2013年03月09日

2013春の新メニュー

久しぶりの更新でスミマセン・・

3月12日(火)より春のメニューがスタートしますので、いつものように簡単に紹介させていただきます。

タパス
・グリーンオリーヴ 630円 
・鶏レバー燻製のムース 735円
・鱈のコロッケ 735円
・バスク風トリップのトマト煮 840円
・小海老のガーリックオイル焼き 840円
・南仏野菜のバスク風ラタトゥイユ 840円
・有機野菜のアンショイヤード 840円
・ピペラード風スペインオムレツ 840円
・イイダコのバスク風煮込み 945円
・メルゲーズ(羊肉の腸詰)のソテー 945円<新登場>
・バスク豚のリエット 945円
・キントア豚の生ハム 2100円(1/2 1260円)

前菜
・グリエしたフォアグラのテリーヌ バニュルスのソース
3150円
・アバスクサラダ 砂肝のコンフィと豚足のトースト添え
1575円
・ずわい蟹のピキオ 赤ピーマンのソース
1680円
・ブーダン・バスクのブリック包み焼き ピペラード風味
1680円<新登場>
・小ヤリイカ・ファルシの墨煮 バスク風
1785円
・季節の食材を使った本日の一皿
1890円より

メイン
・バスク風おひょうのソテー チョリソのソース
2520円
・鮮魚のポワレと魚介のパエリャ
2620円
・バスク豚頬肉のシードル煮込み
3150円<新登場>
・本日の乳飲み仔羊 二つの調理法で
3675円<新登場>
・バスク豚のロースト 人参のグラッセ添え
3990円
・本日の肉料理<新登場>
2980円より

デザート
・バスク産ダークチェリーのガトーバスク
840円
・ココナッツと練乳の濃厚プリン
840円<新登場>
・季節のフルーツコンポートとシャーベット
840円<新登場>

--------------------------------------------------

■タパスは1品変更です
・「メルゲーズのソテー」は仔羊肉のミンチをスパイスと共に腸詰した北アフリカ発祥のソーセージ。ジューシー&スパイシーなソーセージでお酒がすすみます!

■前菜は2品が変更です
・「ブーダン・バスク〜」は、今までのブーダンを少し進化させて小麦の薄い生地で包み焼きにしたクリスピーなブーダンに。ピペラードはレモンで爽やかなソースにしてあります。
・「季節の食材を使った本日の一品」は、この時期いろいろ旬の食材が出てきますので時期に合わせて変えていく予定です。しばらくの間はホワイト・アスパラガスの予定です。

■メインも2品が変更と「本日の肉料理」が追加です
・「バスク豚頬肉のシードル煮込み」以前白ワインで煮込んでいた頬肉ですが、今回はバスク産のシードルを使って煮込みにしました。重過ぎず味わい深く煮込まれた頬肉はほろほろに柔らかく白ワインでも赤ワインでも合いそうです。もちろんシードルとの相性も抜群です。
・「本日の乳飲み仔羊〜」は、毎年春の定番になってきました。ハンガリー産の生後間もない乳飲み仔羊(可哀想ですが美味しいのです・・)を半頭で仕入れる為、部位とスタイルが日ごとに変わります。基本的には焼いた部位と煮込んだ部位という風に2つの味わいを楽しんでいただきます。
・「本日の肉料理」は入荷次第、その日のお楽しみです。

■デザートは定番のガトーバスクと・・
・「ココナッツと練乳の濃厚プリン」は、シェフ曰く「間違いなく美味しいけど、本当に濃厚ですよ」とのこと。楽しみです!

・「季節のフルーツコンポート」は、さっぱりとした食後のデザートとしておススメです。

以上簡単な説明でしたが春の新メニューの紹介でした。
是非食べにいらしてください〜。

オオヤマ

r01←応援のクリックをお願いします。

↓店舗アバスクのサイトはこちら
http://www.abasque.com/index.html

↓そもそも「バスクって、何?」という方、こちらにどうぞ
http://www.abasque.com/basqe.html


abasque at 14:58コメント(0)トラックバック(0) 
メニュー紹介 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Twitter
リンク
楽天市場