次のゴロを10回、早口で音読してください。
そして、10回暗唱してください。
暗唱を繰り返すことで、その聴覚刺激により、脳の奥にある海馬の中で
長期増強が行われ、深い記憶が刻み込まれます。

<天保の改革>

「いやあ、よい水鉄砲だ。」

[解説]

いやあ、よい1841年

水野忠邦

鉄砲(てっぽう)天保(てんぽう)の改革
 
◆1841年、天保の改革が始まりました。

◆天保の改革は、1841年、老中水野忠邦(みずのただくに)が始めました。
 忠邦は倹約令を出して風俗(人々のさまざまな生活習慣)を取り締まり、
 人返し令(ひとがえしれい)で農村の復興をはかったり、物価の安定のた
 めに株仲間を解散する、などの政策をとりました。

◆しかし、あまりにもきびしい内容だったため、大名や旗本の反発をまねき
 ました。特に、上知令(あげちれい)で、江戸・大阪の十里四方を幕府領
 とすることを命じたために、忠邦は失脚(しっきゃく=地位を失うこと)
 に追い込まれてしまいます。

*歴史クイズ!  忠邦は株仲間を解散する政策をとりましたが、逆に、
株仲間を奨励することによって税を取る、という政策をとった老中はだれ
でしょう?(答えは下)





(答え)田沼意次です。

▼天保の改革
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E4%BF%9D%E3%81%AE%E6%94%B9%E9%9D%A9

▼水野忠邦ってどんな人?
http://www.eonet.ne.jp/~chushingura/p_nihonsi/episodo/101_150/143_01.htm

人気ブログランキング参加中!応援クリックお願いします!

歴史ゴロ年表を開く

ページトップへ(最新ゴロ)