2016年12月25日

 | PHOTO

クリスマスの夜に。あるいは、Buchla Music Easelを使っていくうちに。/ A.K.I.

『A.K.I.PRODUCTIONSライヴ! A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.2』@神田TETOKA(’16/11/20)の模様から。(PHOTO = Great The Kabukicho)
 
_DSC3977
_DSC3978
_DSC3988









クリスマスの夜に。あるいは、Buchla Music Easelを使っていくうちに。/ A.K.I.


 それ、に気づくまでは、なんでもなかった、のです。
 なのに、そのこと、に、一度気づいてしまうと、困ってしまうこと、がたまにあります。

 そして、困る、と、必ず、なにかしら思いつきます。

 これが、作曲であったり、プロデュースであったり、あるいは、クリエイトだとか創造だとかそういうようなことであったりするのではないのかなぁ、と思っております。

 なので、自分はいつも、困るために、なにかに気がつこうとしているようなのです。

 そう考えると、その一方で、気づかない方が幸せ、という意見があるのも、全然理解できるようになってまいりました。

 そして、「答えはいくつもあるんだと 教えてくれた先輩」という、昔のモーニング娘。の歌の一節をふと思い起こしたのでした。

2016年12月25日日曜日 A.K.I.(倫理B-BOY RECORDS / A.K.I.PRODUCTIONS)



【関連URL】
ガキさんのこと(おめでとうございます!)。工藤遥さんのこと。ブスにならない哲学の起源。

マクルーハンとガキさん2016。ガキさんのバースデーをきっかけに。あるいは、ブックラに向かうために。/ A.K.I.


 
*尚、次回のA.K.I.PRODUCTIONSのライヴは、まだ未定ですが、神田TETOKAでのライヴシリーズ『A.K.I. Plays Buchla』及び『トランスクリティカルHIP HOPショー』の告知は、基本、当ブログと、TETOKAのTwitter、FB、HPのみですので、確実に情報を得たい方は、以下のアカウントのフォロー or チェックを御願い致します!

⬇︎これまでの『A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス』、そして『トランスクリティカルHIP HOPショー』は、こちらから。

2016年11月20日(日)『A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.2』

2016年6月12日(日)『A.K.I. Plays Buchla〜ラップとトークとエレクトロニクス Vol.1』 

2016年2月7日(日)『トランスクリティカルHIP HOPショーVol.3 〜 ハートビートにサリエンシー。そして、未発表アルバム“SISTER”公開』

2014年12月20日(土)『トランスクリティカルHIP HOPショー Vol.2 〜 SISTER』

2014年4月27日(日)『トランスクリティカルHIP HOPショー Vol.1〜 ポップカルチャーの新しいバランス』