WacomTabletPluginです。完全に見落としていました。サンプルリファレンスもあります。ものすごい簡単なので、サンプルを見ればすぐに使えると思います。

具体的に、

< !--[if IE]>
< object id='Wacom' classid='CLSID:449E4080-7C69-4767-A1AE-6AAE25B0B906'
codebase="http://www.wacom.com/U/plugins/Windows/WacomIE.cab#Version=-1,-1,-1,-1">< /object>
< ![endif]-->
< embed name="wacom-plugin" id="wacom-plugin" type="application/x-wacom-tablet" HIDDEN="TRUE" pluginspage="http://www.wacom.com/productsupport/plugin.php">
< !-->

でプラグインを読み込んでおいて、

function getWacomPlugin()
{
 return window.Wacom || document.embeds["wacom-plugin"];
}

function getPressure()
{
 if(!m_is_wacom) return 0;
 return getWacomPlugin().pressure;
}

function initWacom()
{
var isWacom = getWacomPlugin().isWacom;
if ( isWacom == undefined )
{
m_is_wacom=false;
}
else if ( isWacom == 0 )
{
m_is_wacom=false;
}
else
{
m_is_wacom=true;
}
}

とするだけで筆圧が取れます。素晴らしい!

従来、FLASHで筆圧を使うには、JAVA仮想マシンを通してJtabletを呼び出さなければならなかったんですが、WacomTabletPluginを使うと、JAVA仮想マシン無しで筆圧が取れるようになります。動作プロセスが一つ減るので、かなり高速化されて素晴らしいです。早速、ILLUST BOOKではWacomTabletPluginを使った実装に変更しました。getWacomPlugin().isEraserで消しゴムモードフラグも取れるのもいいですね。何気に英語サイトしか無いあたり、Wacomはグローバル企業だなぁとかも思いました。