議会の建設環境委員会の視察で、長野市と富山市に来ました。

長野市では、「ながの環境パートナーシップ会議」をつくり、市民とともに環境を守る様々な取り組みを行っていますが、豊かな自然と人材に恵まれていることをうらやましく思いました。

FullSizeRender

IMG_2522

富山市では、LRTを活用した交通活性化の取り組みを学びました。

葛飾区でも新金貨物線を活用した交通機関が、南北の交通の担い手として期待され、現在調査も行われていますが、課題も多く、実現はなかなか時間がかかりそうです。

課題の一つであるJRとの関係ですが、富山市でのLRTの実現では、JR西日本が大変協力的であり、相当な財政負担もしたようです。

交通の活性化による街のにぎわいを作り出すことも大切ですが、高齢化社会に向けて、高齢者の足としての交通機関の整備が急がれています。
LRTにつながるフィーダーバスというコミュニティバスの説明をしていただいた富山市の職員さんは、交通不便地域をその地域の問題としてだけとらえるのではなく、交通機関が確保されることによって、交通機関がないことによるその地域のための福祉や教育施策の費用を削減する効果もあるのではないかとおっしゃっていました。
この知見は、僕たちにとっては目からウロコでした。

これから朝食をとってから、まっすぐ新幹線に乗ります。