2013年07月

2013年07月23日

ようやくバスクレポートの最終回です。

4日目 9時
前日の疲れもすっきり抜けて、すがすがしい朝のサンセバスチャンの街を散歩に来ました。

旧市街に向かう橋を渡ると前日の喧騒が嘘のように、ビジネスマン達がいそいそと会社に向かう普通の朝の街になってました。

朝といえばやはり市場を見に行こうと探してみるもそれらしき市場はなんだか閉まっていてお休み・・?
しょうがないので近くの食品雑貨のお店に入る。
ここで店のお土産として「パチャラン」を購入。
スペインバスクの代表的なリキュールでパスティス(アニスリキュール)にスモモの実を漬け込んだフルーティーなお酒です。
アバスクにも以前からありますが、そのままストレートやロックで飲んでも、ソーダやトニックなどで割っても飲みやすいお酒で人気があります。

そして他にもろもろ買い込んでしまう・・。
(こういうところでいらない物ばかり買ってしまう・・悪いクセです)


サンセバスチャン20朝食も兼ねて近くのカフェに入る。
ここでも朝食がピンチョススタイルで並べてあり、見た目にやられてまた取りすぎちゃいました・・・



オープンテラスの席で風が涼しく心地よい。

サービスの兄ちゃんは気だるそうな感じで、言葉もろくに通じない外国人の私達にはなんだか無愛想な対応。
現地の朝のカフェなんてこんなもんと気にしては無かったが、
会計時2ユーロコインを出したら困った風な顔で

「これは偽者だ。使えないよ。」

と言ってコインを歯で噛んで二つに割って見せた。
何が起きたのか全くわからず困惑している私達、、
どうやらおもちゃのお金とすり替えてたらしく

「ジョーク!ジョーク!」

今まで無愛想にしていた兄ちゃんがそこでニヤリと笑っていた。
くぅー、これはやられたー!
言葉が通じなくとも最後に一笑いとって和やかな笑顔で手を振るカフェの兄ちゃん、なかなかカッコ良かったぞ!


いろいろ買いこみ荷物も増えたので、そろそろホテルに戻ってチェックアウトの準備。

フロントで昨日出合った日本人女性にまたあったので軽く挨拶。
彼女はこれからビルバオに向かうらしい。
一人でバスク旅行も良さそうだ。

無事にチェックアウトを済まし、前の駐車場に車を取りに行く。

車の運転はいい加減慣れてきたのか、スムーズにサンセバスチャンの町を出ることが出来た。

残すはサンジャンドリュズで買い物して空港に向かうだけだ。
日差しが強く昨日同様暑い日になってきました。

30分もしないうちにサンジャンドリュズに到着。
ここはやはり昨日同様に観光客で混んでいた。
車を停めようにも駐車場はどこも満車。
ノロノロ運転で町を一回りしても止められない・・・と思ったら運よく一つ空いた!
初日の朝に停めた場所と同じ所だ。
なかなか停められない車ばかりの中、かなりラッキーだ!

町の中央をはしるメイン通りに繰り出し、早速買い物モード。

お目当ては初日に買おうとしていたバスクリネンだ。
ここでも余計なものをいろいろ買ってしまった。
ボデガというガラスのコップ(これはお店用)、キーホルダーやパテの缶詰などなど。
買い物でいろいろ見ていたら、あっという間にお腹が空いてきた。


サンジャンドリュズ2にぎわっているお店があるので入ってみた。
シェ・カコという可愛らしいお店だ。
キビキビ働くマダムのサービスが気持ちよいお店だ。


そしてこのマダム、今回の旅で初めて私のフランス語を褒めてくれました(笑)

サンジャンドリュズ紙ナプキンがカワイイ(笑)

ここでは料理写真を撮るのを忘れてしまったので記憶があやふやになっていますが、やはりガスパチョとシピロン(イカ)は頼んでしまったようです。
天気も良くて料理も美味しいので、どうしても飲みたくなってしまいますよねぇ・・
この後運転だけど、グラスワイン1杯だけ・・。
(もちろん日本ではやりませんよ。でもスミマセン)

テラス席で気持ちよく、美味しくて最高に気分の良い昼食を最後に取ることが出来ました!


さて、土産で大荷物になったところで飛行機の時間が近づいてきました。
最初ビビリまくっていたビアリッツ空港に戻ります。

最後の運転はもう大きな道しかないので楽勝〜、ロータリーもすんなり、馴れたもんです。
ガソリンスタンドで給油してから車を返さないと割高なガソリン代を請求されるとのことなので、空港近くで給油しようと思っていたら、結局空港の周りにはスタンドが無くそのまま到着してしまいました。
レンタカーを返す手続は最初にいろいろ説明を受けたときよりも簡単で、こんな感じでいいのか不安になるくらい・・。

ガソリン代がやはり高くついたけど、海外初運転のバスクの旅は無事に終わることが出来ました。
3泊5日の弾丸旅行、いろいろあって充実した旅行になったのだけど、やっぱり物足りない!最低でも1週間位は必要ですね!

そして、今回の旅で得た教訓
 .侫薀鵐垢妨造蕕此地方を満喫する為には車が必須!
◆,修靴謄ーナビも必要(今は当たり前か)
 もう若くないのだから食べ過ぎない!

に関しては、旅先では未だにやってしまう悪いクセですが、ついつい欲張ってしまうんですよね・・・体重が3キロ増えてました。


---------------------------------

という感じで長々と書いてきたレポートが終わりましたが、今回行けなかったビルバオなどスペイン側はその後2012年の夏に行くことになります。

2012年の旅はどちらかというとワイン生産者を巡る旅になったので、バスクというよりフランス南西部の方が中心になります。
もちろんビルバオにも行って来たので、また近々紹介していこうと思います。
(何時になることやら・・ですが)

オオヤマ

r01←応援のクリックをお願いします。

↓店舗アバスクのサイトはこちら
http://www.abasque.com/index.html

↓そもそも「バスクって、何?」という方、こちらにどうぞ
http://www.abasque.com/basqe.html




abasque at 15:46コメント(0)トラックバック(0) 
バスクレポート 
Twitter
リンク
楽天市場