マエストロ日記

合唱指揮・指導はもちろんのこと、縦横無尽の活躍で香川の音楽シーンをリードする若き?巨匠の華麗なる日々。

Nコン四国ブロック大会終わる

すでにご存じの方も多いと思うが、今年の金賞は坂出高校、銀賞が西条高校、銅賞が土佐女子高校と松山東高校であった。

ウチは奨励賞。楽譜に書かれていることはきちんと実現しクリアなサウンドを実現するという点においてはかなりよくできていたと思うのだが、そんなことなど吹き飛んでしまうぐらい重大な、私などには思いもよらない致命的な欠点があったのだろう。

image%3A8786
生徒は私の求める方向を目指してひたすら頑張ってきたので、その方向性が間違っていると言われるなら、生徒には申し訳ないことをした。

今年からはネットの生中継もなくなったので、演奏は会場で聴くしかないが、私の知り合いで全部の演奏を聴いた人もおらず、自分たちが目指したものが客席にまで届いていたのかどうかもわからず、届いていたけどそれが評価されなかったのか、やってるつもりで届いてなかったから評価されなかったのかも判然としない。

毎年、コンクール後しばらくたって講評用紙が送られてくるが、それを読んでも、よくわからないことが多く、確かに指摘されていることはその通りかもしれないが、じゃ、それが直接の原因で順位や成績がついたのか、というと、そうとはどうしても思えない枝葉末節的な指摘しかなかったりすると、次に別の曲をするときにそれが生かせないじゃないですか。

たとえば、「発声の基本がおろそかになっているから発声を基礎からやり直した方がいい」とか「音程や強弱など重箱の隅をつつくようなさらい方をせずもっとおおらかにのびのび歌いなさい」とか書かれてたら、そりゃ指導者も考えるでしょ。たとえ手厳しくとも建設的、教育的に価値のある講評がほしいと思う指導者は私だけではないと思う。そういう講評、もらえないでしょうかね?

image%3A8787
とりあえず、反省して次に向けて頑張りますわ。

部員のみんな、頑張る方向性が違ってたら、ごめんね。

コンクール前夜、道後にて

明日はいよいよNHK全国学校音楽コンクール四国ブロックコンクールである。
わが社の合唱部は道後の某ホテルに宿泊している。

image%3A8718

写真は夜のパート別ミーティングのようすである。
音はキレイに整ってきてるんで、あとはここ一番の爆発力だな。
とにかく明日は頑張って演奏するわ!

新宿駅にて

この前、夜行バスで東京を往復した話を載せたが、バスが発着するターミナルは、最近新宿駅に直結する「バスタ新宿」という名前で整備されて、すごく分かりやすく便利になっているのである。
そのバスタ新宿のビル内の新宿駅の入り口のところにはSuicaの広場ってのがあって、マスコットキャラのペンギンが飾られてるので紹介しとこうか。

image%3A8689

バスが着くのは早朝なので、セルフタイマーによる撮影も余裕でできた。

image%3A8713
夜行バスに乗らない人も、このペンギンが好きなら一度行ってみるといいよ。

久しぶりの母校

教員免許更新講習で母校に行った。卒業してから何度も訪れてはいるが、大学自体も周りの街並みも、行く度に変わってて懐かしさよりも、驚きと以前あったものがなくなっている寂しさが先にたつ。

今回の講習はわざわざ遠いところまで行かなくてもよかった、といえばそれはそうなのだが、講習の内容と、久しぶりに行ってみようかという気持ちから申し込んだ。夜行バスで往復するオジサンにはちょっとキツいスケジュールだけど、体力自慢のワタシは平気である。

今回の講習の内容は「現代音楽観賞法」というもので、まあ、ワタシの専門領域だ。そこで教材として取り上げられてる曲の中には自分が演奏したことある曲が結構入ってて、誰に言うでもないが、軽い優越感を覚えた。ストラヴィンスキーの「兵士の物語」、シェーンベルクの「月に憑かれたピエロ」、サティの「ヴェクサシオン」、ケージの「4分33秒」、吉松隆の「朱鷺に寄せる哀歌」等々、普通なら演奏機会がまずない曲をたくさんやって来られたのは、香川県にいるお陰だね。ありがたいことですわ。

image%3A8658

写真は学食で食べた「G芸大丼」なるオリジナルメニュー。昔はこんなのなかったのになー。食堂も全然変わっててビックリ。でも値段はそれほど変わってなかったぞ。食堂に関しては今の学生さん、幸せだね。

定期演奏会大成功

大成功はちょっと大げさだろうが40回定期演奏会が無事終了した。
お客さんの数はいつもとそれほど変わらなかったけど拍手はいつも以上だったと思う。

OBとの2つのステージは練習の度毎にまとまってきてたんで、本番も凄く楽しかったし、部長の振るポピュラーステージも大いに楽しめた。
写真はそのリハーサルのようすである。

image%3A8657

昭和の曲が多かったんで、私の趣味で選曲したんじゃないかと思っている人もいるんじゃないかと思うので一応念のため言っておくと、昭和のアイドルソングというコンセプトを決めたのは生徒たちである。
高校生の部員たちから保護者の皆さんへのささやかなプレゼントだと思っていただきたい。

とにかく定期演奏会が無事終わったんで、次はコンクールである。引き続き応援 、よろしくお願いいたします。

いよいよ定期演奏会

いよいよ明日は定期演奏会。
生徒はちょっと疲れぎみだけど、いい感じに仕上がってきてるので、演奏するのが楽しみである。

うちの定期演奏会は、ちょっとだけ振り付けとかしてる曲はあるけど基本的にはただ歌うだけの演奏会だ。
できるだけシンプルにいこうということで、昨年からは曲目や演奏者のアナウンスもなくした。

演奏だけで満足してもらえるよう全力でいくはずなんでぜひよろしくお願い申し上げます。

高松第一高等学校合唱部第40回定期演奏会

いよいよ明後日がわが社の合唱部の定演である。

今年は40回という記念の回なので、OBとの合同ステージを2つにして盛大にやることにした。

そこから紹介すると、まずは鈴木憲夫作曲の合唱組曲「永久ニ」。サンポートホール高松ができて最初の年の定演で取り上げた思い出深い曲である。名曲なのに当時は演奏するところもあまりなかったけど、今では男声合唱版もできていて、そちらの方が人気があるそうである。
今回はその男声合唱版の初演ピアニスト2人を招いての演奏である。

合同合唱もう1曲は、合唱組曲「銀河鉄道999」である。こちらの方は昭和の時代から何度も演奏しているので「永久ニ」以上にうちの十八番(おはこ)的な曲。ピアノを松本零士合唱組曲三部作「ヤマト」「999」「ハーロック」完全制覇のピアニストO橋氏が担当する。

img177

現役のみの演奏で特筆すべきは、コンクールではカット演奏だった、木下牧子の「原体剣舞連」のノーカット全曲演奏や、ヒット曲8曲を豪勢にぶち込んだCMI史上最大のメドレー「アイドル対決!明菜VS聖子」やオリジナルの振付が楽しい「LOVEマシーン」など、普段の生真面目な演奏にちょっとひねりを加えた盛りだくさんの内容で、楽しんでいただけることは間違いない。

入場は無料。15日18時30分開演、サンポートホール高松大ホール。

皆様のご来場をお待ちしております。

全日本合唱コンクール県大会終わる。混・女・男3チーム四国へ

全日本合唱コンクール香川県大会が終わった。

結果は、女声と混声が金賞、男声は銅賞だったが、四国大会に進める7団体の最後に滑り込んで、3チームとも四国大会に出場できることになった。

全日本合唱連盟理事長賞は今年も坂出高校。

男声合唱が四国大会に出場できるのは3年ぶりのこと。今の現役生徒にとっては初の四国大会である。弱弱しくても丁寧に、誠実に歌っていたのが評価されたのかもしれないなあ。男連中は大喜びだったけど、代表になったということは、「代表として恥ずかしくない演奏をする」という義務と責任を負ったということなので、混声、女声ともども次に向かって更なる精進をしてもらいたい。

今年も結構厳しいスケジュールの中、ここまでは順調にやってこれたわけで、とりあえずはそのことを喜びたい。

今日のコンクールも、男女とも2回ステージに立つダブル本番だったわけで、よく集中して臨んだと思うよ。特に女声が終わって退場したと思ったら、すぐに並び直して混声ってのはハードだったね。100メートル全力疾走した後、間をおかずにもう1回100メートル走るのと同じだもん。
だからと言って1本目の100メートルで力をセーブしたりせず、ちゃんと全力疾走するのが、真面目が取り柄のうちのチーム。ホントにお疲れさん、よくやってくれました。


さて、次の1週間は15日の定演に向けて頑張る時間帯である。その時期時期で、目前に迫ったものを着実にこなしていく、といえば聞こえはいいが、昨日コンクールのお世話をされていた、うちの部員の保護者の方の言葉を借りると、それは「自転車操業」というヤツらしい(笑)。

でも、大丈夫、部員たちはきっと次もやり遂げてくれるだろうと思う。だってそういうふうに、教え育てているからね。

ダブル本番!全国高校総文祭&Nコン香川県大会

今日は出演順が1番なので5時半起床。朝ごはんのあとホテルで少し練習してから8時前には出発した。

image%3A8355
会場のはつかいち文化ホール・さくらぴあはそれほど大きくはないがきれいなホールだった。
受付時間の9時より少し早く着いたのでちょっと建物の中を観察。どうもここは市役所や図書館が一緒になっている複合施設のようで、共用のロビーからちょっと奥へ入るといきなり市役所の窓口になっていてびっくりした。

誘導が始まってからは、いつもと同じように指示に従って動くだけなので特に特筆すべきことはないが、演奏前に部長がする学校紹介の中で、この演奏後高松にすぐ戻ってNコンの県大会に出る、ということ触れると、会場内にはどよめきが起こっていた。

まあ、そりゃそうでしょ。それに曲だって全然別の曲だもん。まあ、コンクールの曲を歌ってもよかったのだが、そうするとまったくコンクールのステージ練習みたいになっちゃうでしょ。
それをやらないのがわが社の合唱部の矜持だ。

img176
演奏は、まあ特別良くも悪くもなかったと思うが、生徒は終わったあと、すごく楽しそうにしてたからやっぱり行ってよかったよ。
写真撮影が終わってすぐにバスに乗り込んだので、ほんとに今回は歌いに来ただけだったけどね。










そして午後からは、NHK全国学校コンクール香川県大会だ。予定通り14時ごろレクザムホールに到着したので時間的にあせらず臨めたのが良かった。

img175
うちの演奏順は7団体中の一番最後。いくつか失敗したところもあったけど普段通りの演奏はできたと思う。

結果は金賞、四国大会出場することになった。次ももちろん頑張るで。


とにかく長い2日間ったけど、行ってよかったわ!来年も総文祭、行けるもんなら、行きたいな。


第40回全国総文祭広島大会!その前日

標記大会出場のため広島県にやってきた。

道中、尾道に立ち寄り、千光寺にお参りした。

ロープウェイで登ってから千光寺までは大した距離じゃないはずだが、ものの10分も歩くと、とにかく暑いので汗だくになって、生徒たちは皆売店でかき氷やソフトクリームを食べていた。その店の売り上げには大いに貢献させていただいたよ(笑)

image%3A8324

写真は、千光寺近くから見た尾道の街並み。

千光寺でおみくじを引くと、「二兎を追うもの一兎も得ず」的なことが書かれてあった。それってこんかいの強行スケジュールのこと・・・?

ま、気にしない、気にしない。

image%3A8314
ぐったりしているように見えるかもしれないが、実は元気である。

明日は、頑張りますわ。
巨匠 カウンター        (勝利の祝福!ver.)
昨日の訪問者数

巨匠 プロフィール
マエストロ=オオヤマ
鋭い眼光と白い肌をもつ、
伝説のマエストロ。
歌を愛し、音楽を愛し、美を愛し(女性含む)、生徒を愛し、我を愛す。

彼のユーモアと音楽的才能はとどまるところを知らない。


ランキング
*人気ブログランキングへ*

クリックよろしくお願いします!




にほんブログ村
巨匠 次の本番
アーツフェスタたかまつ2016主催公演
伊福部昭×武満徹 名曲選

2016年7月10日(日)
14時開演  

サンポートホール高松
第一小ホール
     
演奏曲目

●武満 徹
雨ぞふる
海へ
SONGSより
夢千代日記タイトル音楽

●黛 敏郎
ディヴェルティメント

●伊福部昭
SF三大怪獣ファンタジー
リトミカ・オスティナータ

出 演 者

アルトフルート:大山宙透
ソプラノ:宮本早苗
ピアノ:秋山由加理
合唱:高松一高合唱部

指 揮  大山 晃
高松コンテンポラリーソロイスツ 

入場料(前売り)
一般:2000円
高校生以下:1000円

最新コメント
記事検索
巨匠 アーカイブ
巨匠 QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ