中屋彦十郎薬局のブログ薬日記

漢方・生薬の専門店は中屋彦十郎薬局

「冬虫夏草(とうちゅうかそう)」展へ行ってきた

「冬虫夏草」展をやっているというので訪ねてみた。地方のしかも金沢市で開催されるなどというのは非常に珍しい。まずこの展示会を開催されることを企画された方々に敬意を表したい。
しかも、石川県の企画というので二度びっくりである。大体が県というのは国の機関の提灯持ちやごますり案内人という印象が強いのに、超然主義の精神は旧制四高を思い起こし極めて楽しい。
私が訪れた日は夏の日差しが残る暑い時だった。金沢駅東口で七番乗り場、北陸大学太陽が丘行きに乗車した。バスは金沢市内をゆっくりと進み、湯涌街道からそれて空に登るような坂道を進んで、太陽が丘キャンパス口に着いた。バスを降り、もと来た道を戻りながら坂を下っていくと中途に自然史資料館という小さな看板が左側に立っている。そこを曲がるとすぐに資料館に到着することができた。
かなり年月の経った建物だったが立派なものである。企画展は二階の大広間を利用したもので、展示資料や説明も専門的でおざなりのものではなかった。大学の研究者が観覧しても恥ずかしいものではない。
冬虫夏草(とうちゅうかそう)は中国の四川、雲南、青海、貴州、西蔵省に主産し、四川省が産量最大である。
子嚢菌亜門、核菌綱、バッカクキン目、バッカクキン科のフユムシナツクサ (シナトウチュウカソウ) が産生する子座 (子嚢胞子も含む) 、およびその寄生である鱗翅目あるいは鞘翅目の昆虫、 とくにコウモリガ科のHepialusarmoricanus Ober.の幼虫の虫体 (体内に菌核を形成する)の合体した乾燥品。
幼虫の体に入った菌は菌糸を伸ばして成長し、やがて体内を完全に占領し、さらに長い柄を出してキノコが発生する。幼虫の長さは三〜八センチ、柄の部分は四〜十センチある。
頭部がやや膨らんでいる。市販されている生薬は全長が10センチ前後、黄褐色である。
冬には虫の姿をし、夏に変じて草になると信じられていたため冬虫夏草の名があり、古来ウドンゲとともに吉祥のしるしとして知られていた。
現在は昆虫寄生菌を総称して冬虫夏草といっている。
蝉の幼虫に寄生したものを特に金蝉花といっている。成分としてはコルジセピン、コルジセプス酸、ビタミンB12などが含まれ漢方ではよく使用される。
疲労回復や免疫力の回復に効果があるというので珍重されている。
コウモリガ科だけでなく、カメムシ、バッタ、ハチ、サナギタケなどに寄生した極めて珍しい冬虫夏草も展示されている。驚いたことに当店が販売したであろう冬虫夏草の一種「北虫草」も展示されていた。29年11月26日まで開催されている、しかも、嬉しいことに入場無料である。ぜひ訪ねてみてもらいたいものである。
資料館の外に出ると激しい日差しが体に降り注いだが、何かしら心地良い気分で、今日一日が充実したものになった気がして大変満足だった。
冬虫夏草
image313[1]

P1000973

天才作家・島田清次郎の文学碑を訪ねた

島田清次郎の文学碑を訪ねたのは未だ寒さが残る4月の晴れた日だった。
青空を筆で引いたような雲が細くかかっていた。
その碑は手取川の河口近くの美川大橋のたもとにひっそりと設えられていた。
当地のライオンズクラブの有志が建立したものらしい。正確には島田清次郎の生誕地の碑ということである。石川県美川町(現在は白山市)の南町にあるというので、美川へ着いて田圃仕事のお百姓に尋ねてもわからない、あっちこっち商店を回って「島田清次郎の記念館か文学碑はありませんか」と聞いてまわったが知っている人はおらず、「石川県発祥の記念館」なら知っているか、この中にでもないかと思って尋ねたら高い入館料であほらしくて入る気もせず、職員に聞いてみたがこの館内のことしか知らないというつれない返事だった。
更に南町へ戻ると「島清」という魚屋があり、名前が同じなのでひょっとしてと考え聞いてみると丁寧に教えてくれた。
後になって気付いたことだが清次郎の生誕記念碑はこの石川県ルーツ館のすぐ後ろにあった。
かって、美川の町長だった竹内信孝氏が音頭をとって「島清恋愛文学賞」を設立された。
何回か回を重ね多くの文学賞の受賞者を生んで全国的にも有名になった。
竹内氏は文学賞の設置にあたり、川筋者の気概を示すといっていたのが今でも懐かしく思いだされる。この美川町の会館で私は高校生の頃に見た映画「地上」を見ることができた。
当時既に主演の川口浩さんは亡くなっていたが彼の妻であり主演女優の野添ひとみさんの講演も聞くことができた。夫川口浩さんを癌でなくし、癌撲滅のため全国を行脚しているという話だったが、奇しくも彼女も癌で亡くなった。人生の無常を感じざるを得ない。
全国各地の文学碑は訪ね歩いたが、大正時代に50万部の大ベストセラーになった小説「地上」を書いた天才作家の碑にしてはうら寂しいものだった。
川面を流れるひゅうひゅうという風の音と浜辺に打ち寄せる白波が一層悲しさを増した。世の中に挑戦し続けた川筋もん「島田清次郎」の心意気にいずれは日の当たる時が来てほしいと念じつつその場を後にした。
人ずてに、文学碑は美川の墓地公園にもあるというので後日さらに訪ねてみた。
この文学碑も探すのに苦労した。設置場所は今一だったがなかなか立派なものだった。これだけの観光資源を作っておきながら町民に周知していないのはいかがなものだろうか。
島清恋愛文学賞は現在は金沢学院大学が受け継いで引き続き管理運営している。これらを考えると美川町は文学の香り高い金沢市との合併を目指すべきではなかったのか。
帰りに当地の料亭へ寄って名物の「いさざ料理」を食べようと訪ねてみたが、「今はやっていません」という返事で「他に食べさせるところはないか」と尋ねても「ないでしょう」という気のない返答でこれにも参ってしまった。
帰り道に考えた。美川町は町村合併で格を落とした気がしたが、似合いの合併でそれでよかったかなあという考えが頭をよぎった。
これは蛇足だが、島田清次郎の記念館は金沢市の西茶屋街の中にある。

P1000754島田清次郎の文学碑


P1000751島田清次郎生誕の記念碑

精力剤とは

男性も女性も平均して40歳代後半から更年期に入りますが、男性の性機能が衰える
一方なのに反し、女性は閉経した後、逆に性欲はたかまるのです。
このことが深刻な問題を引き起こしているのです。充分に勃起しないのが「勃起不全」です。
最初は勃起するのですが途中で萎えてしまうのが「中途の陰萎」つまり中折れです。
中折れは最近、中高年といわず若者にも急激にふえてきています。いろいろな原因が
考えられますが、社会的ストレスが大きな原因になっているのではないでしょうか。
それでは、このような症状を改善するのにどんな薬があるのでしょうか、
大きく分けて三っつに分けられます。ホルモン系、勃起薬系、漢方系の種類です。
これらについて説明しますと、先ずホルモン系ですが、これは年齢とともに低下していく
ホルモンを外部から補って精力を復活させる方法です。男性用と女性用があり、
男性ホルモンの場合は主にメチルテステステロンという科学物質がはいっています、
この男性ホルモンによって勃起力が強化されたり、早漏を防ぐ事ができるのです。
もちろんこの薬は医薬品です。厚生労働省が精力の減退に効果があると認めた医薬品なのです。
女性ホルモン剤については卵胞ホルモン不全による不感症や婦人更年期障害用として
、卵胞ホルモン (エチニルエストラジオール) を外部から補います。
つぎに勃起薬系ですが、これは塩酸ヨヒンビンという化学物質のほかに硝酸ストリキニーネ
を加えた製剤があります。この塩酸ヨヒンビンはバイアグラと同じように中枢神経に作用し
インポテンツに効果があると認められている医薬品です。これを服用すると、中枢神経
(勃起中枢) を刺激して興奮状態にさせるだけではなく、血管を拡張してペニスへの
血液の流入を促進して、勃起力や射精力をたかめてくれるのです。
わりと即効性があり、一時間で効果が表れたりします。反射的に ペニスの勃起をうながすのです。
この塩酸ヨヒンビン製剤は劇薬に指定されていますので、購入する時 は住所、氏名など記入する
ことが必要ですがこれさえ記入すれば、誰でも購入できます。
劇薬に指定されているということはそれだけ効き目がいいということなのです。
金蛇精

精力剤とは

薬局で売られている精力剤についてお話ししてみたいと思います。
主に、男性向けですが、女性用の薬もありますので併せて解説したいと思います。
あくまでも、薬学的な説明になります。
みなさん、精力剤というと精のつく薬、強くなる薬と考えがちですがそういう方は当店には、
ほとんどおいでになりません。深刻で暗い顔つきで入ってこられた方、そういう方が精力剤のお客さんです。
私はお話しをお聞きする前にすぐに見当がつきます。
未だ老け込みたくないというお客さんや妻が若いのでという方がほとんどです。
このように考えてみますと、日本人はまじめに精力剤を利用しているといえるのではないでしょうか。
さて、女性の更年期といえば「卵巣機能が消失しはじめ、消失する時期」と定義されています。
つまり生理がなくなりかけ、ついになくなってしまう期間を更年期といっているわけですが、
この時期に入りますと卵巣の機能が低下するために、
女性ホルモンの分泌が著しく減少しそれまでのホルモンのバランスがくずれてしまいます。
その結果、頭痛やめまい、動悸、腰痛、手足のしびれ、不眠などの症状がでてきて、
これを更年期障害と呼んでいるのです。
これと同じように男性にも更年期があることが医学的にも確認されています。
視力の低下や腰痛、手足のしびれなど女性と共通する症状もありますが、
男性の場合、特徴的なのは男性ホルモンを分泌する機能の低下があげられます。
具体的にもうしあげますと、男性ホルモンを分泌する機能をもっている睾丸の働きが年とともに弱くなっていくからなのです。
血液中を流れているテステステロンという男性ホルモンをはかったところ25歳をピークにして後は下降していくということなのです。
男性ホルモンの分泌が低下すれば、当然、セックスの際の勃起力や持続力は低下していきます。
さらに、性欲そのものが弱くなっていきセックス回数がすくなくなり、枯れてしまうのです。
金蛇精 

薬草飴

江戸時代では薬舗(現在の薬局、薬店)は現在より数は多かった。各藩の薬舗では
自家製剤の発売とともに、薬草類を主な商品としていた。
前田家の城下町金沢では約250軒の薬舗があり、それぞれ自慢の製剤を販売していた。
今のような既製品販売業ではなくみんな製薬業であった。決して多くの販売量はなかったに違いない。
現在の和菓子屋やパン屋くらいの量を売っていたかもしれない。どうしてこの形態が衰退していったのか。
オーダーより既製品を売るほうが楽だったせいなのか、効果がなく廃れていったのか、多分その両方
かもしれない。
「良薬口に苦し」という諺がある。クスリはお菓子ではないから苦くても良いから我慢して飲みなさい
という意味である。
水飴に薬草を混ぜた薬用飴は全国各地にある。これらは甘くて飲みやすい。
そのなかでも有名なのは浅田飴や五臓円だろう。
治療よりも予防に重点を置き根気よく長く飲み続けることにより効果を期待するという考えである。
浅田飴は浅田宗伯の知遇のもとに薬草類を加えてみたのが始まりらしい。
浅田飴本舗でもかっての明治の頃の引き札も戦災で焼失してしまったらしい。
東京ではあの大空襲で貴重な文化財級の多くの骨董品が失われてしまった。
もう少し早く終戦を決断できなかったたものかと残念でならない。
せめて、東京に敵機が飛来したときに負け戦を認識できなかったのかという思いである。
敵機が国の首都に来ること自体がもう負けている証拠である。
この時点で終戦を迎えられたら我が国も貴重な財産を失わずにすんだかもしれないと思うことしきりである。
当店が製造販売している混元丹飴も薬草飴である。練りと飴玉がある。
ぜひ一度試しに飲んでもらいたいものである。
P1000341混元丹

愛媛県内子町を訪ねた

愛媛県にある内子町を訪ねたのは夏も盛りの30°を超える日々が続く時でした。
流れ出る汗を拭きながら大正ロマンの香りが残る街並みを散策した。
今回の旅の目的は内子の町に残る薬屋の商家を見学することだった、
金沢を出発したのは午前9時頃、大阪行のサンダーバードを使い乗り継いで神戸に着いたのは
午後1時ころでした。ついでに、徳島行きのバスに乗り阿波踊りを見物することにした。3時頃には
徳島市についたので武家屋敷の残っている建物を見学し時間をつぶすことにした。阿波踊りは
夕方から始まる。新町川沿いの藍場浜公園内に藍場浜演舞場が設置されている。会場はJRの
徳島駅からすぐの所である。川沿いには数多くの露店が軒を並べ多くの人で賑わっていた。
川を眺めてぼっとしていると、踊り見物の屋形船がせわしなく行きかっているのが見える。
阿波踊りもすばらしかったが、阿波銀行の巨大な建造物がやたらと目に焼き付いた。
翌日は早くから起きて松山行きのバスに乗った。松山では取引のある松田薬品の営業担当が
出迎えてくれた。あいにく休日だったがさしていやな顔もせず付き合ってくれ、おまけに食事まで
ご馳走になり、内子まで送ってくれるという。
内子は松山から宇和島方面へ特急で30分、江戸〜明治時代にかけて、和紙や蝋で栄えた町で
街並みや商家など、当時の面影が残っている。
送ってくれたお礼を述べ吹き出る汗を拭いながら街中を歩いて回った。
全国の観光地で博物館や記念館を訪ねると大概は森閑としてすべてが生きている感じがしない。
建物、備品、道具類が陳列されていてご覧くださいという風である。
歴史のかなたへ置き去りにされた趣で思わず寂しい風が心の中を通り過ぎてゆく。
それらとは内子にある薬屋の商家は一線を画していた。当時の衣装を身に着けた人形さんが置かれている。
中には録音だがしゃべってくれる人形もいる。臨場観が出ていて面白い。
できれば一種類でいいから販売してくれるともっといい。それには美人の女店員が必要だ。
内子の町は電気の進出と時を同じくして寂れたいったのか。
「その薬屋さんの店主や家族はどうしたのですか」と受付の女性に尋ねてみた。余り話したくないみたいで
「もう内子には居ないらしいです」という返事だった。
時代の変化を乗り越えて商売を続けることの難しさを痛感した。
その日は内子に宿をとることにした。
命令口調で窮屈な宿屋だったが、内子で見聞きした感動を帳消しするほどでもなかった。

内子薬屋






お探しの混元丹です

混元丹あります。売っています。金沢市・香林坊交差点近くの中屋彦十郎薬局です。


P1000341混元丹



漢方薬・生薬の通販  唐胡麻(トウゴマ)

唐胡麻(トウゴマ)は新修本草には「ヒマ」の名前で収載されている。
トウダイグサ科のトウゴマの成熟種子を乾燥したもの。種子の油も用いる。
中国各地。トウゴマは北アフリカから中央アジア原産で世界各地で栽培され、また野生化している。
成分としては脂肪油(ヒマシ油)30〜50%。その主成分は、リシノール酸のグリセリドであるリシノレイン約90%からなる。
そのほかグロブリン、ヌクレオアルブミン、グルコプロテイン、リシン。および毒性アルカロイドリシニンを含む。
瀉下作用、皮膚潤滑作用、ヒマシに含まれる毒性成分の成人致死量は、毒性蛋白・リシン7mg、
毒性アルカロイド・リシニン0.16gである。ただし、加熱により分解する。
唐胡麻の外皮をむいて摩り下ろしたものを足の裏に貼る。ヒマシ仁を研磨した泥状物を外用する。
現在は工業用として、印刷インキ、化粧用ポマ−ド、印肉油、機械類の減磨油として利用される。
足の裏に貼る、工業用の油など。
足の裏に貼る場合は唐胡麻と併用することが多い。唐胡麻と等量を混ぜすりつぶす。唐胡麻は15個〜25個。彼岸花根は15〜30g。大きいものは1個、中くらいならばは2個程度。唐胡麻は皮を金づちなどで叩き、取り除く。彼岸花根は球根の外側の茶色の皮をむき、白色部分を使用する。すり鉢やミキサーで潰して水分はできるだけ除く。唐胡麻と等量を混ぜたものをリント布などに貼り、足の土踏まずに貼る。貼った後、ラップなどで包むと液だれを防げる。ミキサーやすり鉢は食用のものを使わない。
唐胡麻(トウゴマ)は外用が目的である。内服はできない。
唐胡麻

忍術丸の里を訪ねた

忍術丸は滋賀県甲賀市甲南町で販売されている。金沢駅をしらさぎで出発し、米原、草津と乗り換え
甲南駅にたどり着くには約4時間の行程である。曇り空にシトシト雨が降る憂鬱な天気の中を旅立ちしたが、
滋賀県も北陸地方と天候は似ていて甲南町もやはり雨が降っていた。
駅前でタクシーに乗り換え「忍術丸本舗へやってほしい」というと、それは何ですかと尋ねられた。
忍術の本家の町へやってきたのだからみんな熟知していると思ったが意外とシラットしていた。
甲賀忍者のふるさとだから誰でも知っていると思ったがそうではないらしい。
金沢駅で「忍者寺へやってくれ」といえば知らない運転手はいないだろう。
甲南町の町外れに甲賀流忍術屋敷はあった。外観はさびれた木造家屋で何の変哲もない。
屋敷の中は忍者の工夫がいたるところでなされている。二重張りのトリックもある。
隠れ扉の仕掛けもある。井戸を通って四方へ逃げる道もある。これは本当の忍術屋敷だと思った。
金沢の忍者寺はこんな忍術の仕掛けは何もない。初めて訪れたときは縁日の「イタチ」を思い出した。
縁日でイタチの看板がかかっているので珍しく思い入場してみると。「板に血を流してある」というあれである。
住職も心得顔で忍者寺とうのは俗称で当寺は金沢城の見張り所となっていますと
いわれ歴史の説明がなされ話はそれてしまう。
忍者は応仁の乱ころから出現した。忍者の掟は厳しく親子の情も切り捨てるほどだ。
忍者は他国の情報を取ってくる重要な役目をになっている。大東亜戦争では忍者はいなかったのか。日本は
何一つアメリカや連合国の情報を取ってこれなかった。
山野を駆け抜け他国へ侵入し生活するには多くの危険が伴う。
自然と「忍薬」というものが開発されていった。代表的な忍者薬「飢渇丸」は人参、そば粉、
小麦粉、ヤマイモはこべ、はとむぎで作られている。心身が疲れたときには効果があるとされる。
現在作られている忍術丸は某製薬会社製で和漢生薬忍術丸として発売されている。
忍術のふるさとはさびれているが製剤は立派なものでした。
人里離れた場所で交通の便も悪く帰りはタクシーを呼んで帰路についた。
相変わらず雨降りでうっとうしい一日だった。





北陸新幹線がやってきた

北陸新幹線がやっとこさ開通した。かっては北回り新幹線として50年も前から企画されていた。
沿線の何人もの国会議員が努力しただろうにもかかわらずこんなに遅れてしまった。
この人たちが束にかかっても田中角栄に勝てなかった。
東京と新潟しか結ばれない沿線の県庁所在地がない新幹線に先を越されて、
そのせいで富山、石川、福井地方は50年開発が遅れた。
我田引鉄の元総理田中角栄は北陸にとっては忘れられない名前である。
全国から見ると新潟県人、富山県人、石川県人、福井県人と北陸は一束一緒に見られがちだが、
県人気質はおのずと違っている。
いずれも藩政時代からの影響を強く受けている。
越中富山は戦国時代から絶えず攻められていた。柴田勝家がほぼ制圧したと思ったら、
越後の上杉謙信からも越中は攻められ謙信の支配下に入ったこともある。
佐々成正が越中を支配しやっと落ち着くかと思ったら佐々成正は国替えになり再び
前田利家の支配下に入ってしまった。加賀は前田利家であり、越前は親藩の松平家である。
それぞれの県には昔から独自の売薬が残っていた。
越後は毒消丸であり、越中は反魂丹であり、加賀は混元丹、越前は黄連であった。
しかし、成り立ちが違っていて面白い。
越後毒消し丸は角海浜という貧しい漁村を振興するための手段であり、
反魂丹は前田家の分家が不足しがちな外貨をを稼ぐための知恵であり、加賀は前田家からの庇護をあたりまえにした御用商人の利益相伴の商売であり、越前は米作中心主義以外の新しい産業の開発であった。
その後の産業構造を見ても富山は製薬工業であり、
石川は機械産業、先端産業であり、福井は繊維産業と異なっている。
新幹線が開通したことでもあり、従来からのお国意識を捨てて
この地域の発展に尽くしたいと願うことしきりである。

QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ