May 05, 2008

自己紹介※5月5日更新



一ヶ月も間が空いてしまいましたので、私こと「そうき」のプロフィールを更新しておきます。


プロフィール(08年5月5日更新)


名前→そうき(本名にちなむ)

性別→男

年齢→二十歳

出身地→中部地方の僻地

職業→某日本海側の大学の学生

部活→医学系サッカー部

住居→寮

趣味→各種スポーツ観戦

このブログで主張したいこと→‖靉欧靴選択肢が無くても諦めないで。△燭泙砲鰐兪曚阿蕕い靴泙后


万一質問があればなんでもどうぞ。


5月5日 そうき

a_wicked_hourglass at 15:34コメント(11)トラックバック(0) この記事をクリップ!

May 02, 2008

彼女が消えました。




部屋中を探すがやはり彼女はいない。

俺にしてみればちゃんと段取りを踏んだつもりだった。それだけに油断していた。まさかと思った。

壁に書かれた赤い文字を見て息を飲んだ。身から出た錆とはこのことか。窓辺にゆっくりと移動し憮然として煙草を口に運ぶ。

赤。彼女の好きな色だ(今となってはこの情報も定かではないが)。だが始めから終わりまで赤信号『危険』を暗示していたにすぎなかったのだろうか。

ホテルの窓から雑踏を見る。他人にしてみればただの日常。大学に行かなきゃ。そうやって日常を演じられたら今起きた非日常を忘れられるだろうか。

演じられはするだろう。あの女も一ヶ月演じ俺を騙してきたのだ。そして初めてホテルに来たのが昨日の夜。

もう一度部屋の壁に大きく口紅で書かれた文字を見る。


『welcome to AIDS』(エイズの世界へようこそ)


ゆっくり天井に目を写す。自分でも焦点が定まってないのがわかる。少し笑いが込み上げてきた。



※※※※※※※※



どうも、お久しぶりです。もう初夏、5月になりましたね。4月から新生活へ移行した人もそうでない人もお元気でお変わりなく過ごせていますか?

僕は満足の新性活・・・じゃなくて新生活を一生懸命に過ごしています。

冒頭は妄想じゃなくて、エイズに関する有名な実話です。大学生になった今、このブログのスローガンは「ただの妄想ではなく、読んだ人が社会問題について考えるきっかけとなるような妄想を」です。嘘です。


ちなみに今は帰省の移動中です。

実家にいるうちに近況報告と大分遅れていますがコメント返しをしたいと思っています。

とりあえず眠いのでこれから寝ながら帰るとします。

では今日のところはこれで。




a_wicked_hourglass at 19:24コメント(3)トラックバック(0) この記事をクリップ!

March 28, 2008

国立医学部合格の裏技





この点に気づいている人は以外と少ないと思うので書いときます。

ちなみに、この裏技は聞いて意味ある対象が限られているし、ほとんどの人が実行できないことだと思います。(※多くの受験生にとって有益な情報は皆無)

まあ、半分ギャグだと思って聞いてください。








さて、昨年の記事で医学部合格の最短経路は「地元枠の推薦入試」だと書きました。

参照


それを踏まえて、以下では
まず真の最短経路を特定し、その経路の通り方を「裏技」として紹介します。



○国公立医学部医学科真の最短経路


では、真の最短経路はどこか?推薦入試を最短経路に挙げている以上、推薦入試の最先端をいっているある大学の大学入試が真の最短となるわけですが、

そこは、ずばり


山梨大学です。


地元枠で30人も採る上、有名進学校なども少ないため競争率も比較的低い。


これは予備校職員の話ですが、今年も8割3分で合格者を確認しているようです。(今年はセンター試験が簡単だったにも関わらず!もっと言えば、これは確認できた情報にすぎないので実際にはもう少し得点率が低くても合格者はいるだろうと予想できる)


ここまで人数をとり、そういった程度のレベルでも入れる推薦入試はなかなかありません。


ゆえに、真の最短経路は山梨大学の県民枠推薦入試だと考えられます。




○最短経路の通り方


結論から言うと、山梨大学の県民枠には山梨県内の高校を卒業(もしくは見込み)してないと出願できないので高校入試の段階で山梨県の高校に入ってしまえば良いのです。(冒頭に書いた「実行できる人が少ない」とはこの辺の話)


実はすでに実行した人もちらほらいるらしいとの目撃情報もあります。


山梨の高校卒業すればいいはずなので、東京人でも山梨県県庁所在地甲府まで特急一本と通学可能なことを考えれば、案外実現可能な案じゃないかと思います。
通学が無理な人は残念ながら引っ越ししかないのがネックですが。









まぁ、もし山梨県内の高校へ入学できたとして、評定の不安が必ず出てくるとは思うんですが、そこは頑張ってください。よほど回りの生徒のレベルの高い有名進学校以外では、一般入試で医学部合格するより評定で高い数値を採る方が遥かに簡単ですから。











○結論

諸条件が整っている場合(主に親の許可)、山梨県の高校に入学し評定点とセンター試験の点数に全力をそそぎ山梨大学の県民枠推薦入試を受けることが国立医合格の最短経路である。












本当にギャグみたいな情報になってますが、一部の人には有益だとちょっと思ってたりしますw




※細心の注意を払っていますが、山梨の県民枠推薦入試について、今日の内容に誤った情報が混ざっている可能性があります。受験する予定の人は、要項を確認してください。






QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ