2b058973.jpg
源外「あの半身ロボッ子の身体には時限起動型 星間波動ビーム砲が組み込まれている。

照準は銀河惑星同盟の星々、つまりあの男からビーム砲が発射されれば地球は銀河中に戦争をしかける事になる」











4e0e509a.jpg
毘夷夢星人「ビーム砲発動までには、まだ24時間猶予がある。

もし君達に宇宙の覇者となる意志がないのであれば、例のビーム砲禁止法案をとりさげればいい、そうすれば宇宙は明日も今までと同じく静かな時を刻む事となるだろう。

だが決断が遅れた場合、明日は宇宙大戦争(スターウォーズ)が勃発した忌まわしき日として宇宙の歴史、いや人々の記憶に深く刻まれる事になるだろう。

そしてその戦争の火蓋を切った地球はまっ先に宇宙の塵となるだろうな」











2663de6f.jpgf51fc270.jpg
源外「毘夷夢星は星をあげて兵器産業を切り盛する巨大な武器商人みてーなもんだが、国をあげてこんなマネする程バカじゃねェ。

戦争を商いにする毘夷夢星はその性質上 多くの闇商人と密接な関わりを持つ、その中には火種屋と呼ばれる戦争をひき起こすため暗躍する組織もあったとか。

数多の星間戦争でその名を轟かした銀河剣聖。

もし奴が戦を止めるためではなく、戦をひき起こすため作りあげられた英雄だとするならば…」











515ae44b.jpg
源外「恐らくあの男は自分の身体がスターウォーズを引き起こす兵器である事も自分が奴等に利用されている事も気づいていまい。

奴等の道具として動くは奴の半身、奴ぁ その命だけじゃねェ、あの機械の半身に握られちまってんのさ。

哀れな話よ、奴ぁ命をつなぐ代わりに半身だけじゃねェ、その魂すら半分もってかれちまったんだ」










f431163c.jpg
銀時「奴の半身を止める方法は」



源外「……………」



銀時「言えよ 新八やお妙にゃ負わせらんねェ仕事なんだろ」



お妙「……………」











cbce9c0d.jpg
神楽「オイ!こんなカンジでいいアルか!!」



尾美一「いい湯加減じゃ 神楽坊サンキューベリーハムニダ、一緒に入るか?」


神楽「入るワケねーだろブッ殺されてーのかセクハラソードマスター












4220cf88.jpg
ぐつぐつ…マグマ風呂










c8a8103c.jpg
銀時「新八もいやがんのか、面倒な事になるな…つーか何俺?マーシー(田代まさし)?」










fba35d9b.jpg
銀時の手には刀が…









dc298300.jpg375927e0.jpg
源外『この情報撹乱機を仕込んだ刀を奴にブチこめば一時的に奴の緊急システム発動を遅らせることができる、その間に奴の半身を破壊し全機能を停止させろ』



銀時『残る生身の半身はどうなる』




源外『…言っただろう、今の奴は機械によって生かされとる。

半身が機能を失えば残る半身は死体に戻るだけだ』












2a493811.jpg
お妙「そんな物騒なものもって何やってるんですか、銀さん」




銀時「決まってんだろ、お前の初恋の男 ぶった斬りに来た」












1cc73e02.jpg
お妙「ハッキリ言うんですね」




銀時「女にゃ姑息な嘘は通じねェだろ。

目、腫れてんぞ。

盗みぎきなんてはしたねェマネするからだ」







beaf89e3.jpg8299e782.jpg
一「新坊…おんしはとっくにわしなんぞより強か、こうしてお妙ちゃんや道場を立派に護ってきたんだから。


それに比べて、わしゃ宇宙一の侍なんぞになるとウソ吹いて地球ば飛び出して結局見つけたんはこのガラクタの身体とそれによって得た剣聖なんぞという空っぽの器だけじゃ。

江戸へ帰ってきて新坊達を見て思った。

己の足元に転がった護るべきもんも見つけられん奴が、宇宙にいこうがどこにいこうが本当の強さなんぞ見つける事はできやせんとな」










d11debab.jpg
一「もっと早くに帰ってくるべきだったの、この侍の国に」




新八「なんでそんな諦めたみたいに言うんだよ、なんでもう全部終わっちゃったみたいに言うんだよ。

これからみんなで一緒に見つけていけばいいじゃないか、これからみんなで一緒に強くなっていけばいいじゃないか」










b4bfc18c.jpg3c96cae0.jpg
新八「きっと見つけられるよ、だって僕らも見つけられたもの。

あの人と銀さんと一緒に。

だからそんな事言わないでよ、アンタが…あの一兄がそんな顔しないでくれよ



一「新坊…おんし、気づいておったがか」










dcaaa4b4.jpg
お妙「私だけじゃありません、私も新ちゃんも、きっとあの人も…

もうちゃんとわかっているから、だから…お願い。

明日までとは言わない、ほんの少しの間だけでいい その剣を降ろして…銀さん」










f6049d46.jpg
新八「一兄…僕は一兄と銀さんを会わすのが楽しみだったんです。

僕らの頼りになる兄貴分二人が顔を合わせたらどんな会話するのかなって。

ここに二人 肩並べて、それで僕が二人の背中流して。


そんな日が来ないかなって、そんな事ができたらいいなって…ずっと思ってたんです」










795bcf13.jpg
新八「なのに…なんで一兄なんですか、なんで一兄が…銀さんが……僕らがこんな事にならなきゃいけないんですか(泣)」











aead9f38.jpg
お妙「お願いします銀さん、あとちょっとだけでいいから あとほんの少しだけでいいから。

あの人を新ちゃんの兄様でいさせてあげて」










6fc70f7b.jpg
一「新坊すまんの、おんしを苦しませる事になってしまって。

わしもこの半身をおさえこむのにも限界がきちょる、半身と一緒に腹を切る覚悟は決まっておったけんども。


ほいでもこんな物騒な身体でのこのこ江戸へ来てしもうたんは最後にもう一度、新坊とお妙ちゃんの顔が見たかったからじゃ。

最後まで迷惑かけてしもうてホンマ すまそん。

ほいでも、もう一度会えて…よかった。

もう一度 侍の街ば見れてよかっ…」












4997e885.jpg
ドゴォォォォン!!!!!!









633fa93e.jpg
銀時「邪魔だ、どいてろ。

どいつもこいつも揃ってなんだそのツラ、立派な侍はこんな時どんな顔をすればいいかビームサーベ流の教えを忘れたか」












0c279c62.jpg
銀時「なァ 尾美一(おびワン)塾頭」




坂田銀時vs尾美一!!!!




http://jumppingping.blog110.fc2.com/?mode=m&no=1114&cr=fb2c08fcece053733de219d5caf750c6

銀魂 #406 ネタバレ