本日、めでたく今年の新チームが公開の場でデビューを果たした。

DSC_0209

アンコールで歌ったのは、『坂の上の雲』の主題歌、「スタンド・アローン」。

旋律はユニゾンなんだけど、オーケストラのアレンジが派手で、感動的な演奏になったと思う。

生徒はあまりありがたみとか感じてないようだが、合唱も独唱も、オーケストラと一緒に演奏するというのは、滅多にないことであり、大きな喜びであろう。

ここ香川県では、オケを使ってオペラを上演するのも珍しくないし、コレギウム・ムジクム高松のように、最初っからオケと合唱がセットになってる団体もあるけど、普通は、そう滅多にあることではなく、単独団体としては、オーケストラと共演したことのない団体だっていっぱいあるし、声楽のソリストであればなおさらそうであろう。

わが社では、一昨年は、伊福部センセイのSF合唱ファンタジーで高松コンテンポラリーソロイスツと共演、高響のホルストの「惑星」にも参加させてもらったし、オケと共演することで、合唱畑以外の音楽ファンにもその存在をアピールできている。

これからは、知名度に釣り合う演奏内容を追求していかなくちゃね。

_20180610_151429
最後に、これは本番で指揮者の曽我先生が着用した「ウルトラセブン」用の衣装。

こういうサービス精神、大いに見習わせていただいて、私も頑張りたいな。