの音楽(KASHIFさんやDORIANさんの音楽も含めて!)は、そう思えないことが多いので、もしかしたら、一十三十一さんの、このワクワクする音楽は、実は、ポップスではないのかも? などと、不意に思うことが度々あり、その「秘密」を知りたいのもあって、一十三さんのアルバムを聴いたり、何度もライヴに出向いたりしているのかも、と、また、今回のライヴを観ながら、何回かそのことを思いました。https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1053896949848399872


 これがもし(もしかしたら!)、いえ、結論から作った音楽ですよ、ということになれば、それはまた、それこそ本当に、ますます「魔法的」なことに思えてくる気が、一方では、します(でも、単に、わたくし自身の「お里が知れちゃう」https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/890182245578932224 というだけのお話なのかも知れませんが、、笑)。



 今夜のライヴも、素晴らしかったです!

 一十三さんの声がとても好きだし、KASHIFさんのカッティングも。

 ずっとずっと聴いていたかったです!


2018年10月22日月曜日 A.K.I.(倫理B-BOY RECORDS / A.K.I.PRODUCTIONS)


P.S. 昨夜、次の自分の、Buchla Music Easelを演奏するライヴ https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1050978762072907776 でやる予定の演目の一つに、「LAST SUMMER NIGHT THUNDERSTORM〜マイルスの“WEATHER REPORT”」と、タイトルを付けたのも、一十三さん達の「魔法」にあやかりたかったのかも知れません(ちなみに、前回の「マイルス・シリーズ」は、この時 https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/858888109404049409 に演奏した “ロール・オーバー・マイルス〜あるいは、電子的なコルトレーンを目指して Part.1& Part.2”でした)。



 


2018年10月21日

無心(あるいは、リアル、ヒューモア、ブレイクスルー、非意味)に纏わる、3つの文。

 写真は、仲田舞衣さんの撮影による、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla 〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.6』(’18/06/03)の現場写真です(尚、こちらのリンク https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1006688315666411520 からも、前回のライヴの現場写真がご覧になれます)。

 また、次回の、神田TETOKA、での、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.7』は、2018年の12月以降、を予定しております。https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1050978762072907776
 _DSC0885




無心(あるいは、リアル、ヒューモア、ブレイクスルー、非意味)に纏わる、3つの文。
 









 これらのお話は、この時 https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1050978762072907776 などに、またいずれ。


2018年10月21日日曜日 A.K.I. (倫理B-BOY RECORDS / A.K.I.PRODUCTIONS)
https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1050644859344678914 


2018年10月20日

「ガキさんへの手紙’08(ハロプロ禅)」を作って10年(リリースからは9年)経ち、そして、今日は!



 ごくシンプルに言えば、ガキさん(と、つんく♂さん!)から、無意識に教わった、無心、ということを、思わず、無心、で表現してしまった曲、そして、アルバムでした。https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1052772208055996416


 現在は、それをライヴ活動で行っています。


 そんなわけで、僕は、ガキさん(と、つんく♂さん!)に出会えたことで、「オタク」になれなかったのでした。


 ガキさん、お誕生日おめでとうございます! そして、多謝!!!


2018年10月20日土曜日 A.K.I. (G&A.K.I.PRODUCTIONS / 倫理B-BOY RECORDS / A.K.I.PRODUCTIONS)


 


2018年10月18日

tofubeatsさんの4作目のフルアルバム『RUN』、に触れて。

tofubeatsさんの4作目のフルアルバム『RUN』、に触れて。
https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1059284172324319232 
 


 tofubeatsさんの新しいアルバム「RUN」は、歌もの、だけではなく、インスト曲、にも、強く感じたのですが、「ホット」、で、良いアルバムだ、と思いました。


 tofubeatsさんが、DJをすると、tofubeatsさん以外の曲をあまり受け付けない、というタイプのお客さん、も、存在する、と、何かのインタビューで読んだことがありました(おそらく、それは、「彼ら」からすると、tofubeatsさん以外の曲は、「クール」な曲、に感じるのかな? と、つい無責任に、邪推?してしまいました)。


 新しい筋の通し方、をした時、物事の本質を視ない人達からは、単に、意味が分からない、と、言われたりします。


 その、新しい筋の通し方は、(全ての場合、ではないけれども)多くの場合、(無意味、ではなく)非意味、だったりもします(ヒューモア、ブレイクスルー)。


 僕自身は、「クール」な音楽だけが最高だ! とも、「ホット」な音楽でなければ絶対にダメだ! とも、全く思いません。


 ただ、「これは、おそらく、無心 https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1053439811179048960 、に作られたのものなのでは?」と、感じるものの中に、グッとくるがものが、多い、かな? とは、よく思うのでした。


2018年10月18日木曜日 A.K.I.(倫理B-BOY RECORDS / A.K.I.PRODUCTIONS)


2018年10月15日

ヤン富田さんに気づかせていただいたこと。小杉武久さんに気づかせていただいたこと。

ヤン富田さんに気づかせていただいたこと。小杉武久さんに気づかせていただいたこと。




  SURFIN'  IS MY LIFE


  CATCH A WAVE



     変わっていく前提、を、チューニング。


 その前に、変わっていく前提自体、を、創造。


 

 今朝、起きた時に、不意に、そうしたことをメモしました。



 小杉さんの扇風機。


 ヤンさんの空調。



 変化を伴う継承。



20181015日月曜日 A.K.I. (倫理B-BOY RECORDS / A.K.I.PRODUCTIONS)



2018年10月13日

YO! 45 ELECTRONICS 〜 A.K.I.PRODUCTIONSが、2018年12月頃に!?

YO! 45 ELECTRONICS 〜 A.K.I.PRODUCTIONSが、2018年12月頃に!?


 当ブログなどで、2018年夏〜秋頃に開催予定、と、アナウンスされていた『A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.7』ですが、少し押して、2018年12月以降に延期されることになりました。


 前々回は「ガキさんへの手紙スペシャル」、前回は「BACK TO THE OLD SCHOOL」、といった感じでしたが、次回は、「YO! 45 ELECTRONICS」になる予定です! お楽しみに!


 新たに更新されるプログラムなどは、追って、発表予定!


 ちょっと前に、こんなこと http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/archives/52528472.html や、こんなこと http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/archives/52524662.html も考えていたので、次回は、、、????????


 皆様、何卒宜しく御願い申し上げます!


2018年10月13日土曜日 A.K.I.(倫理B-BOY RECORDS / A.K.I.PRODUCTIONS)
_DSC0769




 写真は、仲田舞衣さんの撮影による、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla 〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.6』(’18/06/03)の現場写真です。(尚、こちらのリンク https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1006688315666411520 からも、前回のライヴの現場写真がご覧になれます)。 


2018年10月11日

ポール・ティンゲン『エレクトリック・マイルス』(麦谷尊雄訳)水声社 に 触れて。

ポール・ティンゲン『エレクトリック・マイルス』(麦谷尊雄訳)水声社 に 触れて。



 リアルタイムで、物凄い(ポップ)アート https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1033698076815282177 に触れることが出来る現在。

 それ https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1042070092261945345 は、この本の、続き、そのずっと先、だとも思えます。

 
 DO THE MONKEYの渡辺祐さんのご依頼で、『いとうせいこうを探せ!』に寄稿させていただいた、1万字超えの原稿に、マイルスのエピソードを引いてきた意味を、改めて感じながら、ずっと、この御本 https://twitter.com/suisei_sha/status/1043068550766780416 を読んでいます。


 自分が、『A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス』などの神田TETOKAでのライヴ活動をずっと続けている、ということの意味をもまた、感じ直しています。


2018年10月11日木曜日 A.K.I.(倫理B-BOY RECORDS / A.K.I.PRODUCTIONS)