亀田の家

2011年11月08日

「亀田の家」 リプラン東北掲載

replan_tohoku_1S
画像

「亀田の家」が、リプラン東北 vol.33に掲載されました。

replan_tohoku_2S
画像

replan_tohoku_3S
画像

以下、掲載文になります。

亀田の家
 敷地は市の郊外にある古くからの住宅地、住みやすくてコンパクトな家をつくって欲しいという依頼があった。私道に接した広くない土地を有効に活用するために、周囲に建っている建物との関係を現地で慎重に図りながら、配置や建築のサイズ、開口の取り方を決めていった。
 ご夫婦に部屋の広さについて模型などで提案すると、いつも『その位あればいい』というように的確に反応してくれる。ご自分たちの生活のあり方と広さに対する感覚が実にしっかりと持っておられる方で、設計はとてもやりやすかった。
 小さな家の場合、コンパクトにできない階段部分がどうしても際だってしまう。そこで、移動手段だけにしておくのはもったいないので、階段室を書庫かつ読書空間のようにつくり、本好きの御夫婦と生まれてくる子供にとって一つの部屋のように使うことを提案し了解された。さらに階段に接続するフロアレベルを台所とリビング、主寝室と子供室をスキップさせることで、部屋の移動が単調にならずに階段自体が座ってくつろげる場所とすることができたと思っている。階段下に組み込まれたコックピットのような書斎や欧州のペンションのように高い天井をもつ主寝室も生まれた。出来上がった畳のリビングや食事スペースに座って庭を見るとその心地よさが際立っている。茶室のようなスケール感と包むような安心感があるのだ。竣工後に他の施主さんの何人かに見ていただいたが、異口同音『・・・これで充分だというよりとても落ちつく、居心地がいい』という言葉をいただいた。リビングや食事スペースのスキップと脇に見える階段の様子が、この住宅の縦に展開する多様な空間を暗示している。
 建築家としてこのような20坪という家は初めての経験だったが、この御夫婦のように茶室のような日本特有の空間を理解し、慎ましさを旨として生活を組み立てている方の家を設計して、小さいことがむしろ豊かさにつながっていくということを実感することができた。

ab_as at 10:53|Permalinkclip!

2010年11月25日

亀田の家 階段書庫

IMG_0234

IMG_0240

IMG_0211

亀田の家、階段書庫の様子。階段と書庫が一体となった空間が、この住宅を縦に繋いできます。

ab_as at 16:21|Permalinkclip!

2010年11月15日

亀田の家 竣工 2

IMG_0218

IMG_0262

ダイニングとキッチン、リビングがとてもコンパクトなのですが、良い距離感でつながっています。

ab_as at 10:53|Permalinkclip!

2010年11月01日

亀田の家 竣工

IMG_0265

IMG_0250

コンパクトな住宅が完成しました。
事務所の経験でもここまでのコンパクトサイズは初めてですが、しかし内部空間は天井の高さや空間に変化があり伸びやかで、階段部分にも特徴があり、とにかく落ち着いていて住みやすそうというのが見ていただいた方々の評判です。何より施主の方には自分たちの望んでいるものができたと、とても喜んでいただきうれしく思っています。スケールやディテールにはとりわけ気を使いましたが、この住宅を設計することができたことをとても感謝しています。

更新が滞っておりましたが、これから、少しずつ写真をアップしていきたいと思います。

ab_as at 19:09|Permalinkclip!

2010年09月08日

亀田の家 内部工事

R0012015

R0011387

亀田の家の内装工事が進んでおります。亀田の家では2階の子供部屋の天井が屋根面に近いことから夏場の熱気を和らげるために屋根面でのボード系の断熱材の他に天井面にもグラスウールを敷き込み2重の断熱層を確保しています。

ab_as at 09:50|Permalinkclip!

2010年07月23日

亀田の家 建て方

R0010692

亀田の家の建て方が終わりました。小さな家ですが、内部のスキップした空間の構成が現れ、高さ方向へ広がっていく様子が感じられるようになりました。

ab_as at 18:04|Permalinkclip!

2010年07月21日

亀田の家 基礎工事

R0010680

亀田の家の基礎工事が終わりました。基礎はコンクリート打ち放しの仕上がりそのままとなる事から、丁寧な施工が要求されます。見た目の仕上がり具合はもちろんですが、きれいな仕上がりの基礎は耐久性の面から見ても実は重要で、建物を支える一番重要な部分だけに、コンクリートの仕上がり具合は、施工者の腕が試される最初の戦いの場でもあります。

ab_as at 20:01|Permalinkclip!

2010年07月15日

「亀田の家」 配筋検査

R0010530

R0010524

亀田の家の配筋検査の様子です。鉄筋径、本数、ピッチ、かぶり厚さ等などを検査。検査合格のあとにコンクリートの打設を行います。

ab_as at 19:55|Permalinkclip!

2010年07月14日

「亀田の家」 着工

R0010505

R0010510

「亀田の家」が着工しています。低層の住宅地に立つ木造2階建ての小さな住宅ですが、内部は様々な空間が体験できる構成となっています。写真は基礎の捨てコンクリートの打設状況です。

ab_as at 09:40|Permalinkclip!