2011年09月11日

2011秋の新メニュー紹介

9月に入り暑さも多少落ち着いて過ごしやすくなってきました。
猛暑に弱いアバスクの店舗も、暑さのピークをこえて一安心です。
とは言うものの、調理場の方はまだまだ猛暑。
13日より秋メニューが始まりますがこちらはまだまだ夏が終わりません。

休み明けでようやく通常営業に体が慣れてきたところ、気合を入れてのメニュー変更です(笑)

タパス
・グリーンオリーヴ 630円 
・鶏レバーのムース 735円
・鱈のコロッケ 735円
・小海老のガーリックオイル焼き 840円
・南仏野菜のバスク風ラタトゥイユ 840円
・有機野菜のアンショイヤード 840円
・小ヤリイカの墨煮 945円<新登場>
・イイダコのバスク風煮込み 945円
・自家製ソーセージ 945円
・バスク豚のリエット 945円
・アバスク風キッシュ 945円
・キントア豚の生ハム 2100円(1/2 1260円)

前菜
・フォアグラのポシェ・ナチュレルとイチジクのコンフィチュール
3150円
・秋栗のポタージュとフォアグラのラヴィオリ
1575円<新登場>
・アバスクサラダ 砂肝のコンフィと豚足のトースト添え
1575円
・ずわい蟹のピキオ 赤ピーマンのソース
1680円
・トリップと牛臓物のバスク風煮込み
1785円
・モンサンミッシェルのムール貝とピペラードのソース
2100円<新登場>

メイン
・鱈のピルピル 白いんげんとチョリソ添え
2520円
・鮮魚のポワレと魚介のパエリャ
2620円
・魚介のバスク風煮込み トロ
3360円<新登場>
・フランス産ウズラのソテー カレースパイス風味
3150円<新登場>
・バスク豚頬肉のブレゼとジャガイモのピューレ
3150円
・バスク豚のロースト 人参のグラッセ添え
3990円

デザート
・バスク産ダークチェリーのガトーバスク
840円
・アバスクのモンブラン
840円<新登場>
・チョコレートのクレープ ヴァニラアイスクリーム添え
840円<新登場>

--------------------------------------------------

■タパスは1品、前菜は2品が変更
・タパスは「小ヤリイカの墨煮」が新登場。イカスミを使ったバルっぽい一品です。
・「秋栗のポタージュとフォアグラのラヴィオリ」、栗のスープは例年秋のメニューに登場していますが今回はフォアグラのラヴィオリを入れています。栗の甘みとフォアグラの相性が最高です。
・「モンサンミッシェルのムール貝とピペラードのソース」は以前、国産の大粒のムール貝で提供していたバスクスタイルの一品ですが、今回初めてフランス産を使います。モンサンミッシェルのムールは小粒で味が濃くAOC(原産地呼称)がついている高級品。獲れたてを新鮮な状態で空輸しますのでちょっとお値段がお高いのですが・・それでも頑張らせていただきました。味はもちろん最高です!

■メインはいつもどおり2品変更です
・「魚介のバスク風煮込み トロ」はブイヤベースのバスク風といった田舎の鍋料理で、魚介の旨みがたっぷりつまった一品です。
・「フランス産ウズラのソテー カレースパイス風味」はフランス・ドンブ産ウズラを丸ごとソテー。カレースパイスとは今回の夏休みでワダシェフがフランスで買ってきた「コロンボ」というスパイス。スリランカの首都の名前がついたこのカレーパウダー、日本ではなかなか見かけませんが鮮やかな黄色をした非常に細かいパウダー状。繊細で上品な香りはウズラと好相性です。

■デザートは定番のガトーバスクと・・
・「アバスクのモンブラン」は毎年好評のタルト仕立ての特製モンブラン。
・「チョコレートのクレープ」はワダシェフ得意のチョコレートの美味しさを堪能できるデザート。ヴァニラアイスとの相性は間違いないですねぇ。

以上簡単な説明でしたが秋の新メニュー、9月13日からスタートです。
是非食べにいらしてくださいね。

オオヤマ

r01←応援のクリックをお願いします。

↓店舗アバスクのサイトはこちら
http://www.abasque.com/index.html

↓そもそも「バスクって、何?」という方、こちらにどうぞ
http://www.abasque.com/basqe.html


abasque at 15:41コメント(0)トラックバック(0) 
お知らせ | メニュー紹介

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Twitter
リンク
楽天市場