2007年01月18日

おとなになるじゅんび

b2fe408a.jpg今や世界のカジュアルブランドへ成長しようとしているユニクロ等が所属するファーストリテイリングのセミナーに行ってきた。就職活動の一環だ。
ご存じの通りユニクロは年商4000億を叩き出す大企業。
その会長である柳井氏の話を聞くために東京品川にある新高輪ホテルにわざわざ足を運んだのだ。
結果からいうと、ヘコんだ。
たくさんタメになる話が聞けたし自分にとってプラスになったことは間違いない。
会社の仕組みやこれからの展望もわかった。
それ故、いかに自分が社会に順応できていないボンクラだか思いしらされてしまった。
峯田さんも同じようなことを言っていた気がするが、社会というのは「ちゃんとした大人」で動いていて、ほとんどの若者がそうならなければならない。
俺はそれになれる気がしないんだ。「ちゃんとした大人」っていうやつに。
なれる気がしなくたってならなくちゃいけないわけだ。安定した未来が欲しいなら、いい企業に就職して毎日バリバリ働けばいい。バンドやら絵やらやりたい事で飯を食うために生きている人達は、ほとんどノーフューチャーに近いわけだ。一部の才能と運を与えられた者達をのぞいて。
「ちゃんと働く自信がないから」「楽して食べていきたいから」という理由で働く事を放棄しアーティストを志す若者は本当に天才かクズかどっちかだと思う。大体は後者のわけだが。
俺は本当にクズだ。ちゃんとした大人はかっこいい。こきたないギャル男を見てるとイライラする。俺もこいつらと同レベルのような気がして。
俺は総合アパレル系、音楽系を志望していて、うまくいけばビームスや三陽商会といった安定し、将来もある程度の収入が約束された会社員になれるわけだ。アパレルなら自分の小さなプライドも傷つかない。
俺がアパレル商社の会社員になっても、アンダーグラウンドで構わない、バンドはやっていたい。自分の放出をしたい。音楽とは繋がっていたい。俺がちゃんとした大人になれない一番の根源を捨てる事ができない。

スーツって嫌いだ。似合わないし。一刻もはやく脱ぎたい。就職活動が進むにつれこういった意識も変わっていくものなのだろうか。
個性ってさ、出すものじゃなく隠しても出てしまうものなんだってさ。全くだよな…

今日のテーマ曲〜メタル刑事/self


abc_of_love at 17:32│Comments(5)TrackBack(2)clip!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1.  寝る前即効アフィリ  [ とろ ]   2007年01月20日 18:40
楽々、即日にアフィリエイト収入を確認!! ブログを作れなくてもホームページを作れなくてもメルマガを発行しなくてもネット初心者でもOK
寝て起きたらお金持ち♪ 朝が待ち遠しくなる簡単アフェリ♪

この記事へのコメント

1. Posted by おど   2007年01月18日 21:13
社会人頑張ります!!!
仕事のオン オフが大切だと思いますよ★
2. Posted by ミニ   2007年01月18日 21:48
忘れてた。
3. Posted by いつも   2007年01月19日 01:46
おとなのかいだんまだのぼれない
4. Posted by リミ   2007年01月20日 21:19
初コメです。社会人4年やってるけど自分が「ちゃんとした大人」とは思えない。寧ろなれない気がします。
5. Posted by あさみ   2007年01月24日 19:14
ヒダカさんはサラリーマンやりながらバンドやってそれが三十路になってからこうやってデビューしてるわけで

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile