2011年03月

2011年03月29日

3月11日に日本を襲った大地震。

あれから半月が経ち、日常生活の中で
物流のストレスというものはあるが、震災前に戻りつつある
「あきた」がある。

もちろん、各々が抱いている気持ちとは違うもので、
交通量であったり、行列のなくなったガソリンスタンドで
あったり。

私は普通と違うのか、震災直後より月日が経てば
経つほど「やるせない」という気持ちが大きくなっている。

ライフラインが復旧し、テレビに電源を入れ、
目に飛び込んできたのは、隣県市町村の壊滅的な状況を
映した映像。

日が経つと、被災者一人一人をクローズアップし、
起こってしまった現実に対して、必死に向き合おうと
している姿を映す。

未だ先が見えず、不安という病をまったく
ケアすることのできない福島原発。

電力会社を批判するつもりはない。
散々恩恵に与りながらも、電気というものは
エコなのか、クリーンなのか。そんなことを
考えてしまう。




AADaadcom at 22:38│コメント(0)トラックバック(0) |

2011年03月14日

11日午後3時前、秋田市仁井田で大野と一緒に
地震に遭遇しました。
某企業さんと打合せしていたところでした。

いつもの揺れと何かが違い、
これまで生きてきて外に避難したことがなかった僕も、
思わず避難を呼びかけていました。

停電で暗く寒い一夜を過ごし、
改めて電気に依存した生活や、有事に何も出来ない
自分に気付かされました。


秋田はまさに不幸中の幸いで、
大きな被害はなかったのですが、
岩手・宮城・福島で災害に見舞われた方々の
ことを思うと、心が痛みます。

僕自身、いまだ連絡の取れない友人(気仙沼)が
ひとりおり、安全を祈るばかりです。


復興に向けて僕が出来ることは小さなことしか
ないとは思いますが、募金等何か出来ることから
始められたらと思います。




AADaadcom at 10:52│コメント(0)トラックバック(0)徳原雄のブログ  |
プロフィール

AAD


秋田建築設計をフォローしましょう
家に関するアンケート
livedoor × FLO:Q
Amazonライブリンク