<競馬> 真実の瞬間を見極めるブログ ~ラップ・血統・傾向データなどを中心とした考察~

様々なファクター(時計・ラップ、血統、調教、枠順、騎手、厩舎、生産者、トラックバイアス、胴元・陣営の思惑等)からの考察を進め、そのレースにおけるゴールの瞬間、そう、「真実の瞬間」を見極めます。少しでも読んで頂いた方の馬券のヒントになれば幸いです。

<当ブログの考え方>

まず私がこうしてブログを書いている理由は、競馬に対する考え方いわゆる結論を
導き出すプロセスとして、様々な方法があるわけですが、その部分をあぁこんな
考え方もあるんだという事で多少でも参考になればとの思いから書いており、
最終の予想(印)はあくまで「おまけ」でしかありません。

よって、私は「考察」部分に時間を費やし、あえてこの部分で出来るだけ、
いろいろな視点から書くように意識をしております。

そしてその結論を出す作業というのは、やはり各個人の世界であって、良識を
お持ちの方であれば、ご納得頂けると思いますが、馬券はあくまで自己責任の
世界だという事です。

自分で考えるからこそ、的中した時の喜びは大きく、競馬は面白いんです。

声を大にして言いたい事。

私は、その部分を押し付けようなんて更々ありません!
勝手に他人の印を見て、馬券買って、外れたからって、いちいちくだらない事を
書くのはやめましょう。(笑)

当ブログは、あくまで自分の主観であって、様々な考え方のプロセスを提供する
ブログであり、結果として各個人が馬券を買い、外れても責任は持てませんし、
異論・苦情等は一切お断りをしております。

これにご同意やご理解が頂けないという方は、きっと当ブログには合わないと
思いますので、当ブログへの出入りはご遠慮頂きますようお願い申し上げます。

それでは、宜しくお願い致します。

帝王賞 2016 ~予想~



前回の考察でも触れましたが、大井の大箱勝負という事で、
基本的には波乱がなく、実力通りの結果となりやすいレースと
いうのが、この帝王賞というレース。

2015年 1・4・5番人気決着
2014年 3・1・5番人気決着
2013年 3・1・4番人気決着
2012年 2・1・3番人気決着
2011年 1・2・3番人気決着

2010年 5・4・9番人気決着
2009年 1・2・4番人気決着
2008年 1・3・4番人気決着
2007年 5・1・3番人気決着
2006年 2・1・5番人気決着


ご覧のように過去10年分を拾ってみましたが、荒れたのは2010年のみ。

この10年に1度起こるか起こらないのかに賭けるというのもギャンブル
なんでアリなんですが、私は以前からもう何度も言っていますが、そんな
針の穴を通すような事はしない主義なんで、やはり馬券は5番人気以内
の並べ替えだと思っています。(10年中9年が5番人気以内馬による決着

続いて時計及びラップ面からの話。

<近5年分の帝王賞>

◆2015年(良)

12.3 - 11.4 - 11.5 - 12.6 - 12.1 - 12.0 - 12.1 - 12.8 - 12.5 - 13.4

12.3 - 23.7 - 35.2 - 47.8 - 59.9 - 71.9 - 84.0 - 96.8 - 109.3 - 122.7 (35.2-38.7)


◆2014年(不良)

12.7 - 11.9 - 12.4 - 13.1 - 12.2 - 12.7 - 12.5 - 12.4 - 11.5 - 12.1

12.7 - 24.6 - 37.0 - 50.1 - 62.3 - 75.0 - 87.5 - 99.9 - 111.4 - 123.5 (37.0-36.0)


◆2013年(不良)

12.6 - 11.8 - 12.8 - 12.9 - 12.3 - 11.9 - 11.9 - 12.3 - 11.9 - 12.6

12.6 - 24.4 - 37.2 - 50.1 - 62.4 - 74.3 - 86.2 - 98.5 - 110.4 - 123.0 (37.2-36.8)


◆2012年(良)

12.5 - 11.4 - 12.1 - 13.0 - 12.6 - 12.5 - 12.4 - 12.9 - 11.8 - 11.8

12.5 - 23.9 - 36.0 - 49.0 - 61.6 - 74.1 - 86.5 - 99.4 - 111.2 - 123.0 (36.0-36.5)


◆2011年(良)

12.2 - 11.0 - 12.0 - 12.3 - 12.3 - 12.6 - 12.7 - 12.6 - 11.3 - 12.1

12.2 - 23.2 - 35.2 - 47.5 - 59.8 - 72.4 - 85.1 - 97.7 - 109.0 - 121.1 (35.2-36.0)


<コパノリッキー 大井D2000m戦の成績>

◆2015年東京大賞典(良) 4着

12.6 - 11.9 - 12.2 - 12.5 - 12.1 - 11.9 - 12.0 - 12.6 - 12.3 - 12.9

12.6 - 24.5 - 36.7 - 49.2 - 61.3 - 73.2 - 85.2 - 97.8 - 110.1 - 123.0 (36.7-37.8)


◆2015年JBCクラシック(不良) 1着

12.6 - 11.7 - 12.5 - 13.2 - 12.7 - 12.4 - 12.3 - 12.1 - 11.8 - 13.1

12.6 - 24.3 - 36.8 - 50.0 - 62.7 - 75.1 - 87.4 - 99.5 - 111.3 - 124.4 (36.8-37.0)

◆2014年東京大賞典(重) 2着

12.3 - 11.6 - 12.4 - 13.0 - 12.4 - 12.0 - 12.3 - 12.7 - 11.7 - 12.6

12.3 - 23.9 - 36.3 - 49.3 - 61.7 - 73.7 - 86.0 - 98.7 - 110.4 - 123.0 (36.3-37.0) 


◆2014年帝王賞(不良) 2着

12.7 - 11.9 - 12.4 - 13.1 - 12.2 - 12.7 - 12.5 - 12.4 - 11.5 - 12.1

12.7 - 24.6 - 37.0 - 50.1 - 62.3 - 75.0 - 87.5 - 99.9 - 111.4 - 123.5 (37.0-36.0)


もう詳しくは書きません。自分はコパノリッキー無印でいきます。

クリソライトが希望した通りの外枠を引き、外から被されることを
嫌うコパノリッキーもこの枠であれば行くしかない。

アスカノロマンだって近走を見る限り、スタートさえ決まれば
楽に前につけられる馬。これにホッコータルマエだって黙って指を
くわえているとは考えにくい。

更に馬場は渋った馬場で、前が止まらないという騎手心理も働き、
ペースは淀みなく流れるはず。

そうなると日本テレビ盃のような展開で、コパノリッキーを買うくらい
ならば、スタミナに自信のあるクリソライトを上としたい。

前置きが長くなりましたが、それでは予想です。

◎サウンドトゥルー

▲ノンコノユメ
注アスカノロマン

△クリソライト ・・・ 実際に買うかどうかは微妙

の答えは、つぶやきコメントにて紹介しておきます。


↓↓↓↓↓ つぶやきコメント掲載中(1日1クリック、応援、宜しくお願いします。

競馬 ブログランキングへ
 



上記「競馬ブログランキング」のタグをクリックすると、ランキングが
表示されます。その後、当ブログの順位欄(現在、300位前後)を確認
して頂くと、以下のような紹介文があります。

2014y10m04d_165658561

ご覧のように、こちらの紹介文にて、つぶやきコメントを掲載しています。
今後は、不定期にてこちらのコメントも更新していきます。



以上、今回はここまで。ではでは。


(↓↓↓↓↓ 1日1クリック、応援、宜しくお願いします。


帝王賞 2016 ~的中へのヒント1~



宝塚記念の負けはココで取り返したい。

では、早速ですが考察を進めます。

昨年の考察でも触れましたが、このレース、上り1位馬が圧倒的に強いレース。

2009年 1着ヴァーミリアン 上り1位
2010年 1着フリオーソ 上り1位
2011年 1着スマートファルコン 上り1位
2012年 1着ゴルトブリッツ 上り1位
2013年 1着ホッコータルマエ 上り1位
2014年 1着ワンダーアキュート 上り1位
2015年 1着ホッコータルマエ 上り4位

結局、大井の大箱勝負+中央馬数頭による戦い(地方馬も参戦するが、
直線手前で地方馬は脱落)なんで、差し遅れが少ないレースだという事。
※中央のレースのように、多頭数競馬で馬群を捌く必要もない。

そうなると、本命はノンコノユメかサウンドトゥルー。

私の本命馬は・・・。

の答えは、つぶやきコメントにて紹介しておきます。


↓↓↓↓↓ つぶやきコメント掲載中(1日1クリック、応援、宜しくお願いします。

競馬 ブログランキングへ
 



上記「競馬ブログランキング」のタグをクリックすると、ランキングが
表示されます。その後、当ブログの順位欄(現在、300位前後)を確認
して頂くと、以下のような紹介文があります。

2014y10m04d_165658561

ご覧のように、こちらの紹介文にて、つぶやきコメントを掲載しています。
今後は、不定期にてこちらのコメントも更新していきます。



以上、今回はここまで。ではでは。


(↓↓↓↓↓ 1日1クリック、応援、宜しくお願いします。


宝塚記念 2016 ~予想~



では予想です。

◎ドゥラメンテ
○(夢)
▲シュヴァルグラン

△1・2・3・7・8・11・15・16

の答えは、つぶやきコメントにて紹介しておきます。


↓↓↓↓↓ つぶやきコメント掲載中(1日1クリック、応援、宜しくお願いします。

競馬 ブログランキングへ
 



上記「競馬ブログランキング」のタグをクリックすると、ランキングが
表示されます。その後、当ブログの順位欄(現在、300位前後)を確認
して頂くと、以下のような紹介文があります。

2014y10m04d_165658561

ご覧のように、こちらの紹介文にて、つぶやきコメントを掲載しています。
今後は、不定期にてこちらのコメントも更新していきます。



本命は、ドゥラメンテ。

同馬については、当ブログでもすでに何度も触れた為、もうこれ以上の
事は書きません。同馬の実力を素直に評価します。

対抗は、馬。

阪神芝2200m戦(内回り)という非根幹距離でのある種、特異舞台で
行われる宝塚記念。

しかも今年は、非常に混戦の雰囲気(ドゥラを除いて)もあって、馬個体の
能力、単純比較では到底納まりそうにありません。

そんな今年の宝塚記念なんで、人気の盲点だと言っても過言ではない
馬は、本当に面白い存在かと考えました。

<阪神芝2200m戦の成績(ベスト10)>


◆調教師別集計
  集計期間:2011. 2.27 ~ 2016. 6.12
  ソート:着別度数順
----------------------------------------------------------------
調教師        着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
----------------------------------------------------------------
(栗)角居勝彦  6- 3- 2-14/25   24.0%  36.0%  44.0%    178    114 
(栗)池江泰寿  3- 4- 3-17/27   11.1%  25.9%  37.0%     70     94 
(栗)須貝尚介  3- 1- 0-11/15   20.0%  26.7%  26.7%     52     40 
(栗)中村均    3- 0- 0-25/28   10.7%  10.7%  10.7%     82     25 
(栗)本田優    2- 3- 1-14/20   10.0%  25.0%  30.0%     83    115 
(栗)村山明    2- 2- 5-13/22    9.1%  18.2%  40.9%     23     80 
(栗)友道康夫  2- 2- 2- 9/15   13.3%  26.7%  40.0%     27     95 
(栗)音無秀孝  2- 2- 2-12/18   11.1%  22.2%  33.3%    190    111 
(栗)沖芳夫    2- 1- 2- 7/12   16.7%  25.0%  41.7%     43     45 
(栗)川村禎彦  2- 1- 1-15/19   10.5%  15.8%  21.1%    185     64 
----------------------------------------------------------------

◆騎手別集計
  集計期間:2011. 2.27 ~ 2016. 6.12
  ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------
騎手      着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
------------------------------------------------------------
武豊      9- 6- 1-16/32   28.1%  46.9%  50.0%    137    129 
川田将雅  8- 4- 3-18/33   24.2%  36.4%  45.5%    206    109 
岩田康誠  6- 8- 4-23/41   14.6%  34.1%  43.9%     96     81 
小牧太    4- 3- 3-19/29   13.8%  24.1%  34.5%    125     77 
福永祐一  4- 1- 7-19/31   12.9%  16.1%  38.7%     60     92 
浜中俊    3- 6- 7-29/45    6.7%  20.0%  35.6%     32     90 
和田竜二  3- 2- 5-29/39    7.7%  12.8%  25.6%     28     43 
藤岡佑介  2- 2- 0-17/21    9.5%  19.0%  19.0%     73     63 
M.デム  2- 1- 4-10/17   11.8%  17.6%  41.2%     22     72 
池添謙一  2- 1- 3-13/19   10.5%  15.8%  31.6%     77    185 
------------------------------------------------------------

<阪神芝2000m or 2200m戦の重賞成績(ベスト10)>

◆調教師別集計
  集計期間:2011. 4. 3 ~ 2016. 6.12
  ソート:着別度数順
----------------------------------------------------------------
調教師        着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
----------------------------------------------------------------
(栗)池江泰寿  6- 1- 3-14/24   25.0%  29.2%  41.7%    125     89 
(栗)角居勝彦  5- 2- 2- 8/17   29.4%  41.2%  52.9%    137    117 
(栗)石坂正    2- 2- 1- 6/11   18.2%  36.4%  45.5%    189    170 
(栗)佐々木晶  2- 1- 2- 3/ 8   25.0%  37.5%  62.5%    200     76 
(栗)須貝尚介  2- 1- 0- 3/ 6   33.3%  50.0%  50.0%     93     83 
(栗)音無秀孝  2- 0- 0-12/14   14.3%  14.3%  14.3%     47     20 
(栗)梅田智之  1- 2- 1- 2/ 6   16.7%  50.0%  66.7%    150    121 
(栗)松田博資  1- 1- 0- 8/10   10.0%  20.0%  20.0%    124     56 
(栗)清水久詞  1- 1- 0- 3/ 5   20.0%  40.0%  40.0%    232    118 
(栗)昆貢      1- 1- 0- 1/ 3   33.3%  66.7%  66.7%    123    170 
----------------------------------------------------------------

◆騎手別集計
  集計期間:2011. 4. 3 ~ 2016. 6.12
  ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------
騎手      着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
------------------------------------------------------------
川田将雅  3- 1- 0-15/19   15.8%  21.1%  21.1%    160     75 
ルメール  3- 0- 0- 3/ 6   50.0%  50.0%  50.0%    595    138 
武豊      2- 2- 1-13/18   11.1%  22.2%  27.8%     77     45 
福永祐一  2- 1- 3-10/16   12.5%  18.8%  37.5%     35    140 
池添謙一  2- 1- 2-10/15   13.3%  20.0%  33.3%     29    194 
横山典弘  2- 1- 1- 4/ 8   25.0%  37.5%  50.0%     82     95 
藤岡康太  2- 0- 0- 3/ 5   40.0%  40.0%  40.0%    378    116 
浜中俊    1- 4- 2-11/18    5.6%  27.8%  38.9%     50    127 
岩田康誠  1- 3- 4-11/19    5.3%  21.1%  42.1%     21     93 
ウィリア  1- 2- 0- 8/11    9.1%  27.3%  27.3%     20     79 
------------------------------------------------------------

こうして騎手、調教師という側面から見ると、川田J、角居調教師は
抜群の成績を残しています。

転厩3戦目となる今回、そろそろ本領発揮とならないか

シーマC3着、JC2着、春天・菊花賞4着という実績があるにも関わらず
全く人気がないんで、ココは1票を投じる価値は十分にあるはずです。

あとは同馬自体の戦績から見ると、完全な内枠巧者。

<6番よりも内枠だった際の成績>

集計期間:2012.11.25 ~ 2015.12.27
ソート:着別度数順
---------------------------------------------------
 着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
---------------------------------------------------
 5- 2- 2- 3/12   41.7%  58.3%  75.0%     98    123 
---------------------------------------------------

ここから更に騎手別での成績(内訳)を探ります。

◆騎手別集計
  集計期間:2012.11.25 ~ 2015.12.27
  ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------
騎手      着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
------------------------------------------------------------
川田将雅  4- 1- 1- 1/ 7   57.1%  71.4%  85.7%    144    120 
岩田康誠  1- 0- 0- 0/ 1  100.0% 100.0% 100.0%    170    120 
ムーア    0- 1- 0- 0/ 1    0.0% 100.0% 100.0%      0    380 
菱田裕二  0- 0- 1- 1/ 2    0.0%   0.0%  50.0%      0     70 
北村友一  0- 0- 0- 1/ 1    0.0%   0.0%   0.0%      0      0 
------------------------------------------------------------

ご覧のように騎手の腕さえあれば、かなりの確率で馬券圏内に
入ってくるという事実は、同馬を推す私にとって非常に心強いデータ。 


血統的にも、近親にナリタブライアンやビワハヤヒデ、キズナがいて、
血統背景もしっかりとしている同馬ですし、何よりディープ産駒とは言え、
同馬自体、切れ味で勝負するような馬でもない為、JCよりもむしろ
宝塚記念の方が向いている感がある。

3番手は、シュヴァルグラン。

◆前走レース名別集計

  集計期間:2005. 6.26 ~ 2015. 6.28

  ソート:着別度数順

----------------------------------------------------------------

前走レース名  着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 

----------------------------------------------------------------

天皇賞春G1    4- 4- 1-32/41    9.8%  19.5%  22.0%     38     52 

金鯱賞G2      2- 1- 2-17/22    9.1%  13.6%  22.7%    113     72 

鳴尾記念G3    1- 2- 1- 6/10   10.0%  30.0%  40.0%    142    188 

安田記念G1    1- 0- 1- 7/ 9   11.1%  11.1%  22.2%    427     87 

クイーG1      1- 0- 0- 1/ 2   50.0%  50.0%  50.0%    335     95 

メトロポH    1- 0- 0- 0/ 1  100.0% 100.0% 100.0%   3780    710 

ヴィクトG1    0- 2- 2- 6/10    0.0%  20.0%  40.0%      0    269 

QE2G1      0- 1- 0- 0/ 1    0.0% 100.0% 100.0%      0    170 

目黒記念HG2  0- 0- 1-15/16    0.0%   0.0%   6.3%      0     11 

DSCG1      0- 0- 1- 2/ 3    0.0%   0.0%  33.3%      0     40 

有馬記念G1    0- 0- 1- 0/ 1    0.0%   0.0% 100.0%      0    160 

----------------------------------------------------------------


毎年、分母の数で言えば、圧倒的に春天からのローテ馬が多い
宝塚記念ですが、その春天からのローテで馬券になった馬、9頭の
共通項を探ると、全馬「」に該当していた。

結局、春天では差し届かなかった馬が、宝塚記念では差し届くという
構図なんだと思います。

今年この条件を満たすのは、ズバリ3頭。

フェイムゲーム、シュヴァルグラン、トーホウジャッカル 


中でも絶望的な位置から馬券圏内を確保したシュヴァルグランは、
ここにきて、メキメキと力をつけている感もありますし、重い印をつけても
いいでしょう。

4番手以降の馬達は、どれも一長一短あるんで、以下、手広く流したい。

以上、今回はここまで。ではでは。


(↓↓↓↓↓ 1日1クリック、応援、宜しくお願いします。


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Deep Impact (JPN)
DSCF0118








血統表
2013y03m20d_103914248






livedoor プロフィール
メッセージ
競馬ブログランキング
オススメサイト(無料)