<競馬> 真実の瞬間を見極めるブログ ~ラップ・血統・傾向データなどを中心とした考察~

様々なファクター(時計・ラップ、血統、調教、枠順、騎手、厩舎、生産者、トラックバイアス、胴元・陣営の思惑等)からの考察を進め、そのレースにおけるゴールの瞬間、そう、「真実の瞬間」を見極めます。少しでも読んで頂いた方の馬券のヒントになれば幸いです。

<当ブログの考え方>

まず私がこうしてブログを書いている理由は、競馬に対する考え方いわゆる結論を
導き出すプロセスとして、様々な方法があるわけですが、その部分をあぁこんな
考え方もあるんだという事で多少でも参考になればとの思いから書いており、
最終の予想(印)はあくまで「おまけ」でしかありません。

よって、私は「考察」部分に時間を費やし、あえてこの部分で出来るだけ、
いろいろな視点から書くように意識をしております。

そしてその結論を出す作業というのは、やはり各個人の世界であって、良識を
お持ちの方であれば、ご納得頂けると思いますが、馬券はあくまで自己責任の
世界だという事です。

自分で考えるからこそ、的中した時の喜びは大きく、競馬は面白いんです。

声を大にして言いたい事。

私は、その部分を押し付けようなんて更々ありません!
勝手に他人の印を見て、馬券買って、外れたからって、いちいちくだらない事を
書くのはやめましょう。(笑)

当ブログは、あくまで自分の主観であって、様々な考え方のプロセスを提供する
ブログであり、結果として各個人が馬券を買い、外れても責任は持てませんし、
異論・苦情等は一切お断りをしております。

これにご同意やご理解が頂けないという方は、きっと当ブログには合わないと
思いますので、当ブログへの出入りはご遠慮頂きますようお願い申し上げます。

それでは、宜しくお願い致します。

東京大賞典 2016 ~予想~



皆さん、こんにちは。

いよいよ最後のG1となります東京大賞典。
最後もビシッと当てて、良い年越しとしたいですね。

それでは予想です。

◎サウンドトゥルー
○アウォーディー
▲ノンコノユメ
注アポロケンタッキー 
△コパノリッキー

本命はサウンドトゥルー。

冬場に調子を上げるタイプであり、とにかく優秀だったのは、
昨年の東京大賞典。

時計やラップ面からすれば、近10年、スマートファルコンが勝利
した2010年(この時は異常なほどのスピード馬場だった為、時計の
単純比較ではかなり劣ってしまうが、馬場差を考慮すればサウンド
トゥルーもかなり優秀)に匹敵する位の価値があると言っても過言では
ない。(2010年 勝ち時計:2.00.4

世間では、まだまだ半信半疑なところもあり、展開に左右されるなんて
話も聞こえてくるが、能力なくしてあのレースは出来ません。

前走もまた然りです。

であれば、馬券的妙味は前走に続き、サウンドトゥルーの頭馬券かと。

しかも相手は、先頭に立つとソラを使って走るのをやめてしまう癖のある
アウォーディー。

だったらゴール前に一気に交わす前走の再現でいいでしょう。

しかもアウォーディーの鞍上は、コパノにも乗っていた武豊Jですから、
楽に逃がした時のコパノの強さは知っているはずなんで、世間が言うほど
楽逃げの展開もないでしょう。

私は早めに潰しにいく展開予想です。ココはオッズとの兼ね合いから
そうしましたが、いやいやそんな事ないよって方はコパノが残る馬券や
コパノの頭馬券も買ってください。

2016y12m29d_144318741

馬券は3連単で8点勝負としました。最後なんでそのまま載せちゃいます。


以上、今回はここまで。ではでは。


(↓↓↓↓↓ 1日1クリック、応援、宜しくお願いします。


有馬記念 2016 ~予想~



今週は3回に渡る考察を進めてきました。

有馬記念 2016 ~的中へのヒント1~
有馬記念 2016 ~的中へのヒント2~
有馬記念 2016 ~的中へのヒント3~

そして金曜・土曜の中山芝戦の結果を見ると、時計や上りが掛かって
いますので、スタミナとパワーが必要な馬場だと言えるでしょう。

では予想です。

◎キタサンブラック
〇サトノダイヤモンド

注シュヴァルグラン

△アドマイヤデウス
△ゴールドアクター
△サウンズオブアース
△ミッキークイーン

現時点で買った馬券はコチラ。
2016y12m25d_003108506

残りの馬券は、パドックを見てから買う予定です。

ちなみにシュヴァルグランを推す理由も書いておきますね。

◆枠番別集計

--------------------------------------------------------

枠番  着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 

--------------------------------------------------------

1枠  0- 0- 0- 0/ 0                                     

2枠  0- 0- 0- 0/ 0                                     

3枠  0- 0- 0- 1/ 1    0.0%   0.0%   0.0%      0      0 

4枠  0- 0- 1- 0/ 1    0.0%   0.0% 100.0%      0    240 

5枠  2- 1- 1- 0/ 4   50.0%  75.0% 100.0%     72    267 

6枠  2- 1- 0- 2/ 5   40.0%  60.0%  60.0%    112     74 

7枠  1- 0- 0- 0/ 1  100.0% 100.0% 100.0%    170    100 

8枠  1- 1- 2- 0/ 4   25.0%  50.0% 100.0%     75    182 

--------------------------------------------------------


◆馬番別集計
--------------------------------------------------------
馬番  着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
--------------------------------------------------------
大外  1- 1- 2- 0/ 4   25.0%  50.0% 100.0%     75    182 
--------------------------------------------------------

同馬は完全な外枠巧者。トビが大きい為、エンジンの掛かりは遅いが
一旦エンジンが掛かれば、バテない強みがある。

よって、内枠で器用な競馬が出来るタイプでもない為、内枠有利な
有馬記念ではあるが、同馬にとっては、この枠順はそれほど大きな
マイナス要素とはならず、むしろプラスと考えていいでしょう。

◆月別集計
  集計期間:2014. 9.21 ~ 2016.11.27
------------------------------------------------------------
月        着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
------------------------------------------------------------
  1月    0- 1- 0- 0/ 1    0.0% 100.0% 100.0%      0    110 
  2月    0- 0- 0- 0/ 0                                     
  3月    1- 0- 0- 1/ 2   50.0%  50.0%  50.0%    150     55 
  4月    0- 0- 0- 0/ 0                                     
  5月    0- 0- 1- 1/ 2    0.0%   0.0%  50.0%      0    120 
  6月    0- 0- 0- 1/ 1    0.0%   0.0%   0.0%      0      0 
  7月    0- 0- 0- 0/ 0                                     
  8月    0- 1- 0- 0/ 1    0.0% 100.0% 100.0%      0    170 
  9月    0- 1- 0- 0/ 1    0.0% 100.0% 100.0%      0    150 
  10月    3- 0- 0- 0/ 3  100.0% 100.0% 100.0%    166    106 
  11月    1- 0- 2- 0/ 3   33.3%  33.3% 100.0%    130    386 
  12月    1- 0- 1- 0/ 2   50.0%  50.0% 100.0%     65    125 
------------------------------------------------------------

寒い時期は複勝率100%という事で、冬場は強いタイプだと考えます。

◆前走距離別集計
  集計期間:2014. 9.21 ~ 2016.11.27
----------------------------------------------------------------
前走距離      着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
----------------------------------------------------------------
同距離        3- 1- 2- 0/ 6   50.0%  66.7% 100.0%     78    208 
今回延長      3- 0- 1- 1/ 5   60.0%  60.0%  80.0%    170    122 
今回短縮      0- 1- 1- 2/ 4    0.0%  25.0%  50.0%      0    125 
----------------------------------------------------------------
 

前走からの距離延長時もしくは同距離での好走が多い馬。

今回は距離延長となり、しかも今の中山の馬場は、スタミナと
パワーが問われる馬場なんで、同馬にとっては追い風の馬場と
言えよう。

最後に調教の動きも明らかに今回はいいですよね。
まさにメイチ仕上げとはこの事か・・・

それでは皆さん、良いグランプリを。


以上、今回はここまで。ではでは。


(↓↓↓↓↓ 1日1クリック、応援、宜しくお願いします。


有馬記念 2016 ~的中へのヒント3~



ここまでの考察及びコメント欄にて本命馬、対抗馬はすでに発表しています。

◎キタサンブラック
〇サトノダイヤモンド

正直、マギレ(コース形態上、どうしても展開や不利などによるマギレが
起こるのも有馬記念・・・)のない競馬にならなければ、今年はこの2頭が
抜けているというのが私の見解。

ではその理由を書いておきましょう。

◎キタサンブラック

ここまでの記事内容に加え、とにかく今年のレース内容は、昨年よりも
馬個体の能力がはるかにパワーアップしています。

昨年は55kgで今年は57kgという斤量差を差し引いても、十分にお釣りが
くるはずです。

その昨年のレースですが、ゴールドシップやマリアライト、リアファルなどに
早めに捲られ、競り掛けられる展開ながら、最後まで踏ん張った内容は、
1・2着のゴールドアクターやサウンズオブアースよりもある意味強い競馬を
していたと言えよう。

◆2015年有馬記念ラップ

7.0 - 11.7 - 12.2 - 12.5 - 12.7 - 12.8 - 12.6 - 12.6 - 12.0 - 11.9 11.5 - 11.3 - 12.2

◆有馬記念 過去10年平均ラップ

6.93-11.42-11.85-11.90-12.36-13.12-13.05-12.53-11.96-12.18-11.92-11.49-12.10

この3歳の時点での粘りも十分に優秀なんですが、更に優秀だったのは
やはりJCの走りでしょう。

◆脚質別集計

  集計期間:1987.11.29 ~ 2016.11.27

-------------------------------------------------------------------

脚質上り    着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 

-------------------------------------------------------------------

平地・逃げ   2-  0-  0- 29/ 31    6.5%   6.5%   6.5%     56     13 

平地・先行   9- 11-  8- 86/114    7.9%  17.5%  24.6%     82     75 

平地・中団  19- 14- 17-157/207    9.2%  15.9%  24.2%     85     87 

平地・後方   0-  3-  6-109/118    0.0%   2.5%   7.6%      0     20 

平地・マクリ    0-  2-  0-  1/  3    0.0%  66.7%  66.7%      0     86 

-------------------------------------------------------------------


コチラはJCにおける脚質別成績(過去30年分)となるわけですが、
長い長いJCの歴史において、とりあえず30年分を拾ってみましたが、
逃げ馬が馬券になったのは、2頭だけ。

◆人気別集計
脚質上り:平地・逃げ
  集計期間:1987.11.29 ~ 2016.11.27
------------------------------------------------------------
人気      着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
------------------------------------------------------------
1番人気  1- 0- 0- 1/ 2   50.0%  50.0%  50.0%    190     75 
2番人気  0- 0- 0- 1/ 1    0.0%   0.0%   0.0%      0      0 
3番人気  0- 0- 0- 1/ 1    0.0%   0.0%   0.0%      0      0 
4番人気  1- 0- 0- 2/ 3   33.3%  33.3%  33.3%    460     93 
5番人気  0- 0- 0- 1/ 1    0.0%   0.0%   0.0%      0      0 
6番人気  0- 0- 0- 1/ 1    0.0%   0.0%   0.0%      0      0 
7番人気  0- 0- 0- 3/ 3    0.0%   0.0%   0.0%      0      0 
8番人気  0- 0- 0- 2/ 2    0.0%   0.0%   0.0%      0      0 
9番人気  0- 0- 0- 1/ 1    0.0%   0.0%   0.0%      0      0 
10番人気  0- 0- 0- 5/ 5    0.0%   0.0%   0.0%      0      0 
11番人気  0- 0- 0- 2/ 2    0.0%   0.0%   0.0%      0      0 
12番人気  0- 0- 0- 1/ 1    0.0%   0.0%   0.0%      0      0 
13番人気  0- 0- 0- 2/ 2    0.0%   0.0%   0.0%      0      0 
14番人気  0- 0- 0- 1/ 1    0.0%   0.0%   0.0%      0      0 
15番人気  0- 0- 0- 3/ 3    0.0%   0.0%   0.0%      0      0 
16番人気  0- 0- 0- 1/ 1    0.0%   0.0%   0.0%      0      0 
17番人気  0- 0- 0- 0/ 0                                     
18番人気  0- 0- 0- 1/ 1    0.0%   0.0%   0.0%      0      0 
------------------------------------------------------------

ご覧のように人気馬だろうとことごとく馬券圏外へと散っています。

ちなみにもう1頭だけ馬券になったのは、タップダンスシチーという事ですが、
この日は逃げ・先行馬が超有利な馬場でした。(馬場が極端に悪かった為)

◆脚質別集計(ダップダンスシチーが勝ったJCと同日の芝レース)
-------------------------------------------------------------------
脚質上り    着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
-------------------------------------------------------------------
平地・逃げ   2-  1-  1-  3/  7   28.6%  42.9%  57.1%    270    370 
平地・先行   1-  3-  4- 18/ 26    3.8%  15.4%  30.8%    231    141 
平地・中団   3-  0-  2- 35/ 40    7.5%   7.5%  12.5%     62     39 
平地・後方   1-  3-  0- 29/ 33    3.0%  12.1%  12.1%     32     48 
平地・マクリ    0-  0-  0-  0/  0                                     
-------------------------------------------------------------------

ご覧のように、とにかく逃げ馬と先行馬を買っときゃ当たるという馬場。
(特に逃げ馬の成績の良さが目立ちますよね。

ちなみに、JCの結果だって以下の通り。

1着タップダンスシチー(4角1番手 4番人気)
2着ザッツザプレンティ(4角2番手 5番人気)
3着シンボリクリスエス(4角9番手 1番人気) → 能力の高さで3着まできた
4着ネオユニヴァース(4角11番手 2番人気) → 同上
5着アクティブバイオ(4角3番手 15番人気) → こんな馬が掲示板を確保するような馬場

こうなると、この年のJCは例外ケースだと考えていい。ならば、キタサンブラックと
いう馬は、今年のJCを逃げて、しかも1番人気で勝ったという事ですから、もう
歴史的名馬の仲間入りを果たしたと言っても過言ではない。

新聞なんかを見ていると、キタサンブラックは逃げ馬であり、今回は展開やマークが
厳しくなるから同馬にはつらく、勝つのは容易ではないなんて言っている方も
みえましたが、私に言わせれば、そんなの今に始まった事じゃないと声を大に
して言いたいですね。

JCの結果もしかり、それ以前のレースだって、皆逃げ馬をマークするわけであり、
ましてや今年のキタサンブラックは、これだけの結果を残してきた馬ですから、
ノーマークで勝ってきたわけじゃありません。何を今更・・・という事ですよね。

充実の4歳秋。陣営もJCのレース後は、さすがに疲れがあったと認めていますが、
昔のような天皇賞秋→JC→有馬記念とG1を連続して使ったわけでもなく、京都
大賞典はお釣りを残したとハッキリ陣営も認めていた為、実質のメイチ仕上げは
前走のみ。

ならば、使い詰めによる蓄積疲労もないと判断出来るし、ココは人気でも逆らう術は
ないはずです。

現役古馬最強馬。ココは当然勝ち負けでしょう。

さて、相手筆頭ですが、これまた人気のサトノダイヤモンドとしました。

◆前走レース名別集計
  集計期間:1986.12.21 ~ 2015.12.27
  ソート:着別度数順
---------------------------------------------------------------------
前走レース名  着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
---------------------------------------------------------------------
JCG1        12- 13- 12-126/163    7.4%  15.3%  22.7%     48     89 
菊花賞G1       6-  6-  3- 24/ 39   15.4%  30.8%  38.5%     86     94 
天皇賞秋G1     5-  2-  3- 23/ 33   15.2%  21.2%  30.3%    334    143 
---------------------------------------------------------------------

有馬記念というレースは、ローテーション的にも余裕があり、古馬との斤量差が
2kgあることで、菊花賞組の成績がいいことはご承知の事実かと思います。

ここで前回の記事にて紹介したデータですが、菊花賞組となると実は当日の
人気に関係なく、連対率100%となってきます。

◆前走人気別集計
前走レース名:菊花賞G1/前確定着順:前走1着
  集計期間:1987.12.27 ~ 2015.12.27
--------------------------------------------------------------
前走人気    着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
--------------------------------------------------------------
前走1人気  3- 2- 0- 0/ 5   60.0% 100.0% 100.0%    122    128 
--------------------------------------------------------------

※菊花賞1着 + 菊花賞1番人気 の馬が有馬記念へと駒を進めた
 場合の成績

ご覧のように、菊花賞を1番人気で勝った時点で、有馬記念の好走は
約束されるという事なんです。(連対率100%)

更に別の視点からも付け加えておくと、菊花賞組にはある条件
複勝率100%というデータだって存在します。

◆前走上り順位別集計
前走レース名:菊花賞G1/前確定着順:指 前1-2着
  集計期間:1986.12.21 ~ 2015.12.27
--------------------------------------------------------------
前走脚質    着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
--------------------------------------------------------------
3F  1位    2- 3- 1- 0/ 6   33.3%  83.3% 100.0%     65    178 
--------------------------------------------------------------

↓↓↓↓↓ その条件とはこちらです。


こうしたデータに加え、やはり春から今年の3歳牡馬はレベルが高いと
言われていた事、秋のこの馬の成長度、なかなかG1が勝てなかった
里見オーナーですが、ここにきてバンバンG1を勝っている勢い、
更に同馬を管理する池江調教師からは、オルフェーヴルと同じ位
自信アリとの話まで出ており、鞍上のルメールJだって、今年の
リーディング争いがかかっているほどの騎手であり、信頼度は高く
非常に頼れる騎手のひとりだと言えよう。

よって、キタサン同様、両馬共に人気ではあるが、この2頭は外せない
存在ですね。

以上、今回はここまで。ではでは。


(↓↓↓↓↓ 1日1クリック、応援、宜しくお願いします。


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Deep Impact (JPN)
DSCF0118








血統表
2013y03m20d_103914248






livedoor プロフィール
メッセージ
競馬ブログランキング
オススメサイト(無料)