本日は3日に続き、俵頭ちさき出演舞台「KIZUNA」の千秋楽公演を観に行って参りました。


元々は今日のみの観劇だったのですが、これまでずっとちさきちゃんの出演する舞台は1公演しか観る機会が無かったのと、ちょうど初日の日に休みが取れたので、念願のリピーターが出来ました(笑)(^^)


私の場合、舞台は2回目の観劇の方が、より作品の良さやメッセージを理解しやすいのですが、今回の作品も、初見の時より、より深く作品のメッセージに触れることが出来ました


作品の内容は、

酒蔵を営む頑固一徹の職人の父、後継ぎを志すと言いながら一向にうだつの上がらない次男、酒蔵を継ぐより『もっとデカくなる』と家を飛び出し医者になり15年ぶりに田舎に戻ってきた長男、かつて酒蔵に勤めていた恋人との間に悩む長女、そんな家族をずっと見守る母、そんな5人の吉満家という家族に次々と降りかかる難題。

『長女の妊娠』
『父の突然の死』
『次男の事故』
『長男と次男の対峙』

次々とやってくる出来事を通じ、反目し合っていた父・次男・長男が、それぞれの想いを少しずつ理解し、「家族の絆」を取り戻していく

というストーリー。


初日の時にも感じましたが、自身の身にも思い当たる事が幾つもあったりして、改めて「家族」というものについて考えさせられた作品でした


観劇しながら、東京に住む老齢の両親の事が頭に浮かんできて、「生きてるうちに、もっともっと感謝の想いを伝えなきゃいけないな」と自戒の念を痛切に感じました(^^;


さて、そんな作品の千秋楽公演でしたが、本日はななな何と!!!私の推しである俵頭ちさきの22歳のお誕生日でもありました*\(^o^)/*


推しの誕生日に出演舞台を観れ、終演後に直接『お誕生日おめでとう』を伝えられるという幸せも堪能致しました(笑)(^^)


初日には先月行った北海道で買ってきた白い恋人をプレゼントしましたが、今回は奮発して花とプレゼントを買い、面会で渡すことが出来たので大満足でやんす

image



喜んでくれてたらいいな(^^)


今回の舞台で、また1つ成長を感じさせてくれた彼女の次回作が楽しみです


image





☆愛の種