タトゥーガンスカリフィケーション
 




 スカリフィケーション(英語:scarification)とは、身体装飾身体改造)の一種で、皮膚に切れ込みや焼灼を行った際に形成されるケロイドを利用して肉体に文様を描くもの。文化人類学民族学等の用語としては瘢痕文身(はんこんぶんしん)とも呼ぶ。色料を用いる場合は、一般的に入れ墨刺痕文身)として区別される。    wikipediaより


スカリフィケーション(瘢痕文身)の慣習は、ネグリトメラネシア人アボリジニインディオなどの肌の色の濃い民族の間で見られる。瘢痕文身が施される部位は顔面、胸部、腹部、背中、陰部、手足など民族によって様々である。文様も抽象的・幾何学的なものが多く採用されるが、民族によって意味も表象も異なる。また、成人式の儀礼の一部として行われることがもっとも多く、その場合は瘢痕文身に伴う苦痛に耐えることが成員として認められる条件となっており、文様が各民族の集団生活の中における社会的地位の指標となっている。例えば文様によって男性の戦歴や女性の結婚や出産経験を明示する場合もあり[1]、そして美の証としても刻まれる。 wikipediaより


現在では、一種の趣向として行う人たちも増えており、専門のアーティストも出てきている。


個人的な感想としては、かなり痛みを伴うと思うが、芸術的に美しいものだと思う。刺青と違って、体に液体を入れて描くのではなくて、自分自身の体を傷つけ、そのケロイドで描くのが人間的らしくて素晴らしいと思う。





ギャラリー
ダウンロード








blog_import_4c4485d599431








142552685_624

 







 20110731_714808
  








20110729_714212
 







20101020_588599
 







11429748_1024687694221803_282315968_n
 







3456789