記者の皆さん(/30)

                          公益財団法人政治資金センター(理事長 松山治幸)

    政治資金センターの記者会見への参加のお願い

□ 日時 1月31日午後2時~3時半

□ 場所 政治資金センター事務所(大阪市北区同心一丁目122号朝日プラザ扇町707号)

□ 内容 国会議員の収支報告書を誰もが閲覧できるWEBサイトを2月1日から公開するに当たっての記者会見


記者レク立ち会う担当者
 
松山治幸理事長(公認会計士)
上脇博之理事(神戸学院大学法学部教授
)
阪口徳雄事務局長(弁護士)
鈴木祐太事務局次長(アイアジア)


□ 2
/1から公開予定のセンターのHPのアドレス (当日公表)


□ 
WEBサイトの特徴


国会議員が総務省、各地の選管にバラバラに届けてあるの政治資金収支報告書を本センターで収集し、それを国会議員ごとにPDFで公表するWEBサイトを公開することになりました。未だ衆議院議員(475名)の3年分(2012年~2014年)ですが、この3月末までに2015年分も追加予定です。参議院議員の2012年~2015年分も6月末頃に公開予定です。これが公開されると記者の方は国会議員の氏名を検索して頂くと、総務省、各地の選管に届け出た収支報告書を届け出たPDFの形で一瞬に見れることができます。もちろん無料です。

昨年6月にラポールジャパン(http://rapportjapan.info/)が国会議員の収支報告書を公開する事業を開始しました。しかしラポールジャッパンは何故か寄附した企業、個人の氏名等は一切公表されていません(支出については公表していますが)。しかしこれでは国会議員がどのような個人、団体によって支えられているのかの実態が見ることができません。


なお当
WEBサイトには寄附者の氏名、企業、団体名を入れれば、どの政治団体が寄付を貰っているるか、検索できる機能を附加ししました。今までどの企業がどの国会議員に寄附をしているかは全ての収支報告書を調べる必要がありましたが、これが検索できるようにしたことで、収支報告書の「透明性」は飛躍的に高めることができると自負しています。

ぜひ参加して報道して下さい。