今回は韓国のポーカールーム事情です。

ソウルの玄関口である仁川(インチョン)国際空港のそばに2017年、パラダイスシティがオープンしました。
先日 PokerStars Festival が開催されたのに合わせ、さっそく新しく出来たポーカールームに行ってきました。
20170716_140828
結論から述べると、非常にライブポーカーデビューにおすすめの場所です。
まだ海外でポーカーをしたことがないという人は、特にトーナメント期間などに合わせて訪れてみることを薦めます。

ここでは、空港到着後のアクセスから順番にレポートしていきます。

まずは仁川国際空港に着いたら、ターミナル一階のパラダイスカジノのブースにぜひ立ち寄りましょう。6番出口と7番出口の間にあります。

ここで、 ₩70,000 分のベッティングクーポンが入手できます。
初回メンバーシップ登録時に特に何も提示せずともやはり ₩70,000分のクーポンが貰えるのですが、それとは別途こちらのブースで手に入るクーポンも加えて利用できます。

20170713_141641
クーポンを手に入れたら、シャトルバスでパラダイスシティへ向かいます。
3番出口を出て横断歩道を渡った左手にバス乗り場があります。
15分間隔で運行、所要は10分程度です。
20170713_142234
シャトルバスとは別にリニアモーターカーも走っているのですが、最寄り駅から10分ほど歩く必要があるのでこちらはあまりおすすめしません。


仁川パラダイスシティのポーカールーム
20170713_143814
パラダイスシティでの基本のステークスは $1/3。(₩1,000≒1$と換算)
フロアに訊いたところ、平時の稼働状況は平日1~2卓、週末3卓程度とのことです。

そして、一番のポイントは Max バイインが100BBとなっている点です。
ウォーカーヒルのポーカールームが実質バイイン制限無しであることと対照的です。

これはおそらくレクリエーショナルプレーヤーを呼びたいというルーム側の意図だと思います。
やはり皆がたくさんお金を積んでいるテーブルに自分だけショートで入るのは、(本質的な不利は無いにせよ) 心理的に気が引けるものです。
そういう意味でウォーカーヒルとの棲み分けがなされていて、こちらはよりレクリエーショナルプレーヤーに優しいテーブルであると感じました。

レーキは10%、15ドルキャップ。$2/5(Max 200BB)が不定期で立つようです。
チップは基本不要ですが、ビッグポットを取ったときなど1、2ドルあげるとスマートです。
20170716_141127

ソウル市街の老舗ウォーカーヒルも

ソウルエリアでは他にも市東部のウォーカーヒルにポーカールームがあります。
以前から日本人のプレーヤーも多く滞在している場所でしたが、パラダイスシティができてからも依然活況を呈しています。

こちらは$1/2ですが 500BB Max と非常にディープでルースなプレーが展開されるのが特徴です。
韓国はレーキが高いだけに腕があるのであればこちらのテーブルの方が有利かもしれません。

$2/5も一卓は平日でも稼働している場合が多いです。
20170718_130528

韓国でライブポーカーデビューを!
 
海外のカジノでポーカーしたいと考えている方には、まずは韓国でどういったものか経験してみることは非常に良い選択肢だと思います。

LCC等で探せば往復2万円以下で渡航可能ですし、食事もカジノで済ますこともできます。
そして日本人のポーカープレーヤーもそれなりにいるので、いろいろ情報交換や交流を深めたりといった部分も韓国のポーカールームならでは。ステークス的にも安い部類に入ります。

ここでの経験を足がかりにその後マカオ、ラスベガスなど視野に入れるのも悪くないと思います。
まだアミューズメントやオンラインでのポーカーしかされたことがない方はぜひ検討してみてはいかがでしょう。

以上、韓国のポーカールーム事情でした。