600_sakiA15115
タイトルの通りで御座います。
咲-Saki-に関連する酒-Sake-を集めてみんなでドンチャンやろうじゃないかという、至ってスィンプルなものです。
詳細はセカイさんの記事をご参照くださいな。

で、その話を少し・・・


酒に関しては本気を出す僕、試飲イベントやビアフェスに参加する程度には好きです。
ということで、やる気度で言えばこのくらい
ikeda2
あ、これ後で潰れるやつだ。

で、そろった酒の姿が
IMG_6798_600
IMG_6805_600
あ、これ後で潰れるやつだ。(再認識


持参OKということなので、僕も用意していきました。
僕が用意したのは金寶 穏 特別純米詳細はコチラ

そう、高鴨穏乃の(こじつけの)お酒です!
ブログプロフ2

まるで穏乃のジャージを借りている間にとったダシのような味わいが特徴です
(新子選手並の感想)

600_1338053771232

嘘です。マイルド感があって癖の無い味わいで、香気があります。
穏やかなのは名前だけ?いえいえ少しの辛口感があり、それが飲みごたえにつながっています。
香りと味わいを活かして、常温かぬる澗がオススメですね。


酒-Sake-の中では「煌のしずく」「吟醸 神代 上澄」「淡にごり」と「愛宕の松」が美味しかったです。
それぞれ僕なりに説明しますと・・・

・煌のしずく
 フルーティーな味わいで、飲み込むとキレがあって、それが気持ちよさになる。
 一杯目でもシメでも、無事に役割を果たしてくれそうな、そんなすばら先輩のようなお酒です。

・神代
 濃い甘みがガツンと口中に広がります。その広がり方、まるで姫様に包まれているような、そんな幸せな気分に浸れるお酒です。

・淡にごり
 にごり酒は得てしてフワフワ感というものがあります。この淡にごりにもフワフワ感がありますが、その中にも一本芯のある甘みがあります。淡の度胸の良さを、そこに感じることが出来るのではないでしょうか。

・愛宕の松
 こちらは以前にも飲んだことがありますが、酸味が程良く、人を選ばない良さがあります。
 洋榎の、誰に対しても同じスタンスでいられるような、そんな安心感がありますね。

焼酎の中だと、「白水」は純米焼酎だけあって、匂いが少なめで甘みがあって、飲みやすい仕上がりでした。哩ぶちょーの、実は繊細な面を垣間見たような、そんな感覚を得られるでしょう。


会場では、じっくりと酒-Sake-を堪能する方々。アツく咲-Saki-を語る方々。
さらには、咲フェスのライブ映像と共に、サイリウム振って踊り狂う方々。
三者三様の楽しみ方がありました。


勿論こんなに沢山の種類の酒-Sake-を飲んだら結果は見えてるわけで、終わり頃には
600_tumblr_mkmwi1sjsL1qgy9h5o1_1280
何か話を振られても、こんな感じになってました。


とまぁ、思い切り飲んで騒いで、楽しい時間でした。
こんな素敵な会を開催してくださったセカイさんと、暖かく迎え入れてくれた参加者の皆様に感謝しかないですね。
chikako01

最後に、もはや定番となりつつあるこのワードで・・・
f58a6dd0_


なお
f58a6dd0_A02