弁護士阪口徳雄の自由発言(2)

裁判、地方自治、政治、企業、社会的事件などに関する弁護士の自由発言 Yahooブログ(“http://blogs.yahoo.co.jp/abc5def6)を使っていたが広告が多すぎ不愉快で本ブログに引っ越し。ヤフーブログは自分が関与した事件、裁判の記事が多かったが、パート(2)では思いつくままに自由に発言予定。

2014年12月

総選挙の結果が判明した。
私の選挙結果に対する雑感である。

自公が議席が減るべきところ3分の2の現状を維持し、民主は議席が伸びたが期待に反して伸び悩み、維新はほぼ消滅かと思ったが意外に善戦。共産党は議席を伸ばしたがその数は全体からみるとわずかであり、社民、生活の党は、微小政党になった。

前回選挙で第3極と騒がれた「みんな」は消滅し「次世代の党」はほぼ消滅という結果になった。

結局解散はあまり意味なく、与党が現状を維持しただけであり、野党の議席間に変動があっただけのような感じである。極右翼政党の次世代の党がほぼ消滅は歓迎できるが、自民、公明が3分の2の現状を維持したことはガッカリである。

それにしても国民の選挙結果であり、国会議員の数では安倍暴走政権に対する抑止力がないので、多くの国民がさまざまな運動により暴走を阻止するしか道がなくなった。

それにしても新聞報道の見出しを見ると朝日新聞の「自公大勝」という表現は如何かと思う。

私から見ると毎日新聞の表現が一番正確に反映しているように思う。
最近の朝日新聞は安倍政権に対する批判報道が極めて少なくなった感じを持つ。

朝日新聞
自公大勝、3分の2維持 「アベノミクス」継続へ

読売新聞
自公が圧勝325議席…民主伸び悩み、維新苦戦


毎日新聞
自民横ばい、自公3分の2維持 民主は11

日経新聞
自公勝利、3分の2維持 アベノミクスを継続


維新の党の共同代表の橋下徹は街頭演説で国会議員が自分の身を切ることを覚悟せよと勇ましく演説していた。身を切る改革の内容として議員の歳費の削減などもその内容とか言っていた。

維新の党の公約を見ると次の通り書いている。https://ishinnotoh.jp/

「身を切る改革」「徹底行革」「既得権益とたたかう成長戦略」は、自民党にできるのか。それを断行してきた実績を持つのは誰なのか。橋下徹は、江田憲司は、本当にそれをやってきました。かけ声だけではない、「実のある改革」を、維新の党の手で断行させてください。

国会議員の歳費の削減などを言うのであれば、政党に支給される政党助成金の廃止などを言うべきであろうがそれには一切口をつぐんでいる。むしろ維新の党の議員達はそれはチャッカリ貰って、議員の歳費の削減などをいうのは筋が通らない。

橋下徹大阪市長自身は自己の後援会の幹部の息子を特別秘書として採用し、大坂市の税金で給与を払っている。この特別秘書はどのような仕事をしているのかそれを記載した一切の書類はない。いわば幹部の息子を税金で養っているようなものだ。

このことについて大阪市民が監査請求をし、現在住民訴訟が大阪地裁に係属している。

奥下秘書の評判は良くないらしく、大阪市の職員と思われる者から「内部告発」が弁護団に届く。

例えば『奥下秘書は維新の会の議員控室でだべっている』とか、『〇〇女性議員と××△△とか』である。

このような風評が届くということは、橋下市長がこのような疑惑を招く特別秘書を採用し、同時に特別秘書の業務日誌などを作成させていない『不徳』の結果であろう。

このような自らの足元で「身を切る改革」をしない政党の代表の言うことなど信用してはならない

  • 自民党元石破幹事長は2013年1月から12月に使った政策活動費の10億4710万の使途をあきらかにせよ!!!

    無題

    この表は2013年1月から12月の間に自民党が使った収支報告書の中から
    当時幹事長であった石破茂個人に自民党が「政策活動費」名目で支出したカネ
    を整理したものである。

    自民党の収支報告書には石破茂の領収書が添付されているだけで、石破が受
    けとったあと、誰に、いくら、配ったかの明細が一切ない。

    不思議なことに安倍自民党総裁には1円の記載もない。副総裁には配っている
    のに安倍総裁に配らないことは普通はあり得ないと思うが、ゲスの勘繰りか。

    石破のカネの使途が開示されない以上、そのカネが還流していると批判されても
    仕方がない。

    昔は自民党役職者にも配っていたが、全員の自民党国会議員に盆暮にもち代とか
    言って200万円から500万円前後、配っていたが、昨年は自民党の平の議員には
    1円の記載もない。ケチな自民党執行部であったようだ。

    安倍内閣の閣僚のうち、一人の閣僚はうちわなどのチンケなカネで辞任させられた。
    石破のカネの巨額の使途不明金では小渕議員などたわいもないカネで辞任させら
    れたものだ。本来辞めるべきは石破大臣であり、当時の安倍総理大臣ではないのか。
     
    このような巨額のカネの使途を明らかにしない自民党に投票するのだけはやめて
    欲しい。その自民党が圧勝するという。このような巨額の使途不明金を明らかにし
    ない自民党ではますます政治とカネは暗闇に消えていくことになろう。

↑このページのトップヘ