2021年09月19日

こちらゴミ屋敷の現場から

相変わらずの書き出し…
久し振りの更新です。

例年、梅雨の少し前から、半年くらいは体調が悪く、
多少の波はありつつも、ほぼ寝たきりのような日々が続きます。
ここ数年は転ぶ回数が増えてることもあって、
精神的に不安になりやすくはなっているのですが、
世の中的にもコロナ禍で、毎日きこえてくるニュースにも、漠然と不安にさせられてるのかもしれません。
特に、今年は8月中旬くらいから、
けっこう厳しい日々が続いておりまして…
写真の日付は9月9日、
電子レンジやら、トースターを置いてるラックを倒してしまいました💦
IMG_1924

今思えば、投げ出した足まで写してるところが、
途方に暮れてる感をかもし出しています(苦笑)
娘にLINEで助けを求めた時に、撮った写真。
頻繁に転ぶようになっちゃったので、
意識して、立ち上がる時、歩く時には、
何処かに掴まるように心がけたのが、
裏目に出たパティーン…
娘は、タイミング良くLINEに気付いてくれて、
通話に変えた時、
いつか…やるだろうな、やるだろうな…とは思ってたんだけどね…って言いながら泣き出す(笑)
すっかり、弱りきってます。
今までが簡単には泣くことはなかっただけに、
自分でも驚くほど、よく泣くようになりました。
娘は茨城からすぐに来てくれましたが、
すぐに…とは言え、茨城なんで1時間以上は独りでした。
何とか、空のラックだけでも自分で起こし、
数日前は、娘の方から精神的に弱りきって泣きながら夜中に電話して来たので、
娘もろくに食事も出来てないくらいの弱りようで、
結局、娘の彼氏に又もや参上してもらい、
電子レンジ、炊飯器、トースター…バランスを考えてラックに置いてもらいました。

そんなこんなで、台風の前もけっこう体調崩し、
そんなの毎年のことなのに、もう気持ち弱っちゃってるから、
訪問診療に来てもらってる病院に電話したりして、
でも正気に戻って、来てもらったところでどうしようもないことだから、
電話しときながら、謝りながら断って…

昨夜は、久し振りにお笑いライブ配信観て、
笑わせてもらいました(苦笑)

この狭いゴミ屋敷の中で、いつか孤独死するのかなぁ…と、時々ボ〜っと部屋を眺めてます。



a_sakimama at 07:56|PermalinkComments(0)母(晶子、SCD)関連 

2021年08月27日

ツイッターからのコピペを含む


今まで、れいわ新撰組の街宣YouTube Liveは
幾度となく観ているけど、ようやく立憲民主党も定期的にあげていくようです。衆院選を控える中、野党共闘がどこまで実現できるのか、臨時国会が開かれるのか…などなど、やはり野党の明確な言葉、声がYouTubeを通して国民につたえられることは大きいことと思います。

私は、やはり当事者として、
社会保障や福祉、年金や消費税、
子供に対する支援、現在の奨学金における疑問…もっと言えば、高校、大学における異常なまでの学費。
お金さえ払えば、遊びに遊んでポンコツでも大卒として就職出来る教育制度にも疑問を持ってます。
先ず、今はナニよりもコロナ対策。
このチャンネルはチェックしていきたいと思います。
話は飛ぶようで飛ばないと思うのですが、数日前、 コレコレさんのYouTubeで、出会い系サイトで障害者の女性にお金を貸して、全額返金される前に、更に貸して欲しいと言われ困っている男性を取り上げていたのですが、
こぉいった件が起きてしまうのも 、
申請しないことには受給出来るものも出来ない、
行政から手を差し伸べられることはない制度からきていることと思います。
病院と行政が連携していれば、メンタルの病気の方も、行政に把握してもらえる仕組みがあれば、起こらないで済んだ件だったように思います。

実際、娘が受けているあしなが育英会の奨学生の友達に母親がうつ病の子が居て、
とても辛い、大変な思いをしてきた話を聞いているだけに、
お子さんが10歳とのことなので、すごく心配です。
詳しい内容までは分からないけれど、
障害者手帳は持っているとのことだけど、
障害者基礎年金は受給してない様子だったし、
生活保護を受けることは拒否していました。
拒否する理由も、どぉいった背景なのかまでは語られておらず、
コレコレさんへの相談としては、男性の方だったので、
児童手当てが出たら、返す…という返事でした。
児童手当てからって…
何だか、すごく心配させられる内容でした。


a_sakimama at 09:43|PermalinkComments(0)独りゴト 

2021年08月23日

難病


私の病気、脊髄小脳変性症は名前からも分かると思いますがざっくり言えば、
脊髄型と小脳型に、分かれる脳神経難病です。
私が診断を受けた頃は、三種類しか解っていませんてしたが、
今やSCA48まであるみたいです。
この48の型のどれに当てはまるかも、未だ解っていませんし、
実際、私のように小学生で発症し、
50歳を過ぎても、日常生活が可能な方が、
日本に、世界にいらっしゃるのかは分かりません。
興味も無いですし…(苦笑)
多くは、中年以降に発症する方が多いようなので、
その場合、80歳代とかでも歩行可能、会話可能という方もいらっしゃるという話は聞いたことありますが。
とにかく、この病気だけでもこんなに多い型が解明されてきているわけですが、
筋肉系、骨系、循環器系、消化器系…
ものすごく沢山の難病があります。
たぶん…一般の健常者の方よりは、入院で一緒の病棟になったり、多少は学ぼうと思ったこともあるので、
知っている方ではあると思うのですが、
先週のことだったと思います。
YouTubeを開いたら、出てきた動画のタイトルが気になって、見てみました。初めて知りました。
お母さんが、この病気を知って欲しい…という思いで、本を出版され、

その本に書店で出会ったテレビ局のディレクターが、
YouTubeで定期的に、普段の親子の様子を追っているようです。
お母さんは、ブログも書いているとのことです。

産まれてすぐピエロと呼ばれた息子




2021年08月21日

これが最後かもしれない病

時々、ブログのアクセス数を見るのですが、
前回みたのは、かなり前のようで、
前回記事以来、更新が滞っているにも関わらず、
ほほ毎日アクセスがあって、
こんな拙ブログを気に掛けて下さって感謝です。
前記事にも書いた通り、多少の波こそあれ体調をずっと悪くしておりまして、
やはりメンタルも平常には保てません。
そうは言っても、毎日のように信じられないようなニュースがある中、
ニュース記事を引用リツイートしたり、
ツイッターはけっこう投稿して怒って?!ました。
今日、見て怒ってるのは、オリンピック・パラリンピックは強行して、
三重国体の中止…というニュースです。
三重県知事が全うで、県民を守ろうとしているわけですが、
オリンピックは強行されてしまいましたが、
東京都の感染者数、
自宅療養者死亡数、
医療のひっ迫度合い…
ナニをとっても、パラリンピックは中止すべきで、
選手村、各会場をすぐにでもコロナ専用病床にして、
自宅療養者をゼロにすることが、
政府と都知事のすべきことでしょう。
三重国体中止の記事を見て、国民の、高校生の国体は中止して、
感染爆発している東京で、
海外からのパラアスリート、関係者、メディアを呼んで、
平和の祭典もナニも…
自宅療養で数十人も亡くなってるのに。
これは間違いなく、菅政権、小池都知事による大量殺人、人災だと言えるでしょう。
ま、もっともっともっと…怒りは絶えませんが、
オリンピック開催前、多くの方が中止や怒りを
ツイッターデモにしていて、
私もその1人ではあるわけですが、
それでも結局、強行されてしまったわけで、
今の感染者数は間違いなく、オリンピックの影響は否めないと思います。
そして、帰国した選手団、五輪関係者も、
各国で、感染拡大させていることでしょう。
未知のウィルスに対して、余りにも傲慢で愚か過ぎる行為だとしか言いようがありません。
…と、そんなこんなを書きながらも眼振が強いので、
もう…オリンピック前、開催中のようにリツイートするのも止めました。
タイトルにした『これが最後かもしれない病』は、
この病気がどんな病気かを知ってから、
しばしば陥るメンタルで、
今でも何ヶ月、外出してないか分からないけれども、
最近、この病に陥ったのは、
このコロナがインフルエンザ並に落ち着くまで、
私は歩いているだろうか、
喋っているだろうか…
という、ここ数年転ぶ回数が増えてるし、
まともに座ってもいられないような、
体幹弱すぎなので、ふと思ってしまった次第です。
後頭部を強行して、全身が痺れしばらく起き上がれなかった時は、
それこそ、これが最後かもしれない…でした(๑•́ ₃ •̀๑)

2021年06月24日

娘っこ、内定いただきました(^-^)v

実は…言霊を信じて最初の採用試験の前日から、

何回か下書きを繰り返し、
この記事は書いてます(苦笑)
下書きの最初の日付けを見たら、5/22でしたw
以前ツイッターにごらくさんがスーパーカドブラザーズのために作られた応援動画を、
面接に行く前の彼女に見せた。

https://twitter.com/tyougeininzuki/status/1395246353664540672?s=21
(本人が観ている間、カッコいいでしょ⁉️カッコいいでしょ⁉️を繰り返しちゃいけないことを思い知らされた…)


これで、実習を重ねて、
国家試験にまっしぐら受験勉強して、
無事に卒業、就職の運びとなってくれることを祈る。

そしたら取り敢えず、
私はもう良いずらじぇ…
けっこう色々疲れたが…
って、別に消極的になっているわけでも無く、
50を過ぎると、人生振り返るもんで、
もうホントに十分、十分過ぎる人生だとか思ってしまう。
好きな言葉の中に、
時にかなって美しい』って、
以前このブログの記事にも書いたことが何回かあると思うけど…
その『』は自分で選べるわけでもなく、
ただ忍耐して待つしかなかったり、
それは、自分で選んで生まれてきたわけでもないように、
最期もそうなんだとは思う。
それまで、めぐる季節に命あずけて…いつだったか…
たぶんラジオで聞いたと思うんだけど、
佐野さんにとって🌈というキーワードは、 
10代の時に読んだ旧約聖書のノアの方舟で、
大洪水のあとに、方舟から出てきたノアが見た
空にかかった虹🌈が、イメージとのこと。
この曲以外にも、Rainbow in My Soulは、
リリース当時、20歳くらいの私には大きな慰めであり励ましでもあり、支えになりました。
.•*¨*•.,,♬
失くしてしまうたびに
キミは強くなる
輝き続けてる いつまでも
There's a rainbow in my soul.
in my soul,  in my soul, in my soul…

破れた胸のどこかに
輝き続けるrainbow in my soul
幸せの夜明けのために
輝き続けるrainbow in my soul
.•*¨*•.,,♬

3月の武道館コンサートの時、
SOMEDAYとRainbow in My Soulの曲の間ずっと、
あの時もやっぱり…もういい、十分だ
と思いながらずっと涙が止まらなかった。
そう思いながらも、
おおらかな人生を夢見ていたい
あと もう少し



…と、ここまでは5月下旬に何回かに分けて書いたわけですが、続きを読む

2021年06月19日

最後の闘魂 アントニオ猪木氏

数日前から、アントニオ猪木氏のYouTube、
最後の闘魂チャンネルを溯って観ています。
それと同時に古舘さんの動画も。
古舘さんの立板に水とはよく言ったもので、
流暢な名実況で、(古舘さんの実況には必ず知的な笑いを入れる所か大好きだった。
例えば、カナダ出身のブルーザー・ブロディのことを、
動くロッキー山脈と例えたり、
全く異なるような喩えを持ってくる)
私の中学の頃は、ゴールデンタイムに新日本プロレスはテレビでやっていて、
中坊の休み時間は、必ずプロレスごっこだった🤣🤣🤣

当時、男子に生まれたかったなぁ…と思うと同時に、健康失うし💦ものすごい極端な10代。

猪木さんの今の悔しさ…おこがましくも少し分かる気がして辛い。
いや…やっぱり全く分からないか…
猪木さんは、輝かしい実績、
世界に名前を轟かせるほどの格闘技人生。
そして、政界にも進出されている。
私は、人生のほとんどが病気。
これといった一般的な楽しみ、人生は歩めてない。
同じ『悔しい』でも、悔しさの質が違うかもしれない。

そして今ある現状での人格。
すごい‼️ すごいとしか、
どぉしても語彙力の無さが歯痒い限りではあるけども…
あの猪木さんが弱音も含めて、全てをさらけ出して…まさに闘魂 !!!


そうそう弱さって出せない。
情けないとつくづく思うこの頃なのだけど、
私なんかですら、久し振りに電話で話す人には、必死に元気な声を出す。
大丈夫?と聞かれれば、大丈夫じゃなくても大丈夫と答えるし、
最近は、元気とは言えない…って程度には答えられるようになったけど、
それでも、何とかやってる…とか、
病気になるまでのっていうか、
病気になってからも、気持ちが元気な私を知っている人には特に、
今現在をさらけ出せないし、音信不通になってたりする。
ある意味、逃げている。
本当に弱い人間だと思う。
何回か前の記事で、娘っこと電話してる時に泣いたって書いたけど、
辛くて、悲しくて娘っこの前で泣いたのは、
初めてかもしれない。
娘っこも面食らったことだろう。
子育て中は、自分が苦しかったり、体調が辛い理由で、泣いたことはなかったと思う。
弱音は吐くようにしようと、ここ数年は意識しているつもりではいるけど、
猪木さんの動画を観るようになって、
改めて、闘魂を思った。
若い時の、メラメラと、
猪木さんの場合はまさに戦う燃える闘魂だったわけだけど、
現在の猪木さんにも、静かでありながらも、
やはり確実にメラメラと燃えている闘魂を感じる。

私は、もうずっと長い間、『闘病』という概念はなくて、
この病気は強過ぎて勝てっこないから、
戦っても疲れるだけだから、最初から戦わない。
ただ、覚悟を決めて、やると決めたことは必死にやってきた。
病気と戦ってきたわけじゃない。
切っても切り離せない同志。
友達なのか…十字架? 重荷?
ここでも語彙力の無さが出てしまうのだけれども

でも、猪木さんの弱音を含めて、全てをファンにさらけ出す…
闘病ではなく、闘魂。

数十年に渡り思ってきたこと、
今思うことが、改めて浮き彫りにされたような気がする。
こんなに違う人生なのに、
こんなに感じるモノがあるなんて…。

そんなこんなを思うかたわら、
政府、自治体のコロナ対策、五輪。
これこそ情けない


2021年05月21日

感動の若手芸人応援動画


昨日、ツイッターにアップされた動画で、
すごくカッコ良くて、
歌詞と映像のリンクが、実に見事で、
感動の余り…泣いてしまいました😅
 この複雑極まりない、特にコロナ禍の今、
緊急事態宣言が繰り返されたり、延長したり、
あいまいな線引きで、振り回されている芸人さんたち、ライブ主催者さんたち…
それでも夢を追い続ける若者への愛に溢れた応援。
応援という部分では、熱い思いを感じさせてくれるライブ主催者さんもいらっしゃる。
自分の体調の良し悪しや利益優先ではなく、
芸人さんとお客さんのことを優先して思う。

もちろん、豪腕さんの編集技術が見事で素晴らしい仕上がりなわけですけれども、
お笑いが好きで好きで、コツコツと動画編集して上げてきた、
本人たちスーパーカドブラザーズの努力もすごいと改めて思います。
映画評、ゲーム実況などを含めてすごい本数です。

https://twitter.com/tyougeininzuki/status/1395246353664540672?s=21

私の拙ブログに貼ったところで、
拡散にもナニもならないとは思って上げるのは躊躇いましたが、
ホントに、感動したことを伝えたかっただけでも上げたいと思いました。

この豪腕さん作の動画と、
原一男監督とのロングインタビュー動画が思いの外、伸びないのが不思議であり残念…💦




a_sakimama at 15:10|PermalinkComments(0)独りゴト 

2021年05月14日

人災であり犯罪


 今朝、観た動画です。
緊急事態宣言は人災だとは思っていたし、
科学的根拠の無い、あいまいな線引きはホントにヒドイとは思っていましたが、
ここまでヒドイ犯罪とは…
違う動画も参考になります。
最終的には、ナニを信じるか、
如何に行動するかは、
自分次第だとは思います。

情報過多でありつつ、隠蔽や忖度が横行しているわけですから。


a_sakimama at 07:27|PermalinkComments(0)独りゴト 

2021年05月09日

GW中の緊急事態宣言


ホントに…イカれてる緊急事態宣言。
そして…こちらもイカれてる様子をコントに👏👏👏

素晴らしい108(煩悩)ニュース👍

a_sakimama at 12:47|PermalinkComments(0)独りゴト 

2021年05月06日

今頃…のソウルフル・ワールド

Disney+が初月無料とのこともあって、
前々から入会しようとは思ってたのですが、
今頃?って気がしないでもないですけど…
5月に入ってから入会、最初に観たのは、すごく映画評などでも絶賛されていたのもあって、
ソウルフル・ワールドを観ました。
IMG_1765

自分の人生と重ねると、悲しい…とかゆー訳でもなく、
多くの場面で涙が溢れて来て…
そんなシーンが多すぎるし、
たぶんっていうか、絶対に伝わらない気がするので、
(ただ単に、語彙力がないだけではありますが)
私の人生に関わることで感じたことは、全てカットしようと思いますが、
終盤で、ジョーが22番に自分の通行証を渡して、
自分より、22番に人生を楽しんで来て欲しい…というシーンだけ、
感じたことを少し書こうと思います。
私は何年前からか…娘っこに、
お母さんが見られなかった景色を、あんたには見て欲しい‼ってことを何回となく言って来ました。
何年か前のNHK朝ドラで、母親役の小泉今日子さんが、娘に言っていた言葉でもあります。
でもそれは、アイドルを夢見て破れたお母さんが、
娘の夢を応援する言葉です。
  私が見られなかった景色なんて、
健康で一般的な家庭で育った人なら、
ごくフツーの日常、すっごい当然にあることです。
真っ直ぐ歩く、ピザが美味しい、木漏れ日が眩しい、手のひらに舞い落ちてくる落ち葉。
これは、映画の中であった場面ですが、
私の見られなかった景色なんて、そんなもんで(ピザは何回も食べてますがwww)、
娘にはそれらをフツーに、当たり前に経験して欲しいって思いで、何回か言ったことがあります。
だから、空手、スイミング、ピアノを習わせたし、
高校、大学受験の時に、応援の意味で繰り返し言った気がします。
私は、中2でピアノを止めざるを得なかったし、
高校は、1年入院してたので年下の同級生、
おまけに殆ど行けてないし、
大学も行けませんでした。
高校も、ろくに行けてないんだから、
大学に行けないのは、今思えば至極当然なわけですが、
悔しいですね〜…未だに悔しい。
ま、でも得られたモノ、経験出来たことも多くあるわけで、
意外と、それは貴重だったりするとも思ってるので、
決して悲観的になってるわけではありませんが。

そして、生きてさえいれば何らかの経験がもう少し出来ると思います。
体調不良が続いてしまい、メンタルが弱らなければ、楽しみに思えます。

短めの内容なので、それほど日にちを空けることなく更新出来ました('ω'○)マルー

2021年05月04日

ラッキー☆素山さん


…57歳だったんだね🤣🤣🤣
私より年上だったのね

a_sakimama at 12:19|PermalinkComments(0)独りゴト 

半年以上!?振りの更新

このブログは、子育て日記カテゴリなので…
って言い訳になってるかどうかも分からない、
っていうか、そもそも言い訳しなくても良い気もするんですけど…
ただ単に、パソコンを開く機会がめっきりと減り、
長文になりがちなブログは更新することも無くなってしまったというだけのことです。
で、この約半年は横になっている時間が多くなってしまったので、
ツイッターを利用していました。
私にとっては、けっこう色んな意味で大きな流れの半年でした。

子育て日記らしく、可愛い可愛い娘っこのことを先ず書きますと、
お陰様で、この4月から大学4年生。
5月には、2ヶ所の病院の採用試験を予定していたけど、
バカげた緊急事態宣言に翻弄されているご様子。
大学に行っていない私は、さっぱり分からないことだらけなわけですけど、
採用試験の後、数々の実習を経験した上で、
後期に、国家試験を受ける流れのようです。
 コロナ禍のせいもあり、採用試験と実習の間は2週間空けないといけないらしく、
病院によっては、Webでの採用試験もあるようです。
なので夏休みも無いとのこと。

ここからは独り言カテゴリ…ということで自分のことを少々。
少々にならないかもしれないけども('◇')ゞ

続きを読む

a_sakimama at 07:09|PermalinkComments(0)咲希関連 | 独りゴト

2020年08月17日

今日も是非知っていただきたいと思いまして

今日も私自身、体調がよくないので、
動画を貼るだけのような内容になりますが、
現在、政府やマスコミで報道されていることとは大きく異なる
京都大学大学院教授、上久保靖彦先生のお話を聞いていただき、
皆さん、お一人お一人で判断していただきたいと思い、
肩書だけで招集しているような専門科会議、
それに頼り切り、他の明確な助言を無視し国民を不安なだけにする政府、
それをそのまま伝えるマスコミ。

私は、既存の難病があるので長いことステイホームではありますが、
国民の多くの皆さんは、不安にだけされ、
大切な2020年の夏を失ってしまったのかもしれません。
私は既存の難病があるから・・・と言いましたが、
多くのフェイクニュースに惑わされ、
当然、娘っこのことが自分よりも大事ですし、
かけがえのない二十歳の夏が奪われてしまったのかもしれません。
私もストレスが症状に影響することは否めないとも思いますし…
 私は、娘っこには自分の見れなかった景色を見て欲しい、
謳歌して欲しいと思いながら育ててきたわけだけど、
二十歳の夏に限っては、Vancouverに1年半行かせてもらってた私の方が、
謳歌していたのかも知れない…
 でも、これが間違った問題認識、政府やマスコミの誘導であり、
人災かと思うと、残念でならない。




a_sakimama at 11:52|PermalinkComments(0)独りゴト 

2020年08月16日

私ごときが書いても意味はないかもしれないとは思いつつ




先月10日付けの動画で今更感が極まりないし、
私のブログなんてアクセス数は少ないわけだし、
自分の体調優先してろよっ!て自分ツッコミしてるところではあるけど、
最近、観ている動画で思うことは、
私たちはかなりマズイ状態に居て、
フェイクニュースだけを刷り込まれているんじゃないか・・・
テレビや新聞で報道されていることは、かなりトンチンカンで、
自分のことより、これからの子供たちのことを思うと、
どぉしても、この動画は貼りたくなった。
 ホントに、私なんかのブログに貼ったところで大したことはない、
今までも、散々思わされてきたように、
民主主義は数の力、資本主義のこの国で、
弱者が幾ら声を上げたところで、もう疲れ切るだけで、
世界は何も変わらずに回り続けるだけだ…と思いつつ。







a_sakimama at 16:44|PermalinkComments(0)独りゴト 

2020年08月15日

テレビ、新聞、マスメディアの報道



これは昨夜、観た動画。

私は朝の時間帯のワイドショーで、観る時間が合った時は、
立川志らく師匠がMCを務めるグッとラック!を観ている。
何日前か覚えていないけど、橋下徹氏がゲストで、
同じ時間帯にやっているテレ朝のモーニングショーの報道の在り方を語り、
モーニングショーを連呼していた。
そして、今日たまたま観た動画がこれ。

 なんだかなぁ・・・と思う。



惑わすための報道?



a_sakimama at 19:18|PermalinkComments(0)独りゴト 

2020年07月20日

『死』

 望んで なったわけじゃない病気で亡くなる方、
思いがけない事故で、急死される方、
自然災害で亡くなる方、
寿命を迎えて老衰で亡くなる方。
どんな形であれ、『死』であることには変わりないわけで、
生きてきた以上、遺された側は必ず惜しむ。
その方の生き方によっては、悲しみは大きくなる。

私は、10代そこそこで死を意識し、
20歳前には、生きる価値を見い出すことが出来たから、
手探りながらも、何とかここまで生かされている。
正直、死にたいと思うことは、多分かなりの頻度である。

それはきっと、見い出せたと思っていた価値があやふやになってきているからだとは思う。
歳を取ったせいでもあるかもしれない。
もういいだろう、もう十分だと・・・

でも、自ら死を選ばないのは、
一番は、自分だけの身体じゃない、
自分だけで頑張って生きているわけじゃない。
後は、親より先に死んじゃいけない。
今まで頑張ってきた自分が可哀想…etc.

そして自ら死を選ぶということは、
存在していた以上、親しくしていた仲間や、
人によるとは思うけど、少なくとも人によるとは思うけど、
多かれ少なかれ出会った人は必ずいる。
自殺を選んだ人を責めているわけじゃない。
人それぞれ、千差万別、
悩みも違えば、感受性などその人自身が元々持つ性質によるのかもしれない。
 ただ、ただ・・・遺された人たちが、
目を腫らし、真っ赤な目で叫ぶように泣いているところや、
あんなに親しくしてたのに、近かったのに、
どうして気付いてやれなかったんだろう、
声を掛けてやれなかったんだろう、
聞いてやれなかったんだろう、
言ってくれなかったんだろう・・・
などなど、残された人たちが、自分を責める声を聞けば聞くほど、
なんとも切ない、やり切れない気持ちでいっぱいになる。
愛していれば愛しているほど、
一生、傷みとして抱え続けることになるのかもしれない。



感情論ではなく、違った角度から自殺対策を考察されていると思った動画。

全く話は変わるけども・・・
GoTo Travelキャンペーン?だったかな・・・
正確な名前はよく知らないけども、
あれは・・・人災にはならないだろうか。
まぁ、感染と暴露の違いで、
PCR検査では、暴露の段階で陽性と拾ってしまう、という見解もあり、
日々、陽性率だけを発表するのは、
意味がないとまでは言わなくても、正しい情報の伝え方とも言えないらしいが。






2020年06月25日

ヘアカラーで悩む…

昨日…たぶん1年以上振りに、ヘアカットだけのつもりで行った美容室で、
1年以上なわけだから、もう見事な白髪アタマで、
カラーはもういっかぁ…でもなぁ…とかなり迷った末に、
とりあえず、今日やってみた感じで又悩もう、と思い全体染めしてみました。
そこで…又、悩み出したのは、今後ナニで染めていこうか。
1個、買い置きしていた市販のカラーリング剤があるわけだけど、
市販のカラーリング剤は、頭皮、髪を傷める…とのこと。
そこでカラートリートメントを検討中。
今、検討中なのはカラーの仕方と、毛穴ケア。

急に話は変わりますが…
某局の某恋愛ドラマで、

10年掛けて、右肩下がりなんて耐えられない‼️
こんなことなら、余命3ヶ月って言われた方がよっぽど良かった‼️

これは、あくまでフィクションの恋愛ドラマなので、
健康な方々が、感動する場面なのだと思われます。
私は思わず、40年前にそう思ってたなぁと懐かしく思う程度。
そして、これからは老化も加速して更なる右肩下がりが予想されるわけで…
恋愛などは出来るわけもなく、でも白髪アタマからそんなことを思う自分は、間違いなく変人なわけでして😅

いつだったか…お母さんも髪染めて、ちゃんと化粧すれば、未だイケるんだから…って言ってた娘の言葉に、
いやいや…イケたとしても外出ること無いし…みたいな、人生諦めムード。

娘っこも含め、最近、恋愛中の若い人の話を聞く機会があり、
私自身は、結婚も失敗してるわけだし、若い頃は恋愛どころではなく、
結局、自分は恋愛経験をしたことが無い…と自覚。
好きな人が出来ても、病気のことがあるから、自分から引かなきゃいけないと思ってたし、
アプローチしてくる人が居ても、気付かないフリとか、嫌われるように自分から持ってく…とかとか。
とにかく、ちゃんとお付き合いした経験が無い。
やっと、大丈夫かも…って信じた結果、やっぱりダメだと、
傷つき方がハンパ無いと思うし。

ヘアケアから毛穴ケア…そんなことから話が広がって、
結局、私は変人ってことだけのブログでした😅




2020年04月30日

この世界を信じたい

国などの大きな単位でのスピード感が遅いのは否めないけれど、
中小、個々にアイディアを持ち寄って、
助け合う強さ、絆、器用…というのか、我慢も含めて、
今、自分に出来ることを熟慮し行動に移す逞しさは、
幾つもの災害…地震や台風などを乗り越えてきた智慧、教訓なのでしょう。
一部、理解出来ない人はいつの時も必ず出てきてしまうけれど、
数日前に聞いたニュースでは、疲弊する医療従事者に食品メーカーが食品を提供し、普段、食品を扱う宅配業者がそれを細心の注意、消毒やソーシャルディスタンスをしっかり守りながら、行っている。
日頃、異業種と思うような企業が智慧を絞って思いもかけないようなことを興している。
前回、記事にした教育に関しては、
某塾が年内無料でonline授業を始めていたり、
娘っこから聞いたばかりの話なのですが、
学校を通さずに、応募で人数は限られているとのことだけど、
学費の支援をする団体もあるとのこと。
そして、サッカー選手の長友さんがひとり親に向けてのプロジェクトを始めている。
今stay homeが長く続いている中、
虐待、貧困の懸念もあり、
少しでも余裕が持てれば、避けることが出来ることも出てくるかも知れない。
そして、これも娘っこの友達から聞いた話で、
在日外国人、帰国出来ない外国人コミュニティで食料品などの配布もしているとのこと。

1人では大きなことは出来なくても、
智慧を持ち寄り、助け合う姿勢は美しい。

多額であれ少額であれ、寄付を思う所の団体にすること。
自分が出来る表現を模索すること。
協力を求めること。
色々な形があって、それぞれ素晴らしい。

私に出来ることはナニ?
あなたに出来ることはナニ?
特にコレといってナニも出来なくても、
ここに居ること、
元気でいることなのかも知れない。

いつか…何ヶ月か前の話で、
今回の件とは全く関係ないのだけれども、
限界はいつもあって、出来ないことだらけかも知れないけれども、
その限られた中で、何とかしようと、折り合いを付けてきた考えるアタマはある…
と、母娘で話し合ったことがあった。







a_sakimama at 22:27|PermalinkComments(0)独りゴト 

2020年04月29日

この世界を信じたい

2月の初め頃から、日毎に深刻さを増すCOVID-19 ニュース…
こんなに月日は過ぎても、目覚めはいつも夢か現実かを確かめている自分が居る。

いつ、どこで、どんな風に、いつまで?…という思いを抱えながら、
どうにかここまで40年以上かけてたどり着いた。
それは脊髄小脳変性症という進行性の難病による私個人の、どうやら劣勢遺伝の孤発性のようなので私だけの人生だけど、
今は世の中が、世界中が、
いつ、何処で、いつまで…という先が見えない日々。
自身の病気も、季節の変わり目であるせいもあり、日々、体調の波は激しい上に、
入ってくるニュースは、コロナを巡る過酷な医療現場、訃報、理解に苦しむ所が多過ぎる政治、自粛要請続きで荒んでゆく人々。
さすがに神経(精神)もやられてしまいそうな日々。
私は十分もうイカれてるとは思うけど。

それでも今は協力しようと平常心を必死に保ち、個々に出来ることを出来る限りしている人々も居れば、
お構い無しに、自分の趣味を優先したりヒマを持て余して街に繰り出す人々…
信じ難いことに、医療従事者やそれを支える家族、仕事、命を掛けてライフラインを支えてくださっている多くの物流に携わる方々に、誹謗中傷を浴びせる人々…
こういった非常時に人格は曝け出される。


娘っこも二十歳を過ぎ、このまま大学の卒業、就職…何事もなかったように迎えて欲しい。
娘っこは私の前では口にはしないけど、小さい頃から、
人によっては、自分の母親の病気を興味本位で聞かれたり、
逆に、お母さんの手伝いを早く出来るようになってね、頑張ってね、お母さんを助けるんだよ…と周囲に言われてずっと育ってきたと思う。
別に悪意ではなく、善意で言ってくれてるんだと思う。
軽い気持ちで声をかけてくれてるんだと思う。

現在の状況にならずとも、日本が先進国であるならば、教育制度をもっと早くから充実させて頂きたかったものだけど、
あしなが育英会が政府より早く動いてくださって、奨学生に15万円の返済無しの給付をして下さった。
各学校でも、相応の支援をしている学校もあると思う。
(パチンコ屋の公表もいいけど、
早くから学生への対応をしている学校も、公表されたし。)
全国の学生さん、この国の未来を担う学生さんが十分な教育を受けられますように。
そして愛しい者同士が、きっと何処かで会えますように。

そして、これがナニかの…ナニかの怒り、もしくは試みなら、どうか早く鎮まりますように。


この先いつまでこの状況が続くのか分かりません。これから奨学生になりたい、学びたいと願う子供たちに、
あしなが育英会への募金をお願いします。



2020年01月24日

娘っこ、二十歳

成人式は19歳で迎え、
明日が二十歳の誕生日です❣
今週は看護の実習で、最終日が誕生日。
………感慨無量です。
私自身も確かに頑張ってきたとは思いますが、
娘っこも、しなくていい苦労をいっぱいさせて、
それでも一つ一つ階段を昇り、
横道に逸れることもなく、頑張ってくれたと、
今も、頑張り続けてくれてることを誇りに思います。
私は、若い頃に発達心理学かなんかで読んだ、
子供ではない、小さい人間だ。
意識して子育てしたつもりです。
一歳の時は一歳の目線で、
数を数えることや、言葉を覚えること…
一緒にずっこけたり、泣いたり、笑ったり。
自分のことでは泣くことができなくなってしまった私も、
印象深いのは、やはり反抗期。
でも反抗する時に、ちゃんと反抗させなくちゃ、当たらせなくちゃとも思い、
私も辛くて一緒に泣いた。
最近で言えば、大学に入学し茨城に行って、父親と同居してからしばらくのことだから、
たぶんギリギリまで我慢してのことだと思うのだけど、
泣きながら電話してきて、自分の居場所がない…って。
そんな環境にしてしまったのは、私のせいだし、やっぱり一緒に泣いた。
でも、私の好きな言葉や歌詞を引き合いにしたりして、
吐き出したら、少しはラクになってくれたと思う。
今も、学校とバイトで、いっぱいいっぱいの生活だと思うけど、
確実に看護師目指して頑張ってる。
これからはもっと具体的な実習や、国家資格試験に向けて、
新たなプレッシャーを感じているだろう。
大学に行くときも、別にお願いして大学行ってもらうとかじゃないんだから、
行かなくてもいいよ、って言ったけど、
今度は無理して、看護師にならなきゃいけないみたいに思わせないように、
そうは言っても、言葉の端々に期待が出ちゃってるとは思うのだけど、
気を付けなきゃなぁ…と思っている今日この頃。

私自身は2週間くらい体調不良が続いて、異常なほどに寝てたわけですが、
いつものパターンで、今日は昨日から丸1日以上寝れない…
これも、ナニをしたらいいか、どの程度したらまた体調崩すのか…難しいところです…
とりあえず、洗濯と、ずーっと出来なかったディズニー・ツムツムをやりました(苦笑)

成人式の時に写真はNG出されてしまったけど、
これくらいは大丈夫かと…アップにした髪✨

IMG_0664



プロフィール

咲希ママ

最新コメント