iPhoneゲームレビュー

面白かったiPhoneゲームを厳選して紹介します。

ミクフリック

セガによるミクのフリック音ゲー、ミクフリック。一見、フリック練習アプリのようですが、その実、ProjectDIVA並にしっかりと作りこまれた音ゲーです。

IMG_0066


ルールは凄く簡単で、右から左に流れている歌詞のうち、白い文字がカーソルに重なった時に、フリックでその文字を入力するだけです。

IMG_0100


特筆すべきはその画質。従来のProjectDIVAでは全てリアルタイムレンダリングで、リアルタイムにポリゴンをレンダリングしていましたが、今回は全てプリレンダリングです。背景にムービーを置いて、その上にフリックのUIなどを重ねています。ムービーの再生には、ゲーム業界で高いシェアを持つCRI社Sofdecが使われています。

IMG_0104


その恩恵で、このように、リアルタイムでは難しい観客や、数多くの光源も表現できています。欠点は、ムービー容量とソフトウェアデコードの処理負荷に起因する、圧縮ノイズと解像度ですが、ミクフリックではそれよりも、本気で作りこまれたPVが見れるという恩恵の方が大きくて、ビットレートの配分や解像度の選択(多分HVGA)も含めて、よい感じにまとまっていると思います。このシステムは、他の実写系のPVにも応用できそうでいいですね。

IMG_0103


実績も充実。39(ミク)に関連した実績が多く登録されています。

収録曲は
・恋するVOC@LOID
・mooon
・ワールドイズマイン
・タイムリミット
・ファインダー
・ぽっぴっぽー
・メルト
・えれくとりっくえんじぇぅ
・愛言葉
・ロミオとシンデレラ
・StargazeR
・あなたの歌姫
・初音ミクの消失
の13曲です。曲をクリアするごとに解禁されていきます。Easy/Normal/Hardと選択できるので、初心者でも安心です。

iPhoneゲーム大賞2011へのノミネートタイトル

ゲームキャストさんのiPhoneゲーム大賞2011に今年も参加します!ということで、iPhoneゲームレビューからのノミネートタイトルです。

大賞:GrooveCoaster


IMG_0045

今でも週に一回は必ず遊ぶGrooveCoaster。当然、ダウンロードコンテンツも全部買ってしまいました。エフェクト、カメラワーク、ゲームデザイン、音楽、どれを取っても一級品です。レビューも書いているのでどうぞ。



シューティング賞:デススマイルズ


IMG_0043

STGはやはり安定のCAVE。デフォルトのボタン配置から、ショット方向ボタンを、オプションで左右反転するとかなり遊びやすくなります。ステージセレクトの光をクリックしていくとBGMがゆる歌になるのもいいですね。



アップデート賞:CRエヴァンゲリヲン〜始まりの福音〜


IMG_0042

厳密な意味でのアップデートではないですが、前作のパチスロエヴァンゲリオンからの進化がよかったです。前作のパチスロの方は、液晶の動画演出が小さすぎて、あまり臨場感が無かったのですが、今回は液晶をタップすると拡大できて、臨場感がすごいです。DCT系特有のノイズは気になりますが、それ以上に、演出の大きさは重要だなぁと思いました。



その他賞:DECO PIC


IMG_0044

ゲームでは無いですが、日本発で世界でヒットした写真デコレーションアプリ。累計300万ダウンロードで、国内は24%、他は世界で、ほとんどがアジア圏です。プリクラのように、写真を撮って、ラメラメにデコって、Twitterに投稿できます。デフォルトのお絵かきペンやスタンプが派手派手で、これは日本にしか作れないと思いました。文化の輸出素晴らしい。開発はmixi出資のCommunityFactory。mixiファンドの第一号出資案件です。



他の方の推薦アプリ楽しみです!

bnr_2011game

GROOVE COASTER

今年一番面白かったゲームはGROOVE COASTERだと思います。今までのスマートフォンの音ゲーは家庭用ゲームからの移植が多かったのですが、GROOVE COASTERは完全新作ということもあり、片手で短時間で遊べて、縦画面を生かしたカメラワークと、追加楽曲配信による継続的なビジネスモデルが加わり、まさにスマートフォンのためのゲームの一つの完成形となりました。

IMG_0028

ルールは凄く簡単で、ジェットコースターのようなカメラワークで進行するポインタと、コース上にあるマーカが重なった時に、画面をタップするだけです。極めて単純なのですが、マーカがコース外からコース上に接近してきたり、回転していたり、ある方向にフリックしたりと、かなりバリエーションがあります。

IMG_0023

特に素晴らしいのはカメラワークです。2Dから3Dにゲームが移っていった際に、一番大きく変わったのはカメラワークだといいます。モデリングやグラフィックの密度ではなく、カメラワークこそが、一番、グラフィックに凄みを与えるのです。特にGROOVE COASTERはグラフィックのオブジェクト一つ一つはこれだけシンプルです。それなのに、他のどんなゲームよりもグラフィックが良く見えるのは、カメラワークの力だと思います。(あえてもう一つ付け加えるなら、LEDネオンのような光の効果ですね。)

IMG_0024

このゲームはAndroidではできません。というのも、音楽ゲームは音楽を再生しておいて、その音楽の再生位置をAPIで取得して、タイムラインとして同期を取るのですが、AndroidのMediaPlayer APIの再生位置取得関数は機種によって100ms〜500ms程度の機種依存の遅延があります。そのため、このような音楽ゲームを作るには、PCMを自前で圧縮展開してAudioTrackに入力してやる必要があるのですが、そこまでやったとしても、1/15sec程度の同期が限界で、GROOVE COASTERのように1/60secまで完全同期させるまで合わせ込むのは機種を絞りこまない限り不可能なのです。

ということで、iPhoneでしか遊べない、スマートフォンの未来を感じさせる一本。曲数は12曲と大ボリュームで250円。まだの方はぜひどうぞ。



Groove CoasterをiTunes Storeで購入する
記事検索
Twitter
カウンター
ANALYZE
プロフィール
Kazuki@Abars
ABARSの代表をやっています。メールはabarsceo@gmail.comまでどうぞ。
レビュー依頼について
大変申し訳ありませんが、個人的な趣味で気に入ったものだけを紹介させて頂いている関係で、レビュー依頼は受け付けていません。ご了承下さい。
iPhoneゲームニュース
最新コメント
タグクラウド
  • ライブドアブログ