2017年10月27日

真夜中食

[画像:57e4e41d-s.jpg]

1日半前の受験生が作ってくれました😄
ハロウィン風だそうです(苦笑😅


右目のその後。
[画像:7a884a1d-s.jpg]

ぶつかったのは、ほくろの辺りなのに…

2017年10月26日

下りてきた濃いアイシャドウ

[画像:aadba551-s.jpg]






[画像:a7d6a805-s.jpg]

JK




2017年10月24日

次は頭

昨日、目の上を強打した後に、
頭を強打(+_+)
そして流血…
頭を押さえたら、手が血だらけに。
でもお風呂に入る元気がなく、そのまま就寝。
当然、枕カバーには血が…


この病気は、自分の意志とは関係なく、急にバランスが崩れて傾いたり、
前のめりに突っ込んだり・・・
その上、反射神経が鈍い。

治ることのない難病。
この現実をじっと見つめるだけで、受け止めるしかない。
 中途発症は、たった数年でも健康だったわけで、
ピアノは弾けたし、自転車(二輪車)にも乗っていて、
夏は毎日のように、自転車で海に泳ぎに行っていた。
どちらかというと、運動神経は良かった方だと思う。

私自身がこの病気の進行具合を知った時、

なんで私が?

という思いはなかった気がするんだけど、
子育てを通して、そう思うようになった。



a_sakimama at 02:13|PermalinkComments(1)母(晶子、SCD)関連 

2017年10月23日

記念写真は無しよ

 目の上を強打❗
あんまりボッコリなっちゃったので、
冷えピタを貼った(苦笑😓
シップはスースーし過ぎて、目が沁みると思いまして…

これからは、こぉゆーことがもっともっと増えて、
最終的には歩けなくなることでしょう。

こぉゆーとき記念写真を撮りたがる変人ですが、
ミョーに白髪が目立つ50手前なので、
今回は止めときます(笑)
片目だと、より手が思ったところに動かなくて、
ここまで書くだけでも、時間かかっちゃいます。
書かなきゃいいっちゅー話なんですけども。


a_sakimama at 13:25|PermalinkComments(0)母(晶子、SCD)関連 

2017年10月22日

ぽんこつ

ブログでごたくを並べておきながら、
結局、ずーっと体調悪く寝たきりで、
投票に行けない…

行ける方、是非とも行ってくださいね。
民主主義って、悲しいかな数の論理ですから…



a_sakimama at 11:37|PermalinkComments(0)独りゴト 

2017年10月20日

原口一博さん 無所属

@kharaguchiさんのツイート: https://twitter.com/kharaguchi/status/921166166109724672?s=

期日前投票は今日までだそうです。
原口さんは佐賀ですけど

a_sakimama at 09:31|PermalinkComments(0)独りゴト 

2017年10月19日

冷たい一言

ツイッターでの返信の話を娘っこにしたら、

コンピューターで自動配信に決まってんじゃん‼

…て、冷たく言い放たれた。
コワイよー、コワイよー((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

昔、そんな冷めたツッコミをすんヤツが居た。
娘っこに、そぉゆー言い方は受け取る人によっては、すごくヤだよ、特に目上は。
 まぁ、今日は熱が下がんないで不機嫌だろうから、仕方ないかもしんないけど💦



a_sakimama at 00:10|PermalinkComments(0)母娘関連(生活) 

2017年10月18日

衆議院選挙に思う

先日、我が選挙区の候補者のツイッターに『いいね』をしただけなんですが、

東京の知人の方に2枚目のブルーの投票用紙に
比例政党「日本維新の会」と記載をお願いしてください。
大変厳しい闘いです。お力添えを宜しくお願い致します。

とのメールをくださいました。
私が誰か覚えてくださってメールくださったのか定かではありませんが、
夜も遅かったので、御意とだけ返信しました。
 今回の衆院選の異常事態には、思うところ多々ありますが、
体調が優れない中、わざわざ私の一意見なんて…と思い書かないでいましたが、
やはり、もう何年もお会いしてないような、何処の誰かとも承知されているのか、いないのか・・・
そのような者にまで、メールをくださる熱意に触発されて、
ちょっと投稿する気になりました。
 そもそも、今回の衆院選は大義無き解散からして、
国民の税金を何億円と使い選挙をするなんて、
しかも、この国際情勢の中、正気の沙汰ではありません。
 北朝鮮がミサイルを打った、と聞いて娘っこの友達なんか、
家族に大好きだよ、とLINEしたり大騒ぎです。
彼女は18歳なので投票権はあるわけですが・・・
逆に、その慌てふためきように、爆笑する私たち母娘なんですけども(苦笑(''◇'')ゞ)
とにかく、18歳でも大騒ぎするわけなんで、もっと小さな子たちはどうでしょう?
まぁ、みんながみんな、そぉゆーわけでもないでしょうけど、
とにかく、そんなご時世なわけです。
 民進党を分裂させたと、ネットあるあるですが、
汚い言葉で前原さんを罵倒する人も多い。
私は、その批判を受けることを承知の上で、
苦渋の決断をした前原さんはカッコえぇ、と思いました。
 結局、確かに分裂したわけですが、
民進党のままでいても、名前が変わらないだけで分裂していたわけですし。
だから、寄り合い所帯とか揶揄されてたわけですし。
 安倍さんは国難突破選挙とかもっともらしいことを言って、
消費税を上げて、教育無償化だとか社会保障を考え直す…などなど、
ワケ分かんないことを言ってます。
そして原発続行?・・・国難突破じゃないんかい?
北朝鮮がミサイル打ってきて、原発に落ちりゃ核爆弾と変わんないじぇ・・・みたいな(苦笑(''◇'')ゞ)
今回は特に娘っこの奨学金というか、
東京都保険局の母子福祉金
東京都社会福祉協議会の教育支援金
 私の現在の生計がクレジットカードのリボ残高が多いいだぁ、
家族に念書を書かせろ、
連絡を取らせろ…
諸々、私にしてみれば、粗探しするだけされて、
最終的に、こちらから辞退せざるを得ないような形になりました。
話をする度に、今回は娘っこのため、娘っこのため・・・と耐えたつもりではいたんですが、
この異常気象の影響とともに、精神的にすっかりマイッてしまった数か月でした。
それこそ、十分な年金もらえてるわけでもないのに、
仕事に行って生計たてられないようにされてるような気分です。
 爪に火をともすような生活をして、
習い事も、塾も私のような者はさせてあげちゃいけなかったんでしょうか。
2か月に一回しか振り込みがない年金で、
クレジットカード、使っちゃいけなかったんでしょうか。
せめて、ひもじい思いはさせたくなくて、
食材を買い置きするようなことしちゃいけなかったんでしょうか・・・
 いけなかったって審査ですね、福祉金とか支援金て。
それを、消費税を上げて教育の無償化って…"(-""-)"
消費税は、貧困家庭でも生活保護家庭でも年金暮らしのお年寄りも、
一律に課せられる税なわけです。
アベノミクスがうまくいってると自信をもって言うなら、
消費税じゃないずらが…みたいな(苦笑(''◇'')ゞ)
結局、ぼんぼんで、追及されると声を裏返して批判に批判で返すしかできない。
詳細な政策、マニフェストを理解しているわけではないけど、
自分の立場で言わせてもらえれば、
保守ではありながらも、改革を目指していることだけは、
日本維新の会、きぼうの党は分かります。
公明党、社民党、共産党は、申し訳ありませんが、お話になりません。
かと言って、汚い言葉で罵倒する輩と一緒にもなりたくないんで、
この辺で止めときます。

言いたかったのは、マスコミが小池さんの発言、一挙手一投足を報じ、
やんや、やんや言うので、風向きが変わってきてしまいましたが、
そもそも論として、解散がおかしかった、て言いたかっただけです。
 前原さんが母子家庭で育ち、それでも熱い思いを持って奨学金で大学に行き、
松下政経塾も経て、政治家になられたことは存じておりました。
ぼんぼんと志が違うと思います。
そして今回メールをくださった先生も。
 何年前か…寒い冬の朝、仕事に行くとき駅に立ってチラシを配っておられ、
握手をした覚えがあります。



a_sakimama at 07:46|PermalinkComments(0)独りゴト 

2017年10月08日

夕食

[画像:14bf9d9b-s.jpg]


受験生に作っていただきました😄



a_sakimama at 19:30|PermalinkComments(0)咲希関連 

2017年09月28日

スマホから投稿

やっぱりスマホからの投稿は、他のサイトにリンク出来なかったみたいで、
本来、大きく動いてる政治の話したいところだけど、
そんな元気がないので、
ただのテストです。

2017年09月27日

東京都社会福祉協議会

教育支援金

・・・・・

それほど困ってない人に、
本当に困ってる人には支援しない
教育支援金。

名前、変えた方がいい。



a_sakimama at 08:54|PermalinkComments(0)咲希関連 

2017年09月13日

なんとかハラスメント

久しぶりの投稿でありながら、連投のざき母です、
こんばんは。

今日の夕方には民生員の人にも立ち会ってっもらい、
自宅での面談です。
どぉしても、自宅でないといけないそうで、
要は、まともに暮らせているか、
娘っこが勉強できる環境にあるか、っちゅー調査でしょう。
 もう散々、嫌な思いをさせられてきてるあてくしは、
卑屈にしか受け取れなくなってるわけですけれども、
支援とか福祉という制度は、卑屈にさせるように出来ているようです。
 10代の時に抱いた、自分は世の中の障害でしかない者・・・という思いを、
その後、抱くことなく前向きに生きてきた人間に、
又その思いを呼び起こすものでしかありません。
 今日、その面談があることは分かってたので、
日曜日、友人が大掛かりな掃除をしてくれました。
その日、娘っこ様の体調が悪かったもので、
娘っこの部屋は出来なかったのだけど、
友人は自分が腰が痛いのを押して、約8時間掃除してくれました。
福祉でもない、支援でもない、個人的なご厚意が一番の助けになってくれます。
 今日の面談では、ボイスレコーダーを撮ることにするつもりです。
80歳の病人を介護している母にまで、
どぉしても連絡を取らないと、支援することができない、って言うんですから…
今日は何を言われることか。
また書類不足でしょうか(苦笑(''◇'')ゞ)

これだけ家族中が嫌な思いさせられて、
自分も嫌なこといっぱい言われて・・・。
それでも進学の意志は固く、揺るがない娘っこを誇りに思う。
 塾に当たり前のように通わせてもらって、
何をしたいでもなく、とりあえず親の敷いたレールを歩いてる輩より、
よっぽどイイと、母思ふ。



a_sakimama at 01:14|PermalinkComments(0)母娘関連(生活) 

2017年09月12日

とうとう買ってしいまいました。

[画像:4f51ba37-s.jpg]

かれこれ1年半くらいディズニーツムツムにハマっているざき母です。
お久しぶりでございます。
 最近、ディズニーツムツムをプレイしている方のyoutubeにチャンネル登録しておりまして、
娘っこ様に、youtuberになんね?と誘ってみましたところ、
わりとイイ返事が返って参りまして、
機材はお母さんが買ってね、とのことで、
いや、アプリがあるらしいよと言ったら、
マジで? そんな時代?
て言っておりました。
・・・17歳が(苦笑(''◇'')ゞ)

最近、大学受験を控えている娘っこ様、
卒業後、あてくしが奨学金を返す邪魔にならないだけの生計が回せる、という証拠の書類を出せ、と
何人もの家族を巻き込んで、書類の提出、提出、提出・・・
 じゃ、youtuberになって、生計を回せる障害者になろう、
と思い立ちました(苦笑(''◇'')ゞ)
 あんたは障害者で、固定給がなくて、まともに一人じゃ暮らせないんだよっ!!!
て、毎回、言われてる気分になります。
 役所がメンド臭いのは、若いころから嫌というほど重々承知しているのですが、
今回は家族を巻き込んでのことですから、
けっこう精神的にきてます・・・
 ホンット、教育に関してはもうちょっとちゃんとした方がイイと思う、日本。
先進国を名乗るなら。

そこでyoutuberを思いつく私も私ではありますが。
すっごい早い娘っこ様と、
すっごい遅い難病母。
チャンネル登録数、増えそうな気がしませんか?(苦笑(''◇'')ゞ)














2017年07月27日

ちりばめられた言葉たち

君は3個のダイアモンドを掘りあてて
そして 4個のダイアモンドをなくしてしまう

なくしてしまうたびに
君は強くなる

めぐる季節に
命あずけて

今までの君は間違いじゃない
これからの君は間違いじゃない

夢見る力を もっと
夢見ることは誰にも止められない
止められない

口ずさむメロディは愛
抱きしめる花はdaisy
時よ 静かに流れてゆけ

もしも君が 気高い孤独なら
その魂を 空に広げて
雲の隙間に 君のイナズマを
遠く 遠く 解き放ってやれ

夜空は澄み渡り 晴れやかな心に
round'n round'n
光の導くままに

傷ついた君に 出来ることは
たったひとつだけ
そばにいれるだけ
言いたいことも言えず埋もれてゆく
でも いつか乗り越えてく
君がいる

ありったけのrain
ありったけのpain
ありったけのflower
ありったけのpower
ありったけのlove
ありったけの…
ありったけのlove
君と抱きしめてゆく

信じる心 いつまでも

SOMEDAY


a_sakimama at 03:22|PermalinkComments(0)独りゴト 

2017年07月26日

やつれっぷり

またまた、お久しぶりぶりの投稿になってしまいました(;´Д`)
若干、熱中症気味なのかな…って感じのざき母です、こんばんは。
大学受験を控えた娘っこ様は、バイトのヘルプに参上しております。
おいおいおい・・・って気もしますが。


確か、2月中旬ごろから1,2週間。
食欲はなく、ヒドイ眼振で目は開けられず、食べれないのに嘔吐を繰り返す日々。
まとまって眠ることができず、でも眠ってしまいたくて薬で眠るわけですが、
吐き気とじっとしてられない衝動で、2時間ほどで起きてしまう。
 そぉた状態の時に助けに来てくれた友人が、あてくしの寝顔を撮っておりました。

image

*注:  50手前の気持ち悪いすっぴん寝顔を見せられた、と訴えないでください。


顔は真っちろちろなのに、瞼、目の下はドス黒く…
あたちって、もうすぐ死ぬの?っていう、やつれっぷりで、
けっこうショックでした(苦笑(''◇'')ゞ)
何故そこで笑うって感じですけど…
こぉたになってたんだ・・・みたいな。
歩けばフラフラなわけで、それを見て心配しないわけはない…って、
逆の立場を思わされました。

でも、しぶとく復活し、
今は娘っこ様の大学受験のため、
数字に弱いとか言ってられず、悪戦苦闘しております。
 ふと思ったのですが、
来月、恒例の募金番組がありますが、
あてくしが、もしここに振込先口座を載せたら、
募金してくれる人はいるでしょうか。
 やはりムリをして、感動してもらわないとダメでしょうか。
もし、募金をしてくれた奇特な人が居たとして、
あてくしは使って良いのでしょうか。

社協の方と奨学金の話をしているときに、
話の流れで、
ちょっと話は別になりますが、
それは、障碍者の子供は大学に行っちゃいけないってことでしょうか…
と聞きました。
担当してくださってる方は、とても丁寧で良い方なので、
彼女を困らせるつもりではなく、
奨学金を使わず生活が成り立つという裏付けが必要だ、とのことで、
障害者基礎年金だけでは、審査が通るかどうか心配だとのこと。
窓口で担当してくださってる彼女への疑問ではなく、
東京都、行政への疑問。

今、貧困の連鎖を断ち切るためには『教育』、とのこと、
国会でも声高に訴えてる議員先生がいらっしゃいますよね?
高校では、準義務教育ということなのか、
確かに給付型の奨学金という形で、書類を書きましたが。
(2年前にそうしてほしかった…)
 かといって、華麗なる経歴をお持ちの議員先生が、
自分を支えて働いてくれてる人を、手下のように、
「このはげぇ〜!!!」と罵倒したり、暴行したり…
そぉいった方々を見ていると、高学歴であれば人間としてどうか…とは思い知らされますけど。
でも、貧困でないことは確かですよね?
親御さんが裕福で、とんとん拍子に有名塾、有名大学を渡り歩いたのでしょう。

娘っこ様は毎晩、泣いてるそうです。
この1か月は血便が止まらないそうです。
なんで泣いてるのか…
そんなこたぁ、知ったこっちゃぁない。
お母さんもそぉだったわけだし、それはそれでいい。
泣けばいい。
でも次の日、あんた立ち上がって歩いてんじぇ。
学校、行ってんじぇぇ。
そぉゆー人間は強い。
そぉゆー人間は強い。
って言ったら、娘っこ、
学校は行かないとだし…って、変化球が返ってきた(苦笑(''◇'')ゞ)
両親が障害者で、しかも離婚して・・・
そこまで問題なくても親のせいにして、不登校になって引きこもりになってる子は山ほどいる。
高学歴の私立大に行かせてもらっても、
中退してNEATになって、生活保護もらって、
支援団体の施設に、何もしないで住んでる人々。
 環境がどぉであれ、立ち上がって歩き出すか、しゃがみこんで動かないか…

学校は行かないとだし…と言った娘っこ。
高校受験の時も言ったけど、
高校は行かなくてもいいだぁど。
今年も、もれなく、
大学は行かなくていいだぁど。
自分が行きたくて行くとこだぁど。
でも行きたいっていうだら、お母さんも必死に応援すんが。
だから咲希は咲希で、覚悟もって必死になれ。
て、鼓舞。
考え方が違う人に言わせりゃ、可哀相な娘っこ様。

20年以上前に流行った言葉、
同情するなら金をくれっ!!!

それが某チャリティー番組の原点なのでしょうか。
同情してもらう画面を見せて、金(募金)をくれって(苦笑(''◇'')ゞ)
 当時、その言葉が流行ったときには、
やんや、やんや言う人々は、いっぱいおりましたねぇ・・・






a_sakimama at 21:49|PermalinkComments(0)母(晶子、SCD)関連 

2017年07月12日

純恋(すみれ)by 佐野元春

2017年06月30日

あてくしにとっての加齢

相変わらずな時間に、なんとご挨拶すればよいか分からないざき母です。
こんばんは、でよろしいでしょうか…

今年も早、半年が経ってしまいました。
今年はどぉも・・・
仕事にも、片手で数えるくらいしか行けてないような状況です。
 そんな中、以前の記事に書いた東京脳神経センターですが、
どこの治療院も30分前後掛かってしまい、
ほぼ行けないまま、寝たきりでいるので、
その状況を苦慮してくれた友人が、何とかして通えるよう、
口コミサイトで、はりきゅう院を探してくれました。
やること(治療・目的)が同じなのであれば、近場で、
とにかく行けないことには、何も変わらないから…と。
 北千住駅近くにあるはりきゅう院に2回ほど行きました。
口コミサイトに載ってるだけに、
次から次へと予約が入り、なかなか予約も取れない状況です。
近場に行くことにしてのなかなかいけません。
東京脳神経センターの方では、首の治療だけですが、
こちらのはりきゅう院では、話をよく聞いたうえで全身を診てくれます。
東京脳神経センターのほうで、幾つかの診療はしたのですが、
もう私には分かり切ったことばかりで、今さら何を…ていう印象でした。
お医者さんとの信頼関係は大切だと、
改めて思わされる今日この頃です。
 ストレートネックは分かっていましたが、
背骨も真っ直ぐみたいで、骨盤はかなりズレていたようです。
初めて行った日、このままだと腰が90度くらいに曲がったおばあちゃんになっちゃうよ、て言われました(苦笑(''◇'')ゞ)
 先生から言われてみて、5つ下の友人からも言われ、
あてくし、小学校のこれから成長するぞって時に得体の知れない難病になったわけで、
2,30代の血気盛んな頃を知らないわけですから、
気力の衰え、アルコールの衰え(苦笑(''◇'')ゞ)で加齢は感じていても、
こと身体に関しては、不調があれば何でも病気のせい。
病気が進行しただけだ、って納得するしかありませんでした。
 でも思えば、50手前。
友人に、健康な人でも30代くらいからメンテしてるよ。
だから、はりきゅうや接骨院、整体院ってそこらじゅうにあるじゃん。
それだけ、みんな行ってるってことだよ。
確かに…妙に納得しました。
そもそもが自律神経からくる不定愁訴の治療が目的で、
東京脳神経センターに行ったわけですから、
それ以外に、異常が見つかったのだから、
こちらに通うことにしよう、と。

そしたら今まで腰が痛くなってもしばらくすれば治っちゃって来たから、
放っといて来たけど、
かなりヒドイ痛みが再現し、ぎっくり腰状態の日が数日。
歩行もできなくなってしまいました。
2回目に行って、すっかり回復。
鍼のすごさにびっくりでしたが、
(治療中、すごーい、ウソみたーい、すごーいの連発。
50手前のおばちゃんが(苦笑(''◇'')ゞ))
 仕事を始めて約3年半、通勤するようになったこともあるのかもしれません。
杖を突いて幾年月なんで、歪んで当然っちゃー当然なんですけどね。
背骨は真っすぐなんですけど…
 いつか、たまたま見たバラエティー番組で言ってたんですが、
四足歩行の動物は、脊椎はまっすぐなのだそうですね。
 私もそろそろ二足歩行は不可能になってきたのかもしれません。
それも、病気の進行だと決めつけて納得してたのでしょう、近い将来。
 最近ではこの気候なので、気圧による気象病でもあると思うので、
LINEで先生に相談したところ、
そぉいった患者さんも多くいらしてる、とのこと。
益々行かなくっちゃだわ、と思いつつ、
行けないで夜中にツムっているさみしい中高年・・・
これも、あまりやり過ぎは良くないことは分かっているのですが。

娘っこはようやく志望校も絞れてきて、
三者面談や、貧困家庭は色々な手続きにあちこち行かなきゃならないわけで、
ちょっとメンタルもやられてきちゃってるかな・・・てな感じの昨今、
ここまで来れたことにつくづく感謝しつつ、
切り替えていかなくっちゃだわ、クリック、クリック!(^^)!



2017年06月05日

子供の貧困

昨夜、NHKスペシャルで見えない子供の貧困をテーマに放送された。
特にここでこれと言って書くつもりもなかったのですが、

我が家は、超がつく貧困家庭でして
番組内で取り上げられていた『相対的貧困』とは全く違う。
番組内で、貧困家庭に育った子は、自己肯定が出来ない
・・・みたいなことが言われていて、
希望が持てない、とか、諦めが早い…などなど。

ウチの娘っこ、
大学、行く気満々だし、
何に付け、そうそう簡単には諦めない。

番組内で、就学前の教育が必要(大切)とのことも話されていたけど、
このblogにも、何回か書いたことがあるとは思うけど、
娘っこはホントにいい保育園、先生方に恵まれて、
ついこないだ、友人と保育士にはホントに感謝しており、
就学前の人格形成は、この時期で、
それなのに保育士は重労働で、それだけ重い責任を負っているのに、
給料が安い。
軽く見られているところが未だ日本にはある。
 これは、たまたま電話で話してた内容だけど、
番組内では貧困家庭についてなわけだから、
就学前の幼稚園、保育園を義務教育にするべきだ、とか、
高齢化に向かう日本なのだから、
子供は親の責任だ、ていう今までの認識を変えなければいけない、
社会で教育、育てていかなければいけない…という意見もあり・・・。
 それって、あてくし、前々から主張していることですけど、
障碍者も家族が看なければいけない、という根深い世の中の認識。
それに似たものがあると感じました。

てぇことは、
あたしゃ、難病患者で娘っことの母子家庭、
超貧困・・・
何重苦なんだ?(苦笑)て、ちょっと笑えた。

話は逸れたけど、
貧困家庭の子供は自己肯定が出来ない、って話を聞いてて、
大学に行く気満々、ちょっとやそっとじゃ諦めない娘っこは大したもんだ、
て思った親ばかの話でした。

でもホントに、就学前の教育や待機児童問題、
保育士さんに対する配慮を、国を挙げてもっとすべきだ、とは思いました。
前に観た違う番組で、定年を過ぎた元気なシニア世代の方が、
ワーカーさんとして、保育園で働いている取り組みを知り、
良いことだなぁ…と思いました。
保育に携わるわけではなく、机を運んで給食の準備をしたり、
本棚の整理をしたり。
で、園児と話したり、遊んだり。
それこそ、就学前教育って、
こぉいった世代間交流もその一つになるんじゃないかなって思う。

ウチの娘っこは、
あてくしの両親が小学校低学年くらいまで、頻繁に行き来してくれたので、
それも、すごく大きく影響してんだろうな・・・と、
改めて両親に感謝する次第です。

 

2017年05月25日

やはり、さすがに…

天候の崩れには、相変わらず勝てないざき母です、
おはようございます。

前回記事、治療を受けた当日の夜はちゃんと眠れまして、
6時間ちょっとで目が覚めたんですけど、
その時は、多少は気持ち悪いとかはあってもしばらくフツーに起きて居られて、
でも急に6時ごろ寝落ち・・・(苦笑(;'∀'))
で、次、目覚めた時は眼振も強く、すごく気持ち悪くて…
その後はだらだらと・・

でも、今さっき、タンシチューが予想外に美味しかったようで、起きたらもうなくて、
継ぎ足し作ってきました(*^^)v


さすがに、この天気の崩れには勝てなかったようです(/ω\)
治療院に行った日の時点でふらつきは強かったんだけど、
天候の崩れによりもっと悪くなりそうで、頑張っていったんだけどな…
残念ながら…ていうか、
当たり前っちゃー当たり前なのかもしれませんが、
数十年に渡る不定愁訴が、そう簡単に改善するわけもなく。
SCDとの解明されない症状もあるわけですし。
でもきっと頚の治療を続けていれば、
天気の影響もこれほど受けずに済むようになるんではないか…と。
微かな希望です。
かと言って、病気が進行することは止めようがないのは分かってるんですけど(笑)
 微か…だけど、漠然とした確かな希望を持って、
ここまでやってこれたような気はしてるんで、
それが今は頚の治療なんだろうと思ってます。

久しぶりに急に話は飛びますが、
今、観ている連続ドラマ3作品の中、
一つは母になる です。
 ホントは先週書こうと思ったんですけども・・・

続きを読む

2017年05月23日

治療院

先ほど西新宿にある治療院に行ってまいりました、ざき母です。
こんばんは。

4月中旬に、虎ノ門にある東京脳神経センターという病院に行って参りまして、
持病そのものが治らないのは承知の上で、
あてくし、天候による不定愁訴が著しく、
日常生活のほとんどがそれらの症状で害されているように思いますので、
ダメ元で頚神経筋症候群の治療を受けてみることにしました。
 初診では、お医者さんにとってはやはり難病であるSCDの方を重視するので、
すごくイヤな対応に感じ、
なかなか再診の予約をしないでいたのですが、
親しい友人に付き添っていただき、
やっと首コリ治療に辿り着きました。
早速、当日にも治療を受けたのですが、
あてくし、目覚めはいつも強い眼振と吐き気で、
薬を飲んで、しばらくしないと動けない状態なのですが、
その翌々日くらいまで、すっきり目覚めることが出来、
わりと元気でした。
もちろん、SCDの症状が無くなることはありませんが、
それらの不定愁訴の症状が重なってしまうと、
ふらつきも大きくなってしまいます。
ですので、完全にふらつきを無くすことは不可能だとしても、
不定愁訴の症状が軽くなれば、ふらつきも軽減するものと思い、
しばらく通ってみることにしました。

何を隠そう、
あてくしもこの病院に通うことにしたのは、
1月末に、娘っこが駅で倒れ、救急車で運ばれ、
その時は、救急の違う病院だったわけですが、
娘っこの今までの諸症状を考慮した上で、
WEB検索した結果、辿り着いたのがこの病院です。
ですので、娘っこの診察に付き添いで行ったのが最初です。
娘っこの診察内容を聞いていて、自分にもイイんじゃないかと。
娘っこは、これと言った病気もなく、薬も飲んでないので、
即、治療に移ることが出来ましたが…
 あてくしの場合、ナニかとSCDが邪魔します。
風邪引いても、インフルエンザでもSCDが障害になり…
過呼吸やめまいや吐き気、動悸で、めちゃめちゃ辛くても、
SCDのことを根掘り葉掘り聞かれます。
大学病院に運ばれようもんなら、医者は珍しいもんだから、
SCDの診察が始まっちゃって、
今、それどころじゃないっつの・・・みたいな。
かかとでもう片方の膝をトントンしろ、とか、
指で鼻を触ってみろ、とかとか・・・。
何十回やらされてることか・・・っていうか今は辛いんだってば!!!
・・・みたいな、あるあるで、ホントうんざりです。
医者にとっては興味津々なんでしょうけど・・・超レアケースですから(苦笑(;'∀'))

そぉゆーわけで、明日の目覚めが、少しでもラクになることを期待しまして。
これから、娘っこが友達から大量にもらってきた
バイト先のタンをシチューにしてみたので、
それ食べて、寝るとします。
時間が戻りますように・・・
仕事に行けますように・・・




livedoor プロフィール
最新コメント