今後 このブログではポーカーの戦略について書いていこうと思っていますが、
自分のポーカー観は Ed Miller という方の著作による部分が大きいです。

Ed Miller は元々はライブキャッシュゲームを中心としたポーカープレイヤーで、
現在はコーチングを本業とし、現在までに9冊のポーカー戦略本を執筆しているそうです。


今回と次回の投稿で、最近刊行された2冊を紹介します。
おそらく今まで読者の方が抱いていたポーカーに対する固定観念をくつがえすような
画期的なアイデアが提唱されています。


TheCourseCover_20150406_300x463_WEB


『 The Course 』

2016年刊行の Ed Miller 最新刊。
順番的には 後述の Poker's 1 % よりも後だが、こちらの方が内容的には間口が広い。
主にライブキャッシュゲームで勝つための exploit 戦略の観点から
1/2、2/5、5/10とステークスごとに要求される技術を解説しています。

各ステークスでマスターすべき具体的なスキルは簡単に書くと

1/2  ―   「自分のカードをプレイする技術」

・プリフロップのハンドセレクション
・ 相手のビッグベットにペイオフしない 
・ポストフロップのハンドの強さを正しく見積もる

2/5 ―  「相手のカードをプレイする技術」

・弱みを見極めて、バレルを打つ
・ボードテクスチャを読む
・ライブでのテル
・感情をコントロールする

5/10  ―  「相手のアグレッションを exploit する技術」

・様々な種類のアグレッションへの対処
・ディープスタックでのプレイ
・アジャストする相手への対応

となっています。

GTOはひとまず置いておいて、ライブでの実践的なスキルに焦点を当てているので
最初に読むのであればこちらをおすすめします。

次回は Ed Miller のもう一つの良書  『Poker's 1%』 をご紹介します。