2009年11月

2009年11月25日 00:42

バスクレポートの二日目がなかなか始まりませんが、今回もアバスクのお知らせです。

実は今年の年末から、おせちを販売をすることになりました!

昨年もいろいろなお客様から「おせちはやらないの?」という声をいただいたので、今年こそはと本気でつくる方向で動き始めて、とうとう試作品が完成しました!(遅!

おせち






試作品なので写真は少なめですが、実物はもう少しボリュームUPします!

【限定20個!】2〜3人分(19cm×19cm)で2段桐箱製。
値段は22,000円(税込)になります。

内容は・・・

一の重
・バスク豚の自家製ソーセージ
・バスク豚のローストとチョリソ
・鴨胸肉の燻製
・フォアグラのオムレツ
・フォアグラのテリーヌ
・グージェール
・バスク風ラタトゥイユ
・和田シェフ厳選和牛のローストビーフ

二の重
・サーモンとイワシのマリネ
・オマール海老と帆立のミルフィーユ
・スケコ(すけそうだらのたらこ)のマリネ
・キャヴィアとブリニ
・鱈のコロッケ
・オッソ・イラティとダークチェリーのジャム
・ガトー・バスク

おまけ
・ピエール・オテイザの純血100%バスク豚の生ハム
・全粒粉の自家製パン・ド・カンパーニュ

(※消費期限は2009年1月1日、要冷蔵です)

食材の仕入状況によって多少違う内容になってしまう可能性がありますが、今のところこの内容でいく予定です。

ご予約締切:12月27日(日)までとさせていただきます。
ご来店お渡し:12月30日(水)18時〜12月31日(木)12時
お届け:12月31日(木)12時〜18時(お届けは都内近郊までとさせていただきます)
お支払方法:商品受取時までに店頭にて現金またはクレジットカードでお支払い(お届け時にお支払いの場合は現金のみとさせて頂きます)
ご注文方法 :電話03-5468-8908、または店頭にて

おかげさまですでに半数近くのご予約を頂いているので、ご希望の方はお早めにご連絡下さい。

オオヤマ

r01←応援のクリックをお願いします。

↓店舗アバスクのサイトはこちら
http://www.esdesign.biz/

↓そもそも「バスクって、何?」という方、こちらにどうぞ
http://r.gnavi.co.jp/p905500/menu3.htm


2009年11月21日 23:50

またしても!?

という感じですが・・フランスで鳥インフルエンザが出てしまい、再び輸入が止まってしまいました。

しょうがない事ですけど・・・

秋のメニューからようやく復活した「フォアグラのポシェ・ナチュレル」、またしばらくの間お休みになります。
(多分3ヶ月ぐらいではないかとの噂ですが・・)

そんなこんなで、しばらくの間はハンガリー産のフォアグラ・ドワ(ガチョウのフォアグラ)を使用して、ソテーのスタイルで提供させていただきますので宜しくお願い致します。
こちらも美味しいですよ

オオヤマ


r01←応援のクリックをお願いします。

↓店舗アバスクのサイトはこちら
http://www.esdesign.biz/

↓そもそも「バスクって、何?」という方、こちらにどうぞ
http://r.gnavi.co.jp/p905500/menu3.htm



2009年11月14日 13:36

お待たせいたしました

しばらく間があきましたが、またバスクレポートの続きを紹介していきますね。



が、その前に一つご報告・・・

なんとこのブログ、ついに今回で100回目に突入しました!

前回アバスク2周年のお知らせをしましたが、こちらもちょうど大台に乗りました。

2年で100回、う〜ん、ゆっくりしたペースで書いていますが、今後も頑張って続けていきますので宜しくお願いしますね!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、バイヨンヌの街で待ち合わせしたレストラン、ル・バイヨネに向かい、カテドラルから歩いて川の向こう側に渡ろうとすると橋の反対側で何にやら叫んでいる日本人が。

両手を大きく振りながら「オオヤマさーん!」と叫ぶワダシェフ。

二日前に一緒に仕事をしていたのにもかかわらず、何年かぶりの再会かのようなおおげさなシーンで正直恥ずかしい。


このレストランは外の青いテントが目印で、道の反対側の川沿いにも席をつくっている。

この時期はほとんどの人が外で食べるようで、外の席は混んでいるけど店内はガラガラ、これから混んでくるのかな?

店の中も見たかったので、私達は店内の席を指定。

内装は昔のワインの圧搾機や樽などの大きなオブジェがあって、いたるところにバスクマークの「ローブリュ」がありかわいらしい内装、エスペレット唐辛子もたくさん壁にぶら下がっている。

テーブルにはシンプルなブルーのラインが美しいバスク織りのクロス。

まさに「バスク!!」というこの雰囲気に盛り上がり、まずはシャンパーニュ「キュヴェ・エリザベス」で乾杯!

予定通りに再会できた安堵感もあって、シャンパンがすすむすすむ。
(いい感じにお酒も入ってきたので、肝心の写真をほとんど撮ってないのはスミマセン

互いにいろいろあった旅の道中を語り合いながら料理を相談。

各自前菜+メインで注文なのだが、相変わらずお腹は空いてこない。

半分やけになりながらも、他の皆が頼まないもので、見ておかなきゃいけない料理をチョイス。

その結果、この腹具合では絶対に選ばないだろう2皿、前菜にフォアグラのテリーヌ、メインに仔羊のローストという素晴らしく高カロリー&ボリューム満点のチョイスになってしまった・・・

ワインはやはり地のワインでイルレギー・ドメーヌ・ブラナの赤2006年をチョイス。

イルレギー ブラナこのイルレギーという赤ワイン、カベルネ・フランとタナというぶどう品種がメインで、このくらいの年のものだと香りはボルドーと似ているが閉じ気味でそっけなく、青っぽい渋みと苦味が後口に残る独特なスタイルのワインなので、飲み手を選ぶシブめのワインというイメージ。。赤ピーマンを多用するバスク料理だからこそ相性が良いのだろう。今回の仔羊ともよく合っていました。

ちなみに白ワインはグロマンサン、プティマンサン、プティクルビュなどの地ぶどうを使って、はっきりとした柑橘の甘い香りと果実味が感じられ、豊かなボディにきりりとした酸があるのでとても個性的で素人から通の方まで分かりやすく万人受けするようなワインなんです。


さて運ばれてきた料理ですが、フォアグラはやはり新鮮で質がいいですねぇ。

きれいな肌色で色が濃く、滑らかな質感、臭みが無くてうまみが強い。塩がかなりしっかり利いているのでお腹いっぱいなのにパンがすすむ。

うまい

パンも美味しくて、テーブルの真ん中にかごでドンとたくさん置かれているので、気にしていないとお腹がいっぱいなのにどんどん食べてしまう。

仔羊は地元ピレネー産のものでランプの辺りの肉をローストしたもの。

ジロール茸とポテトフライがこれでもかといわんばかりに乗っかって、一目見てお腹がいっぱいのあきらめモード

バイヨンヌ ビストロ柔らかく香り高くて美味しかったのだが、結局は半分以上残して後はワダシェフが食べることに。

フォアグラでお腹いっぱいにしてしまった・・・




ところで他の皆さんがえらんだ料理はというと・・・

前菜でガスパチョ、あとシピロン(小イカ)のサラダがあったような・・・

メインはヒラメのポワレと鴨のローストにピペラードの料理があったような・・・

ホントこの辺はあまり覚えていなくてすみません。

妻もメインを半分近く残してしまったのだが、これもワダシェフが全部たいらげてくれました。

さすがにワダシェフもお腹いっぱいだと言いながらも、一人だけチョコレートのデザートを注文(凄い胃袋!)

そんなこんなで私達はチーズもデザートもパスしてコーヒーで〆ることに。


そうそう、このル・バイヨネで見つけた素晴らしいワイングッズがありましたので紹介します

アイスバッグというものなんですが、いわゆるワインクーラーです。

アイスバッグ何が素晴らしいのかというと、使わない時はたたんでしまっておけるところ!



アバスクみたいな小さな店舗ではワインクーラーといえども結構かさばり、しまい場所や置き場所に困るんですよね・・・。


アイスバッグ2ワイン1本と氷水が入って自立するので、微妙な温度のワインを適温に調整するのにも最適。

なんで今までこんな便利なものがなかったのだろう!

って小さな店舗で働くソムリエさんなら共感してもらえると思いますが、一人で興奮してしまいました。


(しかも日本ではまだ見たこと無いものだったので、後日お店用に3つほど買ってかえりました!)


帰り道は酔い醒ましに川の風を気持ち良く感じながら、ゆっくり歩いてバス停まで行くともう終バスが行った後。

結局タクシーでビアリッツまで帰ることに。

タクシー運転手のロータリーの通り方を観察し、一人納得して2日目からの運転の参考にしました。

こうしてバスク1日目は無事終了。

次回からはいよいよ山バスクの小さな村を訪れていきます。

お楽しみに。

オオヤマ

r01←応援のクリックをお願いします。

↓店舗アバスクのサイトはこちら
http://www.esdesign.biz/

↓そもそも「バスクって、何?」という方、こちらにどうぞ
http://r.gnavi.co.jp/p905500/menu3.htm


2009年11月01日 15:40

お蔭様でアバスクは2周年を迎えることができました

先日、深夜から関係者だけを呼んでの簡単なパーティーをしたのですが、お祝いに来ていただいた皆様、遅い時間のところわざわざ駆けつけてくださいましてありがとうございました

又、お祝いも多数頂戴しまして感謝申し上げます。


それから私たちを支えてくださっているお客様の皆様、
本当に、本当にありがとうございます。

ようやくの2年、早いような、遅いような・・・。

これからも変わらず皆様に愛されるようなお店にしていきたいと思っております。

3年目のアバスク、まだまだ至らぬ事ばかりですが
今後とも宜しくお願いいたします。


こういった節目を迎えると、もっと頑張らないといけないなという気合が入りますね

それと2周年記念のパチャラン・サービス、まだまだやっていますので是非いらしてくださいね〜

オオヤマ

r01←応援のクリックをお願いします。

↓店舗アバスクのサイトはこちら
http://www.esdesign.biz/

↓そもそも「バスクって、何?」という方、こちらにどうぞ
http://r.gnavi.co.jp/p905500/menu3.htm



Twitter
リンク
Archives
楽天市場