ライブポーカーを語る上でギャンブルのメッカ、ラスベガスは外せません。
豊富なテーブル、安いレーキ、オンライン環境から隔離されたアメリカ人プレーヤーの存在と聞けば、ポーカーをする環境としてはこの上ない条件の揃った街であることに異論をはさむ人は少ないでしょう。
DI81SANVAAAECly
一方で日本からのフライト時間や料金、現地での生活といった部分で手近なアジアの諸都市とは事情が異なり、そのことで今までラスベガス行きに二の足を踏んできた方もおられると思います。

今回はラスベガスでポーカーをするために知っておきたい様々な情報をお伝えします。
現地特有の事情を理解し、きちんとした準備をして臨めば、ポーカー好きにとってラスベガスは間違いなく夢のような場所であると自信を持って言えます。

ラスベガスのエリアマップ
IMG_20171105_201106
ラスベガスの中心エリアの代表的なカジノホテルをマップ上にプロットしてみました。
大きく分けて、二つのエリアに集中しているのが見て取れると思います。

一つは大通り沿いに細長く伸びている、通称「ストリップ」エリア。
今日のラスベガスのメインと言えば、この界隈を指します。
巨大なテーマホテルが立ち並び、都会的な雰囲気があります。

もう一つは「ダウンタウン」エリア。
今では若干時代に取り残されたような感もありますが、逆に言えば「古き良きラスベガス」を感じられるアーケードストリートです。

その他にマップ外にもいくつか郊外型のカジノが点在しています。

ダウンタウンや郊外エリアのカジノにもポーカーテーブルはありますが、その大半が $1/$2 ホールデムです。もちろん息抜きやまったり楽しむ分には全く問題ありませんが、ある程度本格的にポーカーをしにラスベガスに来たのであれば、必然的にストリップエリアが主戦場となります。

ラスベガスのポーカールーム

ここではストリップエリアの代表的なポーカールームを紹介します。
各ルームの規模やプレーヤー層から、自分なりにいくつかのジャンルに分類してみました。

規模、格式。ラスベガスの言わば「四天王」― Bellagio, Aria , Wynn , Venetian

どれも大きなトーナメントも主催する格式あるカジノ。
$2/$5以上のステークスが基本的に稼働し、ホールデム以外のゲームもプレイできる。


とりあえずテーブルはよく稼働している「大箱系」― Ceasar's Palace, MGM, Rio (WSOP期間限定)

シーザーズは2/5が不定期で立つ程度 (MGMは未確認)。リオはWSOP期間はありとあらゆるゲーム、レートが立つが、それ以外の期間は閑散としている。


マイナーだけどその分ゲームはソフト「カジュアル系」― Planet Hollywood, Flamingo, Treasure Island, その他多数

大手との差別化のため、ジャックポットを導入しているところが多い (当然その分レーキは取る)。
また、フリーロールやキャッシュバックといった各種プロモの中には期待値の高いものもある。


ご覧の通り、数もさることながらそれぞれのルームごとに微妙な違いが存在します。
それらを見極めて、自分にあったポーカールームを見つけることが重要です。

レーキに関してはラスベガスは全般的に非常に安く、$2/$5 までは $5 キャップが一般的です。
$1/$2、$1/$3では10% ($10ごとに$1) 、$2/$5では写真のように変則的に5~10%の間で取るのが一般的です。
上のステークスになるとタイムレーキに移行します($7/0.5h といった具合)。
20171113_234128
最後に「四天王」のポーカールームそれぞれについて簡単に紹介しておきます。
(レーキ等の細かい数字はこちらから確認してください。)

ベラージオ (Bellagio)
20170921_075059
四つの中でも強いて挙げるなら一番手と呼べるのがベラージオ (そもそものホテルの格式が高い)。
テーブルは20卓以上。とにかくゲームの種類、ステークスと満遍なく揃っているのが特徴
人気に比例して、プレーヤーの平均レベルは高め。

アリア (Aria)
20170902_110259
ベラージオと同じMGM系列のカジノ。
正直プレーヤー層、規模などベラージオと似ていると思うが、日本人専業の間では一時期「アリア道場」と呼ばれ敬遠されてきたことで有名。
こちらでは2017年現在ベガスでほぼ唯一ポットリミットオマハ ($1/2,$2/5) が安定的にプレイできる

ウィン (Wynn)
20171031_195940
ストリップの北側、中心からは少し離れたエリアにある。
テーブルの稼働数は10卓+程度。
ポーカールーム自体は別館の Encore に移転しているので注意 (これまた遠い)。
今のところオマハも時々プレイされている。

ベネチアン (Venetian)
20170916_160352
もともと Extravaganza といった大きなトーナメントも主催する格式あるルームだが、最近は $1/$2が主流になってきており、ジャックポットも導入するなどカジュアル寄りにシフトしてきている。
トーナメントを頻繁に開催しており、プレーヤー層は他と若干異なる
コンプをトーナメントのエントリー費に充てることができるのも他にはない特徴。

以上、ラスベガスのポーカー事情、エリアとルームについてお話しました。
後編では、Bravo Poker、コンプ等についてさらに解説します。