2019年02月

2019年02月24日

ヤン富田: A.S.L. リポート - M.A.C.C.#3 に行く朝、ヤンさんが、30年前にも、既に、コミュニケーション、という切り口で! と、気づいた話。

ヤン富田: A.S.L. リポート - M.A.C.C.#3 @原宿トーキョー カルチャート by ビームス最終日、に行く朝、ヤンさんが、30年前にも、既に、コミュニケーション、という切り口で! と、気づいた話。




 今朝、家のポストを開けたら、ネットで注文しておいた、柄谷行人さんの、岩波新書からの新刊『世界史の実験』が届いていました。

 パラっと、拾い読みしようとページを捲ったら、あまり普段の柄谷さんっぽくはないようなやや軽めのタッチの文体で、「夫婦喧嘩の話」が書いてあって、大枠としては、昔の日本ではあちこちで喧嘩があって、それ自体が文化だったけれども、今はそうした文化がなくなってきていて、例えば韓国では、今でも喧嘩の文化があり、しかも論理的な喧嘩が主流で、腕力で決着をつけようとすると、逆にバカにされるから口喧嘩だけだし、男女の差もなく戦える、でも、今や、それも消えようとしているようだ、といった、コミュニケーションについてのくだり、があり、前の日に観た、ヤン富田: A.S.L. リポート - M.A.C.C.#3、での、コミュニケーション、と云うことを、クイズやラップやTEXT SOUND COMPOSITIONなどなど、様々なやり方で変奏していくかのようなライヴが思い起こされ、これこそが、ヤンさんのおっしゃる、必然性のある偶然、かと思いました。

 ヤンさんは、かつて何かの雑誌で、とあるミュージシャンの方に対して、喧嘩が出来る相手だと分かってから、より、話が出来る関係になった、という意味のご発言をされていたのを、ふと、思い出したりもしつつ、そこからさらに、わたくしは、今年、リリースから30周年を迎える、いとうせいこうさんの『MESS/AGE』に纏わるエピソードを思い出しました。

 再発盤の『MESS/AGE』のブックレットに付された、川勝正幸さんによるライナー・ノーツ、その中で、プロデューサーのヤン富田さんに取材して伺ったというエピソードで、「What's Going On〜What's Going?」という曲の中で、暴動が起こっている街の中で、みんなリラックスしてくれ、と呼びかけつつ、マーヴィン・ゲイの歌を、ファルセット・ヴォイスで歌う、いとうせいこうさんのバックに鳴る、群衆の音を、「とある集会」(ブックレット参照!)で、対立し合う者同士が、一瞬、ジョークで笑い合う瞬間があり、その笑い声を加工・編集したもので表現した、といった意味のことをおっしゃっていて、詳しくは、その川勝さんによる文を読んでいただくとして、この頃、既に、ヤンさんは、コミュニケーション、ということをテーマにしていたのか! と、気づき、30年前に、既に、(「コミュニケーション」という切り口でのアート、という意味で!)『フリースタイル・ダンジョン』の100年先を行っていたのか! と、わたくしは、改めて、このエピソードに、ビックリしてしまったのでした(と、云っても、『フリースタイル・ダンジョン』をディスっているわけでは決してなく、でも、この違いは、興味深いし、テレビのHIP HOPだけが全てではない、といった意味合いも含めて、敢えて、こうした表現をさせていただきました)。

 そうしたことに気づいた後に触れる『MOBILE ARMY COMMUNICATION CORPS』は、格別の味わいで、そのライヴの、シメのマイクリレーの時、ロボ宙さん、M.C.BOO!!さん、HIP HOP最高会議・千葉隆史さん、そしてわたくしと同じ飛び入り参加の、YOUちゃん!(そう、YOU THE ROCK!)と、みんなで、ヤンさんを囲んでラップさせていただき、最高の2日間を終えることが出来ました。

 ヤンさん、スタッフの皆様、お客様、皆様ありがとうございました!

 明日から、また、コミュニケーションについて、気づいていけたら、嬉しいです!





2019年02月23日

ヤン富田: A.S.L. リポート - M.A.C.C.#3 @原宿トーキョー カルチャート by ビームス、に、触れて、つい、BIZの2枚使い(DJ)、を?

ヤン富田: A.S.L. リポート - M.A.C.C.#3 @原宿トーキョー カルチャート by ビームスで、ビズ・マーキーの豪快なDJ(2枚使い!)、より、ワイルド、な、間(ま)、の、世界に触れてしまった話。

 

 わたくしは、ユーチューバー、の事は、あまりよく存じ上げないのですけれども、印象としては、細かい編集で、間(ま)、を、詰めに詰めたスピーディーな動画を制作されているなぁ、といった感じで、その対極にあるものとして、ビズ・マーキーのDJ、(そのグダグダさも含めて最高な!)ワイルドな2枚使いを、つい、思い浮かべてしまうのですが、今日のヤン富田さんのライヴは、その、ビズの2枚使い、の世界を、さらに、ワイルドに、ワイドに(拡張した!)、感じで、大笑いさせられた、かと思えば、しばし、宙吊り(比喩です!)にされたり、といった感じで、これは、web上には存在させようがない時間と空間だなぁ、と、とても豊かな(リッチな!)気持ちになれました。

 WEB上でも、細かく編集せず、生で中継すればこれが伝わるか? と、云えば、そうではなくて、やはり、間近、で、体験してこそ成り立つコミュニケーション、と、いった感じで、本当に贅沢な、時間、そして、空間でした!

 ビズ・マーキーの2枚使いを収めたCDは、どれも最高で、ブルーノートからと、P-VINEから、オフィシャルなライヴ録音のCDがリリースされていて、どちらも最高だけれども、それだって、生で、間近で、ビズが汗だくになって2枚使いして、おもむろにMC挟んだりしてるのを観た方が、絶対に最高なはず!
 残念ながら、わたくしは、ビズのDJを生で体験したことはないけれども、そのずっと先にある世界を体現されている、ヤン富田さんの、ぶっちぎりの、間(ま)、だったり、間(はざま)、の世界を体験して、もうHIP HOPも電子音楽も超越した世界、に触れられて、最高の気分でした(でも、逆説的に、これこそが、根源的な意味で、HIP HOPであり、根源的な意味で、電子音楽なんだなぁ、と感心してしまいました!)。

 そして、ビズ・マーキーのMIX-CDをリリースしたP-VINEからは、かつて、ヤン富田さんの唯一のライヴ・アルバムである『素晴らしい偶然を求めて』がリリースされているし、ビズのはブルーノートからもリリースされているけれども、ブルーノートと云えば、ブルーノート東京では、時折、ヤン富田さんのライヴが開催されている、と云う偶然(必然?)の一致にも、ふと、気づき、ちょっと興奮してしまいました。

 そう考えると、今年は、ヤン富田さんがプロデュースを手掛けた、いとうせいこうさんの『MESS/AGE』が、リリースから30周年で、その記念のライヴを企画中、と云うお話を、今日の1回目の公演で、ヤンさんがされていたけれども、是非、あのワイルドなビズ・マーキーのMIX-CDをも出してしまうと云う、プログレッシヴな側面をたくさん持つ、ブルーノートなので、是非、ブルーノート東京で、このイベントを観てみたい! と、これまた、つい、勝手に盛り上がってしまいました!

 ともあれ、明日のヤンさんのライヴも、今から楽しみで仕方ありません!




2019年02月18日

DO MY BEST から10年で、Dへ。+ 蛇足 : ガキさんへの手紙'08(ハロプロ禅) と お前も今日から大衆だ と A.K.I. Plays Buchla。

 写真は、仲田舞衣さんの撮影による、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla 〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.6』(’18/06/03)で、無意識に「まゆげビーム」をしていた、(また、お気に入りの、白根ゆたんぽ先生のTシャツを着た!)、A.K.I.を捉えた、奇跡的ショット(尚、こちらのリンク https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1006688315666411520 からも、この時の他の現場写真がご覧になれます)。
_DSC0978







 最近思うのは、それなりに、まぁまぁ、色々と経験して来れた(勿論、皆様あっての!)お陰で、昔、自分の勘違いでよくあった、アウトプットをする時に、ひねり出す、と、いうような、強迫観念、が、無くなった、と、いうこと。ふと気がつくと、ちょっと驚きます。


 思えば、『DO MY BEST』ではずっと、D、は、(自律的な)リラックス、では? ばかりだった気がするけれども、いよいよ、そんな風になって来つつあります。


 雰囲気、グルーヴ、ヴァイブス、みたいなの、は、苦手だけれども、ブレイクスルー、すれば、それは、おまけで付いてくるのでは?


 それこそが、D、は、たぶん、(自律的な)リラックス、ということ、か、と。



 と、お話は、以上で終わり、ですが、以下に、蛇足、を。 



































































































https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1096661065385963521


https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/907213743859261440





 リリース当時、A.K.I.PRODUCTIONSの16年ぶりのニュー・アルバム、と喧伝された、セカンド・アルバムである、その、先述の『DO MY BEST』発売から、今日でちょうど10年が経ちました。


https://twitter.com/losapson/status/271558218147328000

https://tower.jp/item/2512964/DO-MY-BEST 

https://www.hmv.co.jp/artist_A-K-I-PRODUCTIONS_000000000038654/item_DO-MY-BEST_3459517 

https://www.jetsetrecords.net/akiproductions-do-my-best/i/812003463922/


 (とても感謝しているのですが)tofubeatsさんが、twitterやインタビューなどで話題にしてくださったお陰で、このアルバムの収録曲「ガキさんへの手紙’08(ハロプロ禅)」が(特にヒットしたわけでもないにも関わらず)、ここ10年、散発的に、ではあるのものの、各所で話題になったりもしました。

 なんとなく、ですが、話題になる頻度としては、『JAPANESE PSYCHO』の収録曲「お前も今日から大衆だ」に近い気がするのですが、実際、この2曲の歌詞は、ある意味で、互いに似通っている、と思うところがあります。

 そして、現在、神田TETOKAで、不定期に開催させていただいている、A.K.I.PRODUCTIONSのライヴ・シリーズである、『A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス』、そして、『トランスクリティカルHIPHOPショー』では、その2曲の歌詞の、間(はざま)的、とも、云えるような、ブレイクスルーを起こせるか、どうか、を、現場で示す、といった感じのライヴを展開しております。

 先日、テレビ番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』で、マツコ・デラックスさんが、どんなお店(レストラン)の味を美味しいと感じるか、という話題になった時に、「結局、今まで食べたことのある美味しいものと同じ感じの味の料理を美味しいと感じる」といった意味内容の発言をされていました。

 その意味で、「お前も今日から大衆だ」のリリックと「ガキさんへの手紙’08(ハロプロ禅)」は、世間一般(という程、幅広くはないものの)の皆様の中で、わりと、やや、「食べ慣れた味」に近かったのかな、と、ふと、思います。

 自分としては、答え、が、そのままで、問い、でもある、と、思っているものが、単に、答え、だと、理解される場合、も、ある、ということなのでしょう。

 とはいえ、10年、あるいは、26年経って、答え、と表裏一体の、問い、に気付いた方々も、そう、少なくはないのでは、と云う、密かな自負、も(多少、ではありますが)ございます。

 また、こうした情報が、web上には、ほぼほぼ、無い、と、云うのは、逆に、すごい抜け道感、があって、(少しですが)ワクワクして参ります。

 と、なると、これからも、問い、間(はざま)、ブレイクスルー、ヒューモア、は、web上には存在しにくい、という側面があるので、自分のライヴも、僕が好きな人達のライヴ、も、まだまだ可能性に満ちているなぁ、と、なり、結局、さらにさらに、ワクワクしてきます。

 2012年に、サード・アルバム『小説「我輩はガキである・パレーシアとネオテニー」』をリリースし、それに付けた44pのブックレットに書いた文の続編、というか、前編、とも云える、2010年に刊行予定だった、A.K.I.PRODUCTIONSの著書、天然文庫『ガキさん大好き♡ Keep it Real!』は、未だ正式リリースは未定です(但し、2014年に、ライヴ会場の神田TETOKAで、30部のみ試作品を限定販売しました)。

 また、2015年には、4th(フォース=FORCE!)アルバム『SISTER」を一度完成したものの、改変を繰り返し、2017年には、CD2枚組(DISC1 10曲入り 74分20秒/DISC2 8曲入り 66分31秒)の作品として、その音源のみ、が完成しましたが、こちらも、リリース予定は今のところございません。

 その『SISTER』の音源を、つい先日、改めて聴き直して、自分の作品ながら、とても楽しんで聴けたのですが、自分以外の方々のアルバムを聴いていても、そう感じたことはあまりなかったのですが、自分の音源を聴いていると、「アルバムというのは、ライヴに比べると、基本どちらも楽しいけれども、でもやはり、アルバムというメディア(前提・環境)は、やや窮屈に感じるなぁ」と、思い、かつてマクルーハンの本で読んだ時に視えてきたこと、が、より、現実味を多く持って感じられました。

 皮肉にも、『小説「我輩はガキである・パレーシアとネオテニー」』同様、『SISTER」にも、マクルーハンを題材にした曲があり、何だかそのことが、とても可笑しかったです。

 『SISTER』も、いつか、正式にリリースされる、と、云うことにもなるのかもしれません、が、それは、然るべき時期やタイミングの訪れ、に、任せる、として、現在は、ここ数年続けている、ライヴで毎回新作を発表していく、ライヴで毎回ブレイクスルーを起こしていくことを目指す、と、云うことが、一番夢中になれることだな、と、思い、その意味で、現在こそ、自分は、「ガキさんへの手紙’08(ハロプロ禅)」の世界を(と云っても、ハロプロとは関係のない内容が多いけれども)生きているのだな、と、思い、気付くと、「お前も今日から大衆だ」的なことを言いたがる感じの人達とは、ちょっとだけ、縁遠くなる瞬間、が、持てているので、改めて、ガキさん(新垣里沙さん!)や、つんく♂さんや、その他、僕に、いろいろな、他者、や、突然変異、ヒューモア、ブレイクスルー、に触れさせてくださった方々 https://www.hmv.co.jp/news/article/1211150005/ には、改めて、お礼の言葉を述べたい、という、そんな気持ちです。

 また、当時、このアルバム『DO MY BEST』に参加してくださったゲストの皆様方、デザイナーの山口斗夢さん、そして、関賢二さんを始めとする、AWDR/LR2のスタッフの皆様方、各レコード店のバイアー様、取り分け、各階のフロア、特にタワーブックスで大々的にディスプレイなどを作っていただき、大展開してくださったタワーレコード渋谷店の皆様、そのタワーブックスでのトークショーにご登壇してくださり、RIDDIM誌では、インタビューまでしてくださった荏開津広様、雑誌媒体の皆様方、そしてそして、このアルバムを捧げさせていただいた、山口小夜子さんhttps://ameblo.jp/seikoito/entry-10044084637.html http://www.nttdata.com/jp/ja/diary/diary2005/06/20050620.html https://mokohan.sayokoyamaguchi.com/library/images/sotokoto10.jpg https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1029020912601915392 、などなど、改めて、多くの関係者の皆様に感謝を!

 本当に、他者が有難い、と、そう、思える、それ、だけで、生きてるだけで丸儲け。

 明石家さんまさんのおっしゃる、「ホンマや!」の連続を生きて来れたのは、皆様のお陰です、本当にありがとうございます!https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1016933834510647296

 と、つい、悦に入ってしまって、すみません!

 でも、いずれ、それは何かに壊されます。

 で、その時こそが、ピンチ、であり、チャンスなのです!

 それが、例え、チャンスに転じ得ないピンチ、だとしても、だからこそ、チャンス! だと、そう、信じて。

 Buchla Music Easelなどを通して、ガキさん、から学んだ、無心、を、実践しつつ。


 これからも「そんなわけあるわけないやないかっ!?、、、、あ、ホンマや!」が、沢山ある、そんな日々、で、あるように。

 2019年に、誰かが初めてサブスクリプションで触れるのかもしれない、「ヴォーカリズムA.K.I.'08」や「G&A.K.I.'05('08MIX)」や、あるいは、「本屋さんに行こう001」、「ギター禅」、「KEYAKIZAKA SOUNDSCAPE'05(short edit)」、といった、『DO MY BEST』の他の収録曲は、現在のA.K.I.PRODUCTIONSのライヴ同様、1回しか演奏出来ないものばかり。

 でも、実は、「ヒューマン・ポテンシャル」でさえ、そうなのですが。 


 それで、当時、下記のようなことを書いていたことを、ふと、思い出しました。



 「僕の“ヴォーカリズムA.K.I.'08”は、サンプラーとシンセをセッティングしておいてから、“スターウォーズ”のメイキングDVDを観て、「フォースを使え」のセリフを聴いた時に、「今だ!」と思って録音を開始して、OKテイクを出しました。」 http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/archives/51910402.html



2019年2月18日月曜日 A.K.I. (G&A.K.I.PRODUCTIONS / 倫理B-BOY RECORDS / A.K.I.PRODUCTIONS)



・倫理B-BOY info
 
・「スペースシャワーミュージック」のA.K.I.PRODUCTIONSのwebページ

・皆様からのA.K.I.PRODUCTIONSに対するご感想は、以下のリンクに(ある程度)まとまっています。
https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/988629517706051584 

 












2019年02月12日

橋本治さん、安らかに!

 橋本治さんについては、A.K.I.PRODUCTIONSのサード・アルバム『小説「我輩はガキである・パレーシアとネオテニー」』に付けた、44Pのブックレットの中で、感謝の言葉を書かせていただきました。


 そして、セカンドアルバムの『DO MY BEST』では、『「わからない」という方法』 (集英社新書)を参考文献として挙げ、その書名を、曲の中にも登場させていただきました。


 先日の突然の訃報を受けて、不意に思い出したのは、この文 http://blog.livedoor.jp/a_k_i_productions/archives/52441077.html でした。


 それで、次の3つの文を書いたのでした。





 橋本治さん、安らかに!




2019年02月11日

電子音楽、は、固定されない、から、時に、モンティパイソンさえ硬く思えて来ます。〜アランワッツ笑ってる。Buchla使ったHIP HOP。

 写真は、仲田舞衣さんの撮影による、『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla 〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.6』(’18/06/03)の現場写真です(尚、こちらのリンク https://twitter.com/RINRIBBOY1/status/1006688315666411520 からも、この時の現場写真がご覧になれます)。

_DSC0977



電子音楽、は、固定されない、から、時に、モンティパイソンさえ硬く思えて来ます。〜アランワッツ笑ってる。Buchla使ったHIP HOP。




 本質を突く(または昨今よく言われる、芯を喰う)、それが、フレッシュ。


 こだわりが壊された、その時に、不意に起こる、笑い。


 否定の否定、で、全肯定、で、起こる、笑い。


 電子音楽、は、固定されない、から、時に、モンティパイソンさえ硬く思えて来ます。


 捨てたり、捨てられた時に、ようやく笑える、の、ならば、やはり、タメ、は、重要、ということなのでしょう。


 突然何かが起こったら、チャンス。


 だから、食べて、寝て、の繰り返し、は、重要。


 グルーヴ、と、ブレイクスルー、の関係。


 最初の頃のHIP HOP、もまた、そうだったのですから。


 Buchla Music Easel、と、付き合うには、そうしたことが。



2019年2月11日月曜日 A.K.I. (倫理B-BOY RECORDS / A.K.I.PRODUCTIONS)



・倫理B-BOY info
 
・「スペースシャワーミュージック」のA.K.I.PRODUCTIONSのwebページ

・皆様からのA.K.I.PRODUCTIONSに対するご感想は、以下のリンクに(ある程度)まとまっています。


2019年02月10日

一見、冗談が通じそうなHIP HOPの人〜STAP FUNK。

写真は、2017年12月9日(土)『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.5』@神田TETOKAより。(PHOTO = Great The Kabukicho) 
IMG_2598



一見、冗談が通じそうなHIP HOPの人〜STAP FUNK。



 柔らかいものは壊れにくい、だからこそ、一見、冗談が通じそうな人ほど、その根本となるもの、前提、を覆すのが難しいようです。

 そして、わたくし自身の意識こそが、そうしたものだから、頭が柔らかいようでいて、実は、その柔らかさ故に、壊れにくい、という、ガチガチの堅物、だったりもします。

 でも、そうした自分の前提が、遂に崩壊する時が、ついこの間、訪れました。

 とはいえ、その、壊れた前提、が、不意に、新しいバランスを捉え直して、すっかり回復すると、また、柔らかすぎるが故に、異常なまでに硬い意識、前提、を作り上げてしまいました。

 と、考えると、元々のバランスがうっかり壊れた時にだけ、自律的に自分を立て直す力が、無意識から出てくるのようなので、どうやら、その時こそが、ブレイクスルーのチャンスのようです。

 そう考えると、HIP HOPが、元々は、電子音楽から派生した、という事実にも、かなり素直に肯けます。

 だから、本当に、ピンチはチャンス、のようです。

 そんなわけで、神田TETOKAでの、自分のライヴ・シリーズ、『A.K.I. Plays Buchla』は、ピンチとチャンスの間(はざま)でドタバタしていて、時折ブレイクスルーが訪れたりもするから、またライヴをやりたくなるようなのです。

 つい、逃げ出したくなるような瞬間、も、沢山ある程の、宙吊りの、金縛りの、あるいは、不意にリラックスしたりの、そんなこんなの、「いけない」空気感、に、解放感、を、本番で、呼び込むためには、毎日、ふと気になることをやってみたりやってみなかったり、の、無心、だけが頼り、のようです。

 なんとなく湧き出た、STAP FUNK、という言葉が、意外に合っている気もしますし、とはいえ、よくよく考えてみたら、何か違っていた、としても。

 ある時期のマイルス・デイヴィスが、ライヴだけで示し得たこと、その哲学からも、そのような空気感、を感じたりもします。

 と、気付くと、より、電子音楽のヒューモア、が、それそのもの、として、感じられるようになってきた気がします。


2019年2月10日日曜日 A.K.I. (倫理B-BOY RECORDS / A.K.I.PRODUCTIONS)
 


・倫理B-BOY info
 
・「スペースシャワーミュージック」のA.K.I.PRODUCTIONSのwebページ

・皆様からのA.K.I.PRODUCTIONSに対するご感想は、以下のリンクに(ある程度)まとまっています。