ああ、あの牌?

2016年05月

ざっくりとツイートから

それにしても、全国編と銘打っておきながら、全国編では動いてるシーンが無いJC憧というこの。

あ、普通にバンソウコウ装備です(普通?

なお、3セット買った猛者は


無駄にきれいなのが笑えますね


あとバンソウコウが注目されていますが、それ以上に絶妙すぎるスカートの角度が重要な気がします。
jXgx09jF
こんなローアングラー視点でもギリギリ見えない!

欲しい人は、店頭から消える前に入手するといいかもですね。




一挙に挙げてしまいます。宮守女子がようやく永水女子を訪ねたところからでした。
scan-004a_1200

158局
宮守と永水
いきなりお風呂からのスタートとはたまげたなぁ・・・地上の楽園かな?水着以降で囁かれていた塞さんのおもち巨大化現象が再確認されました。
というか、塞さんとシロだけでなく、みんなお風呂とは。
556_scan-003a_1200

宮守が脱いだ。東北随一の女子校が脱いだ。エイちゃんが風呂に、姉帯さんも裸を晒す覚悟だったのだ。その回を読んだ助右衛門は正に極楽浄土を見つけたいくさ人。男が泣くには充分な理由であった。
hayate_320_07
あとはっちゃんは着衣でなおかつ横から覗くのがいいんだなと理解しました。これはレイフ・エリクソンに次ぐ新たなる発見。


有珠山
アイドルのステージ衣装を身にまとう由暉子・・・やはり日和は正史だった。でも由暉子だけアイドルコスだとなんかバランス悪いし、ここは全員コス参戦がいいんじゃない?(王道
scan-007a_1200
今回、有珠山はワンシーンのみでしたね。元々彼女らは当初の目的は達成しているので、この部分では抑えめなんでしょうか。でも残りのカムイ(クマとかシャチは?)とか、琴似栄・吉田さんとのエピソードも見たいので、その辺は是非ピックアップしていただきたいです。 


千里山女子
まだ食事に手をつけていないセーラから・・・そんなセーラに発破をかける竜華がいいですね。竜華も怜も、セーラと洋榎のライバル関係については、微笑ましい半分な感じで見ているんではないでしょうか。もう半分は親友としての頼もしさで。
あ、そういや竜華が部長っぽいことしてる!

そして怜の参戦・・・能力は使うのかどうか・・・あと出場に関して、怜の弁がたつのはちょっと意外だったりしました。でもフフ顔がちょお可愛いのでヨシ!


159局
中牟田さんいい人ですね。これまでレギュラー以外の人物って(歩を除いて)作中に出てこなかったので新鮮です。だいたい千里山は名門で人数も多い部ですしね。
ただ、このシーンで四人横並びだったの何だったんだろw

そして怜竜の・・・お風呂


       平  常  運  転

scan-003a_1200
直前が真っ白にも関わらず、ここの作画が間に合ってるあたり、立先生が何を描きたかったのか痛いほど伝わってきます。怜ちゃんの怜ちゃん(直喩)がフルで描かれていたので訴訟は取り下げる。


和と、優希と
前局からそうですが、優希は髪解きモードですね。かわいいので決勝はこれでいきましょう。優希のいろんな人が応援してくれてるんだな!はイイ言葉ですね。学校のみんなの支えと、ライバルたちとのよい関係があったから、決勝まで辿り着けている。
反面、のどっちの浮かない表情はちょっと気になるところ。病院で出会った彼女らはどうしているのか・・・決勝の最中にでも明らかになるのでしょうか。



ところで、回想ののどっちの対面、なんか慕っぽいんですけど・・・ナナさんの看病で来たとかでどうにか実現しないか・・・でも高校以降では髪長いんですよね。短く切る機会があったとかなら成立するんですけども。
(服が病衣のように見えるのは作画によるところが大きいので、そこはあまり考えず)

例えば、高校終盤で記憶を失ったナナさんと病院にて再会するも、母の記憶の中の自分と噛み合わず。ならば分かるようにと、慕はその場で自身のバッサリと髪を切る。
これで本当の再会!勝ったシノハユ、完!
とかダメですか?そうですか。



高遠原と、花田煌
非常に掘り下げが濃いですね。阿知賀編では新道寺先鋒の面が強かったですが、今回はそこに至るまで、そうなってからに焦点が当たっています。
すばら先輩、とてもいい人だけど中学時代は気のおける友人はいなかったのかな。そんなすばら先輩の「片岡さん」からの「姫子」への転換はかなりグッときますね。その後の控え室での、姫子からの信頼感じる表情も、実にイイ。
556_scan-008b_1200
これらが、日和でのあの感じに繋がってくるんだなぁと思うと、なかなかどうして胸アツです。

また、打法や能力について若干の説明がありました。プロ相手で、トバずに済むより失点にフォーカスしてるあたり、実は純粋に堅い打ち手だったりするのかも。それか、プロと打った時は団体ルール(10万点持ち)じゃなかった、とか。


新道寺控え室
そして控え室へ。
友清がイメージしてたのと随分違う…w 外観がちょっと駆逐艦高波っぽい。でも声のイメージが久野さんだとさすがに合わないかなw
c9a42cccb97e79e86f6a

僕的には監督の比与森先生がちょおツボでした。ダウナーな感じでかなり好きなキャラデザインですし「んー」で、ひと呼吸置くのもいい。
556_scan-007b_1200
なぜこんな珠玉のキャラクターをもっと早く出さなかったのか(問題視 

監督呼びを嫌がるのは、生徒の目線に立ちたいという思いがあるのでしょうか。それとも、先生の出自に関わる部分とかでしょうか。
あと全員集合のところ見るとかなり小柄に感じますが、すばら先輩と並ぶと上ですね・・・となりのばーちゃんがかなりデカいせいで、わかりにくい・・・w


白糸台
ラストは西東京の王者。たかみーが普通に喋ってる・・・!は、置いといて
淡は星が見えるイメージによって、能力に違いが出るのでしょうか。それともダヴァンのように、新たな力を使うのでしょうか。

次号も楽しみです。

色々追われていたら4月が過ぎてました・・・感想だけひと月前にしたためていたのに・・・時間がぶっ飛ばされるスタンド・・・
scan-001
前局は決勝へと策を練る清澄、あとおしり全開とおもち祭りでしたのだ。今回は末原から。

敗退の報告。洋榎の、とてもつらい仕事ですね。劇的に終わっていった千里山とはまた違う、ある種淡々とした描写。読んでる自分も思わずグッとなるものがありました。

穏乃は山巡りに費やした日々を、和との力の差、時間の差と認めつつも「それもまた力になるから」と位置づけ、自らを支えるものとしました。姫松のみんなも、この敗退の経験を糧にしていくのでしょう。
scan-004b
そうして前へと進む為に、今日は泣く。

などとしんみり読んでたらページ捲ってギョッとなり・・・最初の光景で、敗退した千里山を思い出してましたが、普通に出てきてしまった。これには全世界10億人の千里山女子ファンも衝撃。
scan-008a
二校の接点や選手の出身などいくつか設定が出てきましたが、末原と竜華が割と仲良さそうなのが良かったです。あと末原は、竜華に天然って認識がありそうなのが伝わってきました。

おそらく洋榎とセーラについては、いいライバルなので生あたたかい目で見ていようというのが、周囲の扱いなのかも。

あ、あと東京2校で大阪敗退というと確かにバランス悪いですが、阿知賀は奈良で、関西なのでそこまででも無いかも。僕自身はB準決途中まで、姫松3戦を割とマジに捉えていたりもしたのですけどね。
scan-009
そんな竜華の衝撃も、さらに追いやる永水と宮守ですのだ。宮守と永水ナンデ!?
登場もなんですが、まだ海水浴をしていなかったことに衝撃。というかこれ引っ張るどころか再投入するとは思いませんでした。

はやりん&戒能プロ、和ママこと嘉帆さん、まさかの竜華再登場・・・おもちパワーバランスが崩壊していたところに、これとは。一体どうなりますのだ。
(はっちゃんの胸元全開で多少緩和されていますが)
次回は真なるおもちファンタズムの発現となること請け合いですね。

このページのトップヘ