美子は不自然な手作りしてるのに何故か早い?:咲グラフ

以前に咲グラフさんとこにコメントでちょろっと書かせていただいたのをサルベージして一つ


状況 東四局 ドラ表示:白

【捨て牌】

弘世菫
西 一筒 南 一萬 白 二萬

二条泉
一筒 北 東 中 一索 五索

松実宥
九索 南 二筒 白 裏 二索

安河内美子
一萬 南 白 八萬 北

(宥姉の?は文字が潰れて不明ですが、パッと見では九萬のようです)

んでまぁこの局は皆さんご存知の通りに、安河内美子サンが以下の手でちょっと安く仕上げてツモ和了。
一索 二索 三索 四索 五索 六索 七索 八索 九索 八筒 西 西 西  ツモ 八筒

よくよく直前に一枚切れの字牌をバシバシ切ってるわけで、美子の待ちが話題になっていたりするわけですね。

さて、美子はさておきタイトルに挙げた泉の手牌はどうでしょう?

確認した限りでは以下の通りです。

三筒 三筒 四筒 七筒 九筒 三萬 三萬 三萬 五萬赤 六萬 七索 八索 八索

んで捨て牌が
一筒 北 東 中 一索 五索

最後が五索切りなんですね。

ちなみに僕は九筒切ります。順目によっては七筒から切るかも知れません。
七筒九筒のカンチャンターツ残しよりはタンヤオ確定したいので。 八筒ツモはクリティカルになりますが…。

余談ですが、美子の字牌切りについては、咲グラフさんもコメントで言っている通り、
「両面の平和型へのシフトを狙う途中で完成」ということで仮説が成り立ちますね。
待ちも広くなりますし、目論見に沿った形になります。