通夜の為、遠い親戚の家にやって来たひのえ。
そこで謎の少女に離れへと招待される。
道中には喋るカエルや妙な態度の訪問者、そして相変わらずの謎の少女。
そんな奇妙な者達と出会い、奇妙な状況が起こる……。
IT000018436906

というストーリーのコミック形式の推理ノベルゲームです。
 
↑招待主であり、離れの主であるマイと主人公ひのえ。

この奇妙な状況を打開する為、選択肢を選ぼうという単純明快なシステム。
あとは読み進めるだけで、漫画自体もコミPo!というツールと素材集から作成されています。
なので、“この作品のイラスト”にオリジナリティはありません。
それでも私が記事を書くのは、考察、推理自体が楽しく、そこに価値があると思っているからです。

こちらのゲームの製作者様、言ノ葉迷宮様は昔開催されていた3分ゲーコンテストで「夏、セミ、少女」や「Reason of Detective」を出展されていたサークル様です。
このサークル様はとにかく「自分で考える事」が楽しい推理ゲームを製作されています。
普通は推理ゲームでも選択肢があって、上から順に全部選択していけば当たるものです。
わからなければそうしてしまう。
そうしてしまうと結局わかっていないまま進むから、楽しむのはどうしても絵や推理以外のストーリーになってしまう。
だけど、言ノ葉迷宮様は選択肢だけではなく、入力を求めます。
自分自身が正解を見つけなければならないのです。
その為のサポートは全力でしてくれています。
選択すればコピーされる人物欄、周回で出るヒント機能、必ず作中に探し方か名称が載っている理不尽さのない難易度……
 IT000018436903
だから頑張れば自分でも解答を見つけ出せて、それが楽しいんです。

そして、入力以外の要素としてもう一つ。
犯人を見つける、証拠を見つけるではなく、
「状況を把握する」→「止めるべき原因を考察する」→「原因を止める為にどうするか考察する」
これをまるっと行わなければなりません。
IT000018436907
つまり当てずっぽうに「犯人はお前だ!」をすれば良いのではなくて、パズルみたいにこれがああなって……だからこうする為にこの行動をして……みたいな組み立てをするのです。
好きな方は本当に好きになれるゲームだと思います。

ですが、体験版はあくまで動作確認用でしかありません。
脱出は勿論出来ませんし、このゲームの肝である考察の楽しさを味わう事は出来ません。
考察を楽しみたい方は、是非体験版だけで終わらずご購入をお勧めします。
(この記事は作品を購入して執筆しています)

記事作成者:匿名参加につき非公開