JFL前期第7節 05/05/03 13時キックオフ@江戸川

佐川急便東京SC 0−1 FCホリコシ

【得点者】
ホ:アマラオ(87分)

【スタメン】
<佐川東京>−−−−−−−− <ホリコシ>−−−−−−−−
−−−−−堀−−大久保−−− −−−−アマラオ−−森−−−−−
−−−−−−山本−−−−−− −−斉藤−−−−−−平間−−
池田−−山根−−熊谷−−井上 −−−−川股−−矢部−−−−
−−冨山−−鈴木−−伊藤−− 深田−−照井−−山田智−樋口
−−−−−−佐野−−−−−− −−−−−−鏑木−−−−−−

【交代】
東:山本→小幡(60分)、堀→竹谷(68分)
ホ:森→浅野(60分)、川股→阿部(72分)

今年初のJFL。なんといっても見たいのはホリコシ。アマラオはもちろんのこと、2年前のア式キャプテン山田さんを是非とも見たい! と思って江戸川に駆けつけるも、メンバー外。最近徐々に出場機会を失っていってたので予感はあったものの、残念だった。で、周りはアマサポだらけ。

試合はどちらかといえば佐川東京ペース。横浜FCにいた長身の大久保と、ユニバー代表だった堀のツートップは知名度なら凄い。ただ、大久保のヘディングの強さとか足元の柔らかさは多少目立ってたけど、二人ともあまり仕事はできてなかったね。というわけで両者ともあまり攻撃の形は作れず。アマラオもたまにヘッドは見せるものの、年齢には勝てないのかかなりの衰えが目立つ。

後半、ホリコシに登場したのは浅野大地。そう、ガンバユースで昇格が相当に期待されつつも結局進学した選手である。近大に行ってたはずが、なぜか途中でやめてホリコシに来たとのこと。やっぱ技術面では他の選手とは一線を画するものがある。裏へ抜けるスピードもいい。それでも決定機は作れないホリコシ。逆に佐川東京小幡が決定的なシュートを放つもキーパー鏑木セーブ。

試合も終了に近づいて、「これはアマあるよあるよ!」「ホンマにあんのか?」みたいな流れになってきたそのとき、エリア内でドリブルを仕掛けた平間が倒されてホリコシがPK獲得。早くも場内に沸き起こるアマラオコール。もちろん蹴るのはアマラオ。で、決めちゃいました。うまいこといきすぎってな感じで試合は終了。そして久々に見る「ショア!」。

LA EDOGAWAでショア!!本日の動画

アマゴール
ショア!