2005年02月24日

「ロング・エンゲージメント」試写会に行ってきました★

今日の当選はありません。

昨日は、映画「ロング・エンゲージメント」の試写会に行きました。
それに関するとかげのブログは、こちら。

友人に急な誘いをかけ、ふたりで見に行ってきましたが・・・
さっすが、R−15!!
途中、戦争シーンが激しすぎて、胸焼けがしました(汗)

わたしは怖い映画が苦手なので、この映画を見た後、どっと疲れました。
監督と主演女優が同じだからといって、「アメリ」のつもりで見ないほうがよいです。。。

でも、主人公の生い立ちの紹介や、淡い恋など、アメリっぽさは随所に見られます★
マチルド(主人公)の部屋とか、すごくおしゃれだし♪
あと、ラストシーンは美しかった!!
婚約者・アヌク役の俳優さんがとてもかっこいい☆
二十歳なんだそうです!わたしと同い年じゃん(><)

ある程度の激しいシーン・グロテスクな映像なんて平気よ☆という方には、オススメできる映画です。





Posted by a_lizard_kensyo_365 at 23:50│Comments(2)TrackBack(8)clip!試写会 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/a_lizard_kensyo_365/15036284
この記事へのトラックバック
リアルな戦場に描かれるおとぎ話。「アメリ」の監督・ヒロイン、キャストによって描かれるフランス製、ハリウッド映画。 原題:UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES 英題:A VERY LONG ENGAGEMENT 監督:ジャン=ピエール・ジュネ 原作:セバスチャン・ジャプリゾ 脚本:
「ロング・エンゲージメント」(試写会)【なつきの日記風(ぽいもの)】at 2005年03月15日 02:51
 “直感”を信じる。   それは、“奇跡”に耳をすますこと。 ■監督 ジャン=ピエール・ジュネ ■脚本 ギョーム・ローラン ■原作 セバスチャン・ジャプリゾ(「長い日曜日」) ■キャスト オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、ドミニク・ピノン、クロヴィス・
『ロング・エンゲージメント』【京の昼寝〜♪】at 2005年03月15日 08:59
アイアン・アイ(鉄の目)のひらりんも、 一日2本映画を見ただけで眼医者通いになってしまいました。 まっ、そんな事はどうでもいいんだけど。 この作品はその2本目。 フランス映画は独特・・・なんだけど、 「アメリ」の監督と女優コンビの作品は見ておこうかな・・・っと
★「ロング・エンゲージメント」【ひらりん的映画ブログ】at 2005年03月17日 01:02
★ロング・エンゲージメント (3月12日公開) タイトル: アメリ【期間限定スペシャル版】 『アメリ』で世界に旋風を巻き起こしたジャン=ピエール・ジュネ監督とオドレイ・トトゥが、再び、ファンタジックな物語を運んできた。 第一次世界大戦。戦場を
ロング・エンゲージメント【ブラックジャックによろしく哀愁】at 2005年03月17日 15:57
試写会「ロング・エンゲージメント」開映18:30@ヤクルトホール 「ロング・エンゲージメント」2004年 フランス 配給=ワーナー・ブラザース映画 監督=ジャン=ピエール・ジュネ、原作=セバスチャン・ジャプリゾ、脚本=ギョーム・ローラン 出演=オドレイ・トト
試写会「ロング・エンゲージメント」【こまったちゃんのきまぐれ感想記】at 2005年03月19日 10:23
「アメリ」コンビが再び。それだけの理由で見に行った作品である。結論から先に言うと、素晴らしい、本当に見事で完成度の高い作品である。勿論「アメリ」も良かったが本作品はそれ以上である。どれくらい素晴らしいかというと、今年スクリーンで観た映画の中では、まだ採点
ロング・エンゲージメント【利用価値のない日々の雑学】at 2005年03月19日 19:26
原題:Un long dimanche de fiançailles英題:A Very Long Engagement監督:ジャン=ピエール・ジュネ製作総指揮:ビル・ガーバー、ジャン=ルイ・モンチュー原作:セバスチャン・ジャプリゾ脚本:ジャン=ピエール・ジュネ、ギョーム・ローラン音楽:アンジェロ・バ
映画『ロング・エンゲージメント』【EVERSMILE(エバースマイル)】at 2005年03月29日 08:54
監督:ジャン=ピエール・ジュネ 出演:オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、ジョディ・フォスター 評価:91点(100点満点) 完璧な映像美に圧倒される2時間13分。 愚直なまでのまっすぐな愛情は最後に奇跡を起こすのか。 アメリの不思議な感....
ロング・エンゲージメント−映画を見たで(今年167本目)−【デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)】at 2005年12月17日 23:50
この記事へのコメント
あれは・・・いろんな意味で凄かったね。
あれだけ爆撃シーンが多くて、
人が容赦なく吹っ飛んでいくシーンもあれば、R−15にもなるよ。
(ラブシーンは15歳ぎりぎりアウト程度だったように思うけど。)

私はラストの感動すべきシーンよりも、
でっぷりと太った男がベッドの上に括りつけられて
女に天井の鏡割られて殺されるシーンの方が
恐ろしく印象的でした・・・。(ネタバレでごめんなさい/汗)

「車より先にカーブにたどり着けば」とか
「車掌がきたら」とかって夢見がち(?)な賭けをしているのは
アメリの名残なのかなぁ・・・?
Posted by aqua at 2005年02月25日 12:01
aquaさん
先日は急なお誘いを受けていただき、ありがとう☆
楽しいひとときでした♪

でっぷり男の殺されるシーンは、あたし怖すぎて直視できなかったです(泣)
たしかに、ええっ!!って感じだったねー。
凝った仕掛けだ。

ギリギリアウトのラブシーンの美しさが、すごいと思いました☆
アヌクかっこよくない??(そればっかり・笑)
アヌクとマチルドのシーンだけでいいのに・・・ってそれじゃ映画にならないよね。

またお誘いします♪
付き合ってくれてありがとう!!
Posted by とかげ at 2005年02月25日 14:28