<インド大反乱(セポイの乱)>

イギリスの 人は来ないで! セポイの乱。

[解説] 

人は来な1857年 

◆1857年、インド大反乱(セポイの乱)が起こりました。

◆インド大反乱は、1857〜59年にイギリスの植民地支配に対してインド
の民衆が起こしたものです。

◆産業革命後のイギリスが、安価な機械織りの綿布の市場をインドに求め、そ
れをきっかけとしてインドの植民地化が着々と進んでいきました。イギリス
は、インドを経済的に支配したうえ、インド人の宗教的慣習まで無視し始め
ます。

◆このため、東インド会社のやとい兵であるセポイが武装蜂起し、さらに農民
や商人までを加える大きな反乱となりました。彼らはデリーを占領し、衰え
ていたムガール帝国の統治復活を宣言します。

◆しかし反乱軍に統一した組織がなかったため、イギリス側の反撃は早く、2
年後にこれをしずめました。イギリスはムガール帝国を滅ぼし、東インド会
社にかわってインドを直接支配するようになります。

▼第1次インド独立戦争、とも言います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E6%AC%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E6%88%A6%E4%BA%89

人気ブログランキング参加中!応援クリックお願いします!

歴史ゴロ年表を開く

ページトップへ(最新ゴロ)