一重まぶたは二重まぶたの人に比べ上眼の筋肉が弱く目を開いた時に、瞳が隠れてしまい実際の目より小さく見えてしまい、まつげも下向きになり暗い印象を与えているようです。
それに対して二重まぶたはこの筋肉が強く枝別れしている為、皮膚が折り込まれるのでまつげが上向きになり明るい印象を与えているようです。
まぶたに線が一本入っただけでこれだけ違いがあるんですね。(あたりまえか・・)
このまぶたの違いは「筋肉」にも原因があると思います。
それは筋肉の使い方によって大きく変わると思います。
例えばアイプチ使用後にできる二重ラインはまぶたの上にのっている、しわによるもので筋肉が弱くても接着剤で矯正してまぶたを動かしています。こうすれば一日中二重を維持できるでしょう。
しかし根本的に目の見開き方、動かし方を改善しないと、
目に筋肉を付けること(二重)は難しいと思います。
また、長くアイプチを続けた結果まぶたに負荷がかかり真っ赤に腫れあがったり、皮膚がたるんでしまう事があるのです。
アイプチの効果を完全否定する訳ではありませんが、
僕が目の見開き方を変えるというのはこのような理由があるからです。




この記事が役に立ったという方はポチッとお願いします。