今回は手抜き作業なしの新作です。

まず宝塚記念というレースは過去の記事でも書いていますが、
梅雨の時期での開催という事、またコース形態(阪神内回り+直線坂あり)などを
理由に上がりの掛かる競馬であり、瞬発力はあまり武器にならないといった
特徴を持つレースです。

◆種牡馬別集計(牡・セン
  集計期間:2010. 6.27 ~ 2019. 6.23
  ソート:着別度数順
----------------------------------------------------------------------
種牡馬              着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
----------------------------------------------------------------------
ステイゴールド      4- 0- 0-12/16   25.0%  25.0%  25.0%    291     75
キングカメハメハ    2- 2- 0-16/20   10.0%  20.0%  20.0%    136     57
グラスワンダー      1- 0- 1- 2/ 4   25.0%  25.0%  50.0%    340    110
Marju               1- 0- 0- 2/ 3   33.3%  33.3%  33.3%    300    160
ハーツクライ        0- 1- 1-10/12    0.0%   8.3%  16.7%      0     89
ディープインパクト  0- 1- 0-12/13    0.0%   7.7%   7.7%      0     28
ルーラーシップ      0- 1- 0- 2/ 3    0.0%  33.3%  33.3%      0     46
スクリーンヒーロー  0- 1- 0- 0/ 1    0.0% 100.0% 100.0%      0    550
Tavistock           0- 1- 0- 0/ 1    0.0% 100.0% 100.0%      0    550
マンハッタンカフェ  0- 0- 1- 2/ 3    0.0%   0.0%  33.3%      0     76
ジャングルポケット  0- 0- 1- 5/ 6    0.0%   0.0%  16.7%      0    131
ブラックタイド      0- 0- 1- 2/ 3    0.0%   0.0%  33.3%      0     50
King's Best         0- 0- 1- 1/ 2    0.0%   0.0%  50.0%      0     80
----------------------------------------------------------------------

上記は、宝塚記念の近10年の数字を拾ったものとなりますが、ご覧のように、
ディープのキレが武器にはならないというレースです。

ちなみに、上記で牡馬・セン馬のみのデータを拾ったのは、この後、ある仮説に
基づき、説明するつもりですが、牝馬はこのご時世、別物だと考えたいからです。

◆性別集計
  集計期間:2010. 6.27 ~ 2019. 6.23
---------------------------------------------------------------------
ブリンカー他  着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------------------------
牡・セン       8-  7-  6-103/124    6.5%  12.1%  16.9%     77     58
牝             2-  3-  4- 11/ 20   10.0%  25.0%  45.0%    152    221
---------------------------------------------------------------------

◆性別集計
  集計期間:1986. 6. 1 ~ 2009. 6.28
---------------------------------------------------------------------
ブリンカー他  着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------------------------
牡・セン      23- 23- 21-231/298    7.7%  15.4%  22.5%     43     62
牝             1-  1-  3- 22/ 27    3.7%   7.4%  18.5%    142     63
---------------------------------------------------------------------

それでは説明します。

まず上記は、宝塚記念の近10年の数字とそれ以前の数字を拾ったものとなりますが、
ご覧のように以前はやはり牝馬よりも牡馬の方が数字が良かったレースです。

それが近10年、牝馬の活躍が圧倒的に目立つレースとなりました。

じゃあなんでこんな事が起こっているのか、これを考え出すと夜も眠れず、
三日三晩考えた挙句(笑)、ある仮説が浮かび上がってきました。

その理由とは

私のブログでももう何度も書いていますが、近年の競馬は従来の競馬の常識が
当てはまらないことがいくつもあり、その一例として、休養明けでG1をバンバン
勝てるほど、日本競馬の育成技術の進歩が挙げられます。

育成技術の進歩というのは、牡馬と牝馬の育成技術という意味でも進化し、
近年は牝馬が牡馬とも対等かそれ以上に活躍する馬達もゴロゴロいますよね。

これってじゃあ生物学上、そんな10年やそこらで牝馬のみ進化の過程で
急激にパワーアップもしくは突然変異でもした結果なんでしょうか。

そんなことは絶対にありえないですよね。

そうなると何が変わったのか。そうです。まさに馬を育てる側が変わったとしか
思えないんです。すなわち、調教技術の進歩がここ10年、めざましく進歩した
といっても過言ではないと私は思っています。(これが私の仮説です。)

ここで更に一歩突っ込んで考えてみると、これは安田記念の考察でも触れましたが
この宝塚記念というレースも斤量は58kg(牡馬)を背負うレースです。

そして牝馬は、56kgとなるのは皆さんもご存知ですよね。

馬にとって、普段から背負い慣れない斤量をレースで背負うので、馬に対する
負担も大きく、中には58kgという酷量を背負うだけで全く走らない馬だっているわけです。
(カンカン負けする馬ですね。)

で、そもそもこの斤量差を決めたのはいつなんだ?と問われれば、もうこの2kg差というのは、
はるかに昔の話です。(10年どころではない。)

勘の鋭い方であれば、この時点で私が何を言いたいのか、お気づきな方もみえると
思いますが、調教技術の進歩が起こる前に決められた斤量差2kgですが、今のご時世では
もう2kg差だと牝馬が強くなり過ぎて、この2kg差が圧倒的に牝馬有利な斤量なのではと
いう、これもあくまで私の仮説となりますが、そんな気がするんですよね。

だって、ここまで牝馬が圧倒的に強いという数字が出ているわけですから・・・。

時代は牝馬だなんて声も聞こえてきますが、その理由はまさにこの斤量差2kgがもう
今の時代、時代遅れの数字(ハンデ)であり、G1でありながらまさにハンデ戦でもやってるの
って事なのではと思っています。

この仮説の証明として、もうひとつデータを紹介すると、以下のようなデータも存在します。

◆種牡馬別集計(牝)
  集計期間:2010. 6.27 ~ 2019. 6.23
  ソート:着別度数順
----------------------------------------------------------------------
種牡馬              着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
----------------------------------------------------------------------
ディープインパクト  1- 1- 4- 6/12    8.3%  16.7%  50.0%    209    334
ハーツクライ        1- 0- 0- 1/ 2   50.0%  50.0%  50.0%    270     90
スペシャルウィーク  0- 2- 0- 0/ 2    0.0% 100.0% 100.0%      0    120
----------------------------------------------------------------------

ご覧のように、牝馬だともうディープがダメだかとそんな次元(適正云々関係なし)ではなく、
ディープだろうがディープじゃなかろうがという話になります。それくらい、やっぱりこの2kg差が
有利なのかもしれません。(何度もいいますが、あくまで仮説です。)

という事で、冒頭に戻り、瞬発力が武器にならないと書きましたが、もうひとつ
これに関係する面白いデータを紹介して今日は終わりにします。

ダービー馬が宝塚記念に参戦した時の成績
  集計期間:2001. 8.19 ~ 2020. 4. 5
  ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------------
レース名        着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------
宝塚記念G1      2- 3- 2- 8/15   13.3%  33.3%  46.7%     28     64
------------------------------------------------------------------

人気よりも着順が上回った馬 : 0頭
人気と同じ : 4頭
人気よりも着順が下だった馬 : 11頭

皐月賞馬が宝塚記念に参戦した時の成績
  集計期間:2002. 5.26 ~ 2020. 5.31
  ソート:着別度数順
------------------------------------------------------------------
レース名        着別度数        勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------
宝塚記念G1      4- 3- 0- 5/12   33.3%  58.3%  58.3%     82     83
------------------------------------------------------------------

人気よりも着順が上回った馬 : 2頭
人気と同じ : 5頭

人気よりも着順が下だった馬 : 5頭

ご覧のように、皐月賞、ダービーといずれも牡馬の世代最強を決めるレースですが、
やはり問われる適性はズレていて、宝塚記念に直結するのは皐月賞であって、
ダービーではありません。

ダービー馬については、近20年という長い期間で数字を拾っても、人気を上回って
見事ゴールした馬は皆無。全て人気と同じかそれ以下という結果でした。

近年のダービーは、やっぱり府中のスピード馬場に対応出来、より瞬発力が
問われるレースなんで、そういった馬がこの宝塚記念では結果が出せず
苦戦しているという傾向があります。

そうなると、この馬には重い印は入れられない
今現在の人気を確認すると、単勝7番人気。ならば7着が最高・・・

の答えは、つぶやきコメントにて紹介しておきます。


 ↓↓↓↓↓ つぶやきコメント掲載中(1日1クリック、応援、宜しくお願いします。



逆に皐月賞馬は、人気以上に走っている馬が半数以上。
そうなると、皐月賞馬サートゥルナーリアは適正面で言えば、ここは走れる舞台と
なりそうですね。

以上、今回はここまで。ではでは。

登録すると、更新通知を「LINE」で受け取ることが出来ます。
更新頻度がバラバラなので、ご活用頂けると便利かと思います。
登録したからといって、私に何もメリットはありませんし、勿論、
皆様にも害はないかと思いますので、よろしければご登録下さい。





(↓↓↓↓↓ 1日1クリック、応援、宜しくお願いします。