慣れればキーボード並に速く打てるようになるというフリック入力。Flick Fan!はそのフリック入力の練習ゲームです。

遊べば遊ぶほどスキルが向上する実用ゲーム市場は、NintendoDSの「えいご漬け」あたりをピークに市場規模は縮小傾向ですが、ゲーム機よりも手軽に始められるiPhoneとの相性はかなり良いように思えます。特に、ゲームにお金を使ってしまった、時間を消費してしまった、という罪悪感をかなりの部分緩和できるため、潜在的な市場価値は大きいです。最近ではWiiFitのヒットが記憶に新しいですね。

IMG_0349
FlickFan!では、次の三つのモードがあります。
・単語で練習:短い単語を10個入力し入力時間を競う
・短文で練習:短文を10個入力し入力時間を競う
・毎日テスト:試験を受ける(一日一回だけ受けられる)
・成績:毎日テストの成績をグラフで見る

IMG_0350
短文で練習ではこのように、画面に表示される単語をフリック入力で入力していきます。フリック入力以外の入力では受け付けません。右下に次の単語の予告が表示されているのが素晴らしいですね!慣れてくるとどんどん先読みしていけます。ぷよぷよの予告ぷよの感覚ですね。実にゲーム的です。

IMG_0352
短文はこんな感じです。長い!

IMG_0367
練習やテストが終わると結果が表示されます。入力速度に応じて称号がもらえます!これは楽しい。

IMG_0351
成績では、テストの結果をグラフで確認することができます。成長が実感できます。

ここまで遊べてFlickFan!は何と無料です!現在はタッチタイピングができるかできないかで仕事のスピードが全然異なってくる時代ですが、将来はフリック入力ができないだけでオールドタイプと呼ばれるようになりそうです。ということでぜひFlickFan!でフリック入力をマスターしましょう!

フリック ファン - midtown




ここまで行きたい!