2011年01月03日

今日やらないともう暇がないかも!ってことでネットプロレス大賞2010選出です。
言うまでもなく今年もやっぱりバチバチ関係のみです。
2009年はタッグ部門で奇跡を起こしましたが(笑)、
今回はそこまで行かないだろうなー。

(1)最優秀選手賞(MVP)
1位:橋誠(フリー)
2位:池田大輔(フーテン)
3位:小野武志(フーテン)

本当は1位は「該当なし」にしようって思ってたんです。
ここにスルガか大場が来れないのなら選ぶ必要はないのかなぁ、と。
ただ、改めて振り返ってみたら1月の池田戦からほぼハズレなし、
もう「いないと始まらない」レベルまで来たことを
素直に評価してもいいんじゃねぇか、「所属とかフリーとか関係ねぇじゃん、
みんなバチバチファミリーさ!」ってことで橋がMVP!
2位はバラモンダイのようなネタからvs小野、スルガのような超シリアスまで
幅の広さを見せた大ちゃん。
3位は安定度抜群の小野で。タコ絡みのカッコよさは異常。
次点で真霜かなぁ、大ちゃんや長井といったベテラン勢との試合を
もっと見てみたいんだけど…


(2)年間最高試合賞(ベストバウト)
1位:9/26 フーテン(バチバチ39)
   小野武志(フーテン) vs 池田大輔(フーテン)
2位:10/25 フーテン(バチバチ40)
   池田大輔(フーテン)、大場貴弘(フーテン)
   vs
   真霜拳號(K-DOJO)、橋誠(フリー)
3位:6/27 フーテン(バチバチ37)
   大場貴弘(フーテン) vs 真霜拳號(KAIENTAI-DOJO)

1位はやっぱりこれしかないかなぁ、と。
メルマガでもかなり意気込みを見せていた一戦は
短期決戦ながら一切出し惜しみなしの意地の張り合い。
「バチバチではこれで1勝1敗」との小野の言葉通り、3回目はどうなるのか?
2位はバチバチ40のメイン。
終盤のボロボロになりながら撃ち合う大ちゃんと橋がグッと来た。
3位はこれ会場で見てないと面白さがわからないもしれないw
不思議な空気の一戦だったなぁw


(3)最優秀タッグチーム
1位:バラモンシュウ・ケイ・ダイ
2位、3位:棄権

5周年に突如登場した新たなバラモン。っていうか大ちゃん。
いわゆる出オチであるがウチはこういうアレなので仕方ない。
シュウ・ケイ・オオバラモンは変に噛み合いすぎたので除外。
アレは大場が真面目すぎたのがまずかったなw


(4)新人賞
1位:該当なし
2位:該当なし
3位:該当なし

この枠にピースマンを入れてやろうかと思ったのだが
自分の中の何かが全力で止めるので該当なし。
橋戦を評価して日向寺塁(みちのく)入れたかったんだけど
微妙に外れてるっぽいので…


(5)最優秀興行
1位:4/24 フーテン(バチバチ35、バチバチ5周年興行!)
2位、3位:棄権

選びにくかったので記念すべき5周年を。よくまぁここまで来たよなぁ。
興行名にナンバリングされてるのだとアイスリボンの次くらい続いてるよな。
…比べる相手がおかしいな、ウン。


(6)最優秀団体
1位:フーテン・プロモーション
2位:格闘探偵団バトラーツ
3位:棄権

やっぱりこれで。
バト、解散発表しちまったなぁ…


(7)最優秀マスメディア賞
1位:週刊プロレスmobile
2位:ブラックアイ2
3位:棄権

去年と同じで。
週プロとは一時期ちょっと何やらあったようだけども(苦)



ぶっちゃけた話、橋の大躍進を除くと2009年よりも…という感じが。
スルガや大場のポジションが変わってないのが原因と思われる。
じゃあどうすればいいのか、というヒントはそこかしこにあったはず。
2011年はこの二人による現状打破を期待したいところ。
というかしてもらわないと困る!


(19:41)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by みちのくファン   2011年01月03日 22:53
自分もフーテン所属の選手に期待してたんだけどなぁ…
橋は不器用ながらもよく頑張った!
大場の怪我は本当に心配だけど、ベストセコンド賞もありかと。
日向寺は九龍入りしてこれからどうなるか。

真霜は自分の色を持ちつつ不思議な色気があるし今年も楽しみ。
穴時代から消えた選手も気にはなってるが…さて?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔