image


本日は昨日に引き続き舞台観劇。

今日観てきた作品は、劇団空感演人主宰の舞台「SAKURA」。

初めましてな劇団かな?

どうも作品は覚えていても主宰劇団は忘れてしまうもので(笑)(^^;

ストーリーは、幕末の京の都で新撰組へ入ることに憧れる浪人・田上真蔵と海援隊へ入隊することに憧れる浪人・平野寅之助、2人の出逢い、友情、葛藤、そして運命の別れまでを描いた作品。

公演時間は1時間30分と昨日の「双鱗姫」より短めでしたが、内容は濃くて見応えのある作品でした。

キャストさんは存じ上げない方々でしたが、逆にその方が純粋に作品の持つメッセージをじっくり感じることが出来ました。

今回のお目当ては、田上の妻・春役の足立至世さん。

前回出演された舞台「for.love」では喫茶店のマスターことり役を演じられていたのですが、私は日程の都合で残念ながら至世さんのことりは観られなかったのですが、Twitterで交流させていただき、次回作は必ず観に行くと約束していたので、お逢い出来るのを本当に楽しみにしていました(^^)

至世さん演じる田上春は、夫を陰から精神的に支える、言葉は少なくも温かい眼差しで見守る奥方でしたが、至世さんの真蔵を見る時の表情が慈愛に満ちていて「こんな奥さん欲しかったなぁ〜_| ̄|〇」ってリアルに思いました(笑)(^^;

ラストシーンの、桜を見ながら縁側で佇む姿なんて、後ろから抱き締めたくなるくらい切なかったです。。

初めて演技を拝見したのですが、「もっと色々な役を演じる姿を観てみたいな!」と思わせてくれる本当に魅力的な役者さんでした(^^)

これから追いかけていこう(笑)

終演後に面会があり、ようやくお逢いすることが出来ました*\(^o^)/*

実物の至世さんは、写真で見るよりさらに綺麗で、緊張でドキドキしてあまり話せなかった_| ̄|〇

でも、お土産いただき、握手と写真まで撮っていただきました(*^^)


image


image



想像していた以上に本当に素敵な方で「これからも、ずーっと応援していこう!」と決めました(^^)


次回作楽しみダナー♪


image



☆愛の種☆