福島の原発事故が起きる前は、政府も東京電力も原発は絶対安全だと「安全神話」をふりまき、国民の多くは、それを信じてきた。
しかし、事故は起こった。

安全かどうかを決めるのは、役所でもないし、多数決でもない。
科学的な裏付けと、事実を真摯に受け止める姿勢がなければ、将来の事故を予見し、ふせぐことは出来ない。

今、豊洲は安全だという「安全神話」を振りまいて、危険な場所に市場を移転させようとした責任をまぬがれようとする輩が、数を力に巻き返しを図ろうとしている。

歴史に学ぼう。
安全を決めるのは、多数決ではない。